CB400SFとCBR250Rの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

CB400SFとCBR250Rの違いを比較

 

ホンダ CB400SFの歴史

1992年4月に新登場。型式は、NC31
車体色は、5色(ブラック、イエロー、レッド、シルバー/ブルー、ブラック/グレー)。
1994年3月にマイナーチェンジ。
左右のサイドカバーに質感の高いサチライトメッキの立体エンブレムを採用。新しく燃料計を装備した、新設計の3眼メーターを採用。スピードメーター、タコメーターのケースリング部にクロームメッキ処理を施し、文字盤の目盛り配置と各種表示灯のレイアウトを変更、メーター照明もグリーンにするなどの機能性とグレード感をさらに向上。前後ウインカー兼用のハザードランプも新しく採用。車体色は、5色(モーリタニアバイオレットメタリック、ピュアブラック、パールシャイニングイエロー、キャンディトランスパレントレッド、バーメタリック)。
1994年7月にカラー追加。
車体色は、5色(キャンディトランスパレントレッド、ピュアブラック、パールシャイニングイエロー、キャンディトランスパレントレッド、ラピスブルーメタリック/スパークリングシルバーメタリック)。
1995年3月にマイナーチェンジ。
シリンダー下部の側面部分に冷却フィンを新しく追加し、シリンダーヘッドカバーを大型化し、エンジン全体をブラック基調とし、より精悍で力強いエンジン外観に。車体色は、3色(ブラック、レッド、ブルー)。
1995年7月にカラー追加。
車体色は、4色(スターライトシルバー、ブラック、レッド、ブルー)。
1996年1月にカラーチェンジ。
車体色は、2色(レッド、ブルー)。
1996年12月にマイナーチェンジ。
シートカウルをよりスポーティーな形状に変更し、制動フィーリングに優れた異径4ポット対向ピストンキャリパーを採用した。車体色は、2色(レッド、ブラック)。
1999年2月にフルモデルチェンジ。型式は、BC-NC39
新開発の「HYPER VTEC」は、吸排気効率や燃焼効率の向上を目指し、ホンダ独自のVTEC技術をさらに進化させたもので、「直押しタイプ」としては、量産車世界初の機構。排出ガス浄化システムとして、エキゾーストエアインジェクションシステム(二次空気導入装置)を採用。車体色は、3色(キャンディフェニックスブルー、ブラック、フォースシルバーメタリック(ストライプパターン))。

2000年2月にマイナーチェンジ。
リアサスペンションスプリングは従来のブラックからレッドに変更。盗難抑止に効果的な、強化コンビネーションスイッチを新しく採用。車体色は、3色(イタリアンレッド、キャンディフェニックスブルー、フォースシルバーメタリック)。
2001年1月にマイナーチェンジ。
ソリッドタイプとストライプタイプの2タイプを設定。
2002年1月にマイナーチェンジ。
HYPER VTECをより熟成させたHYPER VTEC SPECIIを採用。また約130点のパーツを見直し、さらに操縦安定性や制動性能の向上を図った。400ccクラスでは初めてH・I・S・Sを搭載し、盗難抑止にも配慮。
2002年12月にカラー追加。
2003年12月にマイナーチェンジ。
バルブの可変タイミングなどの設定変更を施し、扱いやすさの向上を図った「HYPER VTEC SPECIII」エンジンを搭載。シート高を5mm下げ、左右のサイドカバー部でそれぞれ約10mmの幅を狭め、ライダーの足つき性を向上させた。
2005年3月にマイナーチェンジ。
フロントフォークに幅広いセッティングを可能にする無段階調節が可能なプリロードアジャスター機構を採用。シートクッションに高密度ウレタン素材を採用。
2006年4月にマイナーチェンジ。
イグニションコイルを大型化し、より安定した火花を供給することにより、特に低回転域での扱いやすさを向上。前後のウインカーレンズには、質感の高いスモーククリアレンズを採用。
2007年12月にマイナーチェンジ。型式は、EBL-NC42
新しく電子制御燃料噴射システム(PGM-FI)を採用。「HYPER VTEC」機構は、さらなる進化を遂げ、「HYPER VTEC Revo(レボ)」として新たに搭載。
2008年12月にカラー追加。

2010年2月にカラーチェンジ。
2010年3月に特別・限定仕様の「CB400 SUPER FOUR HYPER VTEC Revo 限定カラー」を発売。
2011年2月にカラーチェンジ。
2012年1月にカラーチェンジ。
2012年1月に特別・限定仕様の「CB400 SUPER FOUR HYPER VTEC Revo Special Edition」を発売。
2012年11月に特別・限定仕様の「CB400 SUPER FOUR HYPER VTEC Revo Special Edition」を発売。
2014年3月にマイナーチェンジ。
開発コンセプトは、「CB相伝・継承の外観進化。一人でも二人でももっと遠くへ快適に」。スタイリングは、新デザインのサイドカバー、リアカウルなどを採用。車体は、シートレールを変更、新たに純正アクセサリーに設定したリアキャリアとトップボックスの装着に対応。新デザインの10本スポークのアルミダイキャストホイールを採用。
2015年2月にABS仕様の特別・限定仕様の「CB400 SUPER FOUR HYPER VTEC Revo ABS Special Edition」を発売。
2016年3月にカラー追加。
2016年4月に特別・限定仕様の「CB400 SUPER FOUR HYPER VTEC Revo Special Edition」を発売。
2017年10月にマイナーチェンジ。型式は、2BL-NC42
平成28年度排出ガス規制に対応。2017年は、「プロジェクト BIG-1」の成果としてCB400スーパーフォアが誕生して25年目、タンク上部に記念のマークが配された。LEDヘッドライトなどを採用。前後ホイールのエアバルブがL字型になった。
2018年6月にカラーチェンジ。
2018年11月にマイナーチェンジ。
新色としてブルーとホワイトのツートンカラーにレッドのストライプを配したアトモスフィアブルーメタリックと、ダークネスブラックメタリックを設定。このモデルから、ABS無しのモデルが消え、ABS搭載モデルだけとなった。同年のCB400スーパーボルドールにはグリップヒーターやETC車載器が標準装備となったが、姉妹モデルのCB400スーパーフォアは、標準装備でなかった。

 

 

ホンダ CBR250R(MC41)の歴史

2011年3月18日に新登場。型式は、JBK-MC41
2012年11月13日にマイナーチェンジ。足つき性に配慮し、シート両サイドの形状をスリム化。また「Repsol Honda Team」カラーのSpecial Editionと「MORIWAKI」をイメージしたSpecial Editionを発売。
2013年2月15日にホンダモーターサイクルジャパンは、車体色にアステロイドブラックメタリックを採用し、無限ブランドの各種専用パーツを装備した「CBR250R<ABS>Special Edition」を全国の無限テクニカルショップで200台限定で発売。
2014年4月24日にマイナーチェンジ。二眼タイプのヘッドライトを採用。フロントカウル、ミドルカウル、テールカウル、サイドカバーのデザインを一新。燃料タンクとスクリーンの形状を変更。エンジンは、低中速域のトルクをキープしたまま最高出力をアップ。
2016年1月15日にカラーチェンジ。
2017年2月10日にカラーチェンジ。

 

 

ここでは、
2016年3月発売のホンダ CB400SF(EBL-NC42)と
2016年1月発売のホンダ CBR250R(JBK-MC41)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

ホンダ CB400スーパーフォア

ホンダ CBR250R

発売

2016年3月

2016年1月

型式

EBL-NC42

JBK-MC41

全長

2080mm

2035mm

全幅

725mm

720mm

全高

1080mm

1120mm

ホイールベース

1410mm

1380mm

シート高

755mm

780mm

最低地上高

130mm

145mm

総重量

197kg

161kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

スイングアーム

スイングアーム

キャスター角

25°5′

25°30′

トレール(mm)

90

98

ブレーキ形式(前)

ダブルディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

120/60ZR17 M/C 55W

110/70-17 M/C 54S

タイヤサイズ(後)

160/60ZR17 M/C 69W

140/70-17 M/C 66S

エンジン種類

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒

水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒

総排気量

399cc

249cc

圧縮比

11.3

10.7

ボア

55mm

76mm

最高出力(kW/rpm)

39(53PS)/10500

21(29PS)/9000

最大トルク(N・m/rpm)

38(3.9kgf・m)/9500

23(2.3kgf・m)/7500

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

湿式多板

湿式多板

変速機形式

6段リターン

6段リターン

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

18.0L

13.0L

燃料消費率(km/L)

31(60km/h)

50.1(60km/h)・32.1(WMTCモード)

カラー/メーカー小売価格


¥793,800 チタニウムブレードメタリック
¥793,800 パールサンビームホワイト
¥761,400 キャンディープロミネンスレッド
¥761,400 グラファイトブラック


¥515,160 ロスホワイト
¥498,960 ミレニアムレッド
¥498,960 ブラック

 

CB400SFとCBR250Rの違いを比較

 

 

 

CB400SFとCBR250Rの比較の口コミ

 

 

CBR250Rは、単気筒。CB400SFは、4気筒。

単気筒の特徴

騒音や振動がひどい。
低回転域のトルク感がある。
音がポッポッポッポッ。
燃費が良い。
部品点数が少なくて済むので、小型化が可能、大きく、軽いし、あまりコストがかからない。
構造が簡単な為、メンテナンスがしやすい。

 

4気筒の特徴

振動が少ない。
高回転域までの吹け上がりの滑らかさがある。
音がヒューン〜。
燃費が悪い。
部品点数が増えるため、大きく、重く、コストがかかる。
構造が複雑な為、メンテナンスがしづらい。

 

CBR250Rは、若干前傾姿勢、カウルがあるからメンテナンスのとき作業代がかかるし、倒すと修理代が高い。タイで生産してるので仕上げが荒いところがある。車検がないし、燃費がいいし安い。

 

CB400SFは、乗車姿勢は、ゆったりで足つきが良い。でも重いので取り回しが大変。カウルがないのでスピードを出すと風がきつい。燃費は、4気筒なので悪い。値段が高いけど上質なバイク。初心者には、扱いやすいがそつがないので飽きやすという人もいる。

 

 

CBR250Rを下取りに出してCB400SFを買った。どうせならCBR250Rと正反対のバイクにしてみようと思った。

 

 

CBR250R乗りだけどCB400Fをレンタルして乗ってみたけどめちゃめちゃ乗りやすかった。

 

体感振動を仮に数値で表現してみた。

 

CB400SF    5
VTR        9〜11
GSR       10
Ninja250(Z250) 15
R25         16
CBR250R(MC41)   20
パンツ      22
Ninja250R    23
メガリ250r      30
GB250クラブマン  32
アルミハンドルに変えてウエイト無し状態のMC41  30

 

CBR250R(MC41)は万能バイクではない。値段が安くて数が出回ってるからいろいろな使い方する人がいるけど、本来は回してスポーツ走行を楽しむバイクだよ。万能バイクというのはVTRやCB400SF/SBみたいなバイクのことを言う。一時期、東京のバイク便でもCBR250R(MC41)が増えたことがあったけど、最初は、導入コストの安さと燃費でCBR250R(MC41)に乗り換えたが結局街乗りに向かないバイクと分かって、今は、見かけなくなった。

 

自分としてはMC41はハンドル入力が効かないだけで軽く、下手な上半身に力が入った運転を受け入れないバイク 。CB400SFは、ハンドルステア効きまくりで後輪中央すり減らし仕様の昔ながらの乗りやすいバイク。

 

CBR250Rは、初心者専用とか言う人もいるけど 意外と上級者にもおもしろがられるバイク。ただ、ノーマルのままではイマイチ。最低でもスプリングレート とプリロードは、乗り方と体重に合わせて、各所の締付けトルクは、規定通りに してあげたい。車体に余裕があるからエンジンをパワー上げたくなるが、それをするなら最初から600を買う方が速くて安い。 個人的に言えば、初心者は、CB400SFを買っておけばハズレは、ないと思う。 あれこそバイクのαでありΩ。まだまともだった時のホンダの超良心的なスポーツ バイク。基礎設計は、古いが何一つ今のバイクに遅れてないから。

 

CBR250Rは、車検もないし、燃費も良いし、価格も安い。単気筒だけど街乗りだけなら回せばCB400SFとそんなに変わらない。あとCB400SFより36kgも軽いから取り回しが楽で車庫や駐車場での出し入れが楽。ワインディングでも旋回性がよくて楽しいよ。

 

低速から排気量なりにフラットにトルクが出てるCB400SF(NC42)の方が扱いやすく速く走れるよ。CBR250R(MC41)は、トルクの谷があるけどこれはこれで技術が必要になるからそこが楽しい。あとCB400SF(NC42)は二次旋回でFタイヤが切れ込むがCBR250R(MC41)はニュートラル。この2台は、全然別の乗り物だから2台持ちも悪くない。

 

 

お金があるならCB400SFを買ったほうが良い。
そもそもCB400SFとCBR250Rは、比較されるバイクじゃない。

 

 

 

CBR250Rと乗り比べたらCB400SFの懐の深さを実感させられた。

 

 

CB400SFとCBR250Rの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら