Vストローム1000とVストローム1000XTの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

Vストローム1000とVストローム1000XTの違いを比較


 

スズキ Vストローム1000 ABSの歴史

2014年6月4日「Vストローム1000 ABS」の国内仕様が新発売。型式は、EBL-VU51A
「Vストローム1000」は、スズキが製造しているデュアルパーパスタイプのオートバイ。欧州で2002〜2009年にかけて「DL1000」の名称で販売。エンジンは、「TL1000」のものを採用し、燃料噴射装置はGSX-Rのものを採用した996ccの排気量と水冷V型2気筒を搭載。2007年にクリアターンシグナルレンズとスイングアームピボットカバーを変更。2013年に排気量を1037ccに上げ、ABSとトラクションコントロールを装備。2013年1月に国内発売されたV-Strom650に続いて、2014年6月4日に日本国内向けの「Vストローム1000 ABS」を発売。スペックは欧州仕様とほぼ同一。車体色は、3色(キャンディダーリングレッド、グラススパークルブラック、パールグレッシャーホワイト)。
2015年12月24日に「Vストローム1000 ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、5色(マットフィブロイングレーメタリック(新色)、ミスティックシルバーメタリック(新色)、キャンディダーリングレッド、グラススパークルブラック、パールグレッシャーホワイト)。新色のマフラーカバーは、マットブラックに変更。
2017年6月26日に「Vストローム1000 ABS」をフルモデルチェンジ。また「Vストローム1000XT ABS」をタイプ追加。型式は、2BL-VU51A
デザインがVストローム650と共通に。「モーショントラック・ブレーキシステム」を採用。フロントブレーキ圧が一定以上になるとリアブレーキも自動的に作動。車体色は、3色(チャンピオンイエローNo.2(新色)、パールグレッシャーホワイト、グラススパークルブラック)。
Vストローム1000 ABSの「EBL-VU51A」と「2BL-VU51A」の違いを比較はこちら。
2018年3月16日に「Vストローム1000 ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(オールトグレーメタリックNo.3(新色)、チャンピオンイエローNo.2、パールグレッシャーホワイト)。
2018年3月26日に「Vストローム1000XT ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(オールトグレーメタリックNo.3(新色)、チャンピオンイエローNo.2、パールグレッシャーホワイト)。
2019年3月28日に「Vストローム1000 ABS」と「Vストローム1000XT ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(キャンディダーリングレッド(新色)、グラススパークルブラック(新色)、パールグレッシャーホワイト)。
2020年4月25日に後継モデルのVストローム1050が新登場。
Vストローム1000とVストローム1050の違いの比較は、こちら。

 

 

ここでは、上の黄色の部分
2017年6月26日発売のスズキ Vストローム1000 ABS(型式 2BL-VU51A)と
2017年6月26日発売のスズキ Vストローム1000XT ABS(型式 2BL-VU51A)
の違いを比較しました。

 

 

Vストローム1000 ABSとVストローム1000XT ABSのスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

Vストローム1000 ABS

Vストローム1000XT ABS

モデルチェンジ区分

フルモデルチェンジ

新登場

型式

2BL-VU51A

2BL-VU51A

発売日

2017年6月26日

2017年6月26日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2280

2280

全幅 (mm)

930

930

全高 (mm)

1470

1470

ホイールベース (mm)

1555

1555

最低地上高(mm)

165

165

シート高 (mm)

850

850

車両重量 (kg)

232

233

最小回転半径(m)

2.9

2.9

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

20.5

20.5

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

32.1

32.1

原動機型式

U501

U501

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

V型(L型)

V型(L型)

シリンダバンク角(°)

90

90

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

1036

1036

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

100

100

行程(ピストンストローク)(mm)

66

66

圧縮比(:1)

11.3

11.3

最高出力(kW)

73

73

最高出力(PS)

99

99

最高出力回転数(rpm)

8000

8000

最大トルク(N・m)

100

100

最大トルク(kgf・m)

10.2

10.2

最大トルク回転数(rpm)

4000

4000

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

20

20

燃料(種類)

ハイオクガソリン

ハイオクガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

410

410

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

LMAR8BI-9

LMAR8BI-9

点火プラグ必要本数・合計

2

2

搭載バッテリー・型式

FTZ14S

FTZ14S

バッテリー容量

12V 40.3kC (11.2Ah)/10HR

12V 40.3kC (11.2Ah)/10HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.5

3.5

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2.7

2.7

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

3.1

3.1

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

1.838

1.838

2次減速比

2.411

2.411

変速比

1速 3.000/2速 1.932/3速 1.500/4速 1.226/5速 1.085/6速 1.000

1速 3.000/2速 1.932/3速 1.500/4速 1.226/5速 1.085/6速 1.000

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

17

17

スプロケット歯数・後

42

42

チェーンサイズ

525

525

標準チェーンリンク数

116

116

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

25°30′

25°30′

トレール量 (mm)

109

109

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

倒立フォーク

倒立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

110/80R19

110/80R19

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

59

59

タイヤ(前)速度記号

V

V

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

150/70R17

150/70R17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

69

69

タイヤ(後)速度記号

V

V

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.5

2.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4

4

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2.5

2.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.9

2.9

ヘッドライト定格(Hi)

60W

60W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H9

H9

ヘッドライト定格(Lo)

55W

55W

ヘッドライトタイプ(Lo)

H7

H7

テールライトタイプ

LED

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有
前後連動式ブレーキ 有
トラクションコントロール 有
DCソケット 有
可変スクリーン 有
キャリア 有

アンチロックブレーキ(ABS) 有
前後連動式ブレーキ 有
トラクションコントロール 有
DCソケット 有
可変スクリーン 有
キャリア 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

1,404,000円 黄「チャンピオンイエローNo.2」、白「パールグレッシャーホワイト」、黒「グラススパークルブラック」

1,447,200円 黄「チャンピオンイエローNo.2」、白「パールグレッシャーホワイト」、黒「グラススパークルブラック」

 

 

Vストローム1000とVストローム1000XTの違いを比較
Vストローム1000とVストローム1000XTの外観のサイドの違いを比較

 

Vストローム1000とVストローム1000XTの違いを比較

 

 

Vストローム1000とVストローム1000XTの違い

 

両車の外観における違いは、

 

XTがワイヤースポークのホイールを採用。凹凸の多い路面では、ホイールのスポークが衝撃を吸収するとされていることから、オフロードバイク=スポークホイールというイメージがあったため。

 

ハンドルがテーパー形状(ハンドルバーの中心部が、両端よりも太い)になった。通常のハンドルバーよりも耐衝撃性に優れるというところからの採用。

 

 

XTでテーパーハンドルになったのは嬉しいけど、ハンドル周りにアクセサリーの取り付けがしづらくなった。

 

 

XTは、カッコイイけどスポークホイール手入れが面倒くさそう。

 

 

ほぼオンロードだったらワイヤースポークのホイールにする必要はない。でもカラバリXTの方がカッコイイからXTにした。

 

 

オンロードメインならスポークにしたら接地感が薄くなるよ。まあ好みの問題だけど。

 

 

俺は、スポークは好みじゃなくて色々面倒くさそうだから無印にしようと思ってたけど、Vストローム1000は、XTの方がカラーが良いし、俺の好みの青白もあるから悩む。

 

 

オンロード専用ツアラーの性能しかないのに、XTはテーパーハンドル、ワイヤースポークとしっかりオフ車装備だね。

 

 

スポークは路面の細かい凹凸の振動を吸収してくれるから乗り心地が良い。代わりにロードスポーツらしい接地感が薄くなる。俺は、Vストロームはオンロードだと思ってるからキャストが良いけど、まったり派だったらキャストの方がいいかも?

 

 

俺もVストロームは、完全ロードだと思ってる。2017年式の無印キャスト乗ってるけど、掃除楽だから気に入ってる。

 

 

キャストかスポークよりも最初にこれ欲しい!って思った方を買ったほうがいいよ。色は重要。

 

 

 

Vストローム1000とVストローム1000XTの買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら