VTR250のキャブとインジェクションの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

VTR250のキャブ「BA-MC33」とインジェクション「JBK-MC33」の違いを比較

 

ホンダ VTRの歴史

1998年1月16日に新登場。型式は、MC33
車体色は、3色(イタリアンレッド、フォースシルバーメタリック、ブラック)の設定。
2000年2月2日にマイナーチェンジ。型式は、BA-MC33
国内の排出ガス規制に適合。ユーザーの好みに応じて106タイプの組み合わせが可能な「カラーオーダープラン」を設定。
VTR250の「MC33」と「BA-MC33」の違いの比較は、こちら。
2002年12月19日にマイナーチェンジ。
シート形状の変更やサスペンションセッティングの見直しなどで従来のモデルより20mm低いシート高に。また、新しくタコメーター、ハザードランプと強化コンビロックを装備し、メーターケース、バックミラーにはクロームメッキを施した。車体色は、スタンダードがキャンディタヒチアンブルーとフォースシルバーメタリックの2色。カラーオーダープランは、54タイプ(内2パターンは、スタンダードカラー)。
2007年1月24日にカラーチェンジ。
車体色は、新色のパールコスミックブラックと継続色の3色(キャンディータヒチアンブルー、イタリアンレッド、パールシャイニングイエロー)をあわせた全4色の設定。
2009年3月6日にフルモデルチェンジ。型式は、JBK-MC33
新たにPGM-FIを採用。排気系に2つの触媒装置を配置し、O2センサーの採用などにより国内二輪車排出ガス規制に適合。リアカウルをシルバーとし、ブラックのホイールとブレーキキャリパーを組み合わせるSTYLE Iと、リアカウルを車体色と同色にし、ゴールドのホイールとブレーキキャリパーを採用するSTYLE IIを設定。車体色は、5色(イタリアンレッド、グラファイトブラック、パールサンビームホワイト、グリントウェーブブルーメタリック、パールフラッシュイエロー)の設定。
2010年7月16日に存在感あふれるカラーリングを施したB-STYLEを新たに追加。
B-STYLEは、燃料タンクやフロントフェンダー、テールカウルのカラーリングに光沢感のあるパールコスミックブラックを採用、足回りもブラックで統一。トラスフレームとスイングアームはレッドとした。VTRの車体色は、B-STYLEのパールコスミックブラックの他、従来のパールサンビームホワイトとグリントウェーブブルーメタリックの全3色の設定。
2012年2月16日にカラーチェンジ。
車体色は、新色2色(キャンディーブレイジングレッド、デジタルシルバーメタリック)とパールコスミックブラック(B-STYLE)の全3色の設定。
2013年2月14日にマイナーチェンジ。

電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)と前後のサスペンションのセッティングを変更。今回からエンジンのシリンダーとシリンダーヘッドにもブラック塗装が施された。前・後ホイール、フロントサスペンションのボトムケース、スイングアームをブラックで統一した。車体色は、新色の3色(マグナレッド、グラファイトブラック、パールフェイドレスホワイト)の設定。
VTR250の2013年2月14日のマイナーチェンジでの変更点は、こちら。
2014年7月18日に「VTR」をマイナーチェンジ。また足着き性を向上させた「VTR Type LD」をタイプ追加。
グリップ力と剛性に優れるラジアルタイヤを採用し、コーナリングやブレーキング時のフィーリング向上を図る。また、リアタイヤの偏平率を従来モデルの70%から60%に変更し、トランスミッションのローレシオ化と同様の効果を得ることで、加速フィーリングを向上。リアサスペンションのセッティングにより、乗り心地も向上。車体色は、新色の2色(デジタルシルバーメタリック、パールサンビームホワイト)と継続色のグラファイトブラックをあわせた全3色の設定。フレームには、レッドを施し、ホイールはゴールドカラーを採用。
VTR250の2014年7月18日のマイナーチェンジでの変更点は、こちら。
VTR250とタイプLDの違いの比較は、こちら。
2016年10月21日に「VTR」と「VTR Type LD」をカラーチェンジ。更に特別仕様のVTR Special Editionを発売。
VTRの車体色は、全2色(パールサンビームホワイト、キャンディープロミネンスレッド)の設定。VTR Special Editionは、マットビュレットシルバーの車体色、フレームやヘッドライトリムなど各部のパーツをブラックとし、ホイールをマットグレー、燃料タンクの左右側面にストライプパターンのグラフィックデザインを採用、燃料タンクの立体エンブレムやブラウンのシート表皮。
2017年8月31日に生産終了。

 

 

ここでは、上の黄色の部分
2007年1月24日発売のホンダ VTR(BA-MC33)と
2009年3月6日発売のホンダ VTR(JBK-MC33)
の違いの比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

VTR

VTRスタイルI

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

フルモデルチェンジ

型式

BA-MC33

JBK-MC33

発売日

2007年1月24日

2009年3月6日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2035

2080

全幅 (mm)

725

725

全高 (mm)

1055

1055

ホイールベース (mm)

1405

1405

最低地上高(mm)

155

155

シート高 (mm)

760

760

乾燥重量 (kg)

141

-

車両重量 (kg)

155

161

最小回転半径(m)

2.7

2.7

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

40

40

原動機型式

MC15E

MC15E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

V型(L型)

V型(L型)

シリンダバンク角(°)

90

90

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

249

249

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

60

60

行程(ピストンストローク)(mm)

44.1

44.1

圧縮比(:1)

11

11

最高出力(kW)

24

22

最高出力(PS)

32

30

最高出力回転数(rpm)

10500

10500

最大トルク(N・m)

24

22

最大トルク(kgf・m)

2.4

2.2

最大トルク回転数(rpm)

8500

8500

燃料供給方式

キャブレター

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

VD10

PGM-FI

燃料タンク容量 (L)

13

12

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR8EH-9

CR8EH-9

点火プラグ必要本数・合計

2

2

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

YTZ7S

バッテリー容量

12V-6Ah

12V-6Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.4

2.4

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.9

1.9

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2.1

2.1

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

2.821

2.821

2次減速比

2.928

2.928

変速比

1速 2.733/2速 1.799/3速 1.375/4速 1.110/5速 0.964

1速 2.733/2速 1.799/3速 1.375/4速 1.110/5速 0.964

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

14

スプロケット歯数・後

41

41

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

104

104

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

25°30

25°30

トレール量 (mm)

96

96

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

タイヤ(前)

110/70-17

110/70-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

54

54

タイヤ(前)速度記号

H

H

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

140/70-17

140/70-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

66

66

タイヤ(後)速度記号

H

H

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3

3

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4

4

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2

2

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.25

2.25

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

テールライト定格(制動/尾灯)

23/8W

21/5W

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーター表示

エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有

ハザードランプ 有

メーカー希望小売価格

483,000円

556,500円

 

VTR250の「BA-MC33」と「JBK-MC33」の違いを比較

 

VTR250の「BA-MC33」と「JBK-MC33」の違いを比較

 

 

2009年3月6日のフルモデルチェンジによる主な変更点
  • 平成18年自動車排出ガス規制に適合。型式名に排出ガス識別記号「JBK-」を付与。
  •  

  • 燃料供給をVD10型キャブレターから32bitプロセッサによるECUで制御するPGM-FI電子式燃料噴射装置へ変更。優れた始動性に寄与。
  •  

  • PGM-FIの搭載に伴いエンジン回転数とピストンの位置をさらに詳細に検知するため、パルスジェネレーターのクランク角検知部を増やした。従来モデルよりきめ細やかに点火時期・燃料噴射量・噴射タイミングの最適化に繋げてた。また、パーシャル開度による出力特性を向上させ、俊敏なスロットルレスポンスによるスムーズな走り味を実現。
  •  

  • エアクリーナーケース容量が6.2Lから6.4Lへ変更。
  •  

  • エキゾーストマニホールド集合部にO2センサー、プリマフラー内部にメインのキャタライザーを配置し、最高出力が30ps(22Kw)/10,500rpm、最大トルクが2.2kg-m(22N・m)/8,500rpmへダウン。
  •  

  • フレームの剛性の見直した三角形を繋げたトラス構造のダイヤモンドフレームを採用。シートとテールカウル形状とバッテリー搭載位置を変更し、シート下に小物が入る収納スペースを新設。
  •  

  • スイングアームは、フレームではなく別体式ピボットブラケットを介しエンジン後端に結合させるピボットレス構造を採用し、エンジン部分が後輪からの振動を軽減させ、滑らかな走行性を実現。
  •  

  • シート形状を変更、シートレールを新たに設計し、剛性バランスの見直しを図り、ライダーと車体の一体感を高め、しなやかなコーナリングを実現。
  •  

  • 新設計の燃料タンクを採用。ボリューム感溢れる滑らかな曲面で構成し、後方にかけて絞り込んだ流麗なフォルム。タンク容量は、13Lから12Lに減少。
  •  

  • サイドカバーのデザインを変更。
  •  

  • ヘッドライトに効率が良く被視認性の高いマルチリフレクター式ヘッドライトを装備。
  •  

  • 全長も従来の2,035mmから2,080mmとなり、車両重量が従来の155sから161sとなった。
  •  

  • ホンダアクセスからカスタマイズパーツとして、ビキニカウル・センターカウル・アンダーカウル・シングルシートカウル・サイドバックセット等が用意され、それぞれ組み合わせて装着可能。
  •  

 

スペックでの変更点

●発売日
2007年1月24日 → 2009年3月6日
●型式
BA-MC33 → JBK-MC33
●全長
2035mm → 2080mm
●車両重量
155kg → 161kg
●最高出力
24kW → 22kW
●最高出力
32PS → 30PS
●最大トルク
24N・m → 22N・m
●最大トルク
2.4kgf・m → 2.2kgf・m
●燃料供給方式
キャブレター → フューエルインジェクション
●燃料供給装置形式
VD10 → PGM-FI
●燃料タンク容量
13L → 12L
●テールライト定格(制動/尾灯)
23/8W → 21/5W
●メーカー希望小売価格
483,000円 → 556,500円

 

●発売日
 2007年1月22日

 

●車体色
 ・パールコスミックブラック
 ・キャンディータヒチアンブルー
 ・イタリアンレッド
 ・パールシャイニングイエロー

 

 ※シルバー塗装のフレーム、スイングアーム、ステップホルダー、フロントフォークのボトムケースをそれぞれブラックに変更。

 

●販売計画台数(国内・年間)
 1,500台
●メーカー希望小売価格
 483,000円(消費税抜き本体価格 460,000円)

 

●発売日
 2009年3月6日
●車体色
 VTR STYLE I
 ・イタリアンレッド
 ・グラファイトブラック
 ※STYLE Iは、ホイールキャリパーがブラック。リアカウルがアキュレイトシルバーメタリック。サイドカバーがアキュレイトシルバーメタリック。

 

 VTR STYLE II
 ・パールサンビームホワイト
 ・グリントウェーブブルーメタリック
 ・パールフラッシュイエロー
※STYLE IIは、ホイールキャリパーがゴールド。リアカウルが車体色と同じ。サイドカバーがマットレイシルバー。

 

●販売計画台数(国内・年間)
 シリーズ合計3,000台
●メーカー希望小売価格
 STYLE I556,500円(消費税抜き本体価格 530,000円)
 STYLE II 567,000円(消費税抜き本体価格 540,000円)

 

 

新型に試乗してきたけど、中速からのレスポンスとトルク感がキャブモデルと明らかに違った。公道走行ではいいね。

 

 

FIになってエンジンの振動が減ったね。4000回転での60km/hや6000回転での100km/h巡航がかなり楽になった。

 

 

キャブレターよりフューエルインジェクションの方が反応が素直で楽。始動の時、外気温にも左右されにくいし、めっちゃ寒い朝でも一発で始動するし、エンストしにくい。

 

 

キャブは、排気ガスが臭いのが嫌。

 

 

キャブの新車からFIの新車に乗り変えたけど、燃費は、FIの方が1?2割いいよ。FIは、その時の回転数によって適切な量のガソリンを供給できてるからね。どうしてもキャブだと濃い目の設定になる。

 

 

キャブは、自分で簡単にセッティングできるのでジムカーナとかにいいね。FIは、セッティングするのに専用のソフトが必要。

 

 

2007年(7型) MC33-120××××
2009年(9型) MC33-130××××

 

VTRの買取相場

 

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら