CB750とNC750Xの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

CB750とNC750Xの違いを比較

 

ホンダ CB750の歴史

1992年2月21日に空冷・直列4気筒エンジンを搭載した「ホンダCB750」を発売。型式は、RC42
1995年9月25日に「ホンダ CB750」のカラーリングを変更し発売。
車体色は、「キャンディリバイヴレッド」を採用。エンジン廻りや足廻りなど各パーツに質感の高い塗装を施すとともに、フューエルタンクサイド部にHONDAのロゴを配している。
2001年1月13日に「CB750」をマイナーチェンジし発売。型式は、BC-RC42
車体色をブラックとし、排出ガス浄化装置として、エキゾースト・エアインジェクションシステム(二次空気導入装置)を採用し、国内の排出ガス規制に適合させた。
CB750の「RC42」と「BC-RC42」の違いの比較は、こちら。
2004年1月30日に「CB750」をマイナーチェンジし発売。
スロットルポジションセンサー付キャブレターを採用し、スロットル開度に応じて点火時期を制御し、ドライバビリティーを向上させるとともに、放熱効果に優れたリザーバータンク付リアサスペンションの採用で、減衰力特性が向上し、よりスポーティーな走りを実現。また視認性の向上を図ったマルチリフレクターヘッドライトと、ハザードランプを標準装備し、メーターボディー、ウインカーボディーのクロームメッキ化と、アルミダイキャスト製ヘッドライトブラケットの採用で質感を向上。さらに、盗難抑止機構としてH・I・S・Sの標準装備とアラームキット(オプション設定)を装着可能な配線を装備。車体色は、レッドとホワイトの配色のキャンディブレイジングレッドと、ブラックとグレーの配色のブラックの2色設定。
CB750の2004年1月30日のマイナーチェンジ前後の違いの比較は、こちら。
2004年12月11日に「CB750」のカラーリングを変更し発売。
前後のホイールと左右のリアサスペンションリザーバータンクにゴールドカラーを採用し、より高級感を演出。車体色は、新たにツートーンカラーの「パールヘロンブルー」と「キャンディブレイジングレッド」の2色設定。
2006年12月20日に「CB750」に新色を追加して発売。
ブラックのカラーリングを基調とし、車体の側面にレッドを配し、ゴールドのストライプの縁取りを施し落ち着いた印象の「グラファイトブラック」を新たに設定。キャンディーブレイジングレッドとパールヘロンブルーと合わせて3色設定。
2007年3月22日に「CB750・スペシャルエディション」を限定発売。
「CB750F デイトナレーサー」のカラーリングを施した車体色は、発色の良いデジタルシルバーメタリックを採用。車体側面には、特徴的なネイビーとブルーのストライプを燃料タンクからリアカウルにわたり施している。リアサスペンションのスプリングには、鮮やかなファイティングレッドを採用。前・後ホイールはブラック塗装。また、燃料タンク上部と左右のサイドカバーには「CB750 Special Edition」のロゴをそれぞれ配した。
2007年10月1日に「CB750」をマイナーチェンジして発売。

より質感を高めるために2種類のシート表皮を座面と側面に用い、パイピングを施したシートを採用。また、リアサスペンションスプリングの色をファイティングレッドに。車体色は、従来色のキャンディーブレイジングレッドとパールヘロンブルーの2色設定。
2007年10月15日に特別仕様の「CB750・スペシャル」を限定発売。
CB750・スペシャルは、デジタルシルバーメタリックとキャンディーブレイジングレッドの2色設定。
車体色は、1979年に輸出車として北米と欧州を中心に販売した、直列6気筒1000ccエンジン搭載のスポーツモデル「CBX」のカラーリングをイメージさせ、タンク上面とリアカウルにはブラックのストライプを採用し高級感を演出。専用仕様として、立体エンブレムを燃料タンクとリアカウルに採用。
2008年8月に生産終了。
2007年に施行された平成19年自動車排出ガス規制に適合できないため2008年8月に生産終了となった。

 

 

ホンダ NC750Xの歴史

2014年1月24日に新登場。型式は、EBL-RC72
「NC750X」、「NC750X TypeLD」、「NC750X<ABS>」、「NC750X TypeLD<ABS>」、「NC750X DCT<ABS>」、「NC750X TypeLD DCT<ABS>」を発売。今回のモデルは、「NC700X」の排気量アップを図りつつ、燃費の向上を実現し、装備の充実も図った。車体色は、全タイプに新色の3色(マットパールグレアホワイト、パールスペンサーブルー、ソードシルバーメタリック)の設定。
NC750XとタイプLDの違いの比較は、こちら。
2014年4月21日に「E Package」タイプを設定し発売。
NC750XのE Packageは、Type LD、DCT搭載車にタイプ設定した。ETC車載器やスポーツグリップヒーター、DCTチェンジぺダルを装備。車体色は、3色(マットパールグレアホワイト、ソードシルバーメタリック、パールスペンサーブルー)の設定。
2016年1月26日にフルモデルチェンジ。型式は、2BL-RC90
NC750Xはスタイリングを一新。LEDヘッドライト、LEDテールランプを採用し、導光タイプのポジションランプをヘッドライト輪郭に縁取った。ラゲッジボックスの容量を拡大した。フロントサスペンションに「デュアルベンディングバルブ」を採用。リアクッションにはプリロード調整機構を追加。DCT搭載モデルは、Sモードに3種類のレベルを設定できる機能を追加。心地のよいパルス感を向上させる異形断面マフラーや防風効果をさらに高めた大型ウインドスクリーンを採用。車体色は、4色(キャンディーアルカディアンレッド、グリントウェーブブルーメタリック、パールグレアホワイト、マットバリスティックブラックメタリック)の設定。
NC750Xの「EBL-RC72」と「EBL-RC90」の違いを比較
2017年2月17日にカラーチェンジ。
新色のキャンディープロミネンスレッドを各タイプに追加。従来色の3色(マットバリスティックブラックメタリック、パールグレアホワイト、グリントウェーブブルーメタリック)とあわせて全4色の設定。
2018年4月20日にマイナーチェンジ。
これまでNC750X Dual Clutch Transmission<ABS>のみの設定だった、グリップヒーターとETC車載器を標準装備したE Packageタイプを、新たにマニュアルトランスミッションタイプのNC750X<ABS>にも設定。またNC750X<ABS>E PackageとNC750X Dual Clutch Transmission<ABS>E Packageに、2段階のトルクコントロールとトルクコントロールを必要としないOFF状態の選択が可能なHonda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)を採用。シート高は、全タイプ800mmの設定とした。車体色は、3色(キャンディークロモスフィアレッド(新色)、マットガンパウダーブラックメタリック(新色)、パールグレアホワイト)の設定。
2018年11月22日にマイナーチェンジ。
「NC750X」の全タイプにABSとグリップヒーターとHondaセレクタブル トルク コントロール(HSTC)を標準装備。「NC750X」全タイプにETC2.0車載器を標準装備。車体色は、3色(マットバリスティックブラックメタリック(新色)、キャンディークロモスフィアレッド、パールグレアホワイト)の設定。

 

 

ここでは、
2007年10月1日発売のホンダ CB750(BC-RC42)と
2014年1月24日発売のホンダ NC750X(EBL-RC72)
の違いを比較しました。

 

 

CB750とNC750Xのスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

CB750

NC750X

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

新登場

型式

BC-RC42

EBL-RC72

発売日

2007年10月1日

2014年1月24日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2155

2210

全幅 (mm)

780

840

全高 (mm)

1100

1285

ホイールベース (mm)

1495

1540

最低地上高(mm)

130

165

シート高 (mm)

795

830

車両重量 (kg)

235

217

最小回転半径(m)

2.7

3

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

27

40

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

-

29

原動機型式

RC17E

RC70E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

空冷

水冷

排気量 (cc)

747

745

カム・バルブ駆動方式

DOHC

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

67

77

行程(ピストンストローク)(mm)

53

80

圧縮比(:1)

9.3

10.7

最高出力(kW)

55

40

最高出力(PS)

75

54

最高出力回転数(rpm)

8500

6250

最大トルク(N・m)

64

68

最大トルク(kgf・m)

6.5

6.9

最大トルク回転数(rpm)

7500

4750

燃料供給方式

キャブレター

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

VENAC

-

燃料タンク容量 (L)

20

14

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

DPR8EA-9

IFR6G-11K

点火プラグ必要本数・合計

4

2

搭載バッテリー・型式

YB14-A2

YTZ14S

バッテリー容量

12V-14Ah

12V-11.2Ah 10HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.8

3.7

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2.8

3.1

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

3

3.7

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

1.78

1.731

2次減速比

2.6

2.529

変速比

1速 3.000/2速 2.055/3速 1.544/4速 1.240/5速 1.074

1速 2.812/2速 1.894/3速 1.453/4速 1.200/5速 1.032/6速 0.837

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

17

スプロケット歯数・後

39

43

チェーンサイズ

525

520

標準チェーンリンク数

112

114

フレーム型式

ダブルクレードル

ダイヤモンド

キャスター角

26°00

27°00

トレール量 (mm)

91

110

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

-

1

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

150/70ZR17

160/60ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

69

69

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4

4.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2.5

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.9

-

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

テールライト定格(制動/尾灯)

21/5W

-

スピードメーター表示形式

アナログ

デジタル

メーター表示

エンジン回転計 有

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有
盗難防止装置 有

ハザードランプ 有

メーカー小売価格/カラーバリエーション

787,500円 パールヘロンブルー
787,500円 キャンディーブレイジングレッド

701,400円 マットパールグレアホワイト
701,400円 パールスペンサーブルー
701,400円 ソードシルバーメタリック

国内年間目標販売台数

シリーズ合計 1,500台

2,500台

 

CB750とNC750Xの違いを比較

 

CB750とNC750Xの違いを比較

 

 

●車両重量と最高出力と最大トルク
CB750 235kg | 55kW/8500rpm | 64N・m/7500rpm
NC750X 217kg | 40kW/6250rpm | 68N・m/4750rpm

 

 

●シート高
CB750 795mm
NC750X 830mm

 

 

●タンク容量
CB750 20L
NC750X 14L

 

●燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)
CB750 27km/L
NC750X 40km/L

 

●航続距離(60km/h走行時)
CB750 20L × 27km/L =540km
NC750X 14L × 40km/L =560km

 

 

いまCB750に乗ってNC750Xに興味あるけど、抑えた馬力が気になる。高速の追い越し加速やワインディングの上りの加速ってどうなんだろう?

 

 

NC750X買って、リッターバイク友達とよく高速走行してるけど、全然問題ないよ。公道じゃなければ、メーター読みで5速で160km/hは、すぐ出るし、6速なら180km/h以上も出る。

 

 

俺もNC750X乗ってるけど、110km/hで流れてるとこを140km/hで追い越しかけるぐらいならは余裕。150km/hぐらいから加速は無くなってくるけど、海外の動画見ると180km/hぐらいまで出てるね。まあ、140km/hぐらいまでは凄く快適な旅バイクって感じ。それ以上を望む人には向いてない。でもCB750を所有してた時より所有欲は薄くなったかも。

 

 

NC750は、140km/hからは辛気くさい加速とフレームヨレヨレ。ワィンディングと言っても60km/hまでの道ならDCTだと結構速い。DCTなら信号からのヨーイドンならほとんど無敵。はっきり言えば下道仕様のバイクだね。でもCB750より数ランク上の走りができるから乗り換えたら幸せになれる。

 

 

NC750Xは、上が6500回転までしか回らないから「スコーン!」とした加速はない。CB750で6500回転までに制限して走ってみて不満がない人は、NC750Xで満足できると思う。NC750Xの下は、CB750より若干太いけど大差はない。NC750Xは、回らないからワインディングは楽しくない。

 

 

教習所のバイクがCB750からNC750に変わってた。

 

 

俺も同じ。大型教習の第一段階の時は、CB750だったけど、第ニ段階からは、NC750になった。ちなみにNC750は、いままで検定用だったけど、CB750がラスト1台だったらしく、第一段階教習用に壊せいからだって。NC750になってスラロームでは、ケツが居残る感じになった。クランクでは侵入から脱出で凄く違和感があった。なんか曲がらないって印象だった。同期で入った女の子がいたけど、NC750に変わった途端コケてたし。NC750の違和感の理由は、その後NC750を買って他のバイクと乗り比べてわかったけど、タンク位置だね。タンクの位置が普通のバイクは、タンクの重みで旋回に入れる。でもNC750は、旋回させようとしなきゃダメ。旋回を始めてしまえば逆にNC750は、やり放題で乗りやすい。あとNC750Xのシートは、お尻が動かないから余計にとっつき悪いと思った。

 

 

NC750は、低回転域でのトルクは強いけど、回した時の咆哮はCB750の方が鋭い。教習車のNC750は馬力がデチューンされてるから市販のNC750の方が馬力の伸びがある。通勤とかで乗りやすさを選ぶならNC750。

 

 

●メーカー希望小売価格(消費税込み)

 

CB750
787,500円(消費税抜き本体価格 750,000円)

 

NC750X、NC750X TypeLD
701,400円(消費税抜き本体価格 668,000円)

 

NC750X<ABS>、NC750X TypeLD<ABS>
750,750円(消費税抜き本体価格 715,000円)

 

NC750X デュアル・クラッチ・トランスミッション<ABS>
NC750X TypeLD デュアル・クラッチ・トランスミッション<ABS>
814,800円(消費税抜き本体価格 776,000円

 

 

CB750とNC750Xの中古車価格と買取価格の相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら