GSR750とGSR400の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

GSR750とGSR400の違いを比較

 

スズキ GSR750の歴史

2012年に新登場。
2013年3月21日に逆輸入モデルとして日本でも販売されてきたGSR750ABSの国内販売を開始。型式は、EBL-GR7NA
車体色は、青/白2トーン、黒、白の3色。
2014年4月2日にカラーチェンジ。
カラーリングの変更と「Sエンブレム」の変更。
車体色は、新色の青×銀、継続色の黒、白の3色。
2014年5月8日にカラーを追加して発売。
スズキレーシングマシン伝統の青×白ツートーンカラーを追加。
2015年2月18日にカラーチェンジ。
カラーパーツの一部を変更。変更点は、ハンドルバーの色をマットシルバーに。車体色白のホイール色をブラックに。車体色黒の「GSR」ロゴ色をグレーに変更。
2017年、モデルチェンジにを受けたGSX-S750の日本発売によってGSR750は2017年に日本国内仕様の生産終了が公表された。

 

 

スズキ GSR400の歴史

2006年5月に「GSR400」が新登場。型式は、型式は、BC-GK7DA
車体色は、マットブラックメタリックNo.2。
2006年9月に「GSR400」のカラーチェンジ。
車体色にレッドとブルーを追加。
2007年2月に「GSR400」の特別色のグラススプラッシュホワイトを設定。
グラススプラッシュホワイトの車体色にシートには赤と黒のツートーンカラー、ホイールはマットチタニウムシルバーを採用。
2007年4月に「GSR400」のカラーチェンジ。
車体色は、ホワイトのみ。
2007年9月に「GSR400ABS」が新登場。
ABSを標準装備。シャープなデザインのバックミラーも採用。車体色は、4色(マットブラックメタリックNo.2、ソニックシルバーメタリック、パールスズキディープブルーNo.2、キャンディソノマレッド)の設定。
2009年3月に「GSR400」と「GSR400 ABS」をマイナーチェンジ。型式は、EBL-GK7EA
出力上限のメーカー自主規制が撤廃され、エンジンのカムプロフィールやフューエルインジェクション、ECM(エンジンコントロールモジュール)などを変更し、最高出力が45kW(61ps)にアップ。平成19年排出ガス規制にも適合した。メーターバイザー(ショートスクリーン)を採用し、バックミラーは角型メッキ仕上げに。車体色は、
3色(トリトンブルーメタリック×ミスティックシルバーメタリック、パールネブラーブラック、パールミラージュホワイト)の設定。
2010年3月25日に「GSR400」と「GSR400 ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、新色のサンダーグレーメタリックと従来色のパールネブラーブラックとパールミラージュホワイトの3色の設定。
2013年3月21日に「GSR400 ABS」をカラーチェンジ。

車体色は、ツートンの3色(マーブルデイトナイエロー/マットシャドウブラックメタリック、パールグレッシャーホワイト/マットフィブロイングレーメタリック、グラススパークルブラック/マットシャドウブラックメタリック)の設定。
2014年4月2日に「GSR400 ABS」をカラーチェンジ。
Sエンブレムを変更。車体色は、3色(トリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト、パールグレッシャーホワイト/マットフィブロイングレーメタリック、グラススパークルブラック/マットシャドウブラックメタリック)の設定。

 

 

ここでは、
2015年2月発売のスズキ GSR750ABS(EBL-GR7NA)と
2014年4月発売のスズキ GSR400ABS(EBL-GK7EA)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

スズキ GSR750ABS

スズキ GSR400ABS

発売

2015年2月

2014年4月

型式

EBL-GR7NA

EBL-GK7EA

全長

2115mm

2090mm

全幅

785mm

795mm

全高

1060mm

1075mm

ホイールベース

1450mm

1435mm

シート高

815mm

785mm

最低地上高

145mm

130mm

総重量

213kg

215kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

スイングアーム

スイングアーム

キャスター角

25°20′

25°15′

トレール(mm)

104

104

ブレーキ形式(前)

ダブルディスク

ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

120/70ZR17 M/C 58W

120/70ZR17 M/C 58W

タイヤサイズ(後)

180/55ZR17 M/C 73W

180/55ZR17 M/C 73W

エンジン種類

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒

総排気量

749cc

398cc

圧縮比

12.3

12.2

ボア

72mm

55mm

最高出力(kW/rpm)

78(106PS)/10000

45(61PS)/12000

最大トルク(N・m/rpm)

80(8.2kgf・m)/9000

39(4kgf・m)/10000

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

湿式多板

湿式多板

変速機形式

6段リターン

6段リターン

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

ウエットサンプ

ウエットサンプ

燃料タンク容量

17.0L

16.0L

燃料消費率(km/L)

30(60km/h)・20.2(WMTCモード)

32(60km/h)

カラー/メーカー小売価格

¥969,840 パールグレッシャーホワイト ¥969,840 マットブラックメタリックNo.2

¥885,600 トリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト ¥885,600 グラススパークルブラック/マットシャドウブラックメタリック ¥885,600 パールグレッシャーホワイト/マットフィブロイングレーメタリック

 

 

GSR750とGSR400の動画

 

GSR750

 

スズキ GSR750 国内仕様/試乗インプレ/レビュー

 

 

スズキ GSR750試乗インプレッション エンジン音 マフラー音

 

 

Suzuki GSR 750 Top Speed - 258 km/h

 

 

GSR400

 

Suzuki GSR400試乗インプレッション/レビュー

 

スズキ GSR400 試乗インプレッション エンジン音 マフラー音

 

 

GSR750とGSR400の比較の口コミ

 

 

GSR600は2010年モデルで生産終了。GSR750にモデルチェンジしてる。

 

 

GSR750の重量が213kgでGSR400が215kg。吊しの状態でGSR750の方が軽い。

 

 

GSR750は、なんだかんだ言ってもエンジンが150cc余裕があるし、イジるとしてもGSR400/600はパーツが少ない。

 

 

GSR750の方が新しいが、フレームや足回りはGSR400/600の方が無駄に豪華だね。

 

 

GSR400と600で迷ってるなら大型免許を取ってる前提だったらGSR600の方がおすすめ。中型しかないならGSR400を勧める。

 

 

俺は、安いミドルが欲しかったからGSR600の中古にした。

 

 

GSR600が400に負ける要素といえば新車で買えることとカラーバリエーション だけでしょ。

 

 

GSR750の鉄フレームは優秀だよ。でもスイングアームは、残念。ちなみにGSR400/600は、アルミフレーム。

 

 

GSR400/600のアルミフレームは、お金かかってそうだがコの字型してる。スイングアームもコの字で内部で補強してる。この前リンクまでバラそうとした時、おにぎりがフレームに埋まってて外れないようになってて見えない部分でコストカットしてると思った。それでも鉄の角材スイングアームより良い。

 

 

GSR400(600)はアルミフレームだけどダイカスト製造。軽量なアルミだけど同時に強度も下がる。そのため200km/hでも大丈夫な剛性を確保するためにアルミを更に多く使わなければならない。だから重くなるし価格も高くなる。GSR750はD型断面の高張力鋼。硬くて薄くて軽くて安い。鉄フレームと言われてるが鋼だから全然違う。

 

 

前期後期とかGSR400と600でシート高が違う。最も高いのがGSR600後期。最も低いのがGSR400前期。

 

 

GSR400と600のフレームは、共通なので、オプションがめちゃ少ないわけでもない。

 

 

GSR750は、ウインカーがおしゃれじゃない。

 

 

GSR750は、スイングアームがクソだね。750に400のスイングアーム移植した画像見たけど完璧だった。

 

 

GSR750と迷ったけどGSR400にした。理由はデザイン。

 

 

GRS750を見る度に乗り換えたくなるけどただでさえ無い積載力が更になくなると思うとGSR600でいいと思う。

 

 

ヘッドライトがGSR750と同じような形状ならばGSR400を買いたい。好みの問題だけどGSR400の形状はノッペリしてて嫌。

 

 

GSR750は、フロントは、カッコいいけどリア周りが微妙。フロントがGSR750でケツがGSR400のやつを出してほしい。

 

 

GSR750は、ウインカーはさておき、タンクやラジエーター回りがカッコいい。それ以外は、GSR400の方がカッコいいと思う。

 

 

GSR750のスイングアームは、完全に見た目がダメだね。全体的に綺麗デザインなのにスイングアームだけデザイン性全く無いのが買いたい気持ちをなくさせる。

 

 

GSR750と400,600だったら同じデザインならともなく、全然別ものだからね。どっちかと言われれば400,600買うな。

 

 

GSR400は、600のをエンジンだけを400にダウンサイズしてるから600のパーツも使える。

 

 

GSR400は、元がGSR600というのを考えても車体剛性が高いね。速い速度でも車体的には全然怖くない。

 

 

GSR400も600も確実に200km/h出るバイク。GSR400は本当によく調教されたエンジンだと思う。GSR600の荒々しさと言うよりアクを削りとった感じ。

 

 

GSRは、迷走し過ぎ。400・600は、めちゃ重いしダサイ。750は、見た目は、いいけど角材付けてくるし。

 

 

GSR400は、GSR750と比べてストファイっぽさは無いがカスタムするにしろストファイ仕様にするにしろGSR400のが好き。

 

 

GSR750に乗ってるけどGSR400と600とは、デザイン的にも装備の趣向的にも競合しないと思うよ。

 

 

GSR750は、教習車みたいなバイクだから初心者には、丁度良いと思う。乗る人が乗れば速い、そういったバイク。

 

 

GSR400とGSR750は、意外にタイヤ幅が同じなんだね。

 

 

GSR400  車軸距離1,435mm キャスター/トレール25°15 / 104mm。
GSR750  車軸距離1,450mm キャスター/トレール25°20/ 104mm。
スペックを見たらちょっとだけGSR400の方が曲がりやすそう。

 

 

GSR400は、中型らしい小回りしやすいゆるゆるなステアリングでした。GSR750、は高速安定性も重視してか重めな感じ。

 

 

GSR400乗りだけどGSR750に乗って最初に感じたのは、ハンドリングの重さ。GSR750は、重心が高いし、ハンドルは、重い。戻すのも重い。GSR400は、セルフステアでどんどん切れ込む感じ。

 

 

GSR400とGSR750の乗り味は結構似てる。やっぱり排気量分だけ出足のトルクは750の方が上だけど、街乗りだとさほど違いはない。その他では400の方がファッティーで若干重心が高い分振り回しやすい。750は、結構どっしりしてる。自分としてはハンドリングは400のほうが好きだが更に350cc分のパワーを考えたらどちらも同じくらいいいと思う。街乗りはどちらも余裕。ツーリングは、750の方がいいがそれより風防があるかどうかの方が重要だと思う。

 

 

公道を普通に走るなら250、400、750、1300、どれでもあまり変わらない。自分としては750が全ての面でベストな排気量。ダラダラ流しても良いし、アクセル捻ってブッ飛んで良い。

 

 

GSR400からGSR750に乗り換えた。極低速トルクの無さや高回転の吹け上がりの感じも似てる。GSR400は排気量としてはオーバーサイズのタイヤだけど少しきっかけを作ってクイッと曲がる感じだったがGSR750は、きっかけを作らないでスイっと曲がる感じ。渋滞だらけの都内ではGSR400の方が楽かもしれない。GSR400は3000rpmまでは、低速がスカスカだが粘りがあるから40〜50km前後でも結構ダラダラ走れた。でもGSR750は、少しシビア。GSR750も2500rpm辺りまではスカスカだが3000rpmからガツンとトルク出るから40〜50km辺りの走行では、気を使う。それから荷物はGSR400より積めない。

 

 

GSR400が気に入ってるならエンジンが違うだけのGSR600も検討した方がいい。750より600の方が金かかってる。でもタマ数少ないけど。

 

 

 

GSR750とGSR600とGSR400の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら