ZZR1400とNINJA1000の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

ZZR1400とNINJA1000の違いを比較

 

カワサキ ZZR1400の歴史

2006年モデルの「ZZR1400」と「ZZR1400 ABS」の海外仕様が新発売。
欧州仕様は、ZZR1400。北米仕様は、ニンジャZX-14と名称。車体色は、「ZZR1400」が2色(パールメテオグレーとキャンディサンダーブルー)。「ZZR1400 ABS」が1色(パールメテオグレー)。
2007年モデルの「ZZR1400」と「ZZR1400 ABS」の海外仕様がカラーチェンジ。
車体色は、「ZZR1400」が2色(メタリックオーシャンブルーとメタリックディアブロブラック)。「ZZR1400 ABS」が1色(メタリックディアブロブラック)。
2008年モデルの「ZZR1400」と「ZZR1400 ABS」の海外仕様がマイナーチェンジ。
ユーロ3規制に対応。吸排気系各部品やピストン形状などの見直しで最高出力が北米・ヨーロッパ仕様は190psから193psに。逆輸入され日本で主に流通しているマレーシア仕様も180psから190psに。メインフレームの鋳造パーツの製法を変更。車重が少し増加。車体色は、「ZZR1400」が3色(メタリックミッドナイトサファイアブルー、キャンディカーディナルレッド、メタリックディアブロブラック)。「ZZR1400 ABS」が1色(メタリックミッドナイトサファイアブルー)。
2009年モデルの「ZZR1400」と「ZZR1400 ABS」の海外仕様がカラーチェンジ。
車体色は、「ZZR1400」が2色(キャンディダイヤモンドレッド、メタリックディアブロブラック)。「ZZR1400 ABS」が2色(メタリックディアブロブラック、グリーン)。
2010年モデルの「ZZR1400」と「ZZR1400 ABS」の海外仕様がカラーチェンジ。
車体色は、「ZZR1400」が2色(メタリックムーンダストグレー×メタリックスパークブラック、メタリックスパークブラック×フラットスーパーブラック)。「ZZR1400 ABS」が1色(メタリックスパークブラック×フラットスーパーブラック)。
2011年モデルの「ZZR1400」と「ZZR1400 ABS」の海外仕様がカラーチェンジ。
車体色は、「ZZR1400」が2色(キャンディライムグリーン×エボニー、エボニー)。「ZZR1400 ABS」が1色(エボニー)。
2012年モデルの「ZZR1400 ABS」の海外仕様がフルモデルチェンジ。
ここから後期型。欧州仕様の名称は、ZZR1400のままだが、北米・オセアニア仕様の名称が「ニンジャZX-14」から「ニンジャZX-14R」に変更。アジア仕様も「ZX-14R」となった。ZZR1400は、ダブルシート、ニンジャZX-14Rはシングルシートカウルを標準装備。排気量を1441ccに拡大、圧縮比も高め、最高出力が200ps。ラムエア併用は210ps。それにあわせマフラー形状も変更。バックトルクリミッターを装備。トラクションコントロールの効きぐあいを3モードから選択可能。エンジンの出力特性がフルとローの2モードから選択可能。ホイールやスイングアームを変更。車体色は、2色(グリーン、ブラック)。
2013年モデルの「ZZR1400 ABS」の海外仕様がカラーチェンジ。また「ZZR1400 ABS Special Edition」を追加。
車体色は、「ZZR1400 ABS」が1色(メタリックミッドナイトサファイアブルー)。「ZZR1400 ABS Special Edition」が1色(メタリックミッドナイトサファイアブルー)。

2014年モデルの 「ZZR1400 ABS」の海外仕様がカラーチェンジ。
車体色は、2色(ゴールデンブレイズドグリーンとメタリックスパークブラック×フラットエボニー)。
2015年モデルの「ZZR1400 ABS」の海外仕様がカラーチェンジ。また「ZZR1400 ABS OHLINS Edition」を追加。
「ZZR1400 ABS」の車体色は、が2色(メタリックカーボングレー×メタリックスパークブラック、ゴールデンブレイズドグリーン×メタリックスパークブラック)。「ZZR1400 ABS OHLINS Edition」は、オーリンズ製TTX39リアサスペンションを採用した特別モデルで車体色は、1色(ゴールデンブレイズドグリーン×メタリックスパークブラック)。
2016年モデルの「ZZR1400 ABS」の海外仕様がマイナーチェンジ。また「ZZR1400 ABS High Grade」を追加。
「ZZR1400 ABS」は、ユーロ4の排出ガス規制をクリア。ここからABSが標準装備。車体色は、1色(メタリックカーボングレー×ギャラクシーシルバー)。「ZZR1400 ABS High Grade」は、ブレンボのフロントブレーキやオーリンズ製のリアサス採用のハイグレードモデル。車体色は、1色(ゴールデンブレイズドグリーン×メタリックスパークブラック)。
2017年モデルの「ZZR1400 ABS」と「ZZR1400 ABS High Grade」の海外仕様がカラーチェンジ。
車体色は、「ZZR1400 ABS」が1色(メタリックスパークブラック×ゴールデンブレイズドグリーン)。「ZZR1400 ABS High Grade」が1色(ゴールデンブレイズドグリーン×メタリックスパークブラック)。
2018年モデルの「ZZR1400」と「ZZR1400 High Grade」の海外仕様がカラーチェンジ。
2018年モデル以降、モデル名から「ABS」の文字が消えた。車体色は、「ZZR1400」が1色(メタリックカーボングレー×エメラルドブレイズドグリーン)。「ZZR1400 High Grade」が1色(エメラルドブレイズドグリーン×メタリックカーボングレー)。
2019年モデルの「ZZR1400」と「ZZR1400 High Grade」の海外仕様がカラーチェンジ。
車体色は、「ZZR1400」が1色(メタリックスパークブラック×キャンディカーディナルレッド)。「ZZR1400 High Grade」が1色(メタリックスパークブラック×パールメテオグレー×エメラルドブレイズドグリーン)。


 

 

カワサキ NINJA1000の歴史

2011年1月に新登場。Z1000(3代目)をベースに、ツアラーモデルとして誕生。海外市場専用モデルだったが日本国内でも「逆輸入」で販売。ABS搭載モデルも発売。
2012年1月にカラーチェンジ。
2013年1月にカラーチェンジ。
2014年1月フルモデルチェンジした2代目モデルを発売。
パワーモード選択が可能になり、トラクションコントロールも搭載。専用アクセサリーとしてパニアケース(GIVI製)が設定され、左右それぞれにフルフェイスヘルメットが収納できる。
2015年1月にカラーチェンジ。
2016年1月マイナーチェンジ
アシスト&スリッパークラッチを新搭載し、急激なシフトダウンやシフトミスによる過度のエンジンブレーキを抑え、リアタイヤを安定させた。ABS搭載モデルだけになる。
2017年3月15日に国内仕様の「Ninja1000 ABS」を発売。
型式は、2BL-ZXT00W。ETC車載器を標準装備、パニアケースなどの純正オプションを豊富に用意するなどした。海外仕様の2016年モデルからマイナーチェンジし、カウル形状の変更、LEDヘッドライトに変更。欧州向けモデルの基本構成も日本向けの2017年モデルと同様。車体色は、2色(キャンディライムグリーン×メタリックカーボングレー、メタリックスパークブラック×メタリックグラファイトグレー)。
2017年9月1日にカラーチェンジ。
ABSが標準装備となり、2018年モデルから車名表記からABSの表記を外した。車体色は、2色(メタリックスパークブラック×メタリックグラファイトグレー、メタリックマットフュージョンシルバー×メタリックフラットスパークブラック)。
2018年8月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(エメラルドブレイズドグリーン×メタリックマットグラファイトグレー、メタリックスパークブラック×メタリックマットカーボングレー)。

 

 

ここでは、まず最初に
2011年モデルのカワサキ ZZR1400 ABS(海外仕様)
2011年モデルのカワサキ NINJA1000 ABS(海外仕様)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

ZZR1400 ABS

Ninja 1000 ABS

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

新登場

発売月

2011年1月

2011年1月

仕向け・仕様

海外向けモデル

海外向けモデル

全長 (mm)

2170

2105

全幅 (mm)

760

790

全高 (mm)

1170

1170

軸間距離 (mm)

1460

1445

最低地上高 (mm)

125

135

シート高 (mm)

800

820

乾燥重量 (kg)

224

-

車両重量 (kg)

261

231

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

1352

1043

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

84

77

行程(ピストンストローク)(mm)

61

56

圧縮比(:1)

12

11.8

最高出力(kW)

140

100

最高出力(PS)

190

136

最高出力回転数(rpm)

9000

9000

最大トルク(N・m)

154

110

最大トルク(kgf・m)

15.7

11.2

最大トルク回転数(rpm)

7500

7800

燃料タンク容量 (L)

22

19

燃料(種類)

ハイオクガソリン

ハイオクガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9EIA-9

CR9EIA-9

点火プラグ必要本数・合計

4

4

搭載バッテリー・型式

FTZ14-BS

YTX9-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

4.5

4

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

3.7

3.2

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

4.1

3.8

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

ドレンボルトサイズ(呼び径)

-

12

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

1.556

1.627

2次減速比

2.412

2.733

変速比

1速 2.6250/2速 1.9470/3速 1.5450/4速 1.3330/5速 1.1540/6速 1.0360

1速 2.6000/2速 1.9500/3速 1.6000/4速 1.3890/5速 1.2380/6速 1.1360

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

17

15

スプロケット歯数・後

41

41

チェーンサイズ

530

525

標準チェーンリンク数

116

112

フレーム型式

アルミニウムモノコック

ダイヤモンド

キャスター角

23°

24.5°

トレール量 (mm)

94

102

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

190/50ZR17

190/50ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

73

73

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

6

6

ヘッドライトタイプ(Hi)

H9

H7

ヘッドライトタイプ(Lo)

H11

LED

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
盗難防止装置 有

 

2011年モデルのZZR1400とNINJA1000の違いを比較

 

ZZR1400とNINJA1000の比較の口コミ

 

 

NINJA1000は、タンデムが中途半端。俺は、タンデム必須だからZZR1400の方がいい感じ。

 

 

 

軽くてそこそこ速い、ツーリングもできるというコンセプトで発売されたのがNINJA1000。だとすれば2011年時点のカワサキのラインナップ上、ZZR1400の存在意義がない状態になる。というかフルモデルチェンジしてない時点で他のバイクより遅れてるから、驚くぐらいの次のモデルを発売して欲しい。

 

 

2011年9月時点でNinja1000であげられてる不具合や不満。
・メットホルダーが無い。
・カウルからビビリ音がする(個体差かも?)。
・ファンの音がうるさい。
・6速のギア比が低過ぎる。
・片目ライト。
・ライト暗い(暗くないというインプレもある)。
・シートがケツ痛。
・シート下スペースが小さい。
・フロント左とリアに圧側調整が無い。
・60〜80kmで巡行してたらハンドルの振動が気になる。
・ミラーの視界が狭過ぎる。
・タンクが黒いため傷が気になる(タンクバッグ装着等)。

 

 

NINJA1000は、スーパースポーツでもツアラーでもないというとこが受けて売れてる。

 

 

ツーリング、峠、講習会などの用途だとNinja1000が最適だと思う。
まあZZR1400でもいけるけど。

 

 

2012年10月にZZR1400の2013年モデルが納車された。Ninja1000からの乗り換え。高速走ってみたけど、100km/hぐらいでも安定感が全然違う。ワインディングでも軽く流す程度で重さを感じない。ZZR1400は、凄いね。あとは、燃費が良かったらいうことないのに。

 

 

ZZR1400は、通勤渋滞でもすり抜けは、ビグスクについてスルスル行けるよ。全体的に車体が大きいけど、全幅は760mmとたいしたこと無い。Ninja1000が790mmだから数値的にはより小さい。

 

 

 

 

次に
2014年モデルのカワサキ ZZR1400 ABS(海外仕様)
2014年モデルのカワサキ NINJA1000 ABS(海外仕様)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

ZZR1400 ABS

Ninja 1000 ABS

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

フルモデルチェンジ

年式

2014年モデル

2014年モデル

仕向け・仕様

海外向けモデル

海外向けモデル

全長 (mm)

2170

2105

全幅 (mm)

770

790

全高 (mm)

1170

1170

軸間距離 (mm)

1480

1445

最低地上高 (mm)

125

135

シート高 (mm)

800

820

車両重量 (kg)

268

231

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

1441

1043

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

84

77

行程(ピストンストローク)(mm)

65

56

圧縮比(:1)

12.3

11.8

最高出力(kW)

147.2

100.9

最高出力(PS)

200

137

最高出力回転数(rpm)

10000

9800

最大トルク(N・m)

162.5

109

最大トルク(kgf・m)

16.6

11.1

最大トルク回転数(rpm)

7500

7300

燃料タンク容量 (L)

22

19

燃料(種類)

ハイオクガソリン

ハイオクガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9EIA-9

CR9EIA-9

点火プラグ必要本数・合計

4

4

搭載バッテリー・型式

FTX14-BS

YTX12-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

4.6

4

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

3.8

3.2

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

4.2

3.8

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

ドレンボルトサイズ(呼び径)

-

12

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

1.556

1.627

2次減速比

2.471

2.733

変速比

1速 2.6110/2速 1.9470/3速 1.5450/4速 1.3330/5速 1.1540/6速 1.0360

1速 2.6000/2速 1.9500/3速 1.6000/4速 1.3890/5速 1.2380/6速 1.1070

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

17

15

スプロケット歯数・後

42

41

チェーンサイズ

530

525

標準チェーンリンク数

118

112

フレーム型式

アルミニウムモノコック

ダイヤモンド

キャスター角

23°

24.5°

トレール量 (mm)

93

102

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

190/50ZR17

190/50ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

73

73

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

6

6

ヘッドライトタイプ(Hi)

H9

H7

ヘッドライトタイプ(Lo)

H11

LED

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有
走行モード切り替え 有
トラクションコントロール 有
バックトルクリミッター機構 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
走行モード切り替え 有
トラクションコントロール 有
盗難防止装置 有

 

2014年モデルのZZR1400とNINJA1000の違いを比較

 

2014年モデルのZZR1400とNINJA1000の比較の口コミ

 

 

Ninja1000は、2014年に新型になったけど、ポジションが立ってて、腰や尻に負担が掛かるのは変わってない。長時間走るのは、緩い前傾のZX-14Rの方が楽。

 

 

 

 

次に
2016年モデルのカワサキ ZZR1400 ABS(海外仕様)
2016年モデルのカワサキ NINJA1000 ABS(海外仕様)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

ZZR1400 ABS

Ninja 1000 ABS

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

マイナーチェンジ

年式

2016年モデル

2016年モデル

仕向け・仕様

海外向けモデル

海外向けモデル

全長 (mm)

2170

2105

全幅 (mm)

780

790

全高 (mm)

1170

1170

軸間距離 (mm)

1480

1445

最低地上高 (mm)

125

135

シート高 (mm)

800

820

車両重量 (kg)

269

231

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

1441

1043

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

84

77

行程(ピストンストローク)(mm)

65

56

圧縮比(:1)

12.3

11.8

最高出力(kW)

147.2

101

最高出力(PS)

200

137

最高出力回転数(rpm)

10000

9800

最大トルク(N・m)

158.2

109

最大トルク(kgf・m)

16.1

11.1

最大トルク回転数(rpm)

7500

7300

燃料タンク容量 (L)

22

19

燃料(種類)

ハイオクガソリン

ハイオクガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9EIA-9

CR9EIA-9

点火プラグ必要本数・合計

4

4

搭載バッテリー・型式

FTX14-BS

YTX12-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

4.6

4

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

3.8

3.2

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

4.2

3.8

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

ドレンボルトサイズ(呼び径)

-

12

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

1.556

1.627

2次減速比

2.471

2.733

変速比

1速 2.6110/2速 1.9470/3速 1.5450/4速 1.3330/5速 1.1540/6速 1.0360

1速 2.6000/2速 1.9500/3速 1.6000/4速 1.3890/5速 1.2380/6速 1.1070

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

17

15

スプロケット歯数・後

42

41

チェーンサイズ

530

525

標準チェーンリンク数

118

112

フレーム型式

アルミニウムモノコック

ダイヤモンド

キャスター角

23°

24.5°

トレール量 (mm)

93

102

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

190/50ZR17

190/50ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

73

73

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

6

6

ヘッドライトタイプ(Hi)

H9

H7

ヘッドライトタイプ(Lo)

H11

LED

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有
走行モード切り替え 有
トラクションコントロール 有
バックトルクリミッター機構 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
走行モード切り替え 有
トラクションコントロール 有
スリッパークラッチ 有
盗難防止装置 有

 

2016年モデルのZZR1400とNINJA1000の違いを比較

 

ZZR1400とNINJA1000の中古車価格と買取相場

 

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら