NC700Xと400Xの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

NC700Xと400Xの違いを比較

 

ホンダ 400Xの歴史

2013年6月7日に「400X」と「400X<ABS>」が新登場。型式は、EBL-NC47
エンジンは、水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ・直列2気筒400ccを搭載。「CBR400R」「CB400F」「400X」の3車種で新開発のエンジンと車体を共用。「400X」のデザインのキーワードは、「Modern & Stylish」。400X専用の17Lのフューエルタンクを採用。専用のダブルシートやウインドスクリーンを採用。車体色は、どちらも3色(パールサンビームホワイト、マットガンパウダーブラックメタリック、キャンディープロミネンスレッド)の設定。
2016年2月19日に「400X」と「400X<ABS>」をマイナーチェンジ。型式は、2BL-NC47
「VFR1200X」のDNAを受け継ぎ「FEEL THE ADVENTURE FORM」を踏襲したデザインに一新。LEDヘッドライトとクリアインナーレンズを新たに取り入れたLEDテールランプを採用。高さを100mm伸長させた大型のウインドスクリーンで防風効果を上げ、存在感を醸し出すスタイリングに。車体色は、どちらも3色(マットバリスティックブラックメタリック、マグナレッド、パールサンビームホワイト)の設定。
400Xの「EBL-NC47」と「2BL-NC47」の違い
2017年4月17日に「400X」と「400X<ABS>」をマイナーチェンジ。
新型の小型異型マフラーを採用。小型のメインステップホルダーを採用。アンダーカバーが廃止。車体色は、どちらも3色(キャンディープロミネンスレッド、ソードシルバーメタリック、パールサンビームホワイト)の設定。
2018年4月20日に「400X」をマイナーチェンジ。
これまではABSは、タイプ設定だったが全車にABSを標準装備とした。車体色は、2色(キャンディークロモスフィアレッド、マットバリスティックブラックメタリック)の設定。
2019年3月22日に「400X」をフルモデルチェンジ。型式は、2BL-NC56
大規模なデザイン変更、パワーユニットの吸排気系の見直し、フロントに19インチタイヤを採用、ホイール形状を変更、アシストスリッパークラッチを採用、新設計LCDメーターの採用などが行われた。車体色は、2色(マットバリスティックブラックメタリック、グランプリレッド)の設定。
400Xの2BL-NC47と2BL-NC56の違いを比較
2020年7月31日に「400X」をカラーチェンジ。
車体色は、新色の「パールグレアホワイト」と、タンクシェル部分のカモフラージュ柄がレッドに変更された継続色の「マットバリスティックブラックメタリック」の2色。

 

 

ホンダ NC700Xの歴史

2012年2月24日に「NC700X」と「NC700X<ABS>」が新登場。型式は、EBL-RC63
ニューミッドコンセプトシリーズの第1弾。力強いトルク特性で扱いやすく燃費性能に優れた新設計の水冷・4ストローク・OHC・直列2気筒700ccエンジンを搭載したスポーツモデル。車体色は、4色(パールサンビームホワイト、マグナレッド、ダークネスブラックメタリック、デジタルシルバーメタリック)の設定。
2012年6月14日に「NC700X Dual Clutch Transmission<ABS>」と「NC700X TypeLD」をタイプ追加し発売。
「NC700X Dual Clutch Transmission<ABS>」は、変速機構のデュアル・クラッチ・トランスミッションとアンチロックブレーキシステムを採用したモデル。「NC700X TypeLD」は、NC700Xをベースに前・後サスペンションを変更してローダウン化を図り、シート高を30mm低くし、足着き性を良くした。車体色は、どちらも4色(マグナレッド、ダークネスブラックメタリック、パールサンビームホワイト、デジタルシルバーメタリック)の設定。
NC700XとNC700XタイプLDの違いの比較は、こちら。
2013年8月23日に「NC700X TypeLD Dual Clutch Transmission<ABS>」の特別カラーを限定発売。
車体色は、「カムフラージュグリーン」。

 

 

ここでは、
2012年2月24日発売のホンダ NC700X(EBL-RC63)と
2013年6月7日発売のホンダ 400X(EBL-NC47)
の違いを比較しました。

 

 

NC700Xと400Xのスペック表の比較

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

NC700X

400X

モデルチェンジ区分

新登場

新登場

型式

EBL-RC63

EBL-NC47

発売日

2012年2月24日

2013年6月7日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2210

2085

全幅 (mm)

830

830

全高 (mm)

1285

1235

ホイールベース (mm)

1540

1410

最低地上高(mm)

165

145

シート高 (mm)

830

795

車両重量 (kg)

214

192

最小回転半径(m)

-

2.7

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

41

39.7

原動機型式

RC61E

NC47E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

669

399

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

73

67

行程(ピストンストローク)(mm)

80

56.6

圧縮比(:1)

10.7

11

最高出力(kW)

37

34

最高出力(PS)

50

46

最高出力回転数(rpm)

6250

9500

最大トルク(N・m)

61

37

最大トルク(kgf・m)

6.2

3.8

最大トルク回転数(rpm)

4750

7500

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

-

PGM-FI

燃料タンク容量 (L)

14

17

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

574

674.9

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

IFR6G-11K

CPR8EA-9

点火プラグ必要本数・合計

2

2

搭載バッテリー・型式

YTZ12S

YTZ10S

バッテリー容量

12V-11Ah 10HR

12V-8.6Ah 10HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.7

3.2

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

3.1

2.5

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

3.4

2.7

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

1.731

2.029

2次減速比

2.687

3

変速比

1速 2.812/2速 1.894/3速 1.453/4速 1.200/5速 1.032/6速 0.837

1速 3.285/2速 2.105/3速 1.600/4速 1.299/5速 1.149/6速 1.042

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

16

15

スプロケット歯数・後

43

45

チェーンサイズ

525

520

標準チェーンリンク数

114

114

フレーム型式

-

ダイヤモンド

キャスター角

27

25°55

トレール量 (mm)

110

105

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

W

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

160/60ZR17

160/60ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

69

69

タイヤ(後)速度記号

W

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4.5

4.5

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

-

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有

ハザードランプ 有

メーカー小売価格/カラーバリエーション

649,950円 パールサンビームホワイト
マグナレッド
ダークネスブラックメタリック
デジタルシルバーメタリック

679,350円 パールサンビームホワイト
マットガンパウダーブラックメタリック
キャンディープロミネンスレッド

国内年間目標販売台数

シリーズ合計 3,500台

2,000台

 

NC700Xと400Xの違いを比較

 

NC700Xと400Xの違いを比較

 

 

●車両重量と最高出力と最大トルク
NC700X 214kg | 37kW/6250rpm | 61N・m/4750rpm
400X 192kg | 34kW/9500rpm | 37N・m/7500rpm

 

 

●シート高
NC700X 830mm
400X 795mm

 

 

●タンク容量
NC700X 14L
400X 17L

 

●燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)
NC700X 41km/L
400X 39.7km/L

 

●航続距離(60km/h走行時)
NC700X 14L × 41km/L =574km
400X 17L × 39.7km/L =674.9km

 

 

俺は、形が400Xの方が好き。でもNC700Xは、大型だし、NC700Xの方が値段が安いから気になる。

 

 

俺は、400Xの方が好みだった。NC700Xは、エンジンまったり過ぎてバイクって感じじゃなかった。でもメットインは凄く便利と思った。

 

 

400XとNC700Xが見た目が似てるので比較する人がいるけど、中身は全く違うバイク。400Xは標準的なバイクだけど、NC700Xは、いろんな意味で異端児。

 

 

ドリームに400Xを見に行ったらめっちゃNC700Xを勧められた。トルクあって収納あって安いって。

 

 

NC700Xは、身長175cmで踵が浮く。
シート高が30mm低い TypeLDがあるからいいけど。

 

 

400Xは、軽いのも魅力。NC700Xは、タイプLDでもシート高800mmあるし、重くなる。

 

 

2013年5月にドリームで「400X ABS」の乗り出し価格が72万円で「NC700X MT ABS」が67万円だった。

 

 

クロスツアラーと合わせて400XとNC700Xのデザインを見比べたらわかるけど、、400Xはクロスツアラーの直系でデザインラインの共通性が見える。でもNC700Xはそれっぽいだけ。クロスツアラー好きの自分からすれば400Xはありだけど、NC700Xは無い。そもそも回せないし。

 

 

400Xのコンパクトさ、軽量ボディ、回せるエンジンを取るか。
NC700Xの低価格、高トルク、高収納力を取るか。

 

 

400XとNC700Xを乗り比べたけど、エンジンフィーリングは全く違った。排気量が違うだけじゃなくバイクの特性自体も違う。NC700Xの方がトルクフルでがさつな感じだった。ドコドコ感がある。エンジンは、静かで排気音はほとんど聞こえない。排気音は、400Xの方がよく聞こえる。街乗りなら400Xの方が楽しい。ロンツーならNC700Xだね。

 

 

400XとNC700Xのデザインは、一見一緒に見えるけど、横から見たら結構違うよ。スクリーンからライト、くちばしのシルエットがNC700Xはライトが「 ( 」を描いてる。400Xは「 / 」と流れるような斜めシルエット。一体感が違う。

 

 

見比べたけど、NC700Xより400Xの方が造りが良く見えた。

 

 

400Xの方が明確にクロスツアラーの顔。

 

 

俺は、400Xにした。理由は、400Xの方がタンク容量が多いし、重量が軽いし、回転数が高い。

 

 

俺は、400Xの方が品が良くてカッコよく見えた。でもNC700Xのメットインは、魅力だね。引っ張れるエンジンとタンク容量を取るか、メットインスペースを取るか。

 

 

自分には400Xのエンジンがダメだった。回さなければいけないし、加速だるい。400Xは、NC700Xより一回り小さいから乗ってて楽しいけど、NC700Xよりストロークが短いくせにソフトな足だから荒れた道が不安。見た目は、両方好き。

 

 

400Xのフルパニアは、NC700Xのフルパニアより値段が高いね。

 

 

 

NC700Xと400Xの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら