Z900RSとCB1000Rの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

Z900RSとCB1000Rの違いを比較

 

カワサキ Z900RSの歴史

2017年12月1日に「Z900RS」が新登場。型式は、2BL-ZR900C
Z900RSは、Z900をベースに丸目ヘッドライト、ダブルシート、ティアドロップタンクなどカワサキのZ1を彷彿とさせるデザインに最新機能がついたネオクラシックモデル。車体色は、2色(キャンディトーンブラウン×キャンディトーンオレンジ、メタリックスパークブラック)の設定。
2018年3月1日に「Z900RS CAEF」を発売。
「Z900RS CAEF」は、Z900RSをベースにビキニカウル、ローポジションのハンドルとシングルシート風の段付きシートなどを採用。車体色は、2色(ヴィンテージライムグリーン、パールストームグレー)の設定。
「Z900RS」と「Z900RS CAFE」の違いの比較は、こちら。
2018年7月1日に「Z900RS」の2019年モデルを発売。
メカニズムやカラーの変更は無し。
2018年8月1日に「Z900RS CAEF」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(ヴィンテージライムグリーン、ストームクラウドブルー、メタリックグラファイトグレー)の設定。
2019年8月1日に「Z900RS」と「Z900RS CAEF」をカラーチェンジ。
車体色は、「Z900RS」が2色(キャンディトーングリーン、メタリックディアブロブラック)の設定。「Z900RS CAEF」が2色(ヴィンテージライムグリーン、ファントムブルー)の設定。


 

 

ホンダ CB1000Rの歴史

2008年1月に「CB1000R」の海外向けモデルが新登場。
初代モデル。ヨーロッパ・南アフリカ共和国市場向けで日本国内向け仕様の正規販売はない。エンジンは、SC57E型をベースにチューニングしたSC60E型でアルミダイキャスト製ダイヤモンド型のフレームに搭載。マフラーは、ロースラングエキゾーストと呼ばれるSC59型CBR1000RRに酷似したタイプを装着。
2018年4月2日に「CB1000R」の日本仕様が新登場。型式は、2BL-SC80
新世代CBシリーズの大型ネイキッドロードスポーツモデル。エンジンは、CBR1000RRのエンジンを踏襲しながら、より伸びやかな吹け上がりや、力強いトルクを実現する吸排気系の最適化、ギアのローレシオ化を図った水冷4ストローク・DOHC 4バルブ・直列4気筒1000ccを軽量かつコンパクトな車体に搭載。車体色は、2色(キャンディークロモスフィアレッド、グラファイトブラック)。
2018年12月14日にマイナーチェンジ。
ETC2.0車載器を標準装備。車体色は、3色(ソードシルバーメタリック、キャンディークロモスフィアレッド、グラファイトブラック)。
2020年2月14日にカラーチェンジ。
車体色は、3色(マットパールグレアホワイト、キャンディークロモスフィアレッド、グラファイトブラック)。

 

 

ここでは、
2018年7月1日発売のカワサキ Z900RS(2BL-ZR900C)と
2018年12月14日発売のホンダ CB1000R(2BL-SC80)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

Z900RS

CB1000R

モデルチェンジ区分

前年モデルを継続販売

カラーチェンジ

型式

2BL-ZR900C

2BL-SC80

発売日

2018年7月1日

2018年12月14日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2100

2120

全幅 (mm)

865

790

全高 (mm)

1150

1090

ホイールベース (mm)

1470

1455

最低地上高(mm)

130

138

シート高 (mm)

800

830

車両重量 (kg)

215

212

最小回転半径(m)

2.9

3

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

28.5

22.5

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

20

16.7

原動機型式

ZR900BE

SC80E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

948

998

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

73.4

75

行程(ピストンストローク)(mm)

56

56.5

圧縮比(:1)

10.8

11.6

最高出力(kW)

82

107

最高出力(PS)

111

145

最高出力回転数(rpm)

8500

10500

最大トルク(N・m)

98

104

最大トルク(kgf・m)

10

10.6

最大トルク回転数(rpm)

6500

8250

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

-

PGM-FI

燃料タンク容量 (L)

17

16

燃料タンク・リザーブ容量 (L)

-

3.5

燃料(種類)

ハイオクガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

484.5

360

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9EIA-9

IMR9E-9HES

点火プラグ必要本数・合計

4

4

搭載バッテリー・型式

YTX9-BS

YTZ10S

バッテリー容量

12V-8Ah

12V-8.6Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

4.2

3.6

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

3.3

2.7

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

3.8

3

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-30

ドレンボルト呼び径(mm)

12

-

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

1.627

1.604

2次減速比

2.8

2.933

変速比

1速 2.915/2速 2.058/3速 1.649/4速 1.409/5速 1.222/6速 0.966

1速 2.538/2速 1.940/3速 1.577/4速 1.363/5速 1.217/6速 1.115

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

15

スプロケット歯数・後

42

44

チェーンサイズ

525

525

標準チェーンリンク数

114

116

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

25°

25°

トレール量 (mm)

98

100

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

倒立フォーク

倒立フォーク

フロントホイールトラベル(mm)

120

-

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

リアホイールトラベル(mm)

140

-

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

180/55ZR17

190/55ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

73

73

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2.5

2.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.9

2.9

ヘッドライトタイプ(Lo)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

スピードメーター表示形式

アナログ

デジタル

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
トラクションコントロール 有
スリッパークラッチ 有
ETC 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
走行モード切り替え 有
トラクションコントロール 有
スリッパークラッチ 有
シフトアシスト機構(クイックシフター) 有
グリップヒーター 有
ETC 有
緊急制動表示灯 有

メーカー希望小売価格

1,296,000円

1,640,520円

 

Z900RS(2BL-ZR900C)とCB1000R(2BL-SC80)の違いを比較

 

Z900RS(2BL-ZR900C)とCB1000R(2BL-SC80)の外観の比較のGIF動画

 

Z900RS(2BL-ZR900C)とCB1000R(2BL-SC80)の外観のサイドの比較のGIF動画

 

 

左がZ900RS(2BL-ZR900C)
右がCB1000R(2BL-SC80)
Z900RSとCB1000Rの装備の違いを比較

 

Z900RSとCB1000Rの違いを比較

 

 

俺は、Z900RSにしたけど何でも高いレベルでこなせるオールマイティーなバイク。ただ、カウルが無いから高速使ったロンツーでは、風向きに左右される。CB1000Rも優秀なバイクだし、クラッチ切らなくてもシフト操作できるのは、便利。ただ、俺は腕が短いから前傾が少しキツイ。

 

 

●車両重量と最高出力と最大トルク
Z900RS 215kg | 111ps/8500rpm | 98N・m/6500rpm
CB1000R 212kg | 145ps/10500rpm | 104N・m/8250rpm

 

 

性能はCB1000Rの圧勝だけど、値段が高すぎ。

 

 

Z900RSも高いよ。あれと比べたらCB1000Rは、妥当な値段かも。

 

 

俺はZ900RSにした。CB1000Rは、直押しサスで小細工できない830mmのシートが俺には、無理だった。

 

 

●シート高
Z900RS 800mm
CB1000R 830mm

 

 

●タンク容量
Z900RS 17L
CB1000R 16L

 

●燃費WMTCモード値
Z900RS 20km/L
CB1000R 16.7km/L

 

●航続距離
Z900RS 17L × 20km/L =340km
CB1000R 16L × 16.7km/L =267.2km

 

 

CB1000Rは、さすがの質感だから価格を気にしない人向け。Z900RSも懐古とお得感がうまくすり合わせてあって素晴らしい。

 

 

CB1000Rは、最新装備の変なスタイルのバイク。
Z900RSは、最新装備で現代に蘇ったZ1。

 

 

金のある世代は、高校時代に流行ったバイクへの憧れがあるから、それでZ900RSにする人もそれなりにいると思う。

 

 

Z900RSの方が人気があってCB1000Rがいまいち売れてないのは見た目が原因だと思う。CB1000Rの見た目は、この値段でも買える中年ライダーが好むデザインじゃない。カワサキは、うまくやったと思う。

 

 

俺は、CB1000Rが思うように売れてないのは、値段が高いだけだと思うよ。ネイキッドに150万円以上出せる人がいない。MT-10がいい例。

 

 

Z900RSは、カッコイイと思ってたけど、最近よく見かけるから前ほど購入意欲は、なくなってきた。CB1000Rは、試乗した。シート高が830mmなのが気になってたけど、170cmで両足の土踏まず手前までがつくから不安は全くなかった。凄く軽い印象で押し引きも楽だった。あとクイックシフターには驚かされた。全体的に丁寧に作られてて質感も良かった。気になったとこは、あとメーターパネルが傷がつきやすいのとフェンダーやホイールの仕上げが今ひとつだった。

 

 

Z900RSは、2017年12月1日に発売された時からETC2.0だったけど、CB1000Rは、2018年12月14日に発売されたものからETC2.0へバージョンアップされた。

 

Z900RSとCB1000Rの買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら