CBR250RとYZF-R25の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

CBR250RとYZF-R25の違いを比較

 

ホンダ CBR250Rの歴史

1987年3月20日にCBR250Rが新登場。型式は、MC17
MC14型CBR250FOURの追加仕様の別モデル。車体色は、2色(ブラック、ブルー/ホワイト)。
1987年3月にCBR250Rがマイナーチェンジ。
車体色は、1色(ブルー/ホワイト)。
1988年5月13日にCBR250Rをフルモデルチェンジ。型式は、MC19
新デザインの優れた空力特性と力強いフォルムを両立したデュアルヘッドライト付きフェアリングを採用。異形五角の「目の字」断面構造をもつアルミ製ツインチューブ・フレームを採用。大容量エアクリーナーや大径キャブレターを採用し、シリンダーヘッド部を大きく改良。CBR400RRのイメージを踏襲した外観に。車体色は、2色(トリコロール、ブラック)。
1988年7月にCBR250Rをカラーチェンジ。
車体色は、1色(ホワイト/ブルー)。
1989年2月1日にCBR250Rをカラーチェンジ。
ホワイト系に光沢をもつパール塗装を採用。ホイールに塗膜の厚い粉体塗装を採用。フューエルタンクは、深みと艶感を向上させたクリア塗装に。車体色は、3色(ホワイト/レッド、ホワイト/ブルー、ブラック)。
1990年3月にMC22型CBR250RRにモデルチェンジされ生産中止。
2010年10月27日にJBK-MC41型をグローバルモデルとして発表。
2011年3月18日に新型の「CBR250R」と「CBR250R ABS」の日本仕様車が発売。型式は、JBK-MC41
スタンダードモデルの他にコンバインドABSをタイプ設定。車体色は、どちらも3色(パールスペンサーブルー、キャンディールビーレッド、アステロイドブラックメタリック)。
2012年11月13日に「CBR250R」と「CBR250R ABS」をマイナーチェンジ。
「CBR250R」と「CBR250R ABS」は、足つき性に配慮し、シート両サイドの形状をスリム化した。車体色は、ABSタイプともに新色の3色(パールヒマラヤズホワイト、ミレニアムレッド、ブラック)。

2012年11月29日にレーシングイメージのカラーリングを採用した「CBR250R Special Edision」を発売。
「CBR250R Special Edition」は、レーシングイメージのカラーリングを採用した2タイプ設定。「Repsol Honda Team」カラーの車体色ナイトリックオレンジは、600限定で2012年11月29日に発売。「MORIWAKI」をイメージした車体色キャンディーライトニングブルーは、2013年2月15日に発売。
2013年2月15日に「CBR250R ABS Special Edition 」を発売。
ホンダモーターサイクルジャパンは、車体色にアステロイドブラックメタリックを採用し、無限ブランドの各種専用パーツを装備した「CBR250R ABS Special Edition」を全国の無限テクニカルショップで200台限定で発売。
2014年4月24日に「CBR250R」と「CBR250R ABS」をマイナーチェンジ。
フレームや足回りの基本は変わらないが、二眼タイプのヘッドライトを採用のフロントカウル、ミドルカウル、テールカウル、サイドカバーの外装デザインを一新。燃料タンクとスクリーンの形状を変更。エンジンは、吸気系やバルブタイミングを変更し、低中速域のトルクをキープしたまま最高出力をアップ。燃費性能も向上。車体色は、3色(ミレニアムレッド、ブラック、ロスホワイト)。
2014年5月20日に「CBR250R ABS Spesial Edition」を発売。
CBR250Rの最初のスペシャルエディションと同じ「Repsol Honda Team」のカラーリングがほどこされたモデル。車体色は、ナイトリックオレンジ。
2015年12月7日に「CBR250R ABS Spesial Edition」を発売。
独自のイエローとオレンジのカラーを纏ったモデル。車体色は、2色(レモンアイスイエロー、キャンディーエナジーオレンジ)。
2016年1月15日に「CBR250R」と「CBR250R ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(ミレニアムレッド、ブラック、ロスホワイト)で従来と同じだがトリコロール(ロスホワイト)のデザインを変更。
2017年2月10日に「CBR250R」と「CBR250R ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(ミレニアムレッド、ブラック、ロスホワイト)で従来と同じだがミレニアムレッドとブラックに新ラフィック&ロゴなどを採用。

 

 

ヤマハ YZF-R25歴史

2014年12月15日に「YZF-R25」が新登場。型式は、JBK-RG10J
車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、ブラックメタリックX、ビビッドレッドカクテル1)の設定。
2015年4月20日に「YZF-R25ABS」を追加発売。
車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、ブラックメタリックX、ビビッドレッドカクテル1)の設定。
2015年7月20日に特別・限定仕様。「YZF-R25 Movistar Yamaha MotoGP Edition」を400台限定発売。
車体色は、ディープパープリッシュブルーメタリックCの1色。
2016年2月1日に「YZF-R25」「YZF-R25ABS」共にカラーチェンジして発売。
2016年7月20日に特別・限定仕様。「YZF-R25 Movistar Yamaha MotoGP Edition」を400台限定発売。
車体色は、ディープパープリッシュブルーメタリックCの1色。
2017年3月15日に「YZF-R25」「YZF-R25ABS」共にカラーチェンジして発売。
どちらも新色3色(マットブラック2、ホワイトメタリック6、ディープパープリッシュブルーメタリックC)の設定。
2017年10月13日に「YZF-R25」Movistar Yamaha MotoGP Editionを発売。
MotoGPマシン“YZR-M1”のカラーイメージを再現した限定モデルでYZF-R25は、国内400台の限定販売。車体色は、ディープパープリッシュブルーメタリックCの1色。
2018年1月20日に「YZF-R25」「YZF-R25ABS」のカラーチェンジして発売。2018年モデルから型式が変更。型式は、2BK-RG43J
車体色は、新色3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、ブラックメタリックX、ホワイトメタリック6)の設定。
2019年3月28日に「YZF-R25」「YZF-R25ABS」共にマイナーチェンジして発売。

LEDヘッドランプが組み合わされた新型のフロントカウルとスクリーン、乗りやすさとサーキットでの扱いやすさを両立させた新デザインのタンク周り、倒立式フロントサスの採用で快適でスポーティな走りにフィットするよう変更されたライディングポジション、メーター周りは視認性が高いフル液晶メーターを採用。車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、マットブラック2、マットディープレッドメタリック)の設定。
2019年10月20日に「YZF-R25 ABS Monster Energy Yamaha MotoGP Edition」を発売。
スタンダードモデルをベースに「YZR-M1」をイメージさせるモンスターエナジーヤマハのグラフィックとカラーリング。ゴールドカラーの音叉エンブレム。ゴールドカラーの前後ブレーキキャリパー。イエロースプリングの専用リアサスペンションなどを採用。車体色は、1色(ブラックメタリック12)。

 

 

ここでは、
2016年1月発売のホンダ CBR250R(JBK-MC41)と
2016年2月発売のヤマハ YZF-R25(JBK-RG10J)
の違いを比較しました。

 

 

CBR250RとYZF-R25のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

ホンダ CBR250R

ヤマハ YZF-R25

発売

2016年1月

2016年2月

型式

JBK-MC41

JBK-RG10J

全長

2035mm

2090mm

全幅

720mm

720mm

全高

1120mm

1135mm

ホイールベース

1380mm

1380mm

シート高

780mm

780mm

最低地上高

145mm

160mm

総重量

161kg

166kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

スイングアーム

スイングアーム

キャスター角

25°30′

25°

トレール(mm)

98

95

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

110/70-17 M/C 54S

110/70-17 M/C 54S

タイヤサイズ(後)

140/70-17 M/C 66S

140/70-17 M/C 66S

エンジン種類

水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列2気筒

総排気量

249cc

249cc

圧縮比

10.7

11.6

ボア

76mm

60mm

最高出力(kW/rpm)

21(29PS)/9000

27(36PS)/12000

最大トルク(N・m/rpm)

23(2.3kgf・m)/7500

23(2.3kgf・m)/10000

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

トランジスタ

クラッチ形式

湿式多板

湿式多板

変速機形式

6段リターン

6段リターン

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

強制圧送ウエットサンプ

燃料タンク容量

13.0L

14.0L

燃料消費率(km/L)

50.1(60km/h)・32.1(WMTCモード)

33.5(60km/h)・26.2(WMTCモード)

カラー/メーカー小売価格

¥515,160 ロスホワイト ¥498,960 ミレニアムレッド ¥498,960 ブラック

¥556,200 マットグレーメタリック3 ¥556,200 ホワイトメタリック6 ¥556,200 ディープパープリッシュブルーメタリックC

 

 

CBR250RとYZF-R25の動画

 

 

CBR250R

 

ホンダ CBR250R ABS (2014) バイク試乗レビュー

 

 

YZF-R25

 

ヤマハ YZF-R25 (2014) バイク試乗レビュー

 

 

CBR250RとYZF-R25の比較動画

 

【Honda CBR250R 試乗インプレ/レビュー/Test ride】Yamaha R25/kawasaki Ninja 250/250SL/VTR250との差は?

 

CBR250RとYZF-R25の比較の口コミ

 

2015年度126〜250cc車種別年間販売台数

1位 ヤマハ  YZF-R25  7680台
2位 ヤマハ  マジェスティS  5346台
3位 ホンダ  PCX150  2508台
4位 カワサキ Ninja250  3503台
5位 ヤマハ  セロー  2960台
6位 スズキ  GSR250/S/F  2536台
7位 ホンダ  CRF250L/M    1496台
8位 カワサキ Ninja250SL  1494台
9位 ホンダ  CBR250R  1459台
10位 ホンダ  フォルツァSi  1427台

 

 

燃費は、断然CBR250Rの方が良い。ロンツーでの燃費は、CBR250Rが35km/L位。YZF-R25が28km/L位だった。

 

 

YZF-R25は、メーター読み180km/hは出る。CBR250Rは、たしかメーター読みで160km/h位だったと思う。

 

 

YZF-R25とCBR250R(MC41)を続けて試乗したけど低回転域のトルクは、明らかにCBR250R(MC41)のが太かったよ。YZF-R25は、音が派手だけど、全然前に進んで行かなかった。

 

 

CBR250R(MC41)に3年、GSR750に3年乗ってYZF-R25を増車したけど、俺は、単気筒より2気筒のが乗りやすいと思ったし、シートが柔らかい気がしたからCBR250R(MC41)よりYZF-R25のがいいと思った。

 

 

CBR250Rは、メーター読みで165km/hなら出る。実測はGPS計測150km/h程度。メーカーは、実測150km/hを目標値として開発してたらしい。YZF-R25は、メーター読みで174km/hは出た。

 

 

筑波サーキットでブン回したらMC41が13km/L強、YZF-R25が11km/Lちょっとだった。

 

 

YZF-R25と比べるとCBR250Rの加速イマイチだな。パワーでYZF-R25に勝つのは無理。

 

 

ポジションはどちらも似てるがCBR250Rの方がハンドルが遠く感じた。

 

 

YZF-R25は、2気筒。CBR250Rは、単気筒。

 

 

CBR250R
1速 / 2速 / 3速 / 4速 / 5速 / 6速
38.3 /58.1 /79.2 /96.8 /112.1 /126.0

 

YZF-R25
1速 / 2速 / 3速 / 4速 / 5速 / 6速
37.9 /53.6 /69.4 /84.1 /97.4 /109.7

 

 

YZF-R25の方が低速での安定性が高い。

 

 

コーナリングでは、CBR250Rの方が倒しやすい。

 

 

YZF-R25はインドネシア産。CBR250Rはタイ産。

 

 

CBR250Rは、ヘッドライト両端に加えてウィンカーまで常時点灯。
YZF-R25は両端もウィンカーも光らず、中央上部の1つのみ。

 

 

最小回転半径は、CBR250Rは2.5m、YZF-R25は2.7m。

 

CBR250RとYZF-R25の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら