250TRとエストレヤの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

250TRとエストレヤの違いを比較

 

カワサキ 250TRの歴史

2002年2月1日に250TRが発売。型式は、BA-BJ250F
1970年発売の2ストオフロードモデル250TRの名前を継いだ2代目が発売。先代はデュアルパーパスタイプで2代目はストリート系のオンロードバイク。エンジンは、249cc空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒で同系エンジンを搭載するエストレヤと兄弟車。フロント19インチ、リア18インチの大径ホイール、キャラメルブロックパターンのタイヤ、7Lの燃料タンク、ブリッジ付のワイドハンドルバーなどを採用。車体色は、3色(ライムグリーン、ポーラホワイト、キャンディパーシモンレッド)。
2003年2月に250TRをカラーチェンジ。
2003年11月に250TRをカラーチェンジ。
2004年12月に250TRをカラーチェンジ。
2005年12月に250TRをカラーチェンジ。
2007年2月14日に250TRをマイナーチェンジ。型式は、JBK-BJ250F
燃料供給方式にフューエルインジェクションを採用。環境対応と始動性が向上。最大トルクが19Nmへアップ。ハンドルバーの左右幅を30mm短縮させて乗りやすくなった。
2007年12月に250TRをカラーチェンジ。
2009年7月に250TRをカラーチェンジ。
2010年7月1日に250TRをカラーチェンジ。
2011年7月1日に250TRをカラーチェンジ。
2012年7月15日に250TRをカラーチェンジ。
2013年モデルをもって生産終了。

 

 

カワサキ エストレヤの歴史

1992年5月11日に「エストレヤ」が新登場。型式は、BJ250A
新設計の249cc空冷4スト単気筒SOHC2バルブエンジンを「直立」させて搭載し、キャブトンタイプのマフラーを採用したレトロスポーツモデル。ESTRELLAは、スペイン語で星。
1993年3月15日に「エストレヤ」をマイナーチェンジ。
タンクのエンブレムが立体エンブレムに変更。
1994年2月1日に「エストレヤ」をカラーチェンジ。
1995年3月1日に「エストレヤ」をマイナーチェンジ。
リアショックがリザーバータンク付きからリザーバータンクがないシンプルなタイプに変更。
1995年3月1日に「エストレアRS」をラインナップに追加。
「エストレアRS」は、ロングシートを装着。シート高は、770mmから735mmに低下。専用工具の収納場所は、キー付ツールボックスからシート下への収納に変更。車体色の「エボニー×ファイアクラッカーレッド」は、メッキフェンダーを装着。形状変更された立体型タンクエンブレムは、エストレヤだけに装着。
1996年3月20日に「エストレヤカスタム」をタイプ追加。
「エストレヤカスタム」は、フロントブレーキをドラム式(ダブルリーディング式)に変更し、フォークブーツを装備し、セパレート式のサドルシートを採用し、よりクラシカルモダンイメージを高めた。
1996年3月20日に「エストレヤRSカスタム」をタイプ追加。
「エストレヤRSカスタム」は、フロントブレーキをドラム式(ダブルリーディング式)に変更し、フォークブーツを装備し、ロングシートを採用。立体エンブレムはエストレヤとカスタムだけに装着された。
1997年2月15日に「エストレヤ」と「エストレヤカスタム」と「エストレヤRS」と「エストレヤRSカスタム」をカラーチェンジ。
前年までは、各バリエーションにそれぞれの車体色が用意されていたが、1997年モデルからは、「エストレヤ」と「エストレヤカスタム」、「エストレヤRS」と「エストレヤRSカスタム」の車体色を共通化。ただし「エストレヤRSカスタム」はシートにホワイトパイピングが無いなどの細かい相違点はある。
1998年2月10日に「エストレヤ」と「エストレヤカスタム」と「エストレヤRS」と「エストレヤRSカスタム」をカラーチェンジ。

1999年2月1日に「エストレヤ」と「エストレヤカスタム」と「エストレヤRS」と「エストレヤRSカスタム」をカラーチェンジ。
1999年7月15日に「エストレヤ」と「エストレヤカスタム」と「エストレヤRS」と「エストレヤRSカスタム」をモデルチェンジ。型式は、BA-BJ250A
平成11年度排出ガス規制の適合のために、エンジンの排気ポートにエアクリーナーから空気を導入し排出ガスを再燃焼させるKCA(Kawasaki Clean Air)とパイプ触媒を組み合わせたKLEEN(Kawasaki Low Exhaust Emission system)を搭載。
エストレヤの「BJ250A」と「BA-BJ250A」の違いの比較は、こちら。
2000年1月10日に「エストレヤRS」と「エストレヤカスタム」をカラーチェンジ。
2000年モデルから4種類あったバリエーションがロングシート+ディスクブレーキの「エストレヤRS」とセパレートシート+ドラムブレーキの「エストレヤカスタム」の2車種となった。エストレヤRSはメッキフェンダー、エストレヤカスタムは立体エンブレムを装備。
2001年1月10日に「エストレヤRS」と「エストレヤカスタム」をカラーチェンジ。
サイドカバーにKLEENマークを追加。「エストレヤカスタム」は、タンクエンブレムが小型のデザインに変更。
2001年10月10日に特別・限定仕様の「エストレヤカスタム Limited edition」と「エストレヤRS Limited edition」を発売。
2002年の10周年記念として、クロームメッキのピンストライプを配したパールアルペンホワイトのフューエルタンク、クロームメッキ仕上げのヘッドライトボディとサイドカバー、ブラウンとホワイトのツートーンカラーシートなどの特別な装備を施した。500台の限定で発売。
2002年1月10日に「エストレヤカスタム」と「エストレヤRS」をカラーチェンジ。
2003年2月1日に「エストレヤカスタム」と「エストレヤRS」をカラーチェンジ。
2003年6月1日に特別・限定仕様の「エストレヤRS Chrome Version」を発売。
「エストレヤRS」をベースに、専用色のパールブレイジングオレンジ×クロームメッキの燃料タンク、ヘッドライトボディ、サイドカバー、フロント&リアフェンダーがクロームメッキで、ツートーンカラーのシート、メタリックグレイのメーターカバー、丸形タンクマークなどを装備し500台限定で発売。
2003年12月15日に「エストレヤカスタム」と「エストレヤRS」をカラーチェンジ。
2004年4月15日に特別・限定仕様の「エストレヤ RS Chrome Version」を発売。

今回の限定仕様の車体色は、クロームメッキ×ポーラホワイト。基本的に2003年の限定車と同等の装備。今回は、3月1日〜5月31日受注期間限定で発売。
2004年12月25日に「エストレヤカスタム」と「エストレヤRS」をカラーチェンジ。
「エストレヤRS」は、サイドカバーに車名が入り、タンクマークが大きなKマークのニューデザインとなった。カスタムは立体エンブレムになった。


2005年4月10日に特別・限定仕様の「エストレヤRS Chrome Version」を発売。
今回の限定仕様の車体色は、クロームメッキ/カスタムクリームイエロー。3月10日〜5月31日の受注期間限定で発売。
2005年12月15日に「エストレヤカスタム」と「エストレヤRS」をカラーチェンジ。
2006年4月20日に「エストレヤRS Chrome Version」を発売。
今回の車体色は、クロームメッキ×メタリックオーシャンブルー。ディスクブレーキ内側が黒塗りとなり、各部のメッキやツートーンシートも引き続き採用。
2007年2月14日にフルモデルチェンジ。型式は、JBK-BJ250A
このフルモデルチェンジでエストレヤRSとエストレヤカスタムの2車種のラインナップから1車種へ統合。キャブレターからフューエルインジェクションへ変更し排出ガス規制に適応。これまでスピードメーターのみから、タコメーター内臓の電気式二眼メーターに変更。ハンドルロック一体式イグニッションスイッチ、プッシュキャンセル式ターンシグナルの採用などの変更があった。
エストレヤのキャブとFIの違いの比較は、こちら。
2007年4月にカラー追加。
2007年12月24日にカラーチェンジ。
2008年4月にカラー追加。
2009年7月15日にカラーチェンジ。
2010年7月15日にカラーチェンジ。
立体エンブレムと仕上がりが美しい水転写デカールを採用。車体色は、2色(キャンディインペリアルブルー、ポーラホワイト×キャンディバーントオレンジ)の設定。
2011年7月15日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(キャンディアラビアンレッド、メタリックミッドナイトサファイアブルー)の設定。

2012年7月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(パールスターダストホワイト、キャンディミスティックブルー)の設定。
2014年1月20日に「エストレヤ」をマイナーチェンジ。また「エストレヤ スペシャルエディション」を発売。
エンジンの出力特性が見直され最高出力が「15kW/20ps」→「13kW/18ps」へ下がったが低中速の回転域でのトルクを重視したセッティングとなった。アイドルスピードコントロールの採用、前後サスペンションのスプリングレートや減衰力設定の最適化を図る。外装や塗装なども変更。車体色は、2色(キャンディカリビアンブルー、キャンディアイビーグリーン)の設定。また、車体色がメタリックスパークブラックでフェンダー、フロントフォーク、エンジン、エキゾーストシステムなど車体各部をブラック仕上げとした精悍なイメージのスペシャルエディションを発売。
2015年1月20日に「エストレヤ」と「エストレヤ スペシャルエディション」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(パールルミナリーブルー、キャンディゴールドスパーク、パールブローニュ)の設定。スペシャルエディションは、2014年モデルのオレンジのパイピングが入った黒のダブルシートから座面部分を赤にしたツートーンのシートへと変更された。
2016年1月15日に「エストレヤ」と「エストレヤ スペシャルエディション」をカラーチェンジ。
車体色は、2色(メタリックスパークブラック、パールアルパインホワイト)の設定。スペシャルエディションの車体色は、キャンディクリムゾンレッドの1色の設定となった。
2017年3月15日に「エストレヤ」と「エストレヤ スペシャルエディション」をカラーチェンジ。
車体色は、2色(キャンディカリビアンブルー×パールクリスタルホワイト、キャンディバーントオレンジ×パールクリスタルホワイト)の設定。スペシャルエディションの車体色は、メタリックスレートブルー×パールクリスタルホワイトの1色の設定となった。
2017年3月15日に「エストレヤ ファイナルエディション」を発売。
ファイナルエディションは、キャンディアラビアンレッドの車体色にフューエルタンクのグラフィックに水転写デカールを取り入れ、専用の「Kawasaki」エンブレム、サイドカバーにも専用のエンブレムを採用。フューエルタンク上部に「Final Eiditon」ロゴ(水転写デカール)も入った。シートも特別なデザインを採用し、フロントフェンダー、リアフェンダー、フォークカバーにクロームメッキを採用。
2017年のファイナルエディションをもって生産終了を発表。

 

 

ここでは、
2007年2月14日発売のカワサキ 250TR(JBK-BJ250F)と
2007年2月14日発売のカワサキ エストレヤ(JBK-BJ250A)
の違いを比較しました。

 

 

250TRとエストレヤのスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

250TR

エストレヤ

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

フルモデルチェンジ

発売年月

2007年2月

2007年2月

型式

JBK-BJ250F

JBK-BJ250A

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2100

2075

全幅 (mm)

870

755

全高 (mm)

1095

1030

軸間距離 (mm)

1420

1400

最低地上高 (mm)

165

150

シート高 (mm)

775

735

乾燥重量 (kg)

136

146

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

249

249

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

4スト・気筒あたりバルブ数

2

2

内径(シリンダーボア)(mm)

66

66

行程(ピストンストローク)(mm)

73

73

圧縮比(:1)

9

9

最高出力(kW)

14

15

最高出力(PS)

19

20

最高出力回転数(rpm)

7500

8000

最大トルク(N・m)

19

20

最大トルク(kgf・m)

1.9

2

最大トルク回転数(rpm)

6000

6500

燃料タンク容量 (L)

6.6

13

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

-

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

DR8EA

DR8EA

搭載バッテリー・型式

YTX7L-BS

YTX9-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2

2

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

1次減速比

3.363

3.363

2次減速比

2.533

2.533

変速比

1速 2.6360/2速 1.7330/3速 1.3000/4速 1.0500/5速 0.8330

1速 2.6360/2速 1.7330/3速 1.3000/4速 1.0500/5速 0.8330

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

15

スプロケット歯数・後

38

38

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

104

102

フレーム型式

-

セミダブルクレードル

キャスター角

-

27°00

トレール量 (mm)

-

96

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

41

41

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

タイヤ(前)

90/90-19

90/90-18

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

52

51

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

110/90-18

110/90-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

61

60

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

1.85

1.85

ホイールリム幅(後)

2.15

2.15

メーカー小売価格

388,000円

518,000円

 

250TRとエストレヤの違いを比較

 

250TRとエストレヤの比較の口コミ

 

 

俺は、以前250TRとエストレヤに乗ってた。エストレヤは、重心が低くて車重が重いからか同じエンジンでも250TRよりゆったり走れた。250TRは、とにかく乗り心地が軽くて、街中で足として使うには良いバイクだったよ。

 

 

二人乗りの快適性
ST250 > エストレヤ > FTR223 >> 250TR

 

 

エストレヤと比べると250TRは、かなり軽い。軽いせいか加速が良い。でも細部が安っぽいその分値段も安いけど。

 

 

●車両重量と最高出力と最大トルク
250TR 83kg | 19ps/7500rpm | 19N・m/6000rpm
エストレヤ 96kg | 20ps/8000rpm | 20N・m/6500rpm

 

 

エストレヤの方が少し重い。パワー的には、どんぐりの背比べ。でもエストレヤでも120km/h巡航できる。

 

 

値段を考えたらエストレヤを買うより250TRにしてフェンダー、その他を交換した方が安くつく。

 

 

全幅は、エストレヤが755mmで250TRが870mm。意外にも250TRの方が広いね。おそらく250TRはハンドルが広いからだと思う。

 

 

レトロでもあえて光モノを付けないのが250TRの特徴。
メッキ好きならエストレヤ買えばいい。

 

 

250TRよりエストレヤは、細部が豪華に作り込まれている。その分重いけど。アフターパーツは歴史がある分エストレヤのが多いと思う。でも250TRのパーツも結構ある。マフラーとか共用できるものも多いし。

 

 

エストレヤと250TRで悩んだけど、最後は、250TRのタンクに惚れて決めた。

 

 

250TRのタイヤとフェンダーは、飾りだよ。もちろんエストレヤよりは軽いしタイヤもあれだから林道で扱い易いと思う。でも林道を楽しむなら最初からセローとかを買ったほうがいい。

 

 

エストレヤは、フロント周りのカスタムはしやすいけど、リアはちょっとクセがある。逆に250TRのリアは、オーソドックスだが、フロントがちょっと変わっててイジリにくいと思う。250TRのフレームにエストレヤの前輪周りが理想の形のような気がする。当前だけど、トラッカーとかオフ車風は、250TRのがやりやすく。ヨーロピアン風とかカフェレーサーは、エストレヤのがやりやすい。でも敢えて逆をいくのがカッコイイ気もするけど。

 

 

FI版の250TRにはFI版のエストレヤのタンクしか付かないはず。言い換えれば2007年モデル以降の250TRには、2007年モデル以降のエストレヤのタンクしか付かない。250TRとエストレヤのタンク周りのフレーム形状や電装系がほとんど同じ形でFI化した2007年モデルからのタンク裏形状変更も等しく行われているはず。

 

 

加速をまとめたサイトによると同型エンジンのエストレヤのフルノーマルはシングルで、60km/h→4秒台。100km/h→6秒台で到達。250TRは、エストレヤより車重が軽くて有利だけど、60km/h→ギリギリ5秒台って感じらしい。

 

 

250TRもエストレヤも車体は、小さいよ。250TRの車格はそれなりにあるが、細身でボリューム感が無い。逆にエストレヤは、ボリュームはあるが車格が小さい。身長180cmぐらいある人は、もう少し大きいバイクかオフ車にした方がいいかも。

 

 

175cmだけど、250TRは、ちょうどいい感じだった。エストレヤは、ちょっと小さかった。

 

 

背が低い人は、エストレヤが似合うよ。エストレヤは、横幅はあるがシート高が低いからサイドから見ると小さく見える。250TRはそれなりに背が高くてもしっくりくると思うよ。

 

 

250TRは、タンク容量がエストレヤの半分しかないもんな。6.6リットルは、少なすぎる。まあ、エストレヤのタンク乗せて航続距離を伸ばせるけど。

 

 

 

●タンク容量
250TR 6.6L
エストレヤ 13L

 

●燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)
250TR 41km/L
エストレヤ 41km/L

 

●航続距離(60km/h走行時)
250TR 6.6L × 41km/L =?270.6km
エストレヤ 13L × 41km/L =533km

 

 

エストレヤは、250TRより太めでポジションはまとまった感じ。250TRは細身でポジションがゆったり、どっちかだと250TRの方が背が高い人向きだと思う。

 

 

250TRとエストレヤで悩んでる。250TRは、価格が安く、黒の外見のが結構好き。ただし、イグニッションキーが使いにくそうな位置にある。エストレヤは、2007年モデルの黒がカッコイイ。

 

 

エストレヤと250TRで悩んで250TRを買った。エストレヤのサイドカバーを囲うような特徴があるフレームワークが好みでなかったのとメッキ部品が多いのでその分手入れが大変そうな気がした。

 

 

俺は、見た目と軽さで250TRにした。

 

 

250TRのエンジンは、排気量249ccの空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒で、同系エンジンを搭載するエストレヤと兄弟車種だよ。

 

 

カスタムするつもりなら250TRかな。後輪18インチには憧れる。ノーマルのままで乗るならエストレヤだな。そのままで雰囲気があるから。

 

 

250TRは、友達が乗ってるけど、味があってカッコイイ。身長が高い人が乗るとそびえたつような姿勢になるけど。ラフに乗るなら250TRと思うがタンク容量ではエストレヤだな。

 

 

●シート高
250TR 775mm
エストレヤ 735mm

 

 

最低地上高
・エストレヤ 150mm
・250TR 165mm

 

250TRとエストレヤの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら