フェイズ(JBK-MF11)とPCX150(JBK-KF18)の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

フェイズ(JBK-MF11)とPCX150(JBK-KF18)の違いを比較

 

ホンダ フェイズの歴史

2009年7月10日より「フェイズ」と「フェイズ ABS」を新発売。型式は、JBK-MF11
車体色は、「フェイズ」が3色(グリントウェーブブルーメタリック、グラファイトブラック、パールサンビームホワイト)の設定。「フェイズ ABS」が1色(パールサンビームホワイト)の設定。
2009年11月26日より「フェイズ TYPE-S」をタイプ追加。
「フェイズ TYPE-S」は、オートマチックシステム電子制御7速「Honda Sマチック Evo」を新たに搭載。カラーリングにTYPE-S専用ボディカラーのコルチナホワイトを採用。ツートーンシートやゴールド塗装のフロントブレーキキャリパー、グレー塗装の前・後ホイールなどの専用装備を施し、よりスポーティー感を高めた。車体色は、1色(コルチナホワイト)の設定。
2011年2月24日より「フェイズ」シリーズの仕様を一部変更と「フェイズ TYPE-S」のカラーリングを変更し発売。
車体色は、「フェイズ」が2色(グラファイトブラック、パールサンビームホワイト)の設定。「フェイズ ABS」が1色(パールサンビームホワイト)の設定。「フェイズ TYPE-S」が2色(ヴィクトリーレッド、グラファイトブラック)の設定。「フェイズ」シリーズの外装部品のロアカウルとサイドカバーのカラーをボディと同色とし、ホイールとマフラープロテクターのカラーをグレーメタリックへ変更。また「フェイズ ABS」は、フロントブレーキキャリパーのカラーを新たにゴールドとした。
2012年2月3日より「フェイズ」シリーズのカラーバリエーションを変更し発売。
車体色は、「フェイズ」が2色(ヴィクトリーレッド、パールサンビームホワイト)の設定。「フェイズ ABS」が1色(グラファイトブラック)の設定。「フェイズ TYPE-S」が2色(パールサンビームホワイト、グラファイトブラック)の設定。
2015年に全てのモデルが生産終了。

 

 

ホンダ PCX150

2012年6月7日に新登場。型式は、JBK-KF12
車体色は、ミレニアムレッドとパールヒマラヤズホワイトの2色。
2013年1月17日にカラーの追加。
車体色は、新色のマットガンパウダーブラックメタリックと従来色の2色をあわせて全3色。
2014年5月16日にフルモデルチェンジ。型式は、JBK-KF18
全灯火器にLEDを採用。新設計のフロント・リアカウルを採用。燃料タンク容量がアップ。車体色は、新色のポセイドンブラックメタリックとマットテクノシルバーメタリックとバールジャスミンホワイトの3色。
2015年5月22日にカラーの追加。
車体色は、新色のキャンディーノーブルレッドと従来色の3色をあわせて全4色。
2016年4月22日にカラーチェンジと「PCX150 Special Edition」の発売。
「PCX」の車体色は、新色のパールダークアッシュブルーと従来色のパールホワイト、ブラック、マットシルバーをあわせた全4色の設定。
「PCX150 Special Edition」は、白か黒の車体色をベースに、それぞれフロントカバーからボディカバー、グラブレールにかけて赤のストライプを配し、リアサススプリング、シートのステッチ、ボディカバー側面の立体エンブレムなどに赤でアクセントをつけた期間限定モデル。
2017年2月10日にカラーチェンジ。
車体色は、新色のクリッパーイエローとキャンディーロージーレッド(ツートーン)とポセイドンブラックメタリック(ツートーン)と従来色のパールホワイト、ブラック、ダークブルーをあわせた全6色。
2018年4月6日にフルモデルチェンジ。型式は、2BK-KF30
エンジンは、eSPの仕様を変更し、静粛性、耐久性、燃費性能を向上。フレームが新設計のダブルクレードルに変更。フロントの顔回りを変更。タイヤをワイド化した。スマートキーを採用。PCX150は、ABS仕様も選択可能となった。車体色は、キャンディラスターレッドとポセイドンブラックメタリックとパールジャスミンホワイトとブライトブロンズメタリックの全4色。

 

 

ここでは、
2012年2月発売のフェイズ(JBK-MF11)と
2014年5月発売のPCX150(JBK-KF18)の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

ホンダ フェイズ

ホンダ PCX150

発売

2012年2月

2014年5月

型式

JBK-MF11

JBK-KF18

全長

2180mm

1930mm

全幅

750mm

740mm

全高

1150mm

1100mm

ホイールベース

1540mm

1315mm

シート高

755mm

760mm

最低地上高

130mm

135mm

総重量

180kg

131kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

26°30′

27°

トレール(mm)

89

86

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ドラム

タイヤサイズ(前)

110/90-13 M/C 55P

90/90-14 M/C 46P

タイヤサイズ(後)

140/70-13 M/C 61P

100/90-14 M/C 51P

エンジン種類

水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒

水冷4ストロークOHC単気筒

総排気量

248cc

152cc

圧縮比

10.2

10.6

ボア

68mm

58mm

最高出力(kW/rpm)

17(23PS)/7500

10(14PS)/8500

最大トルク(N・m/rpm)

23(2.3kgf・m)/6000

14(1.4kgf・m)/5000

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

自動乾式多板シュー

自動乾式多板シュー

変速機形式

Vベルト自動無段変速

Vベルト自動無段変速

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

12.0L

8.0L

燃料消費率(km/L)

41(60km/h)

52.9(60km/h)・45.6(WMTCモード)

カラー/メーカー小売価格

¥577,500 ヴィクトリーレッド ¥577,500 パールサンビームホワイト

¥360,720 マットテクノシルバーメタリック ¥360,720 ポセイドンブラックメタリック ¥360,720 パールジャスミンホワイト

 


 

フェイズ(JBK-MF11)とPCX150(JBK-KF18)の比較の口コミ

 

振動は、PCX150の方が少ないと思ってたけどフェイズの方が断然少なかった。特に幹線道路を流れに乗って走ってる時は、フェイズはすべるように走る。悪路の低速でもPCX150は、サスがさほど効いて無い感じで振動を結構拾う。軽さと燃費と価格以外は、フェイズの方がいいと思ってる。

 

 

燃費、航続距離 、使い勝手、維持費、コスパは、PCX150の方がいいな。

 

 

フェイズの現車を見たけど安っぽく見えた。PCXの方がきちんと作られてると思った。

 

 

PCXの後ろ姿は、貧相すぎるわ。フェイズの方がカッコいい。

 

PCXでロンツーは辛い。フェイズは、遠出でも楽チン。 高速ではPCXは、最弱だからね。購入前はPCXも候補だったけどバイク屋でお金の面で余裕があるなら絶対フェイズにした方がいいと言われた。バイク屋としては、高い方を売りたいというのもあると思うけどフェイズ買って正解だったと思う。

 

 

フェイズ買ったけど少し後悔してる。やっぱりPCXのが軽快でかなり面白い!

 

 

高速での余裕を捨ててPCX150にするか、コンパクトさを諦めてフェイズにするかどっちかだな。

 

PCXに乗ってる奴はもはやすごい数になってる。さらに125も150も見た目が一緒だし。PCX選んだ人の中には、価格が高くてフェイズを諦めた人もいるし所有感を得られる。

 

 

PCXとフェイズで迷ってフェイズにした。でも駐輪場でPCXにした方が良かったかもと思ったことがある。

 

 

PCXと迷ったけど最後は、人が乗った時の見た目でフェイズにしたよ。

 

 

俺は、通勤で使うから小回りの効くPCX150にしたけど、走りを重要視する人は、フェイズでいいと思う。フェイズは、PCXの250版のイメージ。PCX150と比べてまるっきり不便になる程のサイズ差はないと思う。

 

 

PCX150に試乗してパワーに不満がある人は、フェイズにすればいい。

 

 

ビグスクは、デカ過ぎる。フェイズ買って重すぎたからPCX150に乗り換えた。車重はPCX150の方が約50kg軽い。

 

高速道路を使わない人ならPCXの方が扱いやすいでしょ。特に通勤なんかで渋滞がある人にとっては、PCX。ツーリングなんかで高速を使う人には、FAZEだね。下道の巡航での乗り心地は、どっちもそんなに変わらないと思う。

 

 

フェイズが人気ないの値段が高いからだと思う。この装備でPCX150より定価が20万円以上高いのはどうかと思う。逆にPCXは、豪華装備でこの値段だから売れた。

 

 

フェイズのパーツの無さと生産中止になったことを考えたらPCXだな。

 

 

街中ガンガン走るならPCX150。高速&長距離走るならフェイズにした方がいいよ。

 

 

燃費は、PCX150が45km/Lぐらい。フェイズが30km/Lぐらい。

 

 

取り回しは、PCX150の方が断然いい。重量が49kg軽いし、ホイルベースも225mmも短いから楽。フェイズは、ビクスクの中では、小さい方だけど、車体サイズ、重量ともにネイキッド400ccぐらいあるから取り回しは、あまり良くない。

 

 

フェイズのシート高が755mmでPCXが760mm。でもPCXは、シートが細いからPCXの方が足つきが良い。

 

 

PCX150は、アイドリングストップがあるのがいいね。

 

 

PCXは、タイヤ細過ぎなのが嫌。あとは、所詮150ccというのがある。高速は、走れるだけできつい。

 

 

メインで乗るバイクを買うならフェイズだけどセカンドバイクならPCX買う。

 

 

普段フェイズ乗ってるけど、試乗で初代PCX乗った。PCXは、エンジン音ががさつで60km/hくらいにトルクの谷があった。フェイズに比べて足と腰が窮屈だし、車体が小さいから防風が微妙だった。足付きは、PCXの方が良かった。あと押し歩きの取り回しが楽だね。価格の割に装備が豪華だし、市街地と中近距離までならPCXでいいかも。フェイズは、ビグスクとMTの隙間を狙った250スクーターだからターゲットが小さいし、デザインが冒険してるから買う人が少ない。まあ、生産終了になって時間が経てばPS250のようなマニア受けする人気車になると思う。

 

 

デザインは、断然PCX150だな。フェイズのあのデザインは正直ないわ。

 

 

PCX150とフェイズ迷ってフェイズにした。PCX150は、燃費の良さと維持費の安さが魅力だった。でもタンクの容量がフェイズが12リットルでPCXが8リットルだから給油回数は、そんなに変わらない。

 

 

PCX150は、サイズが小さすぎて一般的な体格以上の男が乗ると原付にしか見えない。やっぱりフェイズくらいの大きさは、欲しい。

 

 

フェイズで不便なことは、駐輪場に置けなかったり、置きづらい。そういう意味では、PCX150の方が心配が少ない。

 

 

PCX150は、割り切った中途半端。
フェイズは、妥協した中途半端。

 

 

フェイズよりPCX150のが軽いけどフェイズの安定した軽快感とは別もの。

 

 

俺は、PCX150買った。高速でも滅多に100km/h出さないから、100km/hまでの到達時間とか気にならない。そこが気になるならフェイズにした方が後悔しないと思う。

 

 

PCX150の良さは、軽さ、価格、維持費、新しさ。行動範囲が狭いならPCX150でいいと思う。高速走ったり、タンデム前提ならパワー差が大きいからフェイズの方がいい。

 

 

駐輪場である程度楽に停めれて、軽いのがいい人は、PCX150を買えばいい。

 

 

家にフォルツァとフェイズとPCX150の3台あった時期があったけど、PCX150とフェイズを比較すると乗り心地の完成度はフェイズの方が上だったからフェイズばかり乗ってた。結局最初にそれまで乗っていたフォルツァを買い取ってもらって、次にPCX150を売った。

 

 

フェイズは、メットインの開け閉めに鍵を差し替えなきゃいけないのが面倒くさい。

 

 

フェイズは、PCX150より余裕で速いよ。でもつい高回転を使ってしまい燃費がPCX150と比べるとかなり悪いけど。

 

 

タンデムすればPCX150とフェイズのトルクの差がよくわかるよ。

 

 

フェイズは、フロントポケットが2つあるのが便利。でもシート下収納の鍵穴がメインキーと別にあるのが凄くめんどくさい。穴の位置もこれまでのホンダスクーターの中でも酷い。鍵が刺しにくいのは、時間の無駄になる。細かくいろいろな場所に止まるならPCX150の方がいい。

 

 

フェイズだとでかいから場所によっては止められないことがある。フェイズと比べたらPCX150は、止められるし燃費が全く違う。実用性は、PCX150の方が上。

 

 

俺は、フェイズの軽快さに惚れた。PCX150ぐらいに車体が小さくなると直進安定性や乗り心地が悪くなる。メットイン容量もフェイズぐらいないと不便。

 

 

PCX150だと後ろからみたら原付きと変わらないからでかいリアボックスでも付けてないと車に煽られることがある。フェイズならそういうことは、滅多にない。

 

 

迷ってる時は、上位の車種を買ったほうが後悔が少ないし、小型に乗り換えたとしても割り切れるよ。PCX150でできることのほとんどがフェイズでカバーできる。でも逆は無理。

 

 

PCX(JF28)からフェイズに乗り換えたけど、ツーリング行ったらPCXは、燃費50km/Lいってたのにフェイズだと32km/Lだった。それなりに高速も走ってるけど、フェイズは、燃費悪いね。

 

フェイズとPCX150の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら