YZF-R6とYZF-R7の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

YZF-R6とYZF-R7の違いを比較

 

ヤマハ YZF-R6の歴史

1999年1月に海外仕様が新登場。
「最もエキサイティングで、速い600cc」をコンセプトにした新型モデルとして登場。599cc水冷4サイクルDOHC4気筒エンジンを搭。
2000年モデルの海外仕様を発売。
エンジン内部パーツを改良し、シフトフィールを向上。
2001年モデルの海外仕様をマイナーチェンジして発売。
エンジンは、コンロッド長やエンジン首上、ピストン形状の変更などをした。二輪車初のLEDテールライトを採用するなどし、さらに軽量化が図られた。
2002年モデルの海外仕様をカラーチェンジして発売。
2003年3月に海外仕様をフルモデルチェンジ。
吸気ハイカムや直めっきシリンダー採用など、エンジンまわりは約90%のパーツが新設計品に。フューエルインジェクションを新採用。ホイールベースは同じだがリアアームが10mm延長。
2004年モデルの海外仕様を発売。
タイヤ銘柄を変更.。
2005年モデルの海外仕様をマイナーチェンジして発売。
フロントサスに、フルアジャスタブルのφ41ミリ倒立フォークを採用。フロントタイヤサイズを「120/60-17」から「120/70-17」に変更。2004年からヤマハへ加入したバレンティーノ・ロッシ(MotoGPライダー)のレプリカモデルを設定。
2006年3月に海外仕様をフルモデルチェンジ。
ボア×ストロークをボア67mm×ストローク42.5mmに変更。これまで以上にショートスロトーク化されて、最高出力を発揮する回転域は、14,500rpmになった。量産車として世界初の電子制御スロットル(YCC-T)を採用。
2006年12月に海外仕様をカラーチェンジして発売。

2008年2月に海外仕様をマイナーチェンジして発売。
フレーム剛性を見直し、マグネシウム製のサブフレームを採用。エンジンの基本は踏襲しながら、高圧縮ピストン、可変式エアファンネルなどの採用で、最高出力は129psに。スリッパークラッチを採用。
2009年1月に海外仕様をカラーチェンジして発売。
2009年11月に海外仕様をマイナーチェンジして発売。
サイレンサー長を100mm延長し、環境性能とサウンド特性を追求。エンジンコントロールユニット(ECU)の設定も変更。
2011年モデルの海外仕様を発売。
2012年モデルの海外仕様を発売。
2012年モデルの海外仕様「YZF-R6 WGP 50th Anniversary」を発売。
ヤマハがロードレース世界選手権(WGP のちのMotoGP)に参戦を開始した1961年から50年を記念したスペシャルカラーモデルを設定。
2013年モデルの海外仕様を発売。
2015年モデルの海外仕様を発売。
2016年モデルの海外仕様を発売。
2017年6月に海外仕様をフルモデルチェンジして発売。
2015年からのYZF-R1をイメージさせるカウルデザインと、トラクションコントロールやクイックシフトシステムなど、YZF-R1ゆずりの先進テクノロジーが注ぎ込まれた。
2018年モデルの海外仕様をマイナーチェンジして発売。
2019年モデルの海外仕様をマイナーチェンジして発売。

2020年モデルの海外仕様をマイナーチェンジして発売。

 

 

ヤマハ YZF-R7の歴史

2022年2月14日に「YZF-R7 ABS」が新発売。型式は、8BL-RM39J
「YZF-R7」が2021年5月に欧州市場で発表され、2022年2月14日に日本市場で発売。クロスプレーンコンセプトに基づいた排気量688ccの並列2気筒270°クランクのエンジンは、MT-07やXSR700、テネレ700、トレーサー7(日本未発売)と同じ系統のもの。MT-07をベースにしたフルカウルスポーツで、フレームも同年モデルのMT-07と同じだがMT-07に無いアシストスリッパークラッチが装備され、倒立フォーク、フロントブレーキキャリパーにラジアルマウントが採用された。車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、ヤマハブラック)。
2022年3月14日に「YZF-R7 ABS WGP 60th Anniversary」を発売。
YZF-R7に設定されたヤマハによるWGP参戦60周年を記念した特別カラーリング・バリエーション。カラーリングモチーフは、1980年のYZR500(OW48)で、ケニー・ロバーツ選手がGP500クラスでチャンピオンを獲得したモデル。車体色は、1色(シルキーホワイト)。400台限定で発売。

 

 

ここでは、
2020年モデルのヤマハ YZF-R6(海外仕様)と
2022年2月14日発売のヤマハ YZF-R7 ABS(日本仕様)
の違いを比較しました。

 

 

YZF-R6とYZF-R7のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

YZF-R6

YZF-R7

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

新登場

型式

-

8BL-RM39J

年式

2020年モデル

2022年モデル

仕向け・仕様

海外向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2040

2070

全幅 (mm)

695

705

全高 (mm)

1150

1160

ホイールベース (mm)

1375

1395

最低地上高(mm)

130

135

シート高 (mm)

850

835

車両重量 (kg)

190

188

最小回転半径(m)

-

3.4

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

-

41.6

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

-

24.6

原動機型式

-

CP2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

599

688

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

67

80

行程(ピストンストローク)(mm)

42.5

68.6

圧縮比(:1)

13.1

11.5

最高出力(kW)

87.1

54

最高出力(PS)

118.4

73

最高出力回転数(rpm)

14500

8750

最大トルク(N・m)

61.7

67

最大トルク(kgf・m)

6.3

6.8

最大トルク回転数(rpm)

10500

6500

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

17

13

燃料(種類)

ハイオクガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR10EK

LMAR8A-9

点火プラグ必要本数・合計

4

2

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

YTZ7S

バッテリー容量

12V 6.0Ah

12V-6.0Ah(10HR)

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.4

3

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2.4

2.3

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2.6

2.6

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

2.073

1.925

2次減速比

2.813

2.625

変速比

1速 2.582/2速 2.000/3速 1.667/4速 1.444/5速 1.266/6速 1.149

1速 2.845/2速 2.125/3速 1.631/4速 1.299/5速 1.090/6速 0.963

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

-

16

スプロケット歯数・後

-

42

チェーンサイズ

532

525

標準チェーンリンク数

116

108

フレーム型式

アルミデルタボックス

ダイヤモンド

キャスター角

24°

23°40

トレール量 (mm)

97

90

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

倒立フォーク

倒立フォーク

フロントフォーク径(φ)

-

41

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

W

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

180/55ZR17

180/55ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

73

73

タイヤ(後)速度記号

(W)

W

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

-

2.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

-

2.9

ホイールリム形状(前)

MT

-

ホイールリム幅(前)

3.5

-

ホイールリム形状(後)

MT

-

ホイールリム幅(後)

5.5

-

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライトタイプ

-

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

ギアポジション 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
走行モード切り替え 有
トラクションコントロール 有
スリッパークラッチ 有
シフトアシスト機構(クイックシフター) 有

アンチロックブレーキ(ABS) 有
スリッパークラッチ 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

-

999,900円(本体価格 909,000円/消費税 90,900円)
ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)、
ヤマハブラック(ブラック)

販売計画台数(国内・年間)

-

1,100台

 

YZF-R6とYZF-R7の違いを比較

 

YZF-R6とYZF-R7の違いを比較

 

 

YZF-R6は、1999年に主に欧州向けに発売された599cc並列4気筒のスーパースポーツ。

 

1998年にはYZF-R1が発売されており、コンパクトなシャシーにハイパワーというYZF-R1の思想を600ccの特性に合わせたマシンだった。前身モデルは、サンダーキャットこと「YZF600R」。シャシーのコンパクトさは、サンダーキャット比で25mm短縮されたホイールベースからも明らか。

 

新発売されてから2010年までは、短期間でモデル変更を繰り返し、2001年モデルは二輪車初のLEDテールランプが採用され、2003年にフルモデルチェンジ、2005年に倒立フォーク採用、2006年にフルモデルチェンジされ、2012年モデルではヤマハのロードレース世界選手権参戦50周年を記念したスペシャルカラーが設定された。2017年モデルでは、フルモデルチェンジされ2015年モデルの新型YZF-R1をイメージさせるカウルデザインとなった。

 

 

 

YZF-R7は、1999年と2021年の2回発売された。

 

1999年に発売されたYZF-R7は、750ccクラスのピュアスポーツモデルでスーパーバイクレースでの勝利のために開発された新型モデルだったため、展示されたのはベッドライトなどが存在しないスーパーバイクレース仕様。YZF-R7のモデル名には、「OW-02」というコードネームがカッコ付きで表記されることが多いが、これは、スーパーバイクレース専用モデルとして、1989年に発売されたFZR750R(OW-01)の後継モデルであることを示していた。YZF-R7は、YZF-R1に始まったYZF-Rシリーズの一員でもあり、スーパーバイク参戦用のホモロゲーションモデルとして、OW-01の系譜にも連なると考えられた。1998年11月のバーミンガムショーでは、市販モデルとしての1999年型・YZF-R7(OW-02)が登場。バルブやコネクティングロッドにチタン素材を用い、当時のWGPマシン、YZR500の技術をフィードバックしたアルミ・デルタボックスフレーム、ヤマハの市販車として初採用のバックトルクリミッターなど、公道用モデルばなれした豪華な装備だった。

 

2代目は2021年5月に欧米で発表され、日本では2022年2月14日に発売。先代のような本格レース車両のホモロゲーションモデルと違い、「かっこよくて、ちょうどいい」をコンセプトにMT-07をベースにフルカウルが与えられたモデル。エンジンは、排気量689ccの並列2気筒で、フレームともども同年モデルのMT-07と同じ。YZF-R7は、MT-07に装備されなかったアシストスリッパークラッチが装備され、倒立フォーク、フロントブレーキキャリパーにラジアルマウントが採用されるなどの違いがあった。

 

 

YZF-R6は、燃料タンク容量17Lで装備重量190kg。
YZF-R7は、燃料タンク容量13Lで装備重量188kg。
燃料タンク容量が同じならYZF-R6の方が約2kg軽い。

 

 

YZF-R3 タンク容量14L 燃費27.6 航続距離386km 687,500円
YZF-R7 タンク容量13L 燃費24  航続距離312km 999,900円
YZF-R6 タンク容量17L 燃費17  航続距離286km 160万円
YZF-R1 タンク容量17L 燃費15.2 航続距離258km 2,365,000円

 

 

YZF-R7がYZF-R6の後釜と思ってる人なんていないでしょ。MT-07の派生だよ。

 

「YZF-R6」と「YZF-R7」の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら