スティード400のVCL VLX VSE VLSの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

スティード400の「VCL」と「VLX」と「VSE」と「VLS」の違いを比較

 

ホンダ スティード400の歴史

1988年1月20日に「スティード400」と「スティード400 フラットバータイプ」が新登場。型式は、NC26
ホンダ初の本格的アメリカンとして開発。新設計の水冷・狭角(52度)Vツインエンジン搭載。ハンドル形状は、手前に引きぎみのティラーバー型とフラットバー型がラインナップ。
1990年6月1日に「スティード400」と「スティード400 フラットバータイプ」がカラーチェンジ。
カラーリングが一新され、後席にバックレストを標準装備。フラットバーハンドル・タイプは、受注生産。
1992年3月11日に「スティード400」と「スティード400 フラットバータイプ」がカラーチェンジ。
フラットバーハンドル・タイプは受注生産。
1993年1月25日に「スティード400」と「スティード400 フラットバータイプ」がマイナーチェンジ。
燃料タンクのデザイン・イメージはそのままにタンク容量を従来モデルの9Lから11Lに拡大。
1994年1月20日に「スティード400」と「スティード400 フラットバータイプ」がカラーチェンジ。
車体色は、3色(ブラック/キャンディワインベリーレッド、ブラック/グラニットブルーメタリック、パールコーラルリーフブルー/パールフェイドレスホワイト(新色))。
1994年7月20日に「スティード400」と「スティード400 フラットバータイプ」がカラーチェンジ。
車体色は、4色(キャンディプエブロレッド/パールフェイドレスホワイト、パールコーラルリーフブルー/パールフェイドレスホワイト、ブラック/キャンディワインベリーレッド、ブラック/グラニットブルーメタリック)。
1995年7月10日「スティード400 VCL」をタイプ追加
「VCL」は、シンプルな装備で本体価格を3万円安くしたモデル。シート表皮は滑らかなソリッドタイプとなり、ハンドルは、フラットバーのみ。バックレストは、オプション設定となった。
スティード400とVCLの違いの比較は、こちら。
1996年1月20日に「スティード400 VCL」がマイナーチェンジ。また「スティード400 VLX」と「スティード400 VSE」をタイプ追加。

マイナーチェンジでは、ミッションのギア比とキャブレターのセッティングとマフラーの内部構造を変更し、低・中回転域で力強い出力特性となり、燃費も向上。「VLX」は、「VCL」の登場に合わせて、従来モデルに「VLX」のサブネームが与えられた。「VSE」は、後輪にVツイン・マグナと同様のアルミ製ディッシュホイールを追加。リアフェンダーとテールランプ周りを変更。大型のハンドルを採用するなどした。
1997年1月15日に「スティード400 VCL」と「スティード400 VLX」と「スティード400 VSE」をカラーチェンジ。
1998年3月24日「スティード400 VLS」をタイプ追加。型式は、NC37
「VLS」は、Vツイン・ローダウン・スプリンガーの頭文字。クラシカルなスプリンガー・フロントフォークを採用。大径21インチのフロントタイヤを採用。タンク下端の継ぎめが目立たないフランジレス燃料タンクを採用。「VSE」と「VCL」と600ccモデルの製造が終了。
1998年3月24日「スティード400 VLX」をタイプ追加。型式は、NC26
従来のVLX(ラグジュアリータイプ)とVCL(シンプルなクラシックタイプ)を融合させたモデルで前後のサスペンションを変更し、最低地上高を10mm低く設定。ロー&ロングのプロポーションをさらに強調。ギア比を変更し、低中速域での鼓動感が増した。
2001年2月10日にマイナーチェンジした「スティード400」を発売。型式は、BC-NC26
2002年の国内排ガス規制強化で「VLS」は生産を中止。「VLX」だけ排ガス規制対応措置(エアの二次導入)を採用し、名称はアルファベット表記を用いない「スティード」になった。新たに幅広のワイドハンドルを採用。これがスティードシリーズの最終モデルとなり、同じ系列のエンジンを搭載するシャドウシリーズに吸収された。
スティード400の「NC26」と「BC-NC26」の違いの比較は、こちら。

 

 

ここでは、上の黄色の部分
1996年1月20日発売のホンダ スティード400 VCL(NC26)と
1996年1月20日発売のホンダ スティード400 VLX(NC26)と
1996年1月20日発売のホンダ スティード400 VSE(NC26)と
1998年3月24日発売のホンダ スティード400 VLS(NC37)と
1998年3月24日発売のホンダ スティード400 VLX(NC26)
の違いを比較しました。

 

 

スティード400の「VCL」と「VLX」と「VSE」と「VLS」のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

スティード400 VCL

スティード400 VLX

スティード400 VSE

スティード400 VLS

スティード400 VLX

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

マイナーチェンジ

追加

追加

追加

型式

NC26

NC26

NC26

NC37

NC26

発売日

1996年1月20日

1996年1月20日

1996年1月20日

1998年3月24日

1998年3月24日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

国内向けモデル

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2310

2310

2310

2335

2310

全幅 (mm)

705

760

865

765

760

全高 (mm)

1105

1130

1120

1115

1115

ホイールベース (mm)

1600

1600

1600

1620

1600

最低地上高(mm)

140

140

140

130

130

シート高 (mm)

680

680

680

650

670

乾燥重量 (kg)

204

204

203

211

203

車両重量 (kg)

217

217

216

223

215

最小回転半径(m)

3.1

3.1

3.1

3.3

3.1

乗車定員(名)

2

2

2

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

37.2

37.2

37.2

37.2

37.2

原動機型式

NC25E

NC25E

NC25E

NC25E

NC25E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

4ストローク

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

2

2

2

シリンダ配列

V型(L型)

V型(L型)

V型(L型)

V型(L型)

V型(L型)

シリンダバンク角(°)

52

52

52

52

52

冷却方式

水冷

水冷

水冷

水冷

水冷

排気量 (cc)

398

398

398

398

398

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

3

3

3

3

3

内径(シリンダーボア)(mm)

64

64

64

64

64

行程(ピストンストローク)(mm)

62

62

62

62

62

圧縮比(:1)

10

10

10

9.8

9.8

最高出力(PS)

31

31

31

31

31

最高出力回転数(rpm)

7500

7500

7500

7500

7500

最大トルク(kgf・m)

3.4

3.4

3.4

3.4

3.4

最大トルク回転数(rpm)

5500

5500

5500

5500

5500

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

キャブレター

キャブレター

キャブレター

燃料供給装置形式

VDD0

VDD0

VDD0

VDD0

VDD0

燃料タンク容量 (L)

11

11

11

11

11

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

409.2

409.2

409.2

409.2

409.2

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

セルフスターター式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

DPR7EA-9

DPR7EA-9

DPR7EA-9

DPR7EA-9

DPR7EA-9

点火プラグ必要本数・合計

4

4

4

4

4

搭載バッテリー・型式

YTX9-BS

YTX9-BS

YTX9-BS

YTX9-BS

YTX9-BS

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.8

2.8

2.8

2.8

2.8

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

湿式・多板

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

フットシフト

フットシフト

フットシフト

1次減速比

2.058

2.058

2.058

2.058

2.058

2次減速比

2.812

2.812

2.812

2.75

2.75

変速比

1速 3.000/2速 2.055/3速 1.544/4速 1.200/5速 1.034

1速 3.000/2速 2.055/3速 1.544/4速 1.200/5速 1.034

1速 3.000/2速 2.055/3速 1.544/4速 1.200/5速 1.034

1速 3.165/2速 2.000/3速 1.500/4速 1.172/5速 1.041

1速 3.165/2速 2.000/3速 1.500/4速 1.172/5速 1.041

動力伝達方式

チェーン

チェーン

チェーン

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

16

16

16

16

16

スプロケット歯数・後

45

45

45

44

44

チェーンサイズ

525

525

525

525

525

標準チェーンリンク数

120

120

120

120

120

フレーム型式

ダブルクレードル

ダブルクレードル

ダブルクレードル

ダブルクレードル

ダブルクレードル

キャスター角

35°00

35°00

35°00

-

-

トレール量 (mm)

164

164

164

-

-

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

油圧式ディスク

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

スイングアーム式

スイングアーム式

スイングアーム式

タイヤ(前)

100/90-19

100/90-19

100/90-19

90/90-21

100/90-19

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

バイアス

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

57

57

57

54

57

タイヤ(前)速度記号

S

S

S

S

S

タイヤ(後)

170/80-15

170/80-15

170/80-15

170/80-15

170/80-15

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

バイアス

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

77

77

77

77

77

タイヤ(後)速度記号

S

S

S

S

S

メーカー小売価格

569,000円

599,000円

599,000円

649,000円

589,000円

 

スティード400の「VCL」と「VLX」と「VSE」と「VLS」の違いを比較

 

スティード400の「VCL」と「VLX」と「VSE」と「VLS」の違いを比較

 

 

1994年モデルまでスタンダードモデルのスティードだけ、
1995年モデルからシート表皮を滑らかなソリッドタイプとして、バックレストをオプション設定にするなどして本体価格を3万円安くした廉価版の「VCL」がタイプ追加。
1996年モデルから従来のスタンダードモデルにサブネームを付けただけの「VLX」と、後輪にアルミ製ディッシュホイールを追加して、リアフェンダーとテールランプ周りを変更して、大型ハンドルを採用した「VSE」をタイプ追加。
1998年モデルからクラシカルなスプリンガー・フロントフォークと大径21インチのフロントタイヤとタンク下端の継ぎめが目立たないフランジレス燃料タンクを採用した「VLS」と、VLXとVCLを融合させて前後サスの変更と最低地上高を10mm低くして、ギア比を変更し、低中速域での鼓動感が増した「VLX」をタイプ追加。

 

 

2009年6月時点だけど、フルノーマル車で状態がほぼ同じだったら年式が新しいものを選んだほうがいい。俺のオススメは1996〜2000年式。
●1988〜1995年式は、この年式だけ使われている部品に供給の不安がある。相場は安い。1988〜1995年式の車両でもキャブレターのセッティングとマフラーの換装で馬力と少しだけ最高トルクが1996年式以降と同程度になる。
●1996〜2000年式は、1988〜1995年式より最高出力が1馬力高い。
●2001年〜.最終年式は、車体の状態は良いけど、吸気経路の取り回しが少し複雑。

 

 

スティードの種類

 

●スティード(1988〜1994)
1988年1月に新登場したスティード。バックレスト有り無しがある。

 

●スティードVCL [V-twin CLassic] (1995〜)
バックレストは、オプションで、シートがソリッドタイプに変更。タンクに「VCL」の立体のエンブレムがある。

 

●スティードVSE [V-twin Special Edition](1995〜)
リアホイールがディッシュタイプのホイールで、リアフェンダーは、ファットボブタイプ。VSE専用のシートを採用。

 

●スティードVLX [V-twin LuXury] (1998〜)
最低地上高が10mm低いのと前後サスの変更とギア比の変更。人気が高い。

 

●スティードVLS [V-twin Lowdown Springer] (1998〜)
国産バイクで唯一のスプリンガーフォークが標準装備。フロントが21インチの大径ホイール。リアフェンダーやシートが専用設計。スティードの中で最も評価が高く、中古では、結構高い値段がついてる。

 

VSEやVLSは、最初から完成度が高いので下手にいじるよりノーマルを綺麗に乗りこなす方がカッコいい。カスタムベースは、アフターパーツが多い初期型スティード、VCL、VLXが向いてる。

 

 

俺は、フロントがスプリンガーフォークのタイプの「VLS」にした。スプリンガーは、一般的なテレスコより迫力がある。後でスプリンガーに変更するとしたら、結構金かかる。フロントも21インチだし、スプリンガーと車体のバランスが良く、フロントの迫力が全然違う。

 

 

「VLX」と「VLC」は、だいたい同じ。「VSE」は、リヤホイールがスポークでないモデル。「VLS」は、フロントまわりが、スプリンガーフォークでホイールが21インチ。

 

 

クラシカルに乗る人には、希少性が高い「VLS」がおすすめ。

 

 

「VLS」は、かなりのパーツが通常のスティードと共有できないので注意。

 

 

スタンダードのスティードと迷ったけど、あのスプリングに惚れて「VLS」にした。

 

 

●「VLS」とそれ以外のモデルとの違う部分
・フロント周り一式(スプリンガーフォーク、タイヤ、ブレーキ)
・タンク、サイドカバー、シート、リアフェンダー
あとは大体一緒。エンジン周りも同じ。

 

 

VSE、VLX、VCLのサイドカバーは、それぞれ形が違うよ。

 

 

基本的に「スティード、「VCL」、VLX」の外装は互換性がある。「VLS」の外装は、タンク、フロントフェンダー、リアフェンダー、サイドカバーの全てに互換性がない。「VSE」の外装は、タンクとフロントフェンダー以外は、互換性がない。でも「VLS」と「VSE」は外装をいじらなくてもカッコいいと思うけどね。

 

 

基本的に「VLS」は、スティードの他のタイプの社外パーツは取り付けできないと思った方がいいよ。シッシーバステー、サイドカバー、バッグステー、シートなんかはVLS専用。マフラーなどのエンジン系やミラーやウィンカーは、他のタイプと共有できる。

 

 

VLSは、V-twin Lowdown Springerの略でスプリンガーフォークの特別仕様車
VSEは、V-twin Special Editionの略で特別仕様車

 

 

●スティードのタイプの主な違い
VCL → バックレスト無し
VLX → 車高が少しだけ低い
VSE → スペシャルエディション
VLS → スプリンガーフォーク
でも改造された車両は元が何か分からないからどのモデルとかあまり気にせず好きなものが付いてる車両を買えばいい。

 

 

スティードの社外マフラーは、VLS、VSEも含めて全車種共通のものが多いけど、
メーカによっては、「VSE/VLSは装着不可」というものもあるから注意が必要。

 

スティード400の「VCL」と「VLX」と「VSE」と「VLS」の買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら