CB250FとVTRの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

CB250FとVTRの違いを比較

 

ホンダ CB250Fの歴史

2014年8月1日に新登場。型式は、JBK-MC43
マイナーチェンジしたCBR250R(MC41)のストリートファイタールックのネイキッドとして登場した。249ccの水冷単気筒エンジンやフレームた足回りもCBR250Rゆずり、ネイキッドらしい外装とバーハンドルが主な違い。ABS搭載モデルも設定された。
2015年12月7日に特別仕様の「CB250F Special Edition」発売。車体色はレモンアイスイエロー。
2016年1月15日にカラーチェンジ。
ミレニアムレッドのカラーパターンが変更され、ヘッドライト下のフロントカウルもレッドとなる。リアカウルはブラックとなった。ABS搭載モデルも同様。
2017年2月10日にカラーチェンジ。
ミレニアムレッドとブラックに、それぞれラジエターシュラウドとシートカウルにグラフィックパターンを採用。シリンダーヘッドカバーとクランクケースカバーはブロンズ色になった。平成28年排出ガス規制をクリアせず、最終モデルとなる。ABS搭載モデルも同様。

 

 

ホンダ VTRの歴史

1998年1月に新登場。型式は、MC33
2000年2月にマイナーチェンジ。
国内の排出ガス規制に適合。ユーザーの好みに応じて106タイプの組み合わせが可能な「カラーオーダープラン」を設定。型式は、BA-MC33
2002年12月にマイナーチェンジ。
シート形状の変更やサスペンションセッティングの見直しなどで従来のモデルより20mm低いシート高に。また、新しくタコメーター、ハザードランプと強化コンビロックを装備し、メーターケース、バックミラーにはクロームメッキを施した。
2007年1月にカラーチェンジ。
2009年3月にフルモデルチェンジ。
新たにPGM-FIを採用。排気系に2つの触媒装置を配置し、O2センサーの採用などにより国内二輪車排出ガス規制に適合。リアカウルをシルバーとし、ブラックのホイールとブレーキキャリパーを組み合わせるSTYLE Iと、リアカウルを車体色と同色にし、ゴールドのホイールとブレーキキャリパーを採用するSTYLE IIを設定。型式は、JBK-MC33
2010年7月16日にカラーチェンジ。
2012年2月16日にカラーチェンジ。
2013年2月14日にマイナーチェンジ。
電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)と前後のサスペンションのセッティングを変更。今回からエンジンのシリンダーとシリンダーヘッドにもブラック塗装が施される。
2014年7月18日にマイナーチェンジ。
グリップ力と剛性に優れるラジアルタイヤを採用し、コーナリングやブレーキング時のフィーリング向上を図る。また、リアタイヤの偏平率を従来モデルの70%から60%に変更し、トランスミッションのローレシオ化と同様の効果を得ることで、加速フィーリングを向上。リアサスペンションのセッティングにより、乗り心地も向上。
2016年10月21日にカラーチェンジ。更に特別仕様のVTR Special Editionを発売。

 

 

ここでは、
2016年1月発売のホンダ CB250F(JBK-MC43)と
2014年7月発売のホンダ VTR(JBK-MC33)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

ホンダ CB250F

ホンダ VTR

発売

2016年1月

2014年7月

型式

JBK-MC43

JBK-MC33

全長

2035mm

2080mm

全幅

760mm

725mm

全高

1045mm

1055mm

ホイールベース

1380mm

1405mm

シート高

780mm

755mm

最低地上高

150mm

155mm

総重量

158kg

160kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

スイングアーム

スイングアーム

キャスター角

25°30´

25°30´

トレール(mm)

98

96

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

110/70-17 M/C 54S

110/70R17 M/C 54H

タイヤサイズ(後)

140/70-17 M/C 66S

140/60R17 M/C 63H

エンジン種類

水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒

水冷4ストロークDOHC4バルブV型2気筒

総排気量

249cc

249cc

圧縮比

10.7

11.0

ボア

76mm

60mm

最高出力(kW/rpm)

21(29PS)/9000

22(30PS)/10500

最大トルク(N・m/rpm)

23(2.3kgf・m)/7500

22(2.2kgf・m)/8500

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

湿式多板

湿式多板

変速機形式

6段リターン

5段リターン

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

13.0L

12.0L

燃料消費率(km/L)

50.1(60km/h)・32.1(WMTCモード)

40(60km/h)

カラー/メーカー小売価格

¥464,400 ミレニアムレッド ¥464,400 ブラック

¥598,320 グラファイトブラック ¥598,320 デジタルシルバーメタリック ¥598,320 パールサンビームホワイト

 

CB250FとVTRの違いを比較

 

 

CB250FとVTRの比較の口コミ

 

 

 

CB250Fは、タイ産。
VTRは、国産。

 

 

CB250Fは、VTRより約10万円安いが6速やプロリンクやABS装備などVTRより上等な装備があるからどっちにするか悩むね。

 

 

CB250Fに試乗したが明らかにVTRより重心が低くて扱い易かった。メーターは好みが分かれそう。高速の巡行は、CB250Fが単気筒だからVTRの方が多少は楽かな。250でパワーが無いのに6速があるとかなり面倒だった。

 

 

俺ならVTRにするな。タイ産と国産の違いは価格差以上にある。CB250Fは、6速だけどパワーバンドが狭いからクロスレシオになってるだけなんで5速のVTRの方が乗りやすいということ。

 

 

VTRは、燃料計がないのが嫌だな。ついたら買うんだが。

 

 

CB250Fの最後のFは、ホンダ独自のFコンセプトで結構スポーツ寄りのロードバイクという意味。VTRとVTR-Fのような意味合いでは無いね。

 

 

VTRは、値段が高くても250にこだわりたい人。丸目好き、Vツイン好き、国産で1998年から続いてるモデルで信頼性が高い、足が短くても安心。CB250Fは、値段が安いのがいい人、シングルが好き、窮屈なポジションが嫌、ABS欲しい。どっちもキャラが被ってなく存在意義はある。

 

 

CB250Fは、グローバルモデルだからと思うが足付き悪すぎた。ドリームで跨ってみたけどVTRの後に乗ると全く買う気にならなかった。

 

 

燃費と値段が売りだからCB250Fをメインで買う人は、少なそう。通勤用でセカンドに買うか初心者が多いと思う。品質に拘るならVTRの方がおすすめだけどこの値段で買えるなら、かなり良いバイクだと思うよ。

 

 

ドリームでCB250Fを見てきたけど安いだけあって作りも雑で全体に安っぽい印象を受けた。特にシュラウドは質感が悪かったし大げさ。あれ無しにしてトラスフレームを見せた方がいいと思った。隣にVTRが並んであったけどそれと比較すると子供のおもちゃって感じ。

 

 

ドリームでじっくり眺めてきた。CB250Fは、見た目がカッコ悪いけど値段の割には、なかなか作りも良いと思った。店の人の話では、やはり国産という理由でCB250FよりVTRを選ぶ人が多いらしい。

 

 

VTRのエンジンは良いけどCB250Fと比べると車体が小さく感じた。

 

 

CB250Fに初めて乗った時、シングルなのに凄く振動が少ないなって感動したけど、VTRにしばらく乗ってからCB250Fに乗るとやっぱりツインより振動を感じた。中間加速は、CB250Fの方が伸びるね。でもVTRの場合、2000回転くらいでも問題無く進むがその感覚でCB250Fに乗ったらノッキングしてしまう。まあそれぞれのエンジンの特徴を理解して乗っていれば全く問題ないけど。全体的にVTRの方が優れてると思ったけど使用用途が通勤くらいなら見た目で決めても全然問題ないと思う。

 

 

CB250F
価格:464,400円
燃費:50.1km/L(60km/h)、32.4km/L(WMTC)
燃料タンク容量:13L
重量:158kg
シート高:780mm
出力:29PS/9,000rpm、トルク:2.3kgf・m/7,500rpm

 

VTR
価格:598,320円(LD_609,120円 )
燃費:40km/L(60km/h)
燃料タンク容量:12L
重量:160kg
シート高:755mm(LD_740mm)
出力:30PS/10,500rpm
トルク:2.2kgf・m/8,500rpm

 

 

今日、CB250Fが走ってるの見たけどCBRみたいに威圧感もないし、VTRみたいにトラスフレームが目立つこともないから見た目としては、普通のバイクって印象だった。おじさんでスポーティな走り方をしない人に向いてると思った。でもCB250Fのパンフレットや広告をみるとZ250のようなオラオラ運転しそうなイメージがあるんだけど。

 

 

自分は、身長が180cm弱あるけど前、VTRに乗ってた時は、窮屈に感じがあったけどCB250Fは、車高が高い分、足が楽だね。

 

 

CB250Fもきちんと繋げばVTRと同じ位、速く走るよ。でもVTRの方がラフでもそれなりにそつがなくてとても扱い易いエンジン。特に極低速の扱い易さは、最高クラスだね。回るVツインでは、これが一番じゃないかな?

 

 

VTRにしようかと思ってたけど赤いトラスフレームが目立つからCB250Fの方がいいような気がしてきた。CB250Fは、地味に馴染むからとにかくひっそりバイクに乗りたい自分には、合ってる。

 

 

CB250Fの特徴は、シングル、安い 燃費が良い。
VTRの特徴は、Vツイン、足つきが良い。

 

 

CB250FとVTRはコースで何回も乗り比べたけどVTRの方が2000〜3000回転では、トルクあった。それを超えた中間加速は、CB250Fの方があると思った。比較すればVTRは、回さないと加速していかないけどCB250Fは、トルクで加速していく。ただし、VTRが5速でCB250Fが6速なのも影響してるかもしれない。

 

 

CB250Fは、VTRと比較してパワー不足ということは全く無いけどトルク特性が違うから乗り味は、全然違うね。

 

 

VTRよりCB250Fのがシート高とハンドル幅以外はコンパクトな作りになっている。

 

 

ホンダのバイク全般に言えることだけどマイルドで扱い易いけどノーマルでつまらない。非力でかったるくて鈍重というのが定番。その典型がVTR。頑丈なだけが売りのビジネスバイクを弄るくらいなら初めからMT-09を買えばいい。どうしてもビジネスバイクで高速も走りたいなら単気筒エンジンで価格もビジネス仕様で安いCB250Fで十分。今では、VTRの性能に対する割高な価格設定の正当性が無い。

 

 

両方試乗してきた。CB250Fの足つきはVTRより高めだから足が長い人にはCB250Fの方がいいかもしれない。自分には、VTRの足つきが良すぎて膝が窮屈に感じた。

 

 

VTRは国産でターゲットが日本人。日本の環境に合わせて作られていてロングセラーで実績もある。手入れや保管状況によるが10万km走れると言われている。CB250Fは、タイ産でグローバルモデルだから日本の環境に合わせて調整されているだけ。シンプルだから壊れにくそうではあるけど1台を長く乗るつもりならVTRかな?

 

 

最大の違いは、CB250FがシングルでVTRがVツイン。それぞれ乗り味が全然違うから試乗して好きな方を買えばいい。

 

 

大型を取ったからVTR-Fを売ってしまったがちょっと後悔してる。パワーが無いだけで長距離をマッタリ走るには最高のバイクだった。今は、CB250Fをセカンドにしているが、長距離はきつい。風がない時は、高速もなんとか走れるけど向かい風だとかなり厳しい。

 

 

250でVTRの比較対象となるのは、CB250FかGSR250でしょ。でもそう考えるとVTRは、高すぎ。でも見た目でVTRになってしまうけど。
るけど

 

 

VTRの2014年7月のマイナーチェンジのラジアル化で扁平率を70%から60%にしたのはホンダの良心でしょ。このマイナーチェンジは、2014年8月にCB250Fが発売されVTRの立ち位置の変わった。VTRは、長い間ホンダの250ccノンカウルロードモデルのスタンダードだったけど、更にローコストなCB250Fの発売によってその座を明け渡すことになった。価格で大きな差があるCB250Fとの住み分けとしてラジアル化とより一層の低シート化にした。扁平率70%状態でのラジアル化だとラジアル構造の利点を享受できないし、扁平率60%にしたらそれだけで約14mmのローダウン化できるから一石二鳥。タイヤのコストに敏感な人は最初からVTRより安いCB250Fを選ぶだろうし。

 

 

コスパを考えたらCB250Fの一択でしょ。俺は、経済性重視だからVTRはない。

 

 

CB250FとVTRの中古車価格と買取相場

 

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら