カワサキ NINJA250とスズキGSR250の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

カワサキ NINJA250とスズキGSR250の違いを比較

 

カワサキ Ninja250の歴史

2013年2月1日にNinja250が新登場。型式は、JBK-EX250L
2008年から発売のNinja250Rをフルモデルチェンジして発売。デザインがよりシャープとなり、車名を「Ninja250」に変更。スタンダードモデル、グラフィックモデルのスペシャルエディション、ABSを搭載したABSスペシャルエディションの3タイプの設定。「Ninja250 Special Edition」は、2013年モデルのスペシャルカラーバージョン。スタンダードが単色なのに対し、グラフィックを設定。「Ninja250 ABS Special Edition」は、ABSを搭載し、ABS無しのスペシャルエディションと異なるカラー&グラフィックを設定。
2013年9月1日に「Ninja250」と「Ninja250 Special Edition」と「Ninja250 ABS Special Edition」をカラーチェンジして発売。
この年から燃費にWMTCモード値が併記された。
2014年9月1日に「Ninja250」と「Ninja250 Special Edition」と「Ninja250 ABS Special Edition」をマイナーチェンジして発売。
新たにアシスト&スリッパークラッチを搭載。
2015年9月1日に「Ninja250」と「Ninja250 Special Edition」と「Ninja250 ABS Special Edition」をカラーチェンジして発売。
カラーリングの変更とメーターパネルのデザインを変更。
2015年11月15日に特別限定仕様のNinja 250 ABS KRT Editionを発売。
2015年のワールドスーパーバイク選手権シリーズで、KRT所属のジョナサン・レイ選手が年間ワールドチャンピオンになったのを記念し設定。カラーリングのモチーフは、スーパーバイク選手権の2016年シーズン用マシンのニンジャZX-10R。ABS搭載モデル。
2016年9月1日に「Ninja250」と「Ninja250 ABS Special Edition」と「Ninja250 ABS KRT Edition」をカラーチェンジして発売。
2016年11月1日にNinja 250 ABS KRT Winter Test Editionをカラーチェンジして発売。
従来のNinja250のバイアスタイヤから前後共にラジアルタイヤに変更。フロントホイールリムを2.75インチから3インチに拡大。リアタイヤを140mmから150mmまで拡大。スモークタイプとなったスクリーンも、スタンダードタイプよりも高くなった。ABS搭載モデルで限定600台で販売。
2018年2月1日にNinja250がフルモデルチェンジして発売。「Ninja250 KRT Edition」も発売。型式は、2BK-EX250P
ボディデザインは、同時代のニンジャZX-10Rと同様のテイストで、トレリスフレームなどはニンジャH2をイメージさせる。エンジンは、248cc水冷並列2気筒でレイアウトが同じだが出力が31psから37psに。ABSは標準装備となり、車名から「ABS」の表記がなくなる。アシスト&スリッパークラッチやLEDヘッドライトユニット、ギヤポジションインジケーターなども装備。「Ninja250 KRT Edition」は、2018年モデルで一新されたNinja250をベースにしたKRTカラーバージョン。
2019年1月15日にNinja250をカラーチェンジして発売。

カラー&グラフィックの変更のみ。でNinja250として初めてシルバーメタリックを設定。ABSは標準装備。

 

 

スズキ GSR250の歴史

2012年7月30日にGSR250が新登場。型式は、JBK-GJ55D
車体色は、3色(パールネブラーブラック、サンダーグレーメタリック、キャンディカーディナルレッド)の設定。
2013年4月30日にGSR250のカラーを追加。
車体色は、新色1色(パールグレッシャーホワイト)と既存色3色(パールネブラーブラック、サンダーグレーメタリック、キャンディカーディナルレッド)の全4色の設定。
2013年7月25日にGSR250のカラーの追加。
新色のトリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイトが追加され、価格を2万円弱のアップ。
2013年12月27日にGSR250をマイナーチェンジ。
主な変更点は、ミラーステー形状の変更とタンク上のSエンブレムの変更。車体色は、単色3色(パールグレッシャーホワイト、キャンディカーディナルレッド、パールネブラーブラック)とツートン1色(トリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト)の全4色の設定。
2014年1月10日にGSR250Sをタイプ追加。
GSR250Sは、GSR250のハーフカウル仕様。ハンドル形状をGSR250より高く手前の位置に変更し前傾の少ない乗車姿勢に。左手元にはハザードランプスイッチを設置。車体色は、2色(トリトンブルーメタリック、パールネブラーブラック)の設定。
2014年7月31日にGSR250をマイナーチェンジ。
サイドカバーに「SUZUKI」デカールを追加。車体色は、単色が新色のトリトンブルーメタリックと既存色のパールネブラーブラックの2色の設定。ツートン色が新色のキャンディカーディナルレッド/パールネブラーブラックと既存色のトリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト2色の設定。ツートン色が7月31日発売、単色が9月9日発売。
2014年9月18日にGSR250Fをタイプ追加。
GSR250Fは、GSR250のフルカウル仕様。フロントスクリーンを装備。専用のハンドルポジション。ハンドル周りにブラックの専用塗装を施した。車体色は、2色(パールネブラーブラック、トリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト)の設定。
2015年1月26日にGSR250Sをカラーチェンジ。
サイドアッパーカウルをシルバー色に変更、ロゴデカールカラーの変更。車体色は、2色(トリトンブルーメタリック、パールネブラーブラック)の設定。

2017年3月30日にGSR250をカラーチェンジ。
車体色は、4色(パールグレッシャーホワイトNo.2/パールネブラーブラック、トリトンブルーメタリックNo.2/パールネブラーブラック、キャンディカーディナルレッド/パールネブラーブラック、パールネブラーブラック)の設定。この2017年モデル(L7)をもって生産終了となった。

 

 

ここでは、
2014年9月発売のカワサキ NINJA250(JBK-EX250L)と
2014年7月発売のスズキ GSR250(JBK-GJ55D)
の違いを比較しました。

 

 

スペックの比較

 

車種名

Ninja 250

GSR250

型式

JBK-EX250L

JBK-GJ55D

発売年

2014年9月

2014年7月

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2020

2145

全幅 (mm)

715

760

全高 (mm)

1110

1075

軸間距離 (mm)

1410

1430

最低地上高 (mm)

140

165

シート高 (mm)

785

780

車両重量 (kg)

172

183

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

248

248

4スト・カム駆動方式

DOHC

OHC(SOHC)

4スト・気筒あたりバルブ数

4

2

内径(シリンダーボア)(mm)

62

53.5

行程(ピストンストローク)(mm)

41.2

55.2

圧縮比(:1)

11.3

11.5

最高出力(kW)

23

18

最高出力(PS)

31

24

最高出力回転数(rpm)

11000

8500

最大トルク(N・m)

21

22

最大トルク(kgf・m)

2.1

2.2

最大トルク回転数(rpm)

8500

6500

燃料タンク容量 (L)

17

13

燃料供給方式

フューエルインジェクション

インジェクション

満タン時航続距離(概算・参考値)

680

520

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR8E

CR7E

搭載バッテリー・型式

FTX9-BS

YTX9-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.4

2.4

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2

2.1

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2.2

2.4

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

3.086

3.238

2次減速比

3.142

3.285

変速比

1速 2.6000/2速 1.7890/3速 1.4090/4速 1.1360/5速 1.0000/6速 0.8920

1速 2.4160/2速 1.5290/3速 1.1810/4速 1.0430/5速 0.9090/6速 0.8070

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

14

スプロケット歯数・後

44

46

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

108

116

フレーム型式

ダイヤモンド

セミダブルクレードル

キャスター角

26°

26°

トレール量 (mm)

82

105

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時) (km/L)

40

40

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

110/70-17

110/80-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

54

57

タイヤ(前)速度記号

H

H

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

140/70-17

140/70-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

66

66

タイヤ(後)速度記号

H

H

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.75

3

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4

4

ヘッドライトタイプ(Hi)

H7

H4

メーター表示

燃料計 有

エンジン回転計 有

時計 有

ツイントリップ 有

 

ギアポジション 有

燃料計 有

エンジン回転計 有

時計 有

ツイントリップ 有

 

車両装備

スリッパークラッチ 有

センタースタンド 有

メーカー希望小売価格

553,500円

456,840円

 

カワサキ NINJA250とスズキGSR250の違いを比較

 

カワサキ NINJA250とスズキGSR250の比較の口コミ

 

 

Ninja250Rの頃は、単気筒に振動で負けてた。CBR250Rは、単気筒なのに振動の低減は素晴らしい。Ninja250RからNinja250になってからは文句無いレベルだけど。でもGSR250に乗った後でNinja250に乗るとGSR250の方が更に滑らかに感じてしまう。

 

 

GSR250は、Ninja250より盗難のリスクが低そう。

 

 

GSR250は、2気筒だし、SOHCでNinja250より上は回らないと思う、最高速も実測で138km/hらしい。月間オートバイのFISCO最高速アタックでGSR250は実測138km/hしか出なかったみたい。でもメーター読みだと150km/hはでそう。ちなみにNinja250の最高速は、実測で160km/hに届きそう。

 

 

高速道路で100km/h巡航した時の安定性や乗り易さでは、GSR250の方が上だけど見た目がダサい。Ninja250は、見た目が最強。パワー、加速、高速安定性はそこそこ。

 

 

GSR250は、Ninja250と方向性が違うけど、中国産とは思えない程、いいバイクだぞ。

 

 

GSR250は、8000回転までならこのクラスの中でかなりいい。でも見た目で損してるイメージ。

 

 

タンデムするつもりならしGSR250の方がいい。

 

 

GSR250の重さは、高速を走る時の安定性に寄与してるけど、同時に鈍重の原因でもある。Ninja250に関しても逆にしかり。だから見た目で決めちゃえ。

 

 

GSR250は、重いと思うかもしれないけど、走り出すとそんなの関係ないし高速道路で安定感を生む。センタースタンドが標準装備でマフラー2本出しで実売価格が安い。さらに2気筒で姿勢が楽。中国生産というのが引っ掛かる人もいると思うけど国内のスズキで検査して売ってるから安心しろ。

 

 

GSR250は、いいバイクだけどデザインがな。。。GSR250がNinja250みたいなデザインなら買ってる。

 

 

Ninja250は、高速で120km/h近くなると振動が酷い。手は耐えられたけど足が無理だった。これがなければロンツーでも快適だったのに。よくロンツー行く人は、GSR250の方がいいかも。下の方は、パルス感があるけど高回転になったら振動が収まってくる、

 

 

日本一周するならカウル付きのGSR250が快適。Ninja250にGIVIのスクリーン付けて高速走ったけどそんなに楽ではなかった。伏せないと防風効果が微妙なのに、アップハンドルのキットを組むと余計微妙になる。あと長距離向けのシートじゃない。

 

 

GSR250もいいバイクだけど、Ninja250と比較すると馬力も車重も落ちる。燃料タンクも4リットルも多いし、 最小回転半径もNinja250の方が小さい。だからどちらかを選べと言えば俺は、Ninja250になる。

 

 

俺は、250でいくつか候補にしたけど、その中でメーターだけは、GSR250が一番カッコ良かった。

 

 

友達がGSR250Sに乗ってから借りて乗ったら普通にいいバイクだった。でも俺がちびだったからアップハンドルがつらかった。

 

 

Ninja250で高速乗ったけど軽くて安定感が無いから100km以上は怖かったし、横風にも弱い。高速走る機会が多いならGSR250のが重い分安定してていい。

 

 

Ninja250とCBR250とGSR250で迷ったけど、結局見た目が一番かっこ良くて自分が一番乗りたいNinja250の2015年カラーの黒緑スペシャルエディションにした。

 

 

自分が惚れたバイクを買うと後で後悔しない。GSR250の安さに魅力を感じてしまうけどNinja250に出会うたびにあっちにしとけば良かったかもって思ってしまうよ。

 

 

Ninja250買う前にGSR250も検討したけどフロントフェンダーが厚ぼったい点とマフラーが重そうなのアップ過ぎるハンドルがダメだった。

 

 

見た目で選ぶと後で後悔しにくいのは、間違い無いが、俺は、GSR250を買って最初ダサいと思ってたけど今では、なぜかどんどん愛着が湧いてきた。もしNINJA250にしてたら、最初は、カッコイイと思うかもしれないがデザインが完成しすぎてるから徐々に飽きてたかも。以外とブサイクの方が永くつきあえるかも。

 

 

GSR250の車重は、183kg。取り回しが大変だぞ。ちなみに同クラスのNinja 250が172kg。CBR250Rは、168kg、

 

 

Ninja250にはABS仕様を選択できるけどGSR250にはABS無ししかない。

 

 

2016年8月の新車の最安値の相場

Ninja250 44万円
YZF-R25 43万円
GSR250F 37万円
CBR250R 36万円
GSR250S 35万円

 

 

Ninja250とGSR250の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら