NINJA400とNINJA400Rの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

NINJA400とNINJA400Rの違いを比較

 

カワサキ Ninja400Rの歴史

2010年8月1日に「Ninja400R」が新登場。型式は、EBL-ER400B
スタイリッシュなフルカウル、デュアルヘッドライト、アップライトなポジション、段付きウインドスクリーンを持つスポーツツーリングマシンとして登場。海外モデルのER-6f/Ninja650Rをベースに、日本の普通自動二輪免許に適合する水冷DOHC4バルブ並列2気筒399ccエンジンを搭載。車体は、ER-6fとほぼ共通。
2010年11月15日に「Ninja400R ABS」が新登場。
Ninja400RにABSを搭載したモデル。
2011年9月1日に「Ninja400R」と「Ninja400R ABS」をカラーチェンジ。
2011年10月1日に「Ninja 400R Special Edition」を発売。
2012年10月1日に「Ninja400R」と「Ninja400R ABS」をカラーチェンジ。
2012年12月1日に「Ninja 400R Special Edition」をカラーチェンジ。
この2013年モデルで「Ninja400R」は終了。翌年に「Ninja400」が新発売。

 

 

カワサキ Ninja400の歴史

2013年12月1日にNinja400が新登場。型式は、EBL-EX400E
旧モデルのNinja400Rをフルモデルチェンジし、「Ninja400」の車名に変更された。車体は2011年モデルのNinja650と共通化し、よりシャープなスタイルに。カウルのデザインやマフラーエンドの跳ね上がりなど印象が大きく変わった。399ccの水冷4スト並列2気筒エンジンは、Ninja400R(ER-4n)をベースにレスポンスアップ。ウインドスクリーンは、上下3段階で高さを変更可能。新作のアナログ+液晶タイプの多機能メーターを採用。
2013年12月1日に「Ninja400 Special Edition」と「Ninja400 ABS Special Edition」を発売。
ライムグリーンのグラフィックを採用したスペシャルエディション。ABS搭載モデルと非搭載を設定。
2014年4月15日にNinja400 ABS Special Editionをカラーチェンジ。
2015年2月1日に「Ninja400」と「Ninja400 Special Edition」と「 Ninja400 ABS Special Edition」をカラーチェンジ。
2015年6月1日にNinja400 ABS Limited Editionを発売。
アッパーカウル、アンダーカウル、タンクカバー、シートカウルに水転写によるカーボングラフィックを施した。サイドカウルとタンクカバーにKawasakiとNinjaの立体エンブレムが貼付。
2015年12月1日に「Ninja400」と「Ninja400 ABS Special Edition」をカラーチェンジ。
2016年10月15日に「Ninja400」と「Ninja400 ABS Special Edition」をカラーチェンジ。
2017年4月15日にNinja400 ABS Limited Editionを発売。
2018年2月1日にNinja400をフルモデルチェンジ。型式は、2BL-EX400G
Ninja250と同時にフルモデルチェンジ。Ninja400RもNinja400もERシリーズ(海外向け)がベースでNinja250とは姉妹的な関係はなかったが2018年モデルからベースが同じの排気量違いのモデルとなった。ボディデザインは、同時代のNinja ZX-10Rと同様のテイスト。トレリスフレームなどはNinjaH2をイメージさせる。398ccの水冷並列2気筒のエンジンを搭載。2017年モデルと別物で、10000rpm時に48psを発生。LEDヘッドライトやアシスト&スリッパークラッチを装備。メーターにギアポジションが付いた。ABSは標準装備となり車名からABSがなくなる。
2018年2月1日にNinja400 KRT Edition発売。
Ninja400の2018年モデルがベースの特別外装モデル。KRTカラーバージョンとしてスーパーバイク世界選手権に参戦するNinja ZX-10RRをイメージしたカラーリングが設定。
2018年10月1日にカワサキ「Ninja400」と「Ninja400 KRT Edition」をカラーチェンジ。

 

 

ここでは、
2012年10月発売のカワサキ NINJA400R(EBL-ER400B)
2013年12月発売のカワサキ NINJA400(EBL-EX400E)と
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

Ninja 400

Ninja 400R

モデルチェンジ区分

新登場

カラーチェンジ

発売年月

2013年12月

2012年10月

型式

EBL-EX400E

EBL-ER400B

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2110

2100

全幅 (mm)

770

760

全高 (mm)

1180

1200

軸間距離 (mm)

1410

1410

最低地上高 (mm)

130

145

シート高 (mm)

805

790

車両重量 (kg)

209

203

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

399

399

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

68.4

68.4

行程(ピストンストローク)(mm)

54.3

54.3

圧縮比(:1)

11

11

最高出力(kW)

32

32

最高出力(PS)

44

44

最高出力回転数(rpm)

9500

9500

最大トルク(N・m)

37

37

最大トルク(kgf・m)

3.8

3.8

最大トルク回転数(rpm)

7500

7500

燃料タンク容量 (L)

15

15

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

搭載バッテリー・型式

YT12A-BS

FTX12-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.3

2.4

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

2.095

2.095

2次減速比

3.066

3.066

変速比

1速 3.0000/2速 2.1660/3速 1.6400/4速 1.3600/5速 1.1920/6速 1.0400

1速 3.0000/2速 2.1660/3速 1.6400/4速 1.3600/5速 1.1920/6速 1.0400

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

15

スプロケット歯数・後

46

46

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

114

114

フレーム型式

ダイヤモンド

-

キャスター角

25°

25

トレール量 (mm)

110

106

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

37.5

37

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

24

-

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

160/60ZR17

160/60ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

69

69

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4.5

4.5

ヘッドライトタイプ(Hi)

H7

H7

メーカー小売価格

649,950円

649,000円

 

NINJA400とNINJA400Rの違いを比較

 

 

カワサキ Ninja400R バイク試乗インプレ・レビュー

 

Ninja400 (カワサキ/2014) バイク試乗インプレ・レビュー

 

 

NINJA400とNINJA400Rの比較の口コミ

 

 

新型と旧型は、全く接点が無くなったね。別物になった。

 

 

新型になってフロントが更に丸っこくなった感じだね。

 

 

顔は、NINJA400Rのが好みだが、カウルやメーターは、NINJA400の方がカッコイイ。NINJA400Rにパニア付けてる俺としてはNINJA400の純正ステーが羨ましい

 

 

新型は、セパレートシートになってるね。

 

 

新型は、エンジンの廃熱が足に当たりにくくなってるから夏は快適かも。

 

 

NINJA400R乗りの俺としては、NINJA400のタコメーターが羨ましい。

 

 

新型NINJA400は、NINJA650と共通化されたから650用のパーツが選べるのはいいね。

 

 

NINJA400のメーターは、本当にかっこよくなったね。

 

 

新型NINJA400は、テールランプだけLEDに変わったね。

 

 

新型NINJA400になって6kgぐらい重くなってるね。

 

 

メーカー小売価格は、950円の値上げだからほとんど同じだね。

 

 

新型のNINJA400は、NINJA650と同じ顔になったね。

 

 

デザインは、旧型のNINJA400Rの方がシンプルなカッコ良さがあるね。

 

 

2013年12月時点
●Ninja 400R/ER-4n
最高出力: 32 kW(44PS)/9,500rpm
最大トルク: 37N・m(3.8kgf・m)/7,500 rpm
車両重量(kg): 203/199
649,000円/SE669,000円/ABS付き719,000円
●Ninja 400
最高出力: 32 kW(44PS)/9,500rpm
最大トルク: 37N・m(3.8kgf・m)/7,500 rpm
車両重量(kg): 209
649,950円/SE669,900円/ABS付き720,300円

 

 

新型NINJA400になってもピークパワーは変わらないけど、出力特性が全域で良くなったって謳ってるね。

 

 

新型NINJA400になってタンクの高さが20mm高くなってる。それだけで結構印象変わるね。

 

 

Ninja400R シート高790mm
Ninja400 シート高805mm
シート高が15mm高くなってる。

 

 

旧型乗りの俺としては、新型で良いと思うのは、シートとメーターぐらいかな。

 

 

新型の全体的な高級感とメーターは、羨ましいな。でも重いのと短いケツは、微妙。俺は、滑り込みで2013年モデルのNINJA400Rを買った。

 

 

新型は、ケツが短いね。真横からの画像を見比べると一目瞭然で2014年モデルは、リアタイヤの途中くらいにテールランプがきてる。

 

 

新型NINJA400は、肉厚シートになってるのがいいね。

 

 

メーターがアナログに変わったから見やすさが違う。新型のが全然良い。形状は、数ヶ月乗ったら慣れるけど見にくさは変わらないからね。

 

 

新型はマフラーが変わってるね。俺は、旧型の方がスッキリしてて好きだけど。

 

 

NINJA400Rの鼻が嫌いだったけど、新型のNINJA400は、かっこいいね。

 

 

比較画像見る限り新型は、タンクやFフェンダーやマフラーが微妙に変わって全体的に洗練されてる印象。

 

 

新型は、3000〜4000rpm辺りのトルクが少し上がってるらしいね。

 

 

ハンドルは新旧で全然違ったと思う。
鍵を指す部分の有り無しから違ったはず。
旧型 46003-0152-26M ハンドル,グレー
新型 46003-0588-26M ハンドル,グレ-

 

 

シート高の数値は15mm高くなってるけど、シート形状の見直しで足つきは、改善されてるみたいだね。実際は、前より少し悪いみたいだけど。

 

 

新型NINJA400の方が良い点
・フレーム剛性とサスセッティングの最適化で乗り心地が良くなった。
・アナログタコメーター
・シートの厚みが増した
・三段階スクリーン

 

 

NINJA400R乗りだけど、新型NINJA400に試乗してきた。NINJA400Rより重いはずなのになぜかNINJA400Rより軽く感じた。新品だからハンドルが軽かったりアクセルが軽かったからかもしれないけど。それから左右にパタパタよくバンクする気がした。重心が変わったのかな?エンジン音が少し静かになってパワー感はNINJA400Rとほとんど同じように感じた。シートは少しだけ高くなって足つきが若干悪くなったけど、目線が高くなった。乗り心地はNINJA400Rと一緒でゴツゴツしてた。

 

NINJA400とNINJA400Rの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら