NC700XとタイプLDの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

NC700XとNC700XタイプLDの違いを比較

 

ホンダ NC700Xの歴史

2012年2月24日に「NC700X」と「NC700X<ABS>」が新登場。型式は、EBL-RC63
ニューミッドコンセプトシリーズの第1弾。力強いトルク特性で扱いやすく燃費性能に優れた新設計の水冷・4ストローク・OHC・直列2気筒700ccエンジンを搭載したスポーツモデル。車体色は、4色(パールサンビームホワイト、マグナレッド、ダークネスブラックメタリック、デジタルシルバーメタリック)の設定。
2012年6月14日に「NC700X Dual Clutch Transmission<ABS>」と「NC700X TypeLD」をタイプ追加し発売。
「NC700X Dual Clutch Transmission<ABS>」は、変速機構のデュアル・クラッチ・トランスミッションとアンチロックブレーキシステムを採用したモデル。「NC700X TypeLD」は、NC700Xをベースに前・後サスペンションを変更してローダウン化を図り、シート高を30mm低くし、足着き性を良くした。車体色は、どちらも4色(マグナレッド、ダークネスブラックメタリック、パールサンビームホワイト、デジタルシルバーメタリック)の設定。
2013年8月23日に「NC700X TypeLD Dual Clutch Transmission<ABS>」の特別カラーを限定発売。
車体色は、「カムフラージュグリーン」。

 

 

ここでは、上の黄色の部分
2012年2月24日発売のホンダ NC700X(EBL-RC63)と
2012年6月14日発売のホンダ NC700X Type LD(EBL-RC63)
の違いを比較しました。

 

 

NC750XとタイプLDのスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

NC700X

NC700X Type LD

モデルチェンジ区分

新登場

タイプ追加

型式

EBL-RC63

EBL-RC63

発売日

2012年2月24日

2012年6月14日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2210

2195

全幅 (mm)

830

830

全高 (mm)

1285

1255

ホイールベース (mm)

1540

1525

最低地上高(mm)

165

140

シート高 (mm)

830

800

車両重量 (kg)

214

214

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

41

41

原動機型式

RC61E

RC61E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

669

669

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

73

73

行程(ピストンストローク)(mm)

80

80

圧縮比(:1)

10.7

10.7

最高出力(kW)

37

37

最高出力(PS)

50

50

最高出力回転数(rpm)

6250

6250

最大トルク(N・m)

61

61

最大トルク(kgf・m)

6.2

6.2

最大トルク回転数(rpm)

4750

4750

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

14

14

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

574

574

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

IFR6G-11K

IFR6G-11K

点火プラグ必要本数・合計

2

2

搭載バッテリー・型式

YTZ12S

YTZ12S

バッテリー容量

12V-11Ah 10HR

12V-11Ah 10HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.7

3.7

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

3.1

3.1

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

3.4

3.4

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

1.731

1.731

2次減速比

2.687

2.687

変速比

1速 2.812/2速 1.894/3速 1.453/4速 1.200/5速 1.032/6速 0.837

1速 2.812/2速 1.894/3速 1.453/4速 1.200/5速 1.032/6速 0.837

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

16

16

スプロケット歯数・後

43

43

チェーンサイズ

525

525

標準チェーンリンク数

114

114

キャスター角

27

27

トレール量 (mm)

110

110

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

W

W

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

160/60ZR17

160/60ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

69

69

タイヤ(後)速度記号

W

W

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4.5

4.5

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有

ハザードランプ 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

649,950円(消費税抜き本体価格 619,000円) パールサンビームホワイト、マグナレッド、ダークネスブラックメタリック、デジタルシルバーメタリック 

649,950円(消費税抜き本体価格 619,000円) マグナレッド、ダークネスブラックメタリック、パールサンビームホワイト、デジタルシルバーメタリック

 

NC700XとタイプLDの違いを比較

 

NC700XとタイプLDの違いを比較

 

 

 

NC700XとNC700XタイプLDの違い

 

NC700XタイプLDは、NC700Xをベースに前・後サスペンションを変更してローダウン化を図り、シート高を30mm低くして足着き性を高めた。

 

6速マニュアルミッション仕様、6速マニュアルミッションのABS仕様、デュアル・クラッチ・トランスミッションのABS仕様の合計3モデルをラインアップ。

 

 

2012年6月14日発売の「TypeLD」のメーカー希望小売価格

 

NC700X TypeLD
649,950円(消費税抜き本体価格 619,000円)

 

NC700X TypeLD
699,300円(消費税抜き本体価格 666,000円)

 

NC700X TypeLD Dual Clutch Transmission
752,850円(消費税抜き本体価格 717,000円)

 

 

NC750XとNC700XタイプLDのスペック表の違う部分

 

●タイプグレード名
NC700X → NC700X Type LD

 

●発売日
2012年2月24日 → 2012年6月14日

 

●モデルチェンジ区分
新登場 → タイプ追加

 

●全長 (mm)
2210 → 2195

 

●全高 (mm)
1285 → 1255

 

●ホイールベース (mm)
1540 → 1525

 

●最低地上高 (mm)
165 → 140

 

●シート高 (mm)
830 → 800

 

 

 

NC700XにNC700Sのサスを入れたらNC700XタイプLDになる。

 

 

NC700X車体 + NC700Sサス = NC700X TypeLD

 

 

タイプLDのデメリットは、NC700S用の足回りの流用になるからNC700Xで想定された仕様ではなくなること。乗り心地が悪くなるし、バンク角も浅くなる。豊富にあるNC700X用のアフターパーツのサスに交換できなくなる。NC700S用のサスは、少ないし。俺としては、そこまでして足つきを良くする意味があるの?って思う。

 

 

俺は、立ちごけが怖いからタイプLDにしたよ。

 

 

タイプLDは、標準のNC700Xより若干柔らかめにセッティングされていると感じた。でもNC700Sと同じサスでストロークが標準のNC700Xより30mmも短いから、大きい凸凹の吸収は標準のNC700Xより弱いね。

 

 

標準のNC700Xに乗るとタイプLDは、買おうと思わない。
2つの大きな違いは、サスストローク。
NC700X → 前153mm、後150mm
NC700X LD → 前120mm、後120mm

 

例えばみんなでツーリングに行って、ハイペースで走ってた時に、、見えにくいウネリやギャップを踏んだ時にNC700XタイプLDやNC700Sに乗ってると、はじき飛ばされそうになって怖い思いをするけど、NC700Xだと懐が深くいなしてくれる。この違いはでかいよ。

 

 

NC700XタイプLDは、FサスとRサスをNC700Sのサスに入れ替えるだけ。それでNC700Xのシート高が830mm→800mmになるらしい。それに加えてRサスのプリロードを微妙に増やしているかもしれないけど。シートは、NC700X標準車と同じ。NC700XタイプLDのデメリットは、バンク角、最低地上高が僅かに減る、当然ストローク感がNC700S並みになる。

 

 

タイプLDにするよりNC700X買ってシート変更の方が良いと思うよ。せっかくの専用設計の足回りを少し足つき悪いだけでタイプLDにするのはもったいない。

 

NC700XとタイプLDの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら