MT-07ABSとGSR750ABSの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

MT-07ABSとGSR750ABSの違いを比較

 

ヤマハ MT-07の歴史

2014年8月20日に「MT-07」が新登場。型式は、EBL-RM07J
ABS標準装備の「MT-07A」も発売。
2015年3月10日に「MT-07 ABS」に新色を設定し発売。
新色は、「マットシルバー1」。「MT-07 ABS」はホイールとフレームをレースブルーとした。
2016年2月15日に「MT-07A」「MT-07」の新色を発売。 
「MT-07A」「MT-07」共通の新色として「ディープレッドメタリックK」(レッド)を設定。
2017年2月15日に「MT-07 ABS」、「MT-07」のカラーリングを変更し発売。
2018年4月10日に「MT-07 ABS」をマイナーチェンジし発売。型式は、2BL-RM19J
今回のマイナーチェンジの主な特徴は、バネ定数と減衰力のバランス調整を図って操作に対し、よりリニアに反応する前後サスペンションを装備。ポジションの自由度を高めて、長時間乗車時の疲労を低減する新設計シートの採用。吸排気の流れや塊感を強調し、より力強さを感じさせるスタイリングに変更。

 

 

スズキ GSR750ABSの歴史

2012年に新登場。
2013年3月に逆輸入モデルとして日本でも販売されてきたGSR750ABSの国内販売を開始。型式は、EBL-GR7NA
2014年4月にカラーチェンジ。
2014年5月に「専用2トーンカラー」を追加して発売。
2015年2月にカラーチェンジ。

 

 

ここでは、
2016年2月発売のヤマハ MT-07 ABS(EBL-RM07J)と
2015年2月発売のスズキ GSR750ABS (EBL-GR7NA)
の違いを比較しました。

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

 

車種

ヤマハ MT-07 ABS

スズキ GSR750ABS

発売

2016年2月

2015年2月

型式

EBL-RM07J

EBL-GR7NA

全長

2085mm

2115mm

全幅

745mm

785mm

全高

1090mm

1060mm

ホイールベース

1400mm

1450mm

シート高

805mm

815mm

最低地上高

140mm

145mm

総重量

182kg

213kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

スイングアーム

スイングアーム

キャスター角

24°50′

25°20′

トレール(mm)

90

104

ブレーキ形式(前)

ダブルディスク

ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

120/70ZR17 M/C 58W

120/70ZR17 M/C 58W

タイヤサイズ(後)

180/55ZR17 M/C 73W

180/55ZR17 M/C 73W

エンジン種類

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列2気筒

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒

総排気量

689cc

749cc

圧縮比

11.5

12.3

ボア

80mm

72mm

最高出力(kW/rpm)

54(73.4PS)/9000

78(106PS)/10000

最大トルク(N・m/rpm)

68(6.9kgf・m)/6500

80(8.2kgf・m)/9000

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

湿式多板

湿式多板

変速機形式

6段リターン

6段リターン

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

強制圧送ウエットサンプ

ウエットサンプ

燃料タンク容量

13.0L

17.0L

燃料消費率(km/L)

38.4(60km/h)・24.1(WMTCモード)

30(60km/h)・20.2(WMTCモード)

カラー/メーカー小売価格

¥749,520 マットシルバー1 ¥749,520 ディープレッドメタリックK ¥749,520 ブルーイッシュホワイトカクテル1 ¥749,520 マットグレーメタリック3

¥969,840 パールグレッシャーホワイト ¥969,840 マットブラックメタリックNo.2

 

 

MT-07とGSR750の動画

 

 

MT-07

 

ヤマハ MT-07 (2014) バイク試乗レビュー

 

 

YAMAHA MT-07 速攻インプレ in 伊豆SSセンター by 丸山浩

 

 

Yamaha MT07 Top Speed

 

 

 

GSR750

 

スズキ GSR750 国内仕様/試乗インプレ/レビュー

 

 

スズキ GSR750試乗インプレッション エンジン音 マフラー音

 

 

Suzuki GSR 750 Top Speed - 258 km/h

 

 

MT-07ABSとGSR750ABSの比較の口コミ

 

 

GSR750かMT-07だと中間加速・最高速はGSRの方が速い。見た目は個人の好き嫌いだから知らないけどあとは、全てMT07の勝ち。自分は、どっちとも試乗して一発でMT-07に決めた。

 

 

MTシリーズのメーターは、安っぽいね。MT07、MT09のサイクルメーター付けましたみたいなメーターは、堪えられない。

 

 

パワーウェイトレシオ
GSR750 92万円 213kg/106ps=2.0
MT-07 70万円 180kg/73ps=2.46

 

 

ツーリングメインでスイングアームなり車軸が長いのが良いならGSRやNCにすればいい。MT-07は1400mmだから軽快なハンドリングで走れる。

 

 

GSRは、やっぱり4気筒だよね。音だけで言えば絶対4発がいい。でもMT-07は左右に寝かしやすいと思う。

 

 

GSR750の車体の太さが気になるけど音と高回転まで滑らかなのがいいね。MTはイグニションの位置が嫌。スクリーン選びに悪影響を及ぼしそう。

 

 

MT07とMT09に試乗してきたけど軽すぎて笑った。ネイキッドとモタードを合体させたような感じだった。でも回して楽しいのはGSR。

 

 

俺は、2気筒で軽いからMT-07にした。4気筒のGSR750は、そもそも選択肢になかった。

 

 

MT-07に試乗してみたけど違和感なく簡単に乗れてしまう。その後にGSR750にも試乗したがMT07と比較すると明らかに大型を操ってる感じがした。

 

 

同僚のGSR750に何回か乗らせてもらったけどハンドリングの軽さ、エンジンの面白さは、MTが圧倒的だった。GSR750は普通の乗りやすい4気筒エンジンで刺激的なMTと比較するとどうも物足りなく感じる。GSR750は、安っぽい所もあるし。でもGSR750のメーター、航続距離、ポジションは魅力的。

 

 

大型初めてならGSR750がいいかも。最初にMT-07に乗ると次にパワーあるのが欲しくなる。MT-07は、軽いバイクだからSSを峠で追い回すぐらい乗れないと本当のMT-07の良さは、わからない。

 

 

スペック重視ならMT-07はやめといた方がいい。馬力も大したことないし二気筒だから。0-100にこだわるならGSR750でいいと思う。

 

 

MTシリーズと悩んでたけどバイク屋の話では、07は、軽過ぎてパワー不足。09は、凶暴で危ないと言ってた。結局、GSR750にした。車体が軽いのはいいことばかりじゃないんだね。

 

 

GSR750とMT-07で迷ったけどメーターのカッコ良さとタンクの容量でGSR750を選んだ。それからMT-07は180cm越えの俺には小さく見える。

 

 

とりあえずマルチの速いバイクにした方が後悔しないと思う。せっかく大型免許を取ったんだから大きくてハイパワーのバイクを選ばないと。長距離ツーリングでもカウルがあった方が絶対に有利。MT-07は、サイズ的に400ccと間違われるし、大排気量のバイクに乗ってる感じがしないかも。それに大型のツインは、CB400SFのマルチと比較して低速でギクシャクして乗りにくいよ。

 

 

近場を走る事が多い人は、MT-07かな。取り回しが楽でパワーも十分。ロングツーリングに向いてるのは、絶対GSR750。航続距離が長いし、4気筒の方が疲労が少ないと思う。

 

 

音はGSR750の方が良いと思うよ。
MT-07は、パラだから。

 

 

やはりタコメーターはアナログがいい。 MT-07/09は、何を表示してるのかわかりにくい。

 

 

スズキ乗りだがGSR750と比較してMTの作り込みの良さに感嘆した。数字以上にパワー感あるし、SS乗ってるが使用用途と身の丈に合ったバイクはMTだと思った。

 

 

GSR750を基準に考えると、MTはモタード寄り。NCは、ツアラー寄りかな。

 

 

GSR750は749cc 四気筒
MT09 846cc 三気筒
MT07 689cc 二気筒

 

 

中型からの乗り換えの人に取っては、「MT-07は速い!」って思うかもしれないけど実際は、大した事ない。速さを求める人は、もう少し出してGSR750にした方がいい。

 

 

旧型になって投げ売り状態のGSR750ならMT-07と同価格帯だったりする。

 

 

MT-07とGSR750の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら