NC700XとNC750Xの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

NC700XとNC750Xの違いを比較

 

ホンダ NC700Xの歴史

2012年2月24日に「NC700X」と「NC700X<ABS>」が新登場。型式は、EBL-RC63
車体色は、4色(パールサンビームホワイト、マグナレッド、ダークネスブラックメタリック、デジタルシルバーメタリック)の設定。
2012年6月14日に「NC700X Dual Clutch Transmission<ABS>」と「NC700X TypeLD」をタイプ追加し発売。
「NC700X Dual Clutch Transmission<ABS>」は、変速機構のデュアル・クラッチ・トランスミッションとアンチロックブレーキシステムを採用したモデル。「NC700X TypeLD」は、NC700Xをベースに前・後サスペンションを変更してローダウン化を図り、シート高を30mm低くし、足着き性を良くした。車体色は、どちらも4色(マグナレッド、ダークネスブラックメタリック、パールサンビームホワイト、デジタルシルバーメタリック)の設定。
2013年8月23日に「NC700X TypeLD Dual Clutch Transmission<ABS>」の特別カラーを限定発売。
車体色は、「カムフラージュグリーン」。

 

 

ホンダ NC750Xの歴史

2014年1月24日に新登場。型式は、EBL-RC72
「NC750X」、「NC750X TypeLD」、「NC750X<ABS>」、「NC750X TypeLD<ABS>」、「NC750X DCT<ABS>」、「NC750X TypeLD DCT<ABS>」を発売。車体色は、全タイプに新色の3色(マットパールグレアホワイト、パールスペンサーブルー、ソードシルバーメタリック)の設定。
2014年4月21日に「E Package」タイプを設定し発売。
NC750XのE Packageは、Type LD、DCT搭載車にタイプ設定した。ETC車載器やスポーツグリップヒーター、DCTチェンジぺダルを装備。車体色は、3色(マットパールグレアホワイト、ソードシルバーメタリック、パールスペンサーブルー)の設定。
2016年1月26日にフルモデルチェンジ。型式は、2BL-RC90
NC750Xはスタイリングを一新。LEDヘッドライト、LEDテールランプを採用し、導光タイプのポジションランプをヘッドライト輪郭に縁取った。ラゲッジボックスの容量を拡大した。フロントサスペンションに「デュアルベンディングバルブ」を採用。リアクッションにはプリロード調整機構を追加。DCT搭載モデルは、Sモードに3種類のレベルを設定できる機能を追加。心地のよいパルス感を向上させる異形断面マフラーや防風効果をさらに高めた大型ウインドスクリーンを採用。車体色は、4色(キャンディーアルカディアンレッド、グリントウェーブブルーメタリック、パールグレアホワイト、マットバリスティックブラックメタリック)の設定。
2017年2月17日にカラーチェンジ。
新色のキャンディープロミネンスレッドを各タイプに追加。従来色の3色(マットバリスティックブラックメタリック、パールグレアホワイト、グリントウェーブブルーメタリック)とあわせて全4色の設定。
2018年4月20日にマイナーチェンジ。
これまでNC750X Dual Clutch Transmission<ABS>のみの設定だった、グリップヒーターとETC車載器を標準装備したE Packageタイプを、新たにマニュアルトランスミッションタイプのNC750X<ABS>にも設定。またNC750X<ABS>E PackageとNC750X Dual Clutch Transmission<ABS>E Packageに、2段階のトルクコントロールとトルクコントロールを必要としないOFF状態の選択が可能なHonda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)を採用。シート高は、全タイプ800mmの設定とした。車体色は、3色(キャンディークロモスフィアレッド(新色)、マットガンパウダーブラックメタリック(新色)、パールグレアホワイト)の設定。
2018年11月22日にマイナーチェンジ。
「NC750X」の全タイプにABSとグリップヒーターとHondaセレクタブル トルク コントロール(HSTC)を標準装備。「NC750X」全タイプにETC2.0車載器を標準装備。車体色は、3色(マットバリスティックブラックメタリック(新色)、キャンディークロモスフィアレッド、パールグレアホワイト)の設定。

 

 

ここでは、
2012年2月24日発売のホンダ NC700X(EBL-RC63)と
2016年1月発売のホンダ NC750X(EBL-RC90)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

ホンダ NC700X

ホンダ NC750X

発売

2012年2月24日

2016年1月

型式

EBL-RC63

EBL-RC90

全長

2210mm

2230mm

全幅

830mm

845mm

全高

1285mm

1350mm

ホイールベース

1540mm

1535mm

シート高

830mm

830mm

最低地上高

165mm

165mm

総重量

214kg

218kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

スイングアーム

スイングアーム

キャスター角

27°

27°

トレール(mm)

110

110

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

120/70ZR17 M/C 58W

120/70ZR17 M/C 58W

タイヤサイズ(後)

160/60ZR17 M/C 69W

160/60ZR17 M/C 69W

エンジン種類

水冷4ストロークOHC4バルブ並列2気筒

水冷4ストロークOHC4バルブ並列2気筒

総排気量

669cc

745cc

圧縮比

10.7

10.7

ボア

73mm

77mm

最高出力(kW/rpm)

37(50PS)/6250

40(54PS)/6250

最大トルク(N・m/rpm)

61(6.2kgf・m)/4750

68(6.9kgf・m)/4750

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

湿式多板

湿式多板

変速機形式

6段リターン

6段リターン

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

14.0L

14.0L

燃料消費率(km/L)

41(60km/h)

42(60km/h)・28.3(WMTCモード値)

カラー/メーカー小売価格

¥649,950 パールサンビームホワイト ¥649,950 マグナレッド ¥649,950 ダークネスブラックメタリック ¥649,950 デジタルシルバーメタリック

¥743,040 キャンディーアルカディアンレッド ¥743,040 グリントウェーブブルーメタリック ¥743,040 パールグレアホワイト ¥743,040 マットバリスティックブラックメタリック

 

 

 

NC700XとNC750Xのインプレ動画

 

ホンダ NC700X

 

ホンダ NC700X バイク試乗レビュー

 

 

ホンダ NC750X

 

新型 Honda NC750X 試乗インプレッション/レビュー

 

 

NC700XとNC750Xの比較の口コミ

 

 

NC700は、270度で一軸だったけど、750になって二軸になった。

 

 

排気量が76ccアップして馬力(50ps→54ps)・トルク(61Nm→68Nm)共にアップしてるけど出足の加速は、いくらか体感できる程度。だけど速度の伸びは、NC750Xの方が上のだと思った。

 

 

エンジンの特性は、どちらも同じ。NC750Xになって低中速域でのトルクが上がったから若干加速がよくなったかな?って感じでそこまで大きな違いは、感じない。

 

 

NC750Xは、エンジンのフィーリングが全然違う。アクセルレスポンスも良くなった。

 

 

排気量アップでトルクの厚みが増えたから低速から、回した時も、スロットル操作に対してギクシャクしない。スロットルレスポンスが良くなって思い通りの速度制御ができる。

 

 

750になってDCTが一段とスムーズになっている。

 

 

750は、街中で700dctより低い回転数を積極的に使ってくれる。 

 

 

乗りやすさはどちらも変わらない。

 

 

700の時は、低速で粗いアクセルワークをしたらギクシャクすることがあったけど750になって和らいだ。

 

750になって700より実用燃費が悪くなってる。前車700Xdctより最良燃費でも3%前後悪い。ただ、走行距離が増えるにつれてジワジワと燃費が伸びて、前乗ってた700Xdctに近くなってきた。700Xdctの時は乗り出し時も1年半後も 燃費はほぼ変わらなかったのに。

 

 

大きな変更点としては、バランサーが1軸から2軸に変わったこと。2軸バランサーよりまわした時の振動が低減されてる。

 

 

シートは、NC750Xの方が全然いい。NC750Xは、シート表皮が滑りにくい材質に変わってる。NC700Xは見た目からツルツルしてて滑りそうな感じで実際に滑って落ち着かない。

 

 

NC750Xの方がマフラーの排気口の大きさがかなり大きい。内部の構造も見直してるみたいで明らかに排気音が違う。低音が増加された。

 

 

750に乗って 特に驚いたのが700はDCTが低速で若干ギクシャクしてたけど750になって大幅に改善されてる。それに、低中速域でのパワー感が思ったよりアップしてる。

 

 

750は、トルクが増えてるせいか5,6速で2000回転以下で走っても、700と比べて楽で心地よく走れる。

 

 

DCTは変速制御においてMT以上に700と750の差が大きい。加えて連動ブレーキがなくなったから750を選ばない理由は、無いと思う。まあ、DCTの変速が合うかというものあるけど。

 

 

NC700XからNC750Xになってそれぞれのギア比が3〜6%ハイギアになった。使用する回転数が前より下がった。

 

 

NC750Xは、チェーンカバーが穴あきタイプに変わった。

 

 

NC700Xは、メーターは、タコメーター、スピードメーター、オドメーター、トリップメーター、燃料計、時計。NC750Xになり、レイアウトが変更されて燃費計が追加された。瞬間と平均の燃費がわかるようになった。MT車は、ギアポジションが表示されるようになった。

 

 

NC750Xは、アジャストタイプのブレーキレバーを採用してる。自分は、指が短くてレバーが遠かったから助かる。

 

NC700Xのブレーキは、フットブレーキを操作すると前・後輪が連動するコンビブレーキシステムに、ABSを組み合わせた「コンバインドABS」をタイプ設定。

 

NC750Xのブレーキは、フロントブレーキがウェーブタイプのφ320mmディスク、リアにはウェーブタイプのφ240mmディスクを採用。さらにブレーキには前・後輪のロックを回避する、ABSを設定。

 

ブレーキングは、NC750Xの方が明らかに使いやすい。

 

指定タイヤが変更されてる。

 

NC700X

前輪
BRIDGESTONE BT023F G
METZELER
ROADTEC Z8 INTERACT E
後輪
BRIDGESTONE BT023R G
METZELER
ROADTEC Z8 INTERACT

 

NC750X

前輪
DUNLOP D609F
BRIDGSTONE BW-501
RADIAL G
後輪
DUNLOP D609
BRIDGSTONE BW-502
RADIAL G

 

 

NC750Xは、NC700Xの粗が取れた感じ。

 

 

燃料計の目盛りが残り1つで点滅した時のガソリン残量がNC700とNC750では違う。NC700が2.9L。NC750が3.3L。

 

 

NC700Xの誤差を反映した更に正確な残量がNC750Xの値かもしれない。NC700Xは、平地で燃料計のメモリが点滅状態になってすぐ給油しても11L入らない。

 

 

低速は、NC700XもNC750Xもどっちも言う程変わらないぞ。

 

 

NC750Xの2017年モデルを買ったけど、マフラーの音が大きいね。
NC700Xとアイドリング時の音が全然違った。

 

 

NC700XからNC750Xに乗り換えて4万km走った。NC700Xと違ってNC750Xは、二軸バランサーがあるお陰で高速クルージングがめちゃくちゃ快適になったし、不快な振動が消えた。更に二軸バランサーは、コンフォート性能がアップしただけではなく、メカニズムの耐久性向上にも寄与してて4万km超えてもエンジンのヤレとか全然なく、やっぱり270°クランクに二軸バランサーは必須と思った。

 

ホンダ NC750Xの「EBL-RC72」と「EBL-RC90」の違いは、こちら

 

NC700XとNC750Xの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら