NINJA650とMT-07の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

NINJA650とMT-07の違いを比較

 

カワサキ Ninja650の歴史

2012年1月に「Ninja650」が海外で新登場。
欧州で「ER-6n」のフルカウル版が「ER-6f」。その北米仕様のネーミングが「Ninja650R」。2012年にフルモデルチェンジし、よりスポーティな外観となってエンジンやフレームなどのパッケージングが進化し、北米仕様の車名を「Ninja650」に変更。
2013年1月に「Ninja650」をカラーチェンジ。
2014年1月に「Ninja650」をカラーチェンジ。
2015年1月に「Ninja650」をカラーチェンジ。
2016年1月に「Ninja650」をカラーチェンジ。
2017年5月15日に「Ninja650 ABS」をフルモデルチェンジして日本国内で発売。型式は、2BL-ER650H
日本国内で2017年の新型モデルが発売。これまでの海外向け「Ninja650」と同じく並列2気筒エンジンを搭載するがフレームなどは、異なる。多機能メーターにギアポジションも表示。ETC車載器キットを標準装備。
2017年5月15日に「Ninja 650 ABS KRT Edition」を発売。
「Ninja 650 ABS KRT Edition」は、KRTのカラーリングレプリカ。ワールドスーパーバイク選手権の「Ninja ZX-10RR」のイメージをモチーフにしたもの。
2017年8月1日に「Ninja650」をカラーチェンジ。
この年から車名表記からABSの文字が消えたがABSは標準装備。
2017年10月1日に「Ninja 650 KRT Edition」を発売。
「Ninja 650 KRT Edition」もABSが標準装備となり、車名表記からABSの文字がなくなった。
2019年2月1日に「Ninja650」と「Ninja650 KRT EDITON」をカラーチェンジ。

 

 

ヤマハ MT-07の歴史

2014年8月20日に「MT-07」が新登場。型式は、EBL-RM07J
ABS標準装備の「MT-07A」も発売。車体色は、3色(マットグレーメタリック3、ブルーイッシュホワイトカクテル1、ビビッドレッドカクテル1)の設定。
2015年3月10日に「MT-07 ABS」をカラーチェンジして発売。
車体色は、新色の「マットシルバー1」の1色。「MT-07 ABS」はホイールとフレームをレースブルーとした。
2016年2月15日に「MT-07A」と「MT-07」をカラーチェンジして発売。
車体色は、「MT-07A」が新色2色(マットシルバー1、ディープレッドメタリックK)と継続色2色(ブルーイッシュホワイトカクテル1、マットグレーメタリック3)の全4色。「MT-07」が新色1色(ディープレッドメタリックK)と継続色2色(ブルーイッシュホワイトカクテル1、マットグレーメタリック3)の全3色。
2017年2月15日に「MT-07 ABS」、「MT-07」のカラーリングを変更し発売。
車体色は、全て新色で「MT-07 ABS」がブルーイッシュグレーソリッド4とディープパープリッシュブルーメタリックCの2色。「MT-07」がブルーイッシュホワイトパール1とマットダークグレーメタリック6の2色。
2018年4月10日に「MT-07 ABS」をマイナーチェンジし発売。型式は、2BL-RM19J
今回のマイナーチェンジの主な特徴は、バネ定数と減衰力のバランス調整を図って操作に対し、よりリニアに反応する前後サスペンションを装備。ポジションの自由度を高めて、長時間乗車時の疲労を低減する新設計シートの採用。吸排気の流れや塊感を強調し、より力強さを感じさせるスタイリングに変更。車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、マットグレーメタリック3、マットダークグレーメタリック6)の設定。
2019年3月1日に「MT-07 ABS」のカラーリングを変更し発売。
車体色は、新色のマットライトグレーメタリック4と継続色のディープパープリッシュブルーメタリックCとマットダークグレーメタリック6をあわせた全3色。

 

 

ここでは、
2012年1月発売のカワサキ NINJA650と
2014年8月20日発売のヤマハ MT-07(EBL-RM07J)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

Ninja 650

MT-07

モデルチェンジ区分

新登場

新登場

発売年

2012年1月

2014年8月

仕向け・仕様

海外向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2110

2085

全幅 (mm)

770

745

全高 (mm)

1180

1090

軸間距離 (mm)

1410

1400

最低地上高 (mm)

130

140

シート高 (mm)

805

805

車両重量 (kg)

209

179

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

649

689

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

83

80

行程(ピストンストローク)(mm)

60

68.5

圧縮比(:1)

10.8

11.5

最高出力(kW)

52

54

最高出力(PS)

71

73.4

最高出力回転数(rpm)

8000

9000

最大トルク(N・m)

64

68

最大トルク(kgf・m)

6.5

6.9

最大トルク回転数(rpm)

7000

6500

燃料タンク容量 (L)

16

13

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9EIA-9

LMAR8A-9

点火プラグ必要本数・合計

2

2

搭載バッテリー・型式

YT12A-BS

YTZ10S

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.3

3

ドレンボルトサイズ(呼び径)

12

14

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

2.095

1.925

2次減速比

3.067

2.687

変速比

1速 2.4380/2速 1.7140/3速 1.3330/4速 1.1110/5速 0.9660/6速 0.8520

1速 2.8460/2速 2.1250/3速 1.6310/4速 1.3000/5速 1.0900/6速 0.9640

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

16

スプロケット歯数・後

46

43

チェーンサイズ

520

525

標準チェーンリンク数

114

108

フレーム型式

ペリメター(高張力鋼管)

ダイヤモンド

キャスター角

25°00

24°50

トレール量 (mm)

110

90

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

-

38.4

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

-

24.1

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

160/60ZR17

180/55ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

69

73

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4.5

5.5

ヘッドライトタイプ(Hi)

H7

H4

テールライトタイプ

-

LED

メーター表示

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

メーカー小売価格

819000円

699840円

 

NINJA650とMT-07の違いを比較

 

NINJA650とMT-07の比較の口コミ

 

 

同じ2気筒のNINJA650とMT-07で迷ってるけど、NINJA650は、逆車だからあまり店にも置いてないし、試乗車も殆どないね。

 

 

俺もNINJA650は、逆車だからMT-07にした。

 

 

MT-07よりNinja650の方が30kgも重いね。

 

 

ネイキッドとフルカウルだから高速の快適性は、断然Ninja650の方がいい。

 

 

バイク屋に行って九州や北海道でツーリングしたいって言ったら絶対カウルがあるNinja650の方がいいって言われた。

 

 

たまにツーリング行くぐらいならMT-07に純正ミドルスクリーン付ければ、長距離でも快適だよ。

 

 

目的地に着くまでの高速はツライよ。カウルの有り無しで疲れが全然違う。
見た目にこだわりが無いならカウル付のNinja650にした方がいいと思う。まあ、MT-07にミドルスクリーン付ければ多少マシになるけど見た目がかなりダサくなる。

 

 

フルカウルバイクに慣れてる人がネイキッドのMT-07に乗り替えたら風圧の厳しさは覚悟した方がいいよ。特に冬場に乗るなら。夏場は、風が気持ちいいからネイキッドでもいいけど。

 

 

MT-7とNinja650は、性能面ではほとんど同じだから見ためで選べばいい。

 

 

俺は、MT-07にした。NINJA650は、5000rpmぐらいまでのトルクが細いし単気筒みたいな振動が不快だった。でもそれ以上回したら回転がスムースで楽しいかったけど。

 

 

ツーリングメインだったらNinja650かな。

 

 

Ninja650乗りでMT-07に試乗してみたけど、凄くメリハリがある印象だった。それを楽しさと感じるかは、好みの問題だと思う。MT-07と比べたらNinja650は大人しくて乗りやすい。逆に言えばインパクトに欠ける。自分は、スタイルを含めてトータルバランスでNinja650の方が好き。

 

 

Ninja650は、エンジンがただのパラツイン。エンジン以外は、かなり良いけど高回転ショートストロークはドコドコ感が無いし。

 

 

MT-07は、270°クランクのパラツインで常識化してる二軸バランサーをコストダウンを優先して採用せずに中華バイクのYBR125と同じ形式の簡易バランサーを採用してる。高速長距離ツアラーでのミドルクラスを探してるならロングストローク二軸バランサーのNC750やバランスの良い180°クランクのNinja650や90°VツインSV650のエンジンの方が断然快適性が上だよ。

 

 

同じクラスなら性能ではNinja650。価格ではMT-07だろうね。

 

 

Ninja650は、安定志向でポジションは楽だけど、基本アンダーなんで通勤で乗るには、使いづらそう。都内で通勤に使うならMT-07の方がいいと思う。

 

 

駐輪場が狭い人は、Ninja650だとMT-07より一回り重いし、最小回転半径が2.8mで細かい取り回しは苦手。MT-07の最小回転半径は、2.7m。

 

 

MT-07とNinja650で迷ったけど、長距離ツーリングもするからその時の安心感とツーリング先での遭遇率からNinja650を買った。あとメーターは、圧倒的にNinja650の方が良かった。

 

NINJA650とMT-07の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら