XSR900とMT-09の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

XSR900とMT-09の違いを比較

 

ヤマハ XSR900の歴史

2016年4月15日に「XSR900」と「XSR900 60th Anniversary」が新登場。型式は、EBL-RN46J
XSR900は、MT-09とフレームやエンジン、前後サスの基本構造を共有するものの、レトロで普遍的なスタイリングを持ち、サスペンションセッティングやシート位置、ハンドル位置を変更し、MT-09と全く異なるフィーリングになるよう変更された。また、MT-09トレーサーに採用された2モードトラクションコントロールを3モードに変更し搭載。アシスト&スリッパークラッチも搭載。また創業60周年記念カラーの「XSR900 60th Anniversary」も発売した。車体色は2色(マットグレーとブルー)。「60th Anniversary」は、「ライトレディッシュイエローソリッド1」(イエロー)
2016年12月15日にカラーチェンジ。
車体色に新色の「ブラックメタリックX」(ブラック)を追加。従来色のマットグレーとブルーとあわせて全3色設定。
2017年11月6日にカラーチェンジ。型式は、2BL-RN56J
新色「ビビッドレッドカクテル1」(レッド)を追加。継続色のブラックとマットグレーとあわせて全3色の設定。
XSR900の「EBL-RN46J」と「2BL-RN56J」の違いの比較は、こちら。
2019年3月28日にカラーチェンジ。
新色「ダルパープリッシュブルーメタリック X」(ブルー)を追加。継続色のブラックとマットグレーとあわせて全3色の設定。
2020年2月25日にマイナーチェンジ。型式は、2BL-RN56J
ポジションランプを追加したヘッドランプの採用。車体色は、新色のラジカルホワイト(ホワイト)と継続色のマットグレーメタリック3(マットグレー)の全2色の設定。

 

 

ヤマハ MT-09の歴史

2014年4月10日に「MT-09」が新登場。型式は、EBL-RN34J
エンジンは、直列3気筒120°クランクでヤマハのGX750などに採用されていた構造だが、トルクの感覚を重視した「クロスプレーンコンセプト」に基づき完全に刷新。車体構成は、左右分割式のアルミフレームなど徹底的な軽量化と全体のダウンサイジングを図り、車重や大きさは発売時の日本国内400ccクラス車両に匹敵するスペック。またABS標準装備の「MT-09A」も発売。
2015年3月10日に「MT-09 ABS」に新色を設定し発売。
新色は、「マットシルバー1」。「MT-09 ABS」はホイールとフォークアウターチューブをレースブルーとした。
2016年2月10日に「MT-09」の新色を発売。
車体色に新色のディープレッドメタリックKを設定。 
2016年3月1日にABSを装備する「MT-09 A」にTCS(トラクションコントロールシステム)を新たに採用するともに、「MT-09A」の新色を発売。
車体色に新色のマットシルバー1とディープレッドメタリックKを設定。 
2017年2月15日に「MT-09 ABS」をマイナーチェンジして発売。型式は、2BL-RN52J
レバー操作荷重を低減するアシスト&スリッパークラッチを採用。滑らかにシフトアップできるクイック・シフト・システムを採用。圧側減衰の調整機能を追加したフロントサスペンションを採用。フローティング風懸架のLED4灯ヘッドランプで軽快さを印象づけるフロントビューに。塊感&力感のあるサイドビュー。ショートテールを実現するライセンスプレート懸架を兼ねたアルミ鍛造製ステーの片持ちリアフェンダーなどを採用。
MT-09の「EBL-RN34J」と「2BL-RN52J」の違いを比較
2018年3月20日に「MT-09 ABS」の上級仕様として「MT-09 SP ABS」を設定し発売。また、「MT-09 ABS」のカラーリングを変更し発売。
「MT-09 SP ABS」の主な特徴は、スペシャル仕様のKYB製フロントサスペンションの装備。OHLINS製フルアジャスタブルリアサスペンションの装備。質感を感じるダブルステッチ入りシートの採用。引き締まった印象を与えるブラックバックのデジタルメーターの採用。上級仕様としての存在感を強調したカラーリングの採用。
MT-09とMT-09SPの違いを比較は、こちら。
2019年4月1日に「MT-09 ABS」と「MT-09 SP ABS」をカラーチェンジし発売。
車体色は、「MT-09 ABS」が新色のマットライトグレーメタリック4と従来色のディープパープリッシュブルーメタリックCとマットダークグレーメタリック6をあわせた3色の設定。「MT-09 SP ABS」がブラックメタリックXの1色の設定。

2020年2月25日に「MT-09 ABS」と「MT-09 SP ABS」をカラーチェンジして発売。
車体色は、「MT-09 ABS」が新色のディープパープリッシュブルーメタリックCと従来色のマットライトグレーメタリック4とマットダークグレーメタリック6をあわせた3色の設定。「MT-09 SP ABS」は、継続色のブラックメタリックXの1色の設定。

 

 

ここでは、まず最初に
2016年4月15日発売のヤマハ XSR900(EBL-RN46J)と
2016年3月1日発売のヤマハ MT-09(EBL-RN34J)
の違いを比較しました。

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

XSR900

MT-09 ABS

モデルチェンジ区分

新登場

マイナーチェンジ

型式

EBL-RN46J

EBL-RN34J

発売日

2016年4月15日

2016年3月1日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2075

2075

全幅 (mm)

815

815

全高 (mm)

1140

1135

ホイールベース (mm)

1440

1440

最低地上高(mm)

135

135

シート高 (mm)

830

815

車両重量 (kg)

195

191

最小回転半径(m)

3

3

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

27.3

27.3

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

19.4

19.4

原動機型式

N703E

N703E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

3

3

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

845

846

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

78

78

行程(ピストンストローク)(mm)

59

59

圧縮比(:1)

11.5

11.5

最高出力(kW)

81

81

最高出力(PS)

110

110

最高出力回転数(rpm)

9000

9000

最大トルク(N・m)

88

88

最大トルク(kgf・m)

9

8.9

最大トルク回転数(rpm)

8500

8500

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

14

14

燃料タンク・リザーブ容量 (L)

2.6

2.8

燃料(種類)

ハイオクガソリン

ハイオクガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR9EA-9

CPR9EA-9

点火プラグ必要本数・合計

3

3

搭載バッテリー・型式

YTZ10S

YTZ10S

バッテリー容量

12V-8.6Ah 10HR

12V-8.6Ah 10HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.4

3.4

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2.4

2.4

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2.7

2.7

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

1.68

1.68

2次減速比

2.812

2.812

変速比

1速 2.665/2速 2.000/3速 1.618/4速 1.379/5速 1.190/6速 1.036

1速 2.665/2速 2.000/3速 1.618/4速 1.379/5速 1.190/6速 1.036

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

16

16

スプロケット歯数・後

45

45

チェーンサイズ

525

525

標準チェーンリンク数

110

110

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

25°00

25°00

トレール量 (mm)

103

103

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

倒立フォーク

倒立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

120/70R17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

180/55R17

180/55ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

73

73

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2.5

2.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.9

2.9

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

テールライトタイプ

LED

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
トラクションコントロール 有
スリッパークラッチ 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
トラクションコントロール 有
走行モード切り替え 有
盗難防止装置 有

メーカー希望小売価格

1,042,200円

915,840円※ABS無しは、849,960円

 

XSR900(EBL-RN46J)とMT-09(EBL-RN34J)の違いを比較

 

XSR900(EBL-RN46J)とMT-09(EBL-RN34J)の外観のサイドの違いを比較

 

XSR900(EBL-RN46J)とMT-09(EBL-RN34J)の違い

 

XSR900(EBL-RN46J)とMT-09(EBL-RN34J)の違いを比較

 

 

XSR900は、MT-09より少しだけ高く後ろの位置に座ることになるから背が高い人は、XSR900の方がいいかも。

 

 

MT-09の良さは、モタード乗りできるポジションと思ってる。見た目は、XSR900のが好みだけど、普通のネイキッドポジションなのが惜しい。

 

 

XSR900は、スリッパークラッチだからMT-09よりクラッチ操作が軽い。

 

 

XSR900が195kg
MT-09が191kg

 

 

XSR900は、MT09にプラス12万円ぐらいだけど、変更点を考えたら割高とも言えないね。

 

 

XSR900は、アシスト&スリッパークラッチが追加されて、アルミタンクカバーとかアルミ削り出しパーツの違いでメーカー小売希望価格が12万円の差か。

 

 

ヤマハのサイトのXSR900の開発ストーリーに「前後サスペンションのセッティングもMT-09から変更。単純に言うとハードな方向。フロントフォークはインナースプリングをシングルレートからダブルレートに変更し、それに合わせて減衰力も高めた。」って書いてある。

 

 

XSR900になってダブルレートのスプリングになったし、パーツリストを見るとカートリッジもXSR900専用の型番になってたから減衰もハードになったスプリングにあわせて上げてある。リアもXSR900専用の型番でフロントに合わせてハード側にふってある。

 

 

XSR900を峠で遊んだけど、凄く良かった。MT-09より軽く感じたし、素直に寝るし、切れ込みもない。MT-09は、ヤンチャな感じだけど、XSR900は優等生タイプ。でも楽しい。

 

 

XSR900は、MT09より少し足つきが悪くなった。身長171cm跨るとMT-09だと両足着くけど、XSR900は、踵がちょっと浮くぐらい。

 

 

エンジンコントロールユニツトアセンブリ
2016 XSR900 for Japan B90-8591A-20
2016 MT-09 for Japan 1RC-8591A-40

 

 

峠を流すのが好きな人は、MT-09。
質感重視する人は、XSR900
ロングツーリングが好きな人は、トレーサー、

 

 

XSR900は、2014年式MT-09STDモードと比べて、スロットルを雑に操作してもギクシャクしにくくなってるらしい。

 

 

●シート高
XSR900 830mm
MT-09 ABS 815mm

 

 

身長168cmでXSR900に試乗してきた。ステップ位置がMT-09と同じなのにタンクが長くなって着座位置が少し後ろになってるから座るとMT-09よりステップ位置が前になってる。ハンドル形状も幅は、MT-09と同じだけど、シート高が上がったのでハンドルが低くなってるからかなり違和感あった。サスは、バネも減衰もはっきりとわかるぐらいレート上がってたけど、サスは賛否が分かれると思う。MT-09で積極的にピッチングさせてリズムで乗るのに慣れてる人だとタイトなコーナーに進入した時、フロントがインを向かない(切れ込まない)ので穏やかと感じるかもしれない。XSR900は、MT-09より着座位置が後ろで高くて、ハンドル位置が低いからフロントへの荷重が移動しやすい意味もあるセッティングだと思うからMT-09にそのまま流用したらフロント荷重移動がXSR900程できないので突っ張った感じになるかもしれない。

 

 

XSR900は、MT-09よりタンク長が伸びて、着座位置が拳1個分以上後ろになってハンドルが遠くなったし、シート高が15mm上がったせいでハンドルが低くなってる。XSR900のハンドルは、MT-09と共通の幅広ストレートハンドル。ポジションが変わったため、前後の荷重移動速度が増す分、サスはスプリング、ダンパーともにハード設定に変更された。ハンドリングは、MT-09のフロントを切れ込まして舵角でクイックに曲がるものから、リーンで曲がる穏やかなタイプに変わった。サーキットならMT-09よりXSR900のが親和性が上。MT-09は、タンク長が短いし、シートが前下がりで、ハンドル幅が広く前座りになるからサーキットのような大味なコーナーを想定したポジションじゃない。ストリートならMT-09の方が小回りが効くと思う。

 

 

 

次に
2017年11月6日発売のヤマハ XSR900(2BL-RN56J)
2018年3月20日発売のヤマハ MT-09(2BL-RN52J)
の違いを比較しました。

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

XSR900 ABS

MT-09 ABS

発売年月

2017年11月

2018年3月

全長 (mm)

2075

2075

全幅 (mm)

815

815

全高 (mm)

1140

1120

軸間距離 (mm)

1440

1440

最低地上高 (mm)

135

135

シート高 (mm)

830

820

車両重量 (kg)

195

193

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

3

3

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

845

845

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

78

78

行程(ピストンストローク)(mm)

59

59

圧縮比(:1)

11.5

11.5

最高出力(kW)

85

85

最高出力(PS)

116

116

最高出力回転数(rpm)

10000

10000

最大トルク(N・m)

87

87

最大トルク(kgf・m)

8.9

8.9

最大トルク回転数(rpm)

8500

8500

燃料タンク容量 (L)

14

14

燃料(種類)

ハイオクガソリン

ハイオクガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR9EA-9

CPR9EA-9

点火プラグ必要本数・合計

3

3

搭載バッテリー・型式

YTZ10S

YTZ10S

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.4

3.4

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

1.68

1.68

2次減速比

2.812

2.812

変速比

1速 2.6660/2速 2.0000/3速 1.6190/4速 1.3800/5速 1.1900/6速 1.0370

1速 2.6660/2速 2.0000/3速 1.6190/4速 1.3800/5速 1.1900/6速 1.0370

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

16

16

スプロケット歯数・後

45

45

チェーンサイズ

525

525

標準チェーンリンク数

110

110

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

25°

25°

トレール量 (mm)

103

103

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

29.4

29.4

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

19.7

19.7

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

180/55ZR17

180/55ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

73

73

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

LED

テールライトタイプ

LED

LED

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
トラクションコントロール 有
スリッパークラッチ 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
走行モード切り替え 有
トラクションコントロール 有
スリッパークラッチ 有
バックトルクリミッター機構 有
シフトアシスト機構(クイックシフター) 有
盗難防止装置 有

メーカー希望小売価格(税込み)

1,042,200円(税抜き 965,000円)

1,004,400円(税抜き 930,000円)

 

XSR900とMT-09の比較

 

XSR900とMT-09の違いを比較

 

XSR900とMT-09の比較の口コミ

 

 

ぱっと見だとヘッドライトが違うだけだな。

 

 

XSR900に試乗してみた。でも街中では、MT-09との違いがわからなかった。MT-09はベタつきなのにXSR900だと踵が浮く。タンクカバーの張り出しのせいでニーグリップは若干やりづらかった。

 

 

背が低い俺には、XSR900は足つきが厳しかったから、ギリギリいけるMT-09を買った。

 

 

MT-09とXSR900は、ポジションが全然違うぞ。

 

 

XSR900は、MT-09ベースだからエンジン性能や燃費は、MT-09とほとんど同じだね。

 

 

身長162cm股下72cmで跨るとXSR900は、MT-09より足つきが悪く感じた。

 

 

前に座れる分、XSR900よりMT-09のが足つきは良い。

 

 

YSPにXSR900の青の現車があったから跨ってきた。MT-09はギリギリ片足べったりだけど、XSR900は踵が浮く感じだった。

 

 

今日、XSR900に跨ってきた。175cm、68kgでサンダルだったけど、MT-09でベタ足なのにXSR900は、踵が全然つかなかった。若干背伸びした感じだけど、なんとか両足付いて支えられる感じだった。MT-09より明らかに高かった。シート幅もMT-09のが絞れてる。でも自分としては、運動性能を考えたらこれぐらいがちょうど良い気がする。ライディングシューズなら少しは、楽になるはずだし。

 

 

XSR900をローダウンすればシート高は、MT-09と同じになるけど、シート形状とサスの硬さでMT-09より足つきが悪い。

 

 

月刊オートバイによるとXSR900は、MT-09の特徴だったモタード的なボヨンボヨン感が減らしてるらしい。

 

 

俺は、MT-09が両足べったり、XSR900が若干踵が浮く。

 

 

XSR900は、MT-09とサスペンションのセッティングが違うと開発ストーリーに書いてる。

 

 

XSR900の方がレトロな外見で飽きないと思うよ。MT-09の斬新なヘッドライトは、飽きそう。

 

 

2016年3月1日発売のMT-09のABS付きからトラクションコントロールが付いてXSR900は、それがベースに作られてるから最初からトラクションコントロールが付いてるね。それで2017年2月15日のマイナーチェンジで「MT-09 ABS」にもアシスト&スリッパークラッチが付いた。

 

 

XSR900は、MT-09と比較するとシートが後ろよりになってるね。

 

 

XSR900は、ハンドルとステップの位置がMT-09と同じで着座位置が5センチ程度後ろらしい。シート高もMT-09より10mm高くなってる。

 

 

●2019年時点のメーカー小売価格
XSR900 ABS 1,042,200円
MT-09 ABS 1,004,400円
●2019年9月時点の同じバイク屋の乗り出し価格
XSR900 ABS 966,720円
MT-09 ABS 928,720円

 

 

燃費は、同じだけど、MT-09とXSR900では、ユーザー層も乗り方も違うからインプレの燃費報告比較してもあてにならないよ。

 

 

XSR900は、軽いし凄く良いバイクだけど、ジムカーナを考えるとMT-09のが幸せになると思う。

 

 

レンタルバイクで何時間か乗ってみたけど
MT-09よりXSR900の方がケツが痛い。

 

 

2019年時点のMT-09とXSR900のクラッチは、同じもの。

 

 

XSR900とMT-09は、足つきもポジションも結構違うから試乗して決めた方がいいよ。

 

XSR900とMT-09の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら