MT-09とMT-09トレーサーABSの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

MT-09とMT-09トレーサーABSの違いを比較

 

ヤマハ MT-09の歴史

2014年4月10日に「MT-09」が新登場。型式は、EBL-RN34J
ABS標準装備の「MT-09A」も発売。
2015年3月10日に「MT-09 ABS」に新色を設定し発売。
新色は、「マットシルバー1」。「MT-09 ABS」はホイールとフォークアウターチューブをレースブルーとした。
2016年2月10日に「MT-09」の新色を発売。
車体色に新色のディープレッドメタリックKを設定。 
2016年3月1日にABSを装備する「MT-09 A」にTCS(トラクションコントロールシステム)を新たに採用するともに、「MT-09A」の新色を発売。
車体色に新色のマットシルバー1とディープレッドメタリックKを設定。 
2017年2月15日に「MT-09 ABS」をマイナーチェンジし発売。型式は、2BL-RN52J
レバー操作荷重を低減するアシスト&スリッパークラッチを採用。滑らかにシフトアップできるクイック・シフト・システムを採用。圧側減衰の調整機能を追加したフロントサスペンションを採用。フローティング風懸架のLED4灯ヘッドランプで軽快さを印象づけるフロントビューに。塊感&力感のあるサイドビュー。ショートテールを実現するライセンスプレート懸架を兼ねたアルミ鍛造製ステーの片持ちリアフェンダーなどを採用。
2018年3月20日に「MT-09 ABS」の上級仕様として「MT-09 SP ABS」を設定し発売。また、「MT-09 ABS」のカラーリングを変更し発売。
「MT-09 SP ABS」の主な特徴は、スペシャル仕様のKYB製フロントサスペンションの装備。OHLINS製フルアジャスタブルリアサスペンションの装備。質感を感じるダブルステッチ入りシートの採用。引き締まった印象を与えるブラックバックのデジタルメーターの採用。上級仕様としての存在感を強調したカラーリングの採用。
2019年4月1日に「MT-09 ABS」と「MT-09 SP ABS」をカラーチェンジし発売。
車体色は、「MT-09 ABS」が新色のマットライトグレーメタリック4と従来色のディープパープリッシュブルーメタリックCとマットダークグレーメタリック6をあわせた3色の設定。「MT-09 SP ABS」がブラックメタリックXの1色の設定。

 

 

ヤマハ MT-09トレーサーABSの歴史

2015年2月10日に「MT-09」をベースに開発した「MT-09 トレーサー ABS」を新発売。型式は、EBL-RN36J
「MT-09 トレーサー ABS」の主な特徴は、滑らかな発進性・走行性をサポートするトラクションコントロールシステム。レイヤー構造を取り入れたフロントカウルやハンドルカバー等によるツーリング時の快適性の向上。高さの調整ができるハンドル・シート・フロントスクリーン。視認性の高い多機能メーターパネル。フルLEDヘッドライトなど。
2016年4月15日に「MT-09 トレーサー ABS」に新色を設定し発売。
新色は、「ダークブルーイッシュグレーメタリック8」。
2017年2月15日に「MT-09 トレーサー ABS」に新たにA&S(アシスト&スリッパー)クラッチを搭載し、新色を設定して発売。
2018年4月20日に「MT-09 トレーサー ABS」をマイナーチェンジし、「トレーサー900 ABS」を発売。型式は、2BL-RN51J
マイナーチェンジを行った「トレーサー900 ABS」の主な特徴は、形状変更と表面積を拡大した新型フロントスクリーンを装備。新設計ハンドルバー/ブラッシュガードの装備。快適性に貢献する新しい前後シートの設定。サイドケースの装着に配慮しつつ、サイドカバー形状と調和したサイドケース用マウントの設定。新設計の高剛性リアアームの設定。優れた整流効果など快適なツーリング性能を生み出しつつ、質感を高めた新しいスタイリングなど。
2018年6月15日に上級バリエーションとして走行性能や装備充実を図った「トレーサー900 GT ABS」を追加設定し発売。
「トレーサー900 GT ABS」は標準モデルをベースにサスペンション性能の向上と調整範囲を広げるフルアジャスタブルフロントフォークの搭載。プリロード調整可能なリモート操作機構採用のリアサスペンションの搭載。フルカラーTFT液晶マルチファンクションディスプレイの採用。クルーズコントロールシステムの採用。グリップウォーマーの搭載など。

 

 

 

2015年2月10日にMT-09トレーサーABS(EBL-RN36J)が発売されました。MT-09をベースにガソリンタンク容量を増やしたり、ウインドスクリーンやハンドルカバーなど装備し、ツーリングバイクとしての性能が大きく向上しました。それでは、MT-09との違いを詳しく見ていきます。

 

 

最初に
2014年4月発売のヤマハ MT-09(EBL-RN34J)と
2015年2月発売のヤマハ MT-09トレーサーABS(EBL-RN36J)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

ヤマハ MT-09

ヤマハ MT-09トレーサーABS

発売

2014年4月

2015年2月

型式

EBL-RN34J

EBL-RN36J

全長

2075mm

2160mm

全幅

815mm

950mm

全高

1135mm

1345mm

ホイールベース

1440mm

1440mm

シート高

815mm

845mm

最低地上高

135mm

135mm

総重量

188kg

210kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

スイングアーム

スイングアーム

キャスター角

25°

24°

トレール(mm)

103

100

ブレーキ形式(前)

ダブルディスク

ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

120/70ZR17 M/C 58W

120/70ZR17 M/C 58W

タイヤサイズ(後)

180/55ZR17 M/C 73W

180/55ZR17 M/C 73W

エンジン種類

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列3気筒

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列3気筒

総排気量

846cc

846cc

圧縮比

11.5

11.5

ボア

78mm

78mm

最高出力(kW/rpm)

81(110PS)/9000

81(110PS)/9000

最大トルク(N・m/rpm)

88(8.9kgf・m)/8500

88(9kgf・m)/8500

始動方式

セル

セル

点火方式

トランジスタ

トランジスタ

クラッチ形式

湿式多板

湿式多板

変速機形式

6段リターン

6段リターン

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

ウエットサンプ

ウエットサンプ

燃料タンク容量

14.0L

18.0L

燃料消費率(km/L)

27.3(60km/h)・19.4(WMTC モード)

27(60km/h)・19.3(WMTCモード)

カラー/メーカー小売価格

¥849,960 ディープオレンジメタリック8 ¥849,960 マットグレーメタリック3 ¥849,960 ベリーダークバイオレットメタリック1

¥1,047,600 マットシルバー1 ¥1,047,600 ディープレッドメタリックK ¥1,047,600 マットグレーメタリック3

 

 

 

MT-09とMT-09トレーサーABSの装備の違い

 

メーター

 

MT-09

軽量コンパクト、ライダーの視界に配慮したオフセット配置が特徴の小型フル液晶マルチファンクションメーター。タコメーターはデジタルバー表示、また平均燃費、水温、気温表示などに加え、左側にギアポジションインジケーター、右側には走行時に点灯するECOインジケーターを配置。ハンドルスイッチは、軽量なコンパクトタイプ。スタータースイッチはスライド式で、エンジンストップスイッチと一体のスマートな外観。

 

MT-09トレーサーABS

左側メーターには、バー表示のタコメーター、デジタル表示速度計。右側には、走行データ等の各種情報を表示できる多機能マルチドットディスプレイ。また、グリップヒーターのモード調整にも対応し、好みに応じた表示内容のカスタマイズも可能。さらにスロットルコントロール時に点灯するECOインジケーターを装備。

 

 

TCS(トラクションコントロールシステム)を採用

MT-09トレーサーABSには、トラクションコントロールシステム(TCS)が採用されました。MT-09のABSモデルには、ありましたがMT-09には、採用されていませんでした。濡れた路面や砂利道などの未舗装路でも、滑らかな発進性を実現し、安全性が高まりました。ON/OFFの選択が可能です。

 

 

 

LEDのヘッドライトを採用


MT-09トレーサーABSには、ポジション、ハイ・ロー全てにLEDを使用。リフレクター形状の中にLED発光体を埋め込むことによって独特のライトデザインを実現。消費電力も低くかなり明るくなりました。

 

 

 

燃料タンク容量アップ

燃料タンク容量がMT-09の14Lから18Lにアップされました。タンク周りは、ゴツくなっています。MT-09よりツーリングシーンでのゆとりある航続距離を得られます。

 

 

 

可変式スクリーンを採用


MT-09トレーサーABSには、走行風による疲労を低減する可変式スクリーンが採用されました。フロントカウルのスクリーンは、手動で15mmずつ3段階に高さ調整が可能です。

 

 

 

セパレートシート採用


タンデムを考慮したセパレートシート採用。形状やクッション材の弾性を最適化し、優れたコンフォート性とフィット性が実現されました。メインシートは手動でシート高845mmと860mmの2段階の高さ調整が可能です。、

 

 

ポジション調整可能なハンドル

MT-09トレーサーABSのハンドル位置は、前後に10mmの調整が可能です。

 

 

 

ABSが標準装備

MT-09トレーサーABSには、ABSが標準装備となりました。ちなみにMT-09のABSモデルは、915,840円でABS無しのMT-09より66000円くらい高いです。

 

 

 

センタースタンドが標準装備


MT-09トレーサーABSには、センタースタンドが標準装備となりました。

 

 

 

積載性を考慮したリア周り


グラブバー、サイドケース取付けステー、荷掛けフック、10箇所のラゲッジストラップホルダー、ヘルメットホルダーなどを装備。リアキャリア装着等、高い拡張性、利便性を実現。サイドケース取付けステーがあるのでパッセンジャーシートの左右には純正のオプションでパニアケースが装着できます。リアキャリアと同時装着でかなりの荷物を積み込むことが可能です。

 

 

MT-09(EBL-RN34J) MT-09トレーサーABS(EBL-RN36J)の違いの口コミ

 

 

トレーサーは、MT-09のコンセプトとスポーツ性は、変えていない。さらに快適性や汎用性を高め、ツーリングにも使えるマルチパーパス。

 

 

オフ車みたいな乗り味で違和感なく乗るんだったらMT-09がおすすめ。少しオフ車みたいな乗り味がなくなる一方で高速や長距離・長時間の走行が快適なのはトレーサー。

 

 

MT-09にまたがった時は、このクラスにしては、コンパクトに感じたがトレーサーは大きくなったタンクとハンドガードがあるのでデカく感じた。全幅もトレーサーは、950mmもある。09は、815mm。

 

 

ヤマハによると、MT-09と同じ形状のホイールですが加工方法を変更し重量が増えているらしい。

 

 

MT-09は、峠攻めると足柔らかくて乗り辛い。MT-09の弱みをなくしたのがトレーサー。今後、MT-09もそうなっていくっていう話。

 

 

トレーサーで慣らしだけど燃費が18.5km/L。フルタンク18Lだと巡航距離は、333km。MT-09の場合は、14Lで260km弱なので用途で選べばいい。

 

トレーサーは、ネイキッドのMT-09とは違って、カウル、大型スクリーン、ハンドガードがある。そのためウインドプロテクションがとても高い。

 

エンジンは、MT-09と同じものだが、トレーサー用にチューニングされていて全体としてマイルドな感じにはなっているがMT-09と一緒でおとなしい設定じゃない。

 

MT-09と比較すると、カウルを装着したせいでフロント周りが若干重い感じがする。取り回しなどでは、重い気がするが代わりに、ハンドリングが安定し、扱い易い。

 

 

トレーサーのハンドルは、すごく幅広いからライポジが全然違う。ただのカウル付きって思わない方が良い。

 

 

トレーサーとMT-09を試乗してきた。この2台は、全く別物。トレーサーは気負わず乗れて快適だったけどフロントが若干重い。特にブラッシュガードが目一杯前に出てて、本音を言えば邪魔。MT-09は軽快で乗ってて楽しいのは明らかにこちら。トレーサーが旦那さん仕様のセダンで、MT-09はマニュアル車ってイメージ。トレーサーが本命だったのにこれは考えてしまう。

 

 

俺は、トレーサーより無印のMT-09の方がデザインがシンプルだし、コンパクトで軽いからいい。トレーサーは、無印よりポジションが更にアップになるし、ワイドなハンドルもいまいち。

 

 

俺は、トレーサーの装備が気に入ったけど、足つきが厳しかったから無印にした。

 

 

MT-09乗りだけどトレーサーのLEDライトとTCSは羨ましいけど、22kg増えるのは、嫌だな。

 

 

167cmでMT-09乗ってるけど、無印なら跨がったままバックできる。でもトレーサーに試乗した時は、シート高が高くてバックは、無理でした。しかも低い方のポジションだった。

 

 

MT-09に試乗したら俺には、過激すぎた。その後トレーサーに試乗したら落ち着きがプラスされてて、軽快さとのバランスが俺にはちょうど良かった。

 

 

 

 

次に
2018年3月発売のヤマハ MT-09 ABS(2BL-RN52J)と
2018年4月発売のヤマハ TRACER900 ABS (2BL-RN51J)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

MT-09 ABS

TRACER900 ABS

発売年月

2018年3月

2018年4月

型式

2BL-RN52J

2BL-RN51J

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2075

2160

全幅 (mm)

815

850

全高 (mm)

1120

1375

軸間距離 (mm)

1440

1500

最低地上高 (mm)

135

135

シート高 (mm)

820

850※シート幅補足865mm

車両重量 (kg)

193

214

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

3

3

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

845

845

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

78

78

行程(ピストンストローク)(mm)

59

59

圧縮比(:1)

11.5

11.5

最高出力(kW)

85

85

最高出力(PS)

116

116

最高出力回転数(rpm)

10000

10000

最大トルク(N・m)

87

87

最大トルク(kgf・m)

8.9

8.9

最大トルク回転数(rpm)

8500

8500

燃料タンク容量 (L)

14

18

燃料(種類)

ハイオクガソリン

ハイオクガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR9EA-9

CPR9EA-9

点火プラグ必要本数・合計

3

3

搭載バッテリー・型式

YTZ10S

YTZ10S

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.4

3.4

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

1.68

1.68

2次減速比

2.812

2.812

変速比

1速 2.6660/2速 2.0000/3速 1.6190/4速 1.3800/5速 1.1900/6速 1.0370

1速 2.6660/2速 2.0000/3速 1.6190/4速 1.3800/5速 1.1900/6速 1.0370

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

16

16

スプロケット歯数・後

45

45

チェーンサイズ

525

525

標準チェーンリンク数

110

110

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

25°

24°

トレール量 (mm)

103

100

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

29.4

28.4

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

19.7

19.7

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

180/55ZR17

180/55ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

73

73

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
走行モード切り替え 有
トラクションコントロール 有
スリッパークラッチ 有
シフトアシスト機構(クイックシフター) 有
盗難防止装置 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
走行モード切り替え 有
トラクションコントロール 有
スリッパークラッチ 有
バックトルクリミッター機構 有
DCソケット 有
センタースタンド 有

メーカー小売価格

1,004,400円

1,112,400円

 

MT-09 ABS(2BL-RN52J)とTRACER900 ABS (2BL-RN51J)の違いを比較

 

MT-09とTRACER900 ABSの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら