ニンジャZX-6Rとニンジャ1000の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

ニンジャZX-6Rとニンジャ1000の違いを比較

 

カワサキ ニンジャZX-6Rの歴史

1995年に海外仕様が新登場。マーケットコードはZX600F。
1997年にマイナーチェンジ。
エンジン内を小変更。
1998年にフルモデルチェンジ。マーケットコードはZX600G。
フェイスリフトがあり2眼ライトを採用。79kW/65Nmへ出力アップ。リアタイヤが10mm太い170/60ZR17へ変更。6kg軽量化され176kgへ。2000年にフルモデルチェンジ。マーケットコードはZX600J。
外観もエンジンも一新。82kW/66Nmへ出力アップ。フロントタイヤが120/65ZR17へ。リアタイヤが10mm太い180/55ZR17へ。4kg軽量化され172kgへ。
2002年にフルモデルチェンジ。マーケットコードはZX636A。
メッキシリンダー採用によりボアが66mmから68mmへと拡大し排気量636ccになった。83kW/71Nmへ出力アップ。4kg軽量化され172kgへ。
2003年1月にフルモデルチェンジ。マーケットコードはZX636B。
初めてフューエルインジェクションを採用。87kW/67Nmへと出力アップ。9kgの軽量化で161kg。フロントフォークは倒立タイプとなり、フロントブレーキキャリパーはラジアルマウントになった。
2005年にフルモデルチェンジ。マーケットコードはZX636C。
カウルイメージも一新、外観上の大きな変更点は、センターアップエキゾーストとなり、マフラーがシートカウルの下に配置された。95.5kW/70.5Nmへと出力アップ。3kg重量増となり164kgへ。
2006年にカラーチェンジ。
2007年にフルモデルチェンジ。マーケットコードはZX600P。
排気量が再び599ccに戻り、91.9kW/66Nmにダウン。フロントのブレーキキャリパーは、TOKICO製からニッシン製となり、リアサスは低/高速の2ウェイアジェスターを装備。フロントタイヤは、120/65-17から120/70-17に変更された。,乾燥重量167kg。
2008年にカラーチェンジ。

2009年にフルモデルチェンジ。マーケットコードはZX600R。
エンジンやフレームは、これまでのP型を踏襲、約10kgの軽量化やセッティング変更によるブラッシュアップ版。カウル形状は、ZX-10RのE型に似たものとなり、センターアップだったマフラーは、ショートタイプが右側面に配置される「マスの集中型」となった。94.1kW/66,7Nmへと出力アップ。
2010年にカラーチェンジ。
2011年にカラーチェンジ。
2012年にカラーチェンジ。
2013年にニンジャZX-6R ABSが新登場。

 

 

カワサキ NINJA1000の歴史

2011年1月に新登場。Z1000(3代目)をベースに、ツアラーモデルとして誕生。海外市場専用モデルだったが日本国内でも「逆輸入」で販売。ABS搭載モデルも発売。
2012年1月にカラーチェンジ。
2013年1月にカラーチェンジ。
2014年1月フルモデルチェンジした2代目モデルを発売。
パワーモード選択が可能になり、トラクションコントロールも搭載。専用アクセサリーとしてパニアケース(GIVI製)が設定され、左右それぞれにフルフェイスヘルメットが収納できる。
2015年1月にカラーチェンジ。
2016年1月マイナーチェンジ
アシスト&スリッパークラッチを新搭載し、急激なシフトダウンやシフトミスによる過度のエンジンブレーキを抑え、リアタイヤを安定させた。ABS搭載モデルだけになる。
2017年3月15日に国内仕様の「Ninja1000 ABS」を発売。
型式は、2BL-ZXT00W。ETC車載器を標準装備、パニアケースなどの純正オプションを豊富に用意するなどした。海外仕様の2016年モデルからマイナーチェンジし、カウル形状の変更、LEDヘッドライトに変更。欧州向けモデルの基本構成も日本向けの2017年モデルと同様。車体色は、2色(キャンディライムグリーン×メタリックカーボングレー、メタリックスパークブラック×メタリックグラファイトグレー)。
2017年9月1日にカラーチェンジ。
ABSが標準装備となり、2018年モデルから車名表記からABSの表記を外した。車体色は、2色(メタリックスパークブラック×メタリックグラファイトグレー、メタリックマットフュージョンシルバー×メタリックフラットスパークブラック)。
2018年8月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(エメラルドブレイズドグリーン×メタリックマットグラファイトグレー、メタリックスパークブラック×メタリックマットカーボングレー)。

 

 

ここでは、
2013年発売のカワサキ ニンジャZX-6R ABSと
2013年発売のカワサキ ニンジャ1000
の違いを比較しました。

 

 

ニンジャZX-6Rとニンジャ1000のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

カワサキ ニンジャZX-6R ABS

カワサキ ニンジャ1000

発売

2013年

2013年

全長

2085mm

2105mm

全幅

705mm

790mm

全高

1115mm

1170mm

ホイールベース

1395mm

1445mm

シート高

830mm

820mm

最低地上高

130mm

135mm

総重量

194kg

228kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

スイングアーム

スイングアーム

キャスター角

23.5°

24.5°

トレール(mm)

101

102

ブレーキ形式(前)

ダブルディスク

ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

120/70ZR17 M/C 58W

120/70ZR17 M/C 58W

タイヤサイズ(後)

180/55ZR17 M/C 73W

190/50ZR17 M/C 73W

エンジン種類

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒

総排気量

636cc

1043cc

圧縮比

12.9

11.8

ボア

67mm

77mm

最高出力(kW/rpm)

95(129PS)/13000

101.5(138PS)/9600

最大トルク(N・m/rpm)

71(7.2kgf・m)/11500

110(11.2kgf・m)/7800

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

デジタル

クラッチ形式

湿式多板

湿式多板

変速機形式

6段リターン

6段リターン

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

ウエットサンプ

ウエットサンプ

燃料タンク容量

17.0L

19.0L

燃料消費率(km/L)

 

 

カラー/メーカー小売価格

¥1,246,000 ライムグリーン/メタリックスパークブラック

¥1,239,000 キャンディライムグリーン/メタリックスパークブラック ¥1,239,000 パールスターダストホワイト/メタリックスパークブラック

 

 

 

ニンジャZX-6Rとニンジャ1000の動画

 

ニンジャZX-6R

 

やさしいバイク解説:カワサキ ニンジャ ZX-6R

 

カワサキ Ninja ZX-6R 636 (2013) バイク試乗レビュー

 

Kawasaki ZX6R Top Speed & High Speed

 

 

ニンジャ1000

 

やさしいバイク解説:カワサキ Ninja 1000

 

KAWASAKI NINJA 1000 インプレ&雑談モトブログ

 

ninja1000 top speed meter278km GPS260

 

 

ニンジャZX-6Rとニンジャ1000の比較の口コミ

 

 

サーキットでは、俺以外にニンジャ1000を見たことない。ZX-6RやZX-10Rならいっぱいいるけど。ニンジャ1000は、コース走行にあまり向いてない。

 

 

ニンジャ1000は、あのアップな姿勢とフルカウルのアンバランスさが気に入らない。乗ってる姿を見たら姿勢がダサすぎる。

 

ZX-6Rでもできないことはないけどツーリング用途がメインだったらニンジャ1000の方が良い。 ZX-6Rのポジションは、慣れるからいいけど工夫をしないとロンツーする程の荷物が積めない。SSだから色々維持費も掛かるからし、 サーキットを走るつもりがないなら割高なバイクだよ。

 

 

最高速は、ZX-6Rの圧勝でしょ。ニンジャ1000は、低速トルクで勝っても高回転域ではZX-6Rに敵わない。ちなみに自分のニンジャ1000が後軸125PS出てるが後軸115PSのミドルSSの方が遙かに速かった。

 

ニンジャ1000(実測で計測)
0-100km/h 3.1〜3.3秒
0-200km/h 8.7〜9秒
0-400m 10秒83
@209.3km

 

ZX-6R(一つ前のモデルでメーター読み)
0〜100km/h 3.62秒
0〜200km/h 12.01秒
0〜400m 11.43秒

 

ZX-6R(現行でメーター読み)
zx6r これもメーター読み
0-100km/h 3.1秒
0-200km/h 10.1秒

 

ノーマルなら200km/hまではニンジャ1000の方が速そう。
そこから最高速まではギア比の関係からZX-6Rの方が速いんじゃないかな?
あとはパワーバンドもトルクバンドもまったく違うから。乗りやすさはニンジャ1000。

 

 

最高速は、ノーマルの状態だったらZX-6Rかな。ギア比や圧縮比の関係でニンジャ1000では、勝てない。 だけど実測ではニンジャ1000で260km出してる人もいるし、ZX-6Rもノーマルで263kmくらいだったからそれほど変わらないんじゃない?いずれにしても、ユースが違うし乗りやすくて速いとなるとニンジャ1000だな。

 

 

それなりに腕があるならリッタークラス乗らないと、コーナーでいくら頑張ってもストレートで下手な奴に抜かれて次のコーナーにフタされるからストレスになる。

 

 

ZX-6Rとニンジャ1000で迷ったけどZX-6Rは、明らかに長距離向きじゃないからニンジャ1000にした。

 

 

ニンジャ1000にシフトポジションインジケータ付けて欲しかった。ZX-6Rのメーターには付いてるのに。

 

 

積載を考えてるならニンジャ1000。

 

 

ZX-6Rは、ニンジャ1000と比較すると軽くて良く回るエンジンが楽しい。サーキットに行かなくて体格があるならトルクとかあって楽なニンジャ1000のがいいと思う。

 

 

俺は、ニンジャ1000にしたけどタンデム需要が無かったらZX-6RかZX-10Rにしてた。

 

 

ニンジャ1000をレンタルして峠を走った際にマフラーとステップを擦ってマフラーとバックステップの交換は必須と思ってニンジャ1000を諦めてZX-6Rにした。ニンジャ1000のどの回転域でもグングン引っ張ってくれるエンジンと楽なポジションが魅力的だった。

 

 

ニンジャ1000は、ステップが低すぎるな。山をセカンドで流してたらガリガリいって驚いた。マフラーはサーキットで走るまでは擦らなかった。

 

 

ニンジャZX-6Rとニンジャ1000の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら