CBR1100XXのキャブとインジェクションの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

CBR1100XXスーパーブラックバードのキャブとインジェクションの違いを比較

 

ホンダ CBR1100XXの歴史

1996年に「CBR1100XX」の海外仕様が新発売。
1998年にマイナーチェンジ。
ラジエーターのサーモスタット作動特性変更。ウォーターポンプ変更。
1999年にフルモデルチェンジ。
2代目「CBR1100XX」の発売。キャブレターを廃止し、PGM-FI仕様に変更。チョークレバーを廃止。ラムエア加圧システム搭載し、高回転域をラムエアに任せて低回転域にトルクをふったり164ps/9500rpmに変更。燃料タンクを22L→24Lに。オイルクーラー形状変更。前後連動ブレーキを改善。フロントフォークスプリング変更。メーターパネルの「S」(サイドスタンド警告灯)が「FI」(PGM-FI警告灯)に変更。
テールランプ形状変更。イモビライザーH.I.S.S追加。クラッチプレート枚数変更。
2001年に「CBR1100XX」の国内仕様が新発売。型式は、BC-SC35
3代目「CBR1100XX」の発売。排気ガス浄化装置を追加し、出力を152psにデチューン。スクリーンのサイズを30mm伸ばした。デジタルスピードメーターを搭載。リアウインカーの形状を変更。
2002年にマイナーチェンジ。
インジェクション特有の低速でのドンツキをできるだけ解消するように改良。
2003年までで、国内販売が終了。

 

 

ここでは、
1996年モデルのホンダ CBR1100XX(キャブ)と
1999年モデルのホンダ CBR1100XX(インジェクション)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

メーカー

ホンダ

ホンダ

モデル名

CBR1100XXスーパーブラックバード

CBR1100XXスーパーブラックバード

型式

SC35

SC35

排気量

1137cc

1137cc

発売開始年

1996年

1999年

燃料供給方式

キャブレター

インジェクション

エンジンタイプ

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒

エンジン始動方式

セルフスターター

セルフスターター

最高出力

164ps(121kw)/10000rpm

164ps(121kw)/10000rpm

最大トルク

12.7kg・m(124.5N・m)/7250rpm

12.7kg・m(124.5N・m)/7250rpm

駆動方式

チェーン

チェーン

クラッチ形式

湿式多板コイルスプリング

湿式多板コイルスプリング

変速機形式

常時噛合式6段リターン

常時噛合式6段リターン

ギア数

6速

6速

一次減速比

-

-

二次減速比

2.588

2.588

車体重量(乾燥重量)

225kg

225kg

車体重量(装備重量)

256kg

256kg

パワーウエイトレシオ

1.4kg/PS

1.4kg/PS

全長・全高・全幅

2160mm × 1200mm × 720mm

2160mm × 1200mm × 720mm

シート高

-

-

フロントタイヤサイズ

120/70ZR17 58W TL

120/70ZR17 58W TL

リアタイヤサイズ

180/55ZR17 73W TL

180/55ZR17 73W TL

標準装着プラグ

CR9EHVX-9

CR9EHVX-9

プラグ使用本数

4本

4本

オイル交換時

3.8L

3.8L

エレメント交換時

3.9L

3.9L

フロントウインカー定格

12V 21w/5w

12V 21w/5w

スプロケットサイズ

ドライブ(前)?17T ドリブン(後)?44T

ドライブ(前)?17T ドリブン(後)?44T

チェーンサイズ

530 / 110リンク

530 / 110リンク

バッテリー型式

FTX12-BS

FTX12-BS

ヘッドライト

12V 55w ライトタイプ:H7

12V 55w ライトタイプ:H7

ヘッドライト備考

12V 55w

12V 55w

テールライト

12V 21w/5wT20

12V 21w/5wT20

リアウインカー定格

12V 21w

12V 21w

フロントブレーキ形式

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

リヤブレーキ形式

油圧式ディスク

油圧式ディスク

フロント懸架装置・サスペンションデータ

テレスコピック式

テレスコピック式

リア懸架装置・サスペンションデータ

スイングアーム式(プロリンク)

スイングアーム式(プロリンク)

 

CBR1100XXスーパーブラックバードのキャブとインジェクションの違いを比較

 

CBR1100XXスーパーブラックバードのキャブとインジェクションの違いを比較

 

 

初代ブラックバードは、キャブレター仕様の市販オートバイとして、加速・最高速が最も速いモデル。最高速度域は、初代のキャブレター仕様も2代目以降のインジェクション仕様もほとんど同じだが、加速力、レスポンスの鋭さは、初代のキャブモデルの方が上。

 

 

キャブレター仕様は、低速ギアで6000回転から一気にレッドゾーンまで吹け上がり、加速力もさらに増す。インジェクション仕様もこの特性が受け継がれてるけど、、キャブレター仕様のような急激なレスポンスではなく、乗り味が滑らかになってる。

 

 

初代キャブレター仕様にはダイレクトエアインテーク(ラムエアシステム)は付いてない。よく間違われるけど、ヘッドライト下にある金網のついた吸気口はオイルクーラーに走行風を送るもの。ラジエーターの後ろにオイルクーラーが付いてて、そのままではオイルクーラーに冷風が当たらないので、こういう空気の流入路を設けてる。

 

 

インジェクションになっての変更点

  • 吸気にダイレクトエアインテークとフューエルインジェクションが採用され、チョークレバーを廃止。
  • エンジン特性が見直された。
  • ラムエアが導入され、オイルクーラーはヘッドライト下からラジエーター上に変更。
  • 実燃費は、キャブレターモデルより悪くなった。
  • 1998年モデルまで不具合が多発したレギュレータに熱対策をした。
  • エキゾーストマニホールドの材質を鉄からステンレスに変更。
  • ラジエーターや冷却ファンの形状を変更。
  • 取り回しが1番と4番、2番と3番が連結した4-2-1-2に変更。
  • 連動ブレーキの特性の見直し。
  • 燃料タンクの容量が22L→24Lに変更。
  • 1998年モデルまでは、水温計の針が中央位置を超えたら冷却ファンが回っていたが、1999年モデル以降は、針が上まで上がらないとファンが回らなくなり、渋滞で弱くなった。
  • イモビライザーのH・I・S・Sを採用。

 

 

見た目の違いは、

  • ラムエア吸入口がメッシュからスリットになった。
  • ホーネット250と共通だったテールランプが縦2段のタイプに変更。
  • フロントブレーキローターやジェネレータカバー、クラッチカバーが金色になった。
  • エキゾーストマニホールドやスクリーンのカラーリングを変更。

 

 

インジェクションモデルの方がモーターのようなフィーリングでどこからでもスムーズに加速するよ。

 

CBR1100XXの中古車価格と買取相場

 

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら