W800とレブル1100の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

W800とレブル1100の違いを比較

 

カワサキ W800の歴史

2011年2月1日に「W800」と「W800 Special Edition」が新登場。型式は、EBL-EJ800A
W650のエンジンを773ccに拡大、フューエルインジェクションとして良好な始動性や排出ガスの清浄化を実現して登場した。車体色は、キャンディゴールドスパークとメタリックダークグリーンの2色を設定。また、ブラックのカラーリングにゴールドのホイールリムを組み合わせたスペシャルエディションもラインナップする。
2011年11月1日に「W800」と「W800 Special Edition」をカラーチェンジ。
2012年3月1日に「W800 Special Edition」をカラーチェンジ。
車体色は、キャンディカーディナルレッド。ホイールのリムにはフューエルタンクのカラーリングに合わせてレッド色のアルマイト加工が施される。
2012年8月1日に特別・限定仕様のW800 Chrome Editionを発売。
エボニーのカラーリングをベースに、クロームメッキを施したタンクを装着。エンジン、前後フェンダー、ヘッドライトボディ、ホイールのリムをブラック塗装としたクロームエディションを300台限定で発売。
2012年10月15日に「W800」と「W800 Special Edition」をカラーチェンジ。
車体色は、エボニーとメタリックマグネシウムグレーの2色。キャンディカーディナルレッドのスペシャルエディションは継続販売される。
2013年9月1日に「W800」と「W800 Special Edition」をカラーチェンジ。
車体色は、パールクリスタルホワイトとメタリックノクターンブルーの2色。また、エボニーにキャンディバーントオレンジのラインを入れたスペシャルエディションも同時に発売した。価格の変更も行っている。
2014年4月15日に特別・限定仕様のW800 Chrome Editionをカラーチェンジ。
レーシングフラッグを意識してデザインされた専用のカバーエンブレムにタックロールシート、クロームメッキタンクなど、往年の名車「W1」のクラシカルな雰囲気を現代風に取り入れたChrome Editionを限定販売。
2014年10月1日に「W800」をカラーチェンジ。
車体色は、メタリックダークグリーン×パールアルパインホワイトとキャンディダイヤモンドレッド×パールアルパインホワイトの2色。
2014年10月1日に特別・限定仕様のW800 Black Editionを発売。

シートのパイピングやカワサキロゴに至るまでをグレーとするなど徹底的に黒にこだわったBlack Editionを発売。ベベルギアカバーとフューエルインジェクションカバーにリンクル塗装を施し、高級感を与えている。
2015年4月15日に特別・限定仕様のW800 Limited Editionを発売。
夏場のリゾート地をイメージしたカラーリングのLimited Editionを300台限定で発売。車体カラーに合わせて、エンジンにブラック塗装を施し、サイドカバーには立体エンブレム、シートはホワイト×ブラウンの特別仕様を装備する。
2015年9月1日に「W800」と「W800 Special Edition」をカラーチェンジ。
車体色は、メタリックオーシャンブルー×パールアルパインホワイトの1色とエボニーにホワイトとゴールドのラインを入れたSpecial Editionをラインナップ。フューエルインジェクションカバーとベベルギヤカバーにはリンクル塗装が施され、ホワイトのパイピングを入れた専用シートも装着される。
2016年7月15日に特別・限定仕様のW800 Final Editionを発売。
1973年に登場した650RS W3を彷彿とさせるカラー&グラフィックに専用のエンブレムを採用。塗装段差の少ない4度塗りの高級塗装は塗装工程までW3と同様。カラー&グラフィックの変更(特別塗装)、シートデザインの変更、フューエルタンクに専用のエンブレムを採用、フューエルタンク上面に専用のデカールを採用、フロント、リヤのハブにブラック塗装を採用、エンジン(ヘッドカバー、シリンダーヘッド、クランクケース)にブラック塗装を採用、フューエルインジェクションカバーにハンマートーン塗装を採用。
2019年3月1日に「W800 CAFE」と「W800 STREET」を発売。型式は、2BL-EJ800B
STREETは、Wのスタイルを継承したまさにWのスタイル。CAFEは、カフェレーサー・スタイルを取り入れたネオレトロスポーツ。車体色は、「W800 CAFE」がメタリックマグネシウムグレー×ギャラクシーシルバー。「W800 STREET」がメタリックフラットスパークブラック×メタリックマットグラファイトグレー。
「W800」と「W800STREET」と「W800CAFE」の違いの比較は、こちら。
2019年12月1日に「W800」を発売。型式は、2BL-EJ800B
車体色は、メタリックダークグリーン。
2020年10月1日に「W800」と「W800STREET」と「W800CAFE」をカラーチェンジ。
車体色は、「W800」がメタリックオーシャンブルー。「W800 STREET」がメタリックマットグラファイトグレー×メタリックフラットスパークブラック。「W800 CAFE」がメタリックグラファイトグレー×メタリックディアブロブラック。
2022年8月10日に「W800」をカラーチェンジ。
車体色は、メタリックスレートブルー×メタリックディアブロブラック。

2022年9月15日に「W800STREET」と「W800CAFE」をカラーチェンジ。
車体色は、「W800 STREET」がパールストームグレー。「W800 CAFE」がエボニー。

 

 

ホンダ レブル1100の歴史

2021年3月11日に「REBEL 1100 DCT」が新登場。型式は、8BL-SC83
レブル1100は、2020年11月に海外市場向けに発表されたクルーザーモデル。先行して発売されたレブル250(MC49)やレブル500の上位モデル。CRF1100Lアフリカツイン用の並列2気筒ユニットがベースの排気量1,082ccのSC83E型水冷4ストロークOHC4バルブ直列2気筒エンジンを搭載。270°位相クランクが生み出す不等間隔の燃焼が、大排気量クルーザーらしいパルス感を生み出す。反転液晶メーター、ライドバイワイヤ、ライディングモード選択、ABS、トラクションコントロール、シート下にUSBタイプCの電源ソケットなどを装備。日本仕様にはグリップヒーターとETC2.0車載器も標準装備された。こちらは、DCTモデル。
車体色は、2色(ガンメタルブラックメタリック、ボルドーレッドメタリック)。
2021年5月13日が「REBEL 1100」が新登場。
こちらは、マニュアルモデル。車体色は、2色(ボルドーレッドメタリック、ガンメタルブラックメタリック)。

 

 

ここでは、
2020年10月1日発売のカワサキ W800(型式 2BL-EJ800B)と
2021年5月13日発売のホンダ レブル1100(型式 8BL-SC83)
の違いを比較しました。

 

 

W800とレブル1100のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

W800

レブル1100

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

新登場

型式

2BL-EJ800B

8BL-SC83

発売日

2020年10月1日

2021年5月13日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2190

2240

全幅 (mm)

790

850

全高 (mm)

1075

1115

ホイールベース (mm)

1465

1520

最低地上高(mm)

125

120

シート高 (mm)

790

700

車両重量 (kg)

226

223

最小回転半径(m)

2.7

2.9

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

30

31.5

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

21.1

18.7

原動機型式

EJ800AE

SC83E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

空冷

水冷

排気量 (cc)

773

1082

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

77

92

行程(ピストンストローク)(mm)

83

81.4

圧縮比(:1)

8.4

10.1

最高出力(kW)

38

64

最高出力(PS)

52

87

最高出力回転数(rpm)

6500

7000

最大トルク(N・m)

62

98

最大トルク(kgf・m)

6.3

10

最大トルク回転数(rpm)

4800

4750

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

-

PGM-FI

燃料タンク容量 (L)

15

13

燃料タンク・リザーブ容量 (L)

3.8

-

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

450

409.5

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR8E

SILMAR8A9S

点火プラグ必要本数・合計

2

4

搭載バッテリー・型式

YTX12-BS

YTZ14S

バッテリー容量

12V-10Ah

12V-11.2Ah(10HR)

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

セミ・ドライサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.2

4.8

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2.7

3.9

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2.9

4

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-30

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

2.095

1.717

2次減速比

2.466

2.625

変速比

1速 2.351/2速 1.590/3速 1.240/4速 1.000/5速 0.851

1速 2.865/2速 1.888/3速 1.480/4速 1.230/5速 1.064/6速 0.972

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

16

スプロケット歯数・後

37

42

チェーンサイズ

520

525

標準チェーンリンク数

104

120

フレーム型式

ダブルクレードル

ダイヤモンド

キャスター角

27°

28°00

トレール量 (mm)

108

110

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

フロントフォーク径(φ)

41

-

フロントホイールトラベル(mm)

130

-

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

2

2

リアホイールトラベル(mm)

107

-

タイヤ(前)

100/90-19

130/70B18

タイヤ(前)構造名

バイアス

ベルテッドバイアス

タイヤ(前)荷重指数

57

-

タイヤ(前)速度記号

H

-

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブレス

タイヤ(後)

130/80-18

180/65B16

タイヤ(後)構造名

バイアス

ベルテッドバイアス

タイヤ(後)荷重指数

66

-

タイヤ(後)速度記号

H

-

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

-

ホイールリム幅(前)

2.5

-

ホイールリム形状(後)

MT

-

ホイールリム幅(後)

3

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2

2.25

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.5

2.25

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライト定格(制動/尾灯)

21/5W

LED

スピードメーター表示形式

アナログ

デジタル

メーター表示

エンジン回転計 有
時計 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有
スリッパークラッチ 有
グリップヒーター 有
ETC 有
センタースタンド 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
走行モード切り替え 有
トラクションコントロール 有
グリップヒーター 有
ETC 有
USBポート 有
緊急制動表示灯 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

1,100,000円(本体価格1,000,000円、消費税100,000円)
メタリックオーシャンブルー(BU1)、
メタリックマットグラファイトグレー×メタリックフラットスパークブラック(GY1)、
メタリックグラファイトグレー×メタリックディアブロブラック(GY1)

1,100,000円(消費税抜き本体価格 1,000,000円)
ガンメタルブラックメタリック、
ボルドーレッドメタリック

販売計画台数(国内・年間)

-

3,000台

生産国

-

日本

 

W800とレブル1100の違いを比較

 

W800とレブル1100の違いを比較

 

 

W800のライバルはレブル1100だと思う。2気筒、MTと値段一緒、どっちもグリップヒーター、ETC2.0標準装備。

 

 

人によって感じ方は違うだろうけど、俺には、レブル1100は、つまらなかった。試乗したら楽で速いと思ったけど、楽しくはなかった。ポジションも良く言えばコンパクトだけど悪く言えば窮屈。永く楽しめるバイクと思わなかったからW800にした。

 

 

レブル1100は、270度でバルバル言わせてるだけで鼓動感は、まるでない。そういう意味では、W800の方が楽しめると思う。

 

 

W800とレブル1100の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら