SV400とグラディウス400の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

SV400とグラディウス400の違いを比較

 

スズキ SV400の歴史

1998年9月に「SV400」が新登場。型式は、VK53A
4ストローク水冷90度V型2気筒エンジンをアルミトラスフレームに搭載したネイキッドスポーツ。カウルレスのSV400と同時にハーフカウルを装備しセパレートハンドルを採用したSV400Sも発売。車体色は、3色(サターンブラックメタリック、フラッシュシルバーメタリック、パールヘリオスレッド)。
2001年にマイナーチェンジ。型式は、BC-VK53A
2002年11月にマイナーチェンジ。
前輪ブレーキがダブルディスクに変更。車体色は、1色(キャンディグランブルー)。
2003年にカラーチェンジ。
2004年にカラーチェンジ。
2005年8月にカラーチェンジ。
車体色は、1色(パールネブラーブラック)。
2006年12月に生産終了。
後継車は、2009年に発売されたグラディウス。

 

 

スズキ グラディウス400の歴史

2009年12月9日に「グラディウス400 ABS」が新登場。型式は、EBL-VK58A
K510型399cm3水冷4ストロークDOHCV型2気筒エンジンを搭載したスポーツネイキッド。国内向けに販売された400cc版のグラディウスは、電子制御式ABSが搭載されたモデルだけだった。車体色は、3色(パールスズキディープブルーNo.2/グラススプラッシュホワイト、パールネブラーブラック/パールミラレッド、パールネブラーブラック)。
2011年4月にカラーチェンジ。
車体色は、2色(パールビガーブルー/グラススプラッシュホワイト、ミスティックシルバーメタリック/グラススパークルブラック)。フロントフェンダーの「ABS」デカールを廃止。ステップブラケットをエンジン同色に、グラブバー色をブラックに変更。
2012年3月にマイナーチェンジ。
車体色は、2色(パールミラージュホワイト/グラススパークルブラック、パールビガーブルー/グラススプラッシュホワイト)。リヤビューミラーを樹脂ミラーに変更。
2012年4月にカラーチェンジ。
車体色は、3色(パールミラージュホワイト/グラススパークルブラック、パールビガーブルー/グラススプラッシュホワイト、グラススパークルブラック)。
2013年5月にカラーチェンジ。
車体色は、3色(サンダーグレーメタリック/グラススパークルブラック(赤フレーム)、パールビガーブルー/パールグレッシャーホワイト(黒フレーム)マットブラックメタリックNo.2/グラススパークルブラック(黒フレーム))。
2014年10月にカラーチェンジ。
車体色、フレーム色、ホイール色を変更。車体色は、3色(パールビガーブルー/パールグレッシャーホワイト、マットブラックメタリックNo.2/グラススパークルブラック、グラススパークルブラック/マットフィブロイングレーメタリック)。ハンドルバーをマットチタニウムシルバーに変更。これが最終仕様。
2017年9月に生産終了。
平成28年自動車排出ガス規制適用によりメーカーが生産終了を発表。

 

 

ここでは、
2004年発売のスズキ SV400(型式 BC-VK53A)と
2009年12月発売のスズキ グラディウス400 ABS(型式 EBL-VK58A)
の違いを比較しました。

 

 

SV400とグラディウス400 ABSのスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

SV400

グラディウス400 ABS

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

新登場

型式

BC-VK53A

EBL-VK58A

発売日

2004年

2009年12月

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2070

2130

全幅 (mm)

750

760

全高 (mm)

1060

1090

ホイールベース (mm)

1430

1455

最低地上高(mm)

140

135

シート高 (mm)

-

785

車両重量 (kg)

184

206

最小回転半径(m)

-

3

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

37

40

原動機型式

K508

K510

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

V型(L型)

V型(L型)

シリンダバンク角(°)

90

90

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

399

399

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

72

72

行程(ピストンストローク)(mm)

49

49

圧縮比(:1)

11.8

11.8

最高出力(kW)

39

41

最高出力(PS)

53

55

最高出力回転数(rpm)

10500

11000

最大トルク(N・m)

41

41

最大トルク(kgf・m)

4.2

4.1

最大トルク回転数(rpm)

8000

8500

燃料供給方式

キャブレター

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

16

14

燃料タンク・リザーブ容量 (L)

-

3.5

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

592

560

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR7E

CR7EIA-9

点火プラグ必要本数・合計

2

2

搭載バッテリー・型式

YTX9-BS

YT12A-BS

バッテリー容量

-

12V 36kC(10Ah)/10HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

-

2.9

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

-

2.4

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

-

2.75

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

-

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

2.62

2.62

2次減速比

3

2.933

変速比

1速 2.460/2速 1.776/3速 1.379/4速 1.125/5速 0.961/6速 0.851

1速 2.460/2速 1.776/3速 1.379/4速 1.125/5速 0.961/6速 0.851

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

15

スプロケット歯数・後

45

44

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

108

112

フレーム型式

トレリスフレーム

トラスフレーム

キャスター角

25°00

25°00

トレール量 (mm)

100

106

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

フロントサスペンションストローク(mm)

-

125

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

-

1

リアホイールトラベル(mm)

-

130

タイヤ(前)

120/60ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

55

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

160/60ZR17

160/60ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

69

69

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4.5

5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

-

2.25

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

-

2.5

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

-

H4

テールライト定格(制動/尾灯)

21/5W

21/5W

 

SV400とグラディウス400の違いを比較

 

SV400とグラディウス400の違いを比較

 

 

「SV400」は、1998年9月に新発売。バンク角90°の水冷Vツインエンジンをアルミトラスフレームに搭載したネイキッドスポーツ。バーハンドルを採用。また、ネイキッドのSV400と同時にハーフカウルが装備されたセパレートハンドル採用の「SV400S」も発売された。「SV400S」は、は2000年に、「SV400」は、2002年11月にフロントブレーキをダブルディスク式に変更された。

 

2009年12月には、新型モデルの「グラディウス400」が新発売。「グラディウス400」は、実質的な「SV400/S」の後継モデルでエンジンもSV400時代のものに、インジェクションを組み合わせるなどの変更を加えたもので、形状は異なるがトラスフレームも同様で、

 

 

グラディウス400の試乗会で店の人が「グラディウス400は、SV400に比べて、低速トルクアップ、馬力アップ、燃費アップとがんばって作りこみました」って言ってた。

 

 

SV400とグラディウス400の減速比は、ファイナルギア(ドリブンスプロケット)比以外は、全く同じ。

 

ファイナルギア比は、
グラディウス400 2.933
SV400 3.0

 

 

俺のSV400は、ノーマルで普通に燃費25km/Lで走ってた。グラディウス400は、インジェクションになったからもっといいだろうね。

 

 

グラディウス400は、SVの形から上手くヨーロピアンに洗練したと思う。

 

 

SV400の無印乗りでグラディウス400に試乗してきたけど、エンジンの印象がずいぶん違った。ドンつきも全然少なくて結構楽な感じ。でも加速感は、薄くなった気がした。重くなったからかな?

 

 

SV400乗りだけど、グラディウス400に試乗してきた。グラディウス400は、SV400のネガティブな部分が消えてると思う。FIと低重心化が効いてる感じでサスの動きも良くなってた。

 

 

グラディウス400は、エンブレも少ないのに上までスーーっと回っていく感じ。悪く言えば、癖が少なくてつまらない。
SV400は、アクセルONでトルクが強烈で楽しい。悪く言えばドンつきがあり過ぎ。 長距離は、きついかも。

 

 

グラディウス400の慣らしが終わったばかりだけどこれまでの燃費の平均が33km/Lくらい。前乗ってたSV400Sが28〜30km/Lだった。燃費自体は間違いなくSV400Sより向上してる。

 

 

SV400乗りでグラディウス400は、試乗で乗ったよ。グラディウス400の方がスムーズな加速をする。SV400は、アクセルのONOFFでギクシャクする感じがしたけど、グラディウス400は、そういう癖はかなり無くなってる。ブレーキは、ABSの方が間違いなく使いやすいよ。SV400は、カウル付きも選べたのも大きな違いだと思う。

 

SV400とグラディウス400の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら