CB750とCB1300SFの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

CB750とCB1300SFの違いを比較

 

ホンダ CB750の歴史

1992年2月21日に空冷・直列4気筒エンジンを搭載した「ホンダCB750」を発売。型式は、RC42
1995年9月25日に「ホンダ CB750」のカラーリングを変更し発売。
車体色は、「キャンディリバイヴレッド」を採用。エンジン廻りや足廻りなど各パーツに質感の高い塗装を施すとともに、フューエルタンクサイド部にHONDAのロゴを配している。
2001年1月13日に「CB750」をマイナーチェンジし発売。型式は、BC-RC42
車体色をブラックとし、排出ガス浄化装置として、エキゾースト・エアインジェクションシステム(二次空気導入装置)を採用し、国内の排出ガス規制に適合させた。
CB750の「RC42」と「BC-RC42」の違いの比較は、こちら。
2004年1月30日に「CB750」をマイナーチェンジし発売。
スロットルポジションセンサー付キャブレターを採用し、スロットル開度に応じて点火時期を制御し、ドライバビリティーを向上させるとともに、放熱効果に優れたリザーバータンク付リアサスペンションの採用で、減衰力特性が向上し、よりスポーティーな走りを実現。また視認性の向上を図ったマルチリフレクターヘッドライトと、ハザードランプを標準装備し、メーターボディー、ウインカーボディーのクロームメッキ化と、アルミダイキャスト製ヘッドライトブラケットの採用で質感を向上。さらに、盗難抑止機構としてH・I・S・Sの標準装備とアラームキット(オプション設定)を装着可能な配線を装備。車体色は、レッドとホワイトの配色のキャンディブレイジングレッドと、ブラックとグレーの配色のブラックの2色設定。
CB750の2004年1月30日のマイナーチェンジ前後の違いの比較は、こちら。
2004年12月11日に「CB750」のカラーリングを変更し発売。
前後のホイールと左右のリアサスペンションリザーバータンクにゴールドカラーを採用し、より高級感を演出。車体色は、新たにツートーンカラーの「パールヘロンブルー」と「キャンディブレイジングレッド」の2色設定。
2006年12月20日に「CB750」に新色を追加して発売。
ブラックのカラーリングを基調とし、車体の側面にレッドを配し、ゴールドのストライプの縁取りを施し落ち着いた印象の「グラファイトブラック」を新たに設定。キャンディーブレイジングレッドとパールヘロンブルーと合わせて3色設定。
2007年3月22日に「CB750・スペシャルエディション」を限定発売。
「CB750F デイトナレーサー」のカラーリングを施した車体色は、発色の良いデジタルシルバーメタリックを採用。車体側面には、特徴的なネイビーとブルーのストライプを燃料タンクからリアカウルにわたり施している。リアサスペンションのスプリングには、鮮やかなファイティングレッドを採用。前・後ホイールはブラック塗装。また、燃料タンク上部と左右のサイドカバーには「CB750 Special Edition」のロゴをそれぞれ配した。
2007年10月1日に「CB750」をマイナーチェンジして発売。

より質感を高めるために2種類のシート表皮を座面と側面に用い、パイピングを施したシートを採用。また、リアサスペンションスプリングの色をファイティングレッドに。車体色は、従来色のキャンディーブレイジングレッドとパールヘロンブルーの2色設定。
2007年10月15日に特別仕様の「CB750・スペシャル」を限定発売。
CB750・スペシャルは、デジタルシルバーメタリックとキャンディーブレイジングレッドの2色設定。
車体色は、1979年に輸出車として北米と欧州を中心に販売した、直列6気筒1000ccエンジン搭載のスポーツモデル「CBX」のカラーリングをイメージさせ、タンク上面とリアカウルにはブラックのストライプを採用し高級感を演出。専用仕様として、立体エンブレムを燃料タンクとリアカウルに採用。
2008年8月に生産終了。
2007年に施行された平成19年自動車排出ガス規制に適合できないため2008年8月に生産終了となった。

 

 

ホンダ CB1300スーパーフォアの歴史

1998年3月2日に新登場。型式は、SC40
1999年2月26日にマイナーチェンジ。
フロントとリアサスペンションにはプリロードの調整機構を装備。ダンピングフォース(フロント/伸び側無段階、リア/伸び側・圧側のそれぞれを4段階)の調整機構を装備。ライダーの体格や走行条件に適したサスペンションセッティングが出来るようにした。また、新しくセンタースタンドを装備し、メンテナンス性にも配慮。
1999年4月15日に低価格仕様車をタイプ追加。
シンプルなフォースシルバーメタリックの単色で前・後サスペンションの調整機構やセンタースタンドを装着しない低価格仕様車を併せて設定。
2000年2月1日にマイナーチェンジ。
カラーリングの変更を施し、塗装色をエンジンとラジエターをシルバー、前後のブレーキキャリパーをゴールド、リアブレーキロッドをブラックに変更し、質感を向上。
2000年9月28日にマイナーチェンジ。型式がSC40からBC-SC40に変更。
排出ガス浄化装置として、エキゾースト・エアインジェクションシステムを採用し、国内の排出ガス規制に適合。またリアホイールとマフラーの肉薄化やバッテリーの小型化などによって、従来モデルと比較して車重で5kgの軽量化し、軽快な走りと取り回しの良さを実現。フロントブレーキキャリパーには、スーパースポーツモデルVTR1000SP-1で採用の高性能なパーツにすることで軽量化と優れたコントロール性を両立。
CB1300SFの「SC40」と「BC-SC40」の違いの比較は、こちら。
2003年2月7日にフルモデルチェンジ。型式がBC-SC40からBC-SC54に変更。
これまでのモデルに比べて乾燥重量で20kgの軽量化を実現。三次元点火時期制御システムやPGM-FIの採用によって全回転域で俊敏かつ的確なスロットルレスポンスとスムーズな出力特性を実現。また、排気システムを一新するなどしてサウンドフィールを全身で体感できる設計に。機能面でも12リットルのシート下の収納スペースや盗難抑止機構「H・I・S・S」を採用。ライダーに必要な情報を提供するインフォメーションメーターの装備などで、さらなる使い勝手の向上を図る。
CB1300SFの「BC-SC40」と「BC-SC54」の違いの比較は、こちら。
2003年8月4日にカラーを追加。
2004年2月27日にカラーチェンジ。
2005年2月28日にマイナーチェンジ。

新形状のサイドカバーを採用することで左右10mm合計20mmをスリム化し、足つき性が向上。また、エンジンの点火時期やPGM-FIの設定を変更し、低速時のスロットルレスポンスを向上。シート前後の表皮パターンを異なったものを採用し、ライダー側は動きやすく、パッセンジャー側はホールド性に優れた仕様に。この時にハーフカウルを装備した「CB1300 SUPER BOL D’OR」がタイプ追加された。
CB1300SFの2005年2月28日のマイナーチェンジ前後の比較は、こちら。
2005年3月23日に新たにABS仕様もタイプ設定。
2006年1月31日にカラーチェンジ。
2007年1月26日にマイナーチェンジ。
パールサンビームホワイト×キャンディーアルカディアンレッドと、ウェーブブルーメタリックの2色の車体色を設定し、部位によって異なる表面加工を施したリアルステッチシートを採用し、ライダーとパッセンジャーの居住性を向上。計3色の車体色と計2色の前後ホイールカラーから好きなカラーリングが選べるカラーオーダープランを新しく採用。
2008年3月18日にマイナーチェンジ。型式がBC-SC54からEBL-SC54に変更。
すでに採用している電子制御燃料噴射装置に加え、新しく触媒装置をエキゾーストパイプに配置。それらの相乗効果によって、平成19年国内二輪車排出ガス規制に適合。また、エンジン回転の安定性を向上させるIACVの採用をはじめ、シートやハンドルまわり、エキゾーストシステム、カラーリングなど、細部にわたって熟成させた。
CB1300SFの「BC-SC54」と「EBL-SC54」の違いの比較は、こちら。
2008年4月18日にABS仕様で特別仕様を受注期間限定で販売。
2008年6月にカラーオーダープランを追加。
2008年12月24日にカラーチェンジ。
2009年12月10日にマイナーチェンジ。
外観は、リアカウルを落ち着きのあるデザインに変更し、LEDのテールランプは新しいデザインを採用して奥行きを感じさせる立体的な発光に。ライディングポジションは、スポーティーな走行と快適なクルージングを両立させるようにハンドル形状を変更。既存のモデルと比べて、14mm手前&23mm上方に移動。また、新形状のシートと幅がスリムなサイドカバーを採用し、サスペンションのセッティング変更を施すことによって、座り心地を損なうことなく足つき性を向上。
CB1300SFの2009年12月10日のマイナーチェンジの変更点は、こちら。
2010年11月11日にカラーチェンジ。

2012年1月13日にカラーチェンジ。
2012年11月9日にABS仕様で「CB1000 SUPER FOUR」の誕生20周年を記念したスペシャルエディションを受注期間限定で発売。
2014年3月20日にマイナーチェンジ。
長距離クルージングの快適性の向上のために、トランスミッションを既存のモデルの5速から6速に変更。他にも低回転域で力強く、高回転域では直列4気筒の心地よく吹け上がる特性を追求して、電子制御燃料噴射装置のセッティング変更や新形状で排気効率の高い小型マフラーを採用。更に新しく純正アクセサリーに設定したリアキャリアとトップボックスの他、パニアケースの装着に対応するために、シートレール部の補強やフレーム各部の剛性バランスの見直しを行う。ここからABSを標準装備し、ABSモデルに統合
CB1300SFの2014年3月20日のマイナーチェンジの変更点は、こちら。
2014年5月23日に「CB1300 SUPER FOUR E Package」をタイプ追加。
ETC車載器と、グリップヒーターおよび専用インジケーターランプを標準装備した。
CB1300SFとE Packageの違いの比較は、こちら。
2015年2月27日に特別カラーの「CB1300 SUPER FOUR E Package Special Edition」を期間限定で発売。
2016年3月18日にカラーを追加。
2017年10月20日にマイナーチェンジ。型式は、2BL-SC54
最高出力が従来モデルより+7kwの81kwに向上させた直列4気筒エンジン。小型2室構造を取り入れた新型マフラーを採用。アシストスリッパークラッチを採用。よりニュートラルなハンドリング特性にチューニングを施した前後サスペンション。フロントブレーキキャリパーのピストン径を最適化。丸形LEDヘッドライトを採用。小型バータイプLEDウインカーを採用。別体式ETC車載器を標準装備。スポーツグリップヒーターを標準装備。シート下にアクセサリーソケットを装備。前後ホイールにL字型エアバルブを採用。プッシュタイプのヘルメットホルダーを左シートカウルに装備。ウェーブキーを採用。「PROJECT BIG-1誕生25周年記念専用マーク」を燃料タンク上面に配した。
CB1300SFの「EBL-SC54」と「2BL-SC54」の違いの比較は、こちら。
2018年10月26日にカラーチェンジ。また「CB1300 SUPER FOUR SP」をタイプ追加。
「CB1300 SUPER FOUR SP」は、オーリンズ社と共同開発した専用フロントフォークとリアサスペンションを採用。フロントブレーキにはブレンボ社製のラジアルマウント式モノブロック対向4ポットキャリパーを採用。
CB1300SFとCB1300SFSPの違いの比較は、こちら。

2019年10月25日に「CB1300 SUPER FOUR SP」をカラーチェンジ。
車体色は、1色(キャンディクロモスフィアレッド)。

 

 

ここでは、
2007年10月1日発売のホンダ CB750(BC-RC42)と
2007年1月26日発売のホンダ CB1300 SUPER FOUR(BC-SC54)と
2008年3月18日発売のホンダ CB1300 SUPER FOUR(EBL-SC54)
の違いを比較しました。

 

CB750とCB1300のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

CB750

CB1300 SUPER FOUR

CB1300 SUPER FOUR

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

マイナーチェンジ

マイナーチェンジ

型式

BC-RC42

BC-SC54

EBL-SC54

発売日

2007年10月1日

2007年1月26日

2008年3月18日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2155

2220

2220

全幅 (mm)

780

790

790

全高 (mm)

1100

1120

1120

ホイールベース (mm)

1495

1515

1515

最低地上高(mm)

130

135

135

シート高 (mm)

795

790

790

車両重量 (kg)

235

254

259

最小回転半径(m)

2.7

2.7

2.7

乗車定員(名)

2

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

27

25

25.5

原動機型式

RC17E

SC54E

SC54E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

4

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

空冷

水冷

水冷

排気量 (cc)

747

1284

1284

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

67

78

78

行程(ピストンストローク)(mm)

53

67.2

67.2

圧縮比(:1)

9.3

9.6

9.6

最高出力(kW)

55

74

74

最高出力(PS)

75

100

101

最高出力回転数(rpm)

8500

7000

7000

最大トルク(N・m)

64

117

114

最大トルク(kgf・m)

6.5

11.9

11.6

最大トルク回転数(rpm)

7500

5500

5500

燃料供給方式

キャブレター

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

VENAC

PGM-FI

PGM-FI

燃料タンク容量 (L)

20

21

21

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

540

525

535.5

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

DPR8EA-9

DPR8EA-9

DPR8EA-9

点火プラグ必要本数・合計

4

4

4

搭載バッテリー・型式

YB14-A2

YTZ14S

YTZ14S

バッテリー容量

12V-14Ah

12V-12Ah

12V-11.2Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.8

4.6

4.6

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2.8

3.8

3.8

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

3

4

4

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

10W-30

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

1次減速比

1.78

1.652

1.652

2次減速比

2.6

2.166

2.166

変速比

1速 3.000/2速 2.055/3速 1.544/4速 1.240/5速 1.074

1速 3.082/2速 2.062/3速 1.544/4速 1.271/5速 1.129

1速 3.082/2速 2.062/3速 1.544/4速 1.271/5速 1.129

動力伝達方式

チェーン

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

18

18

スプロケット歯数・後

39

39

39

チェーンサイズ

525

530

530

標準チェーンリンク数

112

114

114

フレーム型式

ダブルクレードル

ダブルクレードル

ダブルクレードル

キャスター角

26°00

25°

25°

トレール量 (mm)

91

99

99

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

スイングアーム式

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

W

W

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

150/70ZR17

180/55ZR17

180/55ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

69

73

73

タイヤ(後)速度記号

(W)

W

W

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4

5.5

5.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2.5

2.5

2.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.9

2.9

2.9

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

H4

テールライト定格(制動/尾灯)

21/5W

5.7/0.8W

7.4/0.9W

テールライトタイプ

-

LED

LED

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

アナログ

メーター表示

エンジン回転計 有

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有
盗難防止装置 有

ハザードランプ 有

ハザードランプ 有

メーカー小売価格/カラーバリエーション

787,500円 パールヘロンブルー
キャンディーブレイジングレッド

1,060,500円 パールサンビームホワイト×キャンディーアルカディアンレッド
グリントウェーブブルーメタリック

1,113,000円 スタンダードタイプ(パールサンビームホワイト×キャンディーアルカディアンレッド,ダークネスブラックメタリック×キャンディータヒチアンブルー)
1,134,000円 カラーオーダープラン

国内・年間販売計画台数

シリーズ合計1,500台

シリーズ合計(CB1300 SUPER BOL D’OR シリーズを含む) 3,500台

シリーズ合計(CB1300 SUPER BOL D’OR シリーズを含む)3,800台

 

CB750とCB1300SFの違いを比較

 

CB750とCB1300SFの違いを比較

 

 

●車両重量と最高出力と最大トルク
CB750 235kg | 55kW/8500rpm | 64N・m/7500rpm
CB1300SF(BC-SC54) 254kg | 74kW/7000rpm | 117N・m/5500rpm
CB1300SF(EBL-SC54) 259kg | 74kW/7000rpm | 114N・m/5500rpm

 

 

●シート高
CB750 795mm
CB1300SF(BC-SC54) 790mm
CB1300SF(EBL-SC54) 790mm

 

 

●タンク容量
CB750 20L
CB1300SF(BC-SC54) 21L
CB1300SF(EBL-SC54) 21L

 

●燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)
CB750 27km/L
CB1300SF(BC-SC54) 25km/L
CB1300SF(EBL-SC54) 25.5km/L

 

●航続距離(60km/h走行時)
CB750 20L × 27km/L =540km
CB1300SF(BC-SC54) 21L × 25km/L =525km
CB1300SF(EBL-SC54) 21L × 25.5km/L =535.5km

 

 

CB1300SFは、CB750より少し重いけど、そこをエンジンパワーでカバーしてる。どこからでもトルクモリモリだよ。

 

 

CB750の販売台数は、
2004年2月が83台
2004年3月が85台
2004年4月は、不明
2004年5月が86台
ちなみにCB1300SFの2004年5月の販売台数は、209台。

 

 

BGの2006年2月号に11月販売台数が乗ってた。750cc以上だとCB1300SFが1位でCB750が9位だった。

 

 

CB1300SFは、2回試乗したことあるけど、凄く出来が良いバイクだった。いかにもHONDAって感じの正常進化を絵に描いたような完成度。あのデカさであの軽量感や制動力は、凄い。でも試乗して自分のCB750に乗るとなんかホッとする。自分の手足の感覚。

 

 

CB1300SFは速いけど、吹っ飛びそうで怖いから実際は、あまり回せない。CB750も速いよ。セカンドまで落として限界までブン回せばCB1300SFと変わらない。ギアを落とす作業が面倒臭い人は、CB1300SF。回す楽しみが欲しいならCB750でいいと思う。

 

 

試乗会でCB750とCB1300SFに乗ったけど、試乗会程度だと大して回せないからパワーの違いは、あまり感じなかった。特にCB1300SFは、CB750よりパワーがあるって感じじゃなくて、CB750より軽快かつパワーがあるって印象を受けた。

 

 

CB1300(SC40)に乗ったけど、CB750と比べて低速で切れ込む感じ。バンク中にラフスロットルでリアが「ズルっ!」とくるパワー。パワー、重量、ボリューム感共に超大型ネイキッドの雰囲気をかもしだしてた。

 

 

金に余裕があるならCB1300SF買っとけ。凄いから。

 

 

CB1300SFに乗ってる人見ると、「凄い!さすがビッグワンだ!」って思うけど、CB750見かけると「教習所と同じバイクだ」って思ってしまう。

 

 

CB1300SFは、でかすぎなんだよな。

 

 

CB1300(SC54)に試乗したけど、パワーがあるし、むしろ教習所のCB750より軽い感じだった。アイドリング程度の回転数でスタートして凄くトルクがあった。

 

 

CB1300SFは、少し乗らせてもらっただけだが、きづくと結構スピード出てる。重力を感じさせないトルクがある。重心は、高め。ハンドリングは、CB400SFに似てて、CB400SFの1300cc版に思えた。CB750は、トルク感はあるが、あまりスピードは出てない。重心が低いのか車輪の感覚がよくわかって安定感がある。俺は、CB750の方が好き。

 

 

俺は、CB1300にした。理由は、一度は、ホンダのフラッグシップネイキッドに乗ってみたかったし、リッターにも乗ってみたかった。それに年取って体力落ちてくると軽い方選びそうだから。若いうちにCB1300に乗っておきたかった。

 

 

CB750には、CB1300みたいなシート下の収納スペースはないよ。

 

 

CB750とCB1300SFで迷ってて、CB1300SF見に行ってきたけど、跨ってみたらでかすぎて、これは、気軽に乗れないってわかった。そういう意味では、RC42の方がいいと思った。

 

 

CB750からCB1300SFに乗り換えるとサイズもトルクも全然違うから驚くと思うよ。

 

 

CB750からCB1300SF(SC54)に乗り換えたけど、慣れたら問題ない。CB1300SF(SC54)は、足つきも良く、タンクもホールドもしやすい。基本設計の古いCB750より少し重く、重心が高く感じるくらい。

 

CB750とCB1300の買取価格の相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら