グラストラッカーとST250Eタイプの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

グラストラッカーとST250Eタイプの違いを比較

 

スズキ グラストラッカーの歴史

2000年4月24日にスズキ グラストラッカーが新登場。型式は、BA-NJ47A
2001年11月にスズキ グラストラッカーをマイナーチェンジして発売。
主な変更点は、キック始動が廃止されセル始動のみに変更。マフラーの簡素化した。ハンドルバランサを廃止。パッシングライトスイッチを廃止。ヘルメットホルダ形状を変更。ステアリングベアリングを変更。スイングアームピボット構造を変更。ブレーキレバー形状を変更。グリップエンドキャップを追加。グラストラッカービッグボーイとの住み分けのために本体価格を384,000円から339,000円へ値下げしてコストダウンした。
2002年11月にスズキ グラストラッカーの2003年モデルを発売。
2003年5月にスズキ グラストラッカーの2003年モデルを追加発売。
2004年4月にスズキ グラストラッカーをマイナーチェンジして発売。型式は、BA-NJ4BA
主な変更点は、ST250(2003年12月発売)用の軽量で放熱性の高い高速メッキシリンダーを採用した空冷4スト単気筒SOHC2バルブエンジンを搭載。これまでの4バルブによる高回転域での効率的な高出力は失ったが、2バルブ化により低回転寄りのセッティングに変わり低回転域でのトルクが向上。ローターを変更。マフラーをシンプル化。エキゾーストパイプを2本から1本へ変更。メインステップの形状を変更。バッテリーを開放型からメンテナンスフリータイプ(密閉型)に変更。タンデムステップが取り外し式に。車両重量が123kgから120kgに。
2008年9月にスズキ グラストラッカーをマイナーチェンジして発売。型式は、JBK-NJ4DA
主な変更点は、2007年自動車排出ガス規制の適合のため、燃料供給装置をキャブレター方式からインジェクション方式に変更。燃料供給装置は、「ST250 Etype」と共通のもの。エンジン出力は19psに下がり、実用トルクが若干上がり、始動性の向上・燃焼効率の改善・低排出ガス化を実現。マフラーを触媒レスマフラーから触媒付マフラーに変更。シートが厚くなった。燃料タンクが6Lから8.4Lとなった。ツールボックスの位置変更。燃料残量警告灯が装備された。車両重量表記が乾燥重量120kgから装備重量136kgへ改めた。
2013年8月にスズキ グラストラッカーをカラーチェンジして発売。
2014年6月にスズキ グラストラッカーの2014年モデルを発売。
主な変更点は、タンクのSエンブレムが変更。
2017年9月に平成28年自動車排出ガス規制によりグラストラッカーの生産終了を発表。

 

 

スズキ ST250の歴史

2003年12月にST250が新登場。型式は、BA-NJ4AA
2004年1月にST250Eタイプが新登場。型式は、BA-NJ4AA
2005年1月にST250とST250Eタイプをカラーチェンジ。
2006年3月にST250とST250Eタイプをカラーチェンジ。
2008年2月にST250Eタイプをマイナーチェンジ。
排出ガス規制対応のため、新たにフューエルインジェクションを搭載
型式は、JBK-NJ4CA
2008年6月にST250Eタイプの特別・限定車を発売。
2012年3月にST250Eタイプをカラーチェンジ。
2012年4月にST250Eタイプのカラー追加。
2012年8月にST250Eタイプをカラーチェンジ。
2014年4月にST250Eタイプをカラーチェンジ。
これが最終モデル。

 

 

ここでは、
2014年6月発売のスズキ グラストラッカー(JBK-NJ4DA)と
2014年4月発売のスズキ ST250 Eタイプ(JBK-NJ4CA)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

グラストラッカー

ST250 E-Type

発売年月

2014年6月

2014年4月

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2050

2070

全幅 (mm)

900

750

全高 (mm)

1130

1075

軸間距離 (mm)

1325

1375

最低地上高 (mm)

160

165

シート高 (mm)

750

770

車両重量 (kg)

136

146

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

249

249

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

4スト・気筒あたりバルブ数

2

2

内径(シリンダーボア)(mm)

72

72

行程(ピストンストローク)(mm)

61.2

61.2

圧縮比(:1)

9.2

9.2

最高出力(kW)

14

14

最高出力(PS)

19

19

最高出力回転数(rpm)

7500

7500

最大トルク(N・m)

21

21

最大トルク(kgf・m)

2.1

2.1

最大トルク回転数(rpm)

5500

5500

燃料タンク容量 (L)

8.4

12

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

DR7EA

DR8EA

搭載バッテリー・型式

YTX7L-BS

YTX7L-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.7

1.9

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

1次減速比

3.238

3.238

2次減速比

2.733

2.866

変速比

1速 2.6360/2速 1.6870/3速 1.2000/4速 0.9520/5速 0.8180

1速 2.6360/2速 1.6870/3速 1.2000/4速 0.9520/5速 0.8180

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

15

スプロケット歯数・後

41

43

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

100

108

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

28°25

25°55

トレール量 (mm)

107

92

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

48

48

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

タイヤ(前)

3.00-18

90/90-18

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

47

51

タイヤ(前)速度記号

S

S

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

-

タイヤ(後)

120/80-17

110/90-18

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

61

61

タイヤ(後)速度記号

S

S

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

-

ホイールリム幅(前)

1.85

1.85

ホイールリム幅(後)

2.5

2.5

メーカー小売価格

430920円

484920円

 

グラストラッカーとST250Eタイプの違いを比較

 

グラストラッカーとST250の比較の口コミ

 

 

俺は、ST250の方がいいな。グラストラッカーは、タンク容量が小さい、シートが硬くて小さい、ハンドル横が広いからすり抜けしにくい。これらは、見た目では、かっこいいけど、利便性が無い。

 

 

2009年のカタログ見ると、ST250とグラストラッカーは、エンジンもフレームもミッションも同じだね。グラストラッカーにST250のタンクとシートを載せたらロングツーリングも怖くないかも。

 

 

SBSでグラストラッカーとST250が並んで置いてあった。グラストラッカーは、ST250よりコンパクトでスリムだった。

 

 

高速走るとST250の方が安定感がある。

 

 

グラストラッカーとST250で迷って最後は、形でグラストラッカーにした。グラストラッカーの燃料タンクが小さいのは、気になったけど、キャブの時にに比べたら容量がアップされてるし、ベルトじゃなくてタンデムグリップなのも高評価。

 

 

12リットルの燃料タンクのST250にしとけ。8.4リットルのグラストラッカーじゃ給油回数が増えるぞ

 

 

ヤフオクに出品されてたグラストラッカーとST250のフレームをじっくり見てたら大体共通だけど、後ろ側が違った。グラストラッカーは、シートの後ろ側にグラブバーみたいなのがあるけど、ST250は、それが無い代わりにリアフェンダーを止めるためのサブフレームがつくみたい。ST250は、所有してないから想像だけど。

 

 

グラストラッカーとST250の公式サイトをじっくり見比べてたら、リアウィンカーの位置が全然違った。

 

 

グラストラッカーは、2008年9月にインジェクション方式に変わったけど、燃料供給装置がST250 E typeと同じもの。エンジンもST250 E Typeのエンジンを流用してる。

 

 

グラストラッカービッグボーイと比べたら、ST250の方がコーナリングは軽快だと思う。

 

 

俺がグラトラ買った理由は、タンクが小さいし、値段が安いかったから。正直、見た目は、ST250の方が好きだったけどエンジンとか一緒だから乗り味は、あまり変わらないと思ったし、そこまで金出す理由もなかった。

 

 

ST250とグラトラの主な違いは、ビジュアルと航続距離かな。

 

 

ST250とグラストラッカーは、チューブタイヤでセンスタ無しなのは、同じ。

 

 

FIのグラストラッカービッグボーイ乗ってるけど、ツーリングでは、燃費43km/Lで走る。キャブのST250に乗ってた時は、30km/Lぐらいだった。

 

 

ST250は、海外でも販売されてるけど、グラストラッカーは、海外販売されてないね。

 

 

ST250は、セパハン仕様が似合うし、かっこいい。ST250の方がメッキパーツが多いし、中古価格が高いケースが多いイメージ。

 

 

グラストラッカーを買った後でST250っぽくするより、最初からST250を買う方が安く済む。

 

 

俺は、グラストラッカー乗ってるけど、ST250のメッキ仕上げのマフラーとでかいタンクが羨ましい。

 

グラストラッカーとST250の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら