ビラーゴ250とドラッグスター250の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

ビラーゴ250とドラッグスター250の違いを比較

 

ヤマハ ビラーゴ250の歴史

1988年1月に「XV250ビラーゴ」の国内仕様が新登場。型式は、3DM
ビラーゴ・シリーズの3番目のモデル。248cc空冷4ストVツインエンジンを搭載。5段ミッション、チェーン駆動を採用。ハンドル形状は、プルバックハンドル仕様とフラットハンドル仕様の2タイプを設定。車体色は、2色(メルティングブラック、メルティンググリーン)。
1989年3月に「XV250ビラーゴスペシャル」を発売。
バフクリア仕上げのクランクケースカバーや塗り分けされたリアフェンダーなど、細部の質感をグレードアップ。ハンドル形状は、プルバックハンドル仕様とフラットハンドル仕様の2タイプを設定。車体色は、1色(グロリアスマキシブラウン)。
1991年3月に「XV250ビラーゴ」をカラーチェンジ。
タンク横の「Virago」エンブレムが立体タイプとなった。車体色は、2色(カメリアグリーン、シャイニーブラック)。ハンドル形状は、プルバックハンドル仕様とフラットハンドル仕様の2タイプを設定。
1992年8月に「XV250ビラーゴ」をマイナーチェンジ。
快適な乗り心地のルーズクッションシートを採用。ヘッドライトは、昼間自動点灯となり発電機出力も向上。ハンドル形状は、プルバックハンドル仕様とフラットハンドル仕様の2タイプを設定。車体色は、2色(ブラックゴールド、ミヤビマルーン)。
1994年2月に「XV250ビラーゴ」をマイナーチェンジ。
シーシーバーを標準装備。テールライトとウインカーレンズが小型化された。フロントブレーキを変更。ハンドル形状は、プルバックハンドル仕様とフラットハンドル仕様の2タイプを設定。車体色は、2色(レッドEスパークル、ウルシブラック)。
1994年7月に「XV250Sビラーゴ」をタイプ追加。
標準モデルにクロームメッキサイドカバーや専用エンブレムを採用。ハンドル形状は、プルバックハンドル仕様とフラットハンドル仕様の2タイプを設定。車体色は、1色(メイプルレッド)。
1996年2月に「XV250ビラーゴ プルバックハンドル仕様」をマイナーチェンジ。
標準モデルの「XV250ビラーゴ」は、1996年モデルから装備をシンプルなものにした。シーシーバーはオプション設定となり、シートもルーズクッションタイプではなくなり、プルバックハンドル仕様のみとなった。車体色は、1色(ブラック2)。
1996年3月に「XV250Sビラーゴ」をカラーチェンジ。
標準モデルがシンプル装備になったため、シーシーバーを備え、クロムメッキパーツを多用する「XV250Sビラーゴ」との差が明確になった。ハンドル形状は、プルバックハンドル仕様とフラットハンドル仕様の2タイプを設定。車体色は、2色(ダークブルーカクテル2、ブラック2)。

2000年6月に後継機種のドラッグスター250が登場し、日本国内の販売が終了。

 

 

ヤマハ ドラッグスター250の歴史

2000年6月8日に「ドラッグスター250」が新登場。型式は、BA-VG02J
ニュークォーターアメリカンをテーマに製品化を図ったモデルで、大柄で機能美あふれる空冷エンジン、簡素で綺麗なフレーム、流麗なボリューム感ある外観などが特徴。1996年以降小型二輪(251cc以上)クラスで4年連続ベストセラーの400ccモデル「ドラッグスター400」の外観や技術的特徴を経済的な250ccに再現したモデル。車体色は、2色(ライトイエローイッシュグレーメタリック9、ブラック2)。
ドラッグスター250とドラッグスター400の違いの比較は、こちら。
2001年4月9日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(シルキーホワイト、ブラック2)。
2002年3月15日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ニューパールホワイト、ブラック2)。
2004年1月23日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ニューパールホワイト、ヤマハブラック)。
2005年2月25日にマイナーチェンジ。
新たにクリアレンズ仕様のフラッシャー(ウインカー)を採用。車体色は、2色(ニューパールホワイト、ヤマハブラック)。
2006年2月16日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ブルーイッシュホワイトカクテル1、ブラックメタリックX)。
2006年7月29日に特別仕様の「ドラッグスター250 10th Anniversary Special Edition」を発売。
ドラッグスター誕生10周年記念の受注期間限定モデル。「ブラック/ホワイト」の塗分けタンク、「ブラック/ブラウン」のツートンカラーシート、ゴールド仕上げエンブレム、真鍮製の10th Anniversaryエンブレム、ボディカラーとコーディネートした「ホワイト/ブラウン」のメーター文字盤、ブラックヘッドライトボディなど。
2007年2月15日にカラーチェンジ。

車体色は、3色(ダークバイオレットメタリックA、ブラックメタリックX、ブルーイッシュホワイトカクテル1)。
2008年5月30日にマイナーチェンジ。型式は、JBK-VG05J
エンジンのセッティングを大幅に見直し、酸化還元触媒付きのマフラーを装備させ、平成18年国内排出ガス規制に適合。幅広いライダーの体型に対応するハンドル&左右レバー形状を見直し。ホワイト&ブラウンカラーのメーターを採用。新型2-1タイプマフラーを採用。ブラックとブラウンのツートンシートを採用(ブラックを除く)などの仕様変更。車体色は、3色(ベリーダークオレンジメタリック1、ブラックメタリックX、ニューパールホワイト)。
ドラッグスター250の「BA-VG02J」と「JBK-VG05J」の違いを比較は、こちら。
2010年12月17日にカラーチェンジ。
ブラックメタリックXのエンジン色をシルバーからブラックに変更。各色のピンストライプを変更。車体色は、2色(ブラックメタリックX、ニューパールホワイト)。
2012年3月14日に「ドラッグスター250 CLASSIC EDITION」を発売。
ツートンカラーの燃料タンク、前後フェンダー、サイドカバー、ホワイトの塗装を施したエアクリーナボックス、ブラウン色のシートにエンボス加工の「Drag Star」ロゴを採用。車体色は、1色(ニューホワイト)。
ドラッグスター250とクラシックの違いの比較は、こちら。
2013年2月14日にカラーチェンジ。
共通イメージの躍動感あるフレアパターングラフィックを織り込んだ。車体色は、2色(ディープレッドメタリックK、ブラックメタリックX)。
2015年1月20日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(マットグレーメタリック3、ディープレッドメタリックK)。
2016年3月1日にカラーチェンジ。
新色は「ブルーイッシュホワイトパール1」で、ドラッグスター誕生20年を記念したラインナップ。車体色は、3色(ブルーイッシュホワイトパール1、マットグレーメタリック3、ディープレッドメタリックK)。
2017年にメーカーより生産終了が公表。

 

 

ここでは、
1996年2月発売のヤマハ ビラーゴ250(型式 3DM)と
2000年6月発売のヤマハ ドラッグスター250(型式 BA-VG02J)
の違いを比較しました。

 

 

ビラーゴ250とドラッグスター250のスペック表の違いを比較

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

XV250 ビラーゴ プルバックハンドル仕様

ドラッグスター250

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

新登場

型式

3DM

BA-VG02J

発売日

1996年2月

2000年6月

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2215

2320

全幅 (mm)

780

915

全高 (mm)

1140

1075

ホイールベース (mm)

1495

1530

最低地上高(mm)

150

150

シート高 (mm)

695

670

乾燥重量 (kg)

139

147

車両重量 (kg)

-

159

最小回転半径(m)

2.8

2.9

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

56

51

原動機型式

3DM

G604E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

V型(L型)

V型(L型)

シリンダバンク角(°)

60

-

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

248

248

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

2

2

内径(シリンダーボア)(mm)

49

49

行程(ピストンストローク)(mm)

66

66

圧縮比(:1)

10

10

最高出力(kW)

-

17

最高出力(PS)

23

23

最高出力回転数(rpm)

8000

8000

最大トルク(N・m)

-

22

最大トルク(kgf・m)

2.2

2.2

最大トルク回転数(rpm)

6000

6000

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料供給装置形式

BDS26

BDS26

燃料タンク容量 (L)

9.5

11

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

532

561

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

C6HSA

CR6HSA

点火プラグ必要本数・合計

2

2

搭載バッテリー・型式

GM10-3A-2

GT6B-3

バッテリー容量

12V-10Ah 10H

12V-6.0Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.8

1.75

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.4

1.4

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.6

1.6

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

3.13

3.13

2次減速比

2.812

2.8

変速比

1速 2.642/2速 1.684/3速 1.259/4速 1.000/5速 0.820

1速 2.641/2速 1.684/3速 1.259/4速 1.000/5速 0.820

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

16

20

スプロケット歯数・後

45

56

チェーンサイズ

520

428

標準チェーンリンク数

114

146

フレーム型式

ダブクルレードル

ダブルクレードル

キャスター角

32°05

35°00

トレール量 (mm)

119

135

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

-

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

2

2

タイヤ(前)

3.00-18

80/100-18

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

47

47

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

130/90-15

130/90-15

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

66

66

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

1.6

1.6

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

2.75

3

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2

1.75

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.25

2

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

テールライト定格(制動/尾灯)

21W/5W

21W/5W ×1

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーカー希望小売価格

419,000円

499,000円

 

ビラーゴ250とドラッグスター250の違いを比較

 

ビラーゴ250とドラッグスター250の違いを比較

 

 

ドラッグスター250 (DS250) は、XV250ビラーゴの後継車種として2000年6月に新登場。エンジンは、先代のビラーゴ250からのキャリーオーバーとなる空冷250ccV型2気筒をベースに、サイレントカムチェーンとオートテンショナーを採用し、シリンダーブロックの空冷フィン大型化やクランクケースの肉厚化など、大幅にリファイン。制御系では、スロットルポジションセンサーやエアインダクションシステムを採用するなどの改良が施された。

 

 

DS250は、ビラーゴ250の発展型で見た目は全く違うけど、同系統のエンジンの兄弟車。同じ中古でも年式が古いビラーゴ250の方がかなり安い。

 

 

一番の違いは、デザイン。ビラーゴ250は、チョッパースタイル。ドラッグスター250は、ロー&ワイドのクルーザースタイル

 

 

エンジンは、同じだけどドラッグスター250の方が重い。

 

 

●乾燥重量と最高出力と最大トルク
ビラーゴ250 139kg | 23ps/8000rpm | 2.2kgf・m/6000rpm
ドラッグスター250 147kg | 23ps/8000rpm | 2.2kgf・m/6000rpm

 

 

規制前のドラッグスター250とビラーゴ250の速さは、似たようなもんだけど、ドラッグスター250の方が10sぐらい重いからそれなりに影響してる。規制後のドラッグスター250は、トルクも下がってわかり易く影響が出てる。

 

 

ドラッグスター250の方が大きいけど、実際乗ると乗車姿勢や目線からのタンク位置の違いからかドラッグスター250の方が小さく感じた。

 

 

●シート高
ビラーゴ250 695mm
ドラッグスター250 670mm

 

 

●タンク容量
ビラーゴ250 9.5L
ドラッグスター250 11L

 

●燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)
ビラーゴ250 56km/L
ドラッグスター250 51km/L

 

●航続距離(60km/h走行時)
ビラーゴ250 9.5L × 56km/L =532km
ドラッグスター250 11L × 51km/L =561km

 

 

どっちも乗ったことあるけど、乗り心地や取り扱いは、ビラーゴ250の方が明らかに楽だった。

 

 

共通のパーツが結構あるね。

 

ビラーゴ250とドラッグスター250の買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら