CBR929RRとCBR954RRの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

CBR929RRとCBR954RRの違いを比較

 

ホンダ CBR929RRの歴史

2000年に「CBR929RR」が新登場。型式は、BC-SC44
CBR900RR・FireBladeシリーズの5代目となるモデル。シリーズ初の大幅なフルモデルチェンジが行われた。燃料供給方式が負圧キャブ式からフューエルインジェクション(PGM-FI)に改められ、拡大された排気量のエンジンから、152psという最高出力を発揮。フロントホイールサイズが16インチから17インチに変更。3眼ヘッドライトが特徴。CBR929RRという名称は正式には北米仕様のみで、欧州仕様は従来通りCBR900RRの名称となるが、まとめて「CBR929RR」と呼ばれることも多い。
2001年にカラーチェンジ。
2002年にはCBR954RRに進化。

 

 

ホンダ CBR954RRの歴史

2002年3月1日に「CBR954RR」が新登場。型式は、BC-SC50
600cc並みのコンパクトで軽量な車体に1000ccクラスのエンジンを搭載し、Hondaの先進技術を結集した、操る楽しさを最大限に満喫できる、大排気量のスーパースポーツバイク。車体色は、2色(ウイニングレッド、アキュレートシルバーメタリック)。
2002年10月にカラーチェンジ。
車体色に北米仕様の「チタニウムメタリック」を設定し、継続色のウイニングレッドを合せた2色となった。
2004年には、CBR1000RRに進化した。
CBR954RRとCBR1000RRの違いの比較は、こちら。

 

 

ここでは、
2001年モデルのホンダ CBR929RR FireBlade(型式 BC-SC44)と
2002年モデルのホンダ CBR954RR(型式 BC-SC50)
の違いを比較しました。

 

 

CBR929RRとCBR954RRのスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

CBR929RR FireBlade

CBR954RR

CBR954RR

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

新登場

新登場

型式

BC-SC44

SC50

BC-SC50

年式

2001年モデル

2002年モデル

2002年モデル

仕向け・仕様

海外向けモデル

海外向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2065

2025

2025

全幅 (mm)

680

680

680

全高 (mm)

1125

1135

1135

ホイールベース (mm)

1400

1405

1405

最低地上高(mm)

-

-

130

シート高 (mm)

820

-

820

乾燥重量 (kg)

170

168

170

車両重量 (kg)

-

193

195

最小回転半径(m)

-

3.3

3.3

乗車定員(名)

2

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

-

-

23

原動機型式

-

SC50E

SC50E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

4

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

水冷

排気量 (cc)

929

954

954

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

74

75

75

行程(ピストンストローク)(mm)

54

54

54

圧縮比(:1)

11.3

-

11.5

最高出力(kW)

-

111

67

最高出力(PS)

152

150.9

91

最高出力回転数(rpm)

10500

11250

10500

最大トルク(N・m)

-

104.9

87

最大トルク(kgf・m)

10.5

10.7

8.9

最大トルク回転数(rpm)

8500

9500

5500

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

PGM-FI

PGM-FI

PGM-FI

燃料タンク容量 (L)

18

18

18

燃料(種類)

-

-

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

IMR9C-9H

IMR8C-9H

IMR8C-9H

点火プラグ必要本数・合計

4

4

4

搭載バッテリー・型式

YTZ10S

YTZ10S

YTZ10S

バッテリー容量

-

-

12V-8.0Ah

エンジン潤滑方式

-

-

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

-

4

4

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

-

3.5

3.5

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

-

3.7

3.7

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

-

1.52

1.52

2次減速比

-

2.563

2.563

変速比

-

1速 2.691/2速 1.933/3速 1.600/4速 1.400/5速 1.285/6速 1.190

1速 2.691/2速 1.933/3速 1.600/4速 1.400/5速 1.285/6速 1.190

動力伝達方式

チェーン

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

16

16

16

スプロケット歯数・後

43

41

41

チェーンサイズ

530

530

530

標準チェーンリンク数

108

108

108

フレーム型式

-

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

23.45°

23.8°

23.8°

トレール量 (mm)

97

97

97

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

1

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

-

58

58

タイヤ(前)速度記号

-

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

190/50ZR17

190/50ZR17

190/50ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

-

73

73

タイヤ(後)速度記号

-

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

-

-

MT

ホイールリム幅(前)

-

-

3.5

ホイールリム形状(後)

-

-

MT

ホイールリム幅(後)

-

-

6

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

-

-

2.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

-

-

2.9

ヘッドライト定格(Hi)

-

55W

55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

-

H7

H7

テールライトタイプ

-

LED

LED

メーカー希望小売価格

-

-

1,050,000円

 

 

CBR929RRとCBR954RRの違いを比較

 

CBR929RRとCBR954RRの違いを比較

 

 

2000年にCBR900RR・FireBladeシリーズ5代目の「CBR929RR FireBlade」が発売された。燃料供給方式がこれまでの負圧キャブ式からフューエルインジェクション(PGM-FI)となり、拡大された排気量のエンジンから、最高出力152psを発揮。ここからフロントホイールサイズが16インチから17インチになった。2001年にカラーチェンジされ、その翌年の2002年に、FireBladeシリーズ6代目の「CBR954RR」が発売された。このモデルから日本仕様が設定され、国内正式販売も開始された。「CBR954RR」は、「CBR929RR」からコントロール性能を高めた。2003年にカラーチェンジされ、2004年に「CBR1000RR」に進化した。

 

 

CBR954RRになっての主な変更点

 

  • よりシャープなデザインとなった。
  •  

  • エンジンは、排気量をアップした954cm3・水冷DOHC直列4気筒を搭載。高精度なPGM-FI(電子制御燃料噴射システム)や、吸・排気の流量を電子制御で最適にコントロールするH-VIX制御システムなどを採用。
  •  

  • エキゾーストシステムに超軽量かつ高強度なチタン合金を採用。
  •  

  • インストルメントパネルは、右にアナログ大径タコメーター、左に速度計、オドメーター、水温計、時計、そして新たに燃料消費率表示を備える、多機能デジタルパネルを採用。
  •  

  • 盗難抑止システムは、Honda独自のイモビライザー(H・I・S・S)を初採用。
  •  

  • 被視認性に優れた、スピード感あふれる上下2分割にデザインされたLEDタイプのテールランプを採用。
  •  

  • インジェクターを4穴から12穴に変更。
  •  

  • スイングアームピボットメンバーの肉厚アップ。
  •  

  • 日本国内仕様の設定し、初めて国内での販売を開始。
  •  

    輸出仕様から日本国内仕様への変更点
    • 日本仕様は、ヘッドライトが常時点灯。英国や欧州仕様などでは、ヘッドライト切り替えスイッチがあるが、一部の輸出仕様では常時点灯仕様もある。
    • 日本仕様は、ヘッドライトのポジション灯が廃止された。
    • 日本仕様は、ウインカーをポジション灯として兼用するため、ウインカーのダブル球へ変更。
    • 日本仕様は、燃料がレギュラーガソリン。フルパワー車と輸出車はハイオクガソリン。
    • 日本仕様は、馬力規制のため、151PSから91PSへ変更された。
    • 日本仕様は、吸気と排気関係の部品を変更。
    • 日本仕様は、サイレンサーの出口を絞り込んだ。
    • 日本仕様は、電気配線が変わった。
    • 日本仕様は、スパークプラグの番数を変更。
    • 日本仕様は、スピードメーター表記の180km/h規制。2003年型でフルスケール化。
    • 日本仕様は、騒音規制に伴ってカウル内へのスポンジなどの遮音物を追加。
    • 日本仕様は、ドリブンスプロケットのサイズを変更。
    • 日本仕様は、サイレントチェーンを採用。
    • 日本仕様は、北米仕様同様のファイヤーブレードの名称が付かず車名は「CBR954RR」となった。
    • 日本仕様は、一部ステッカーを変更。
    • 日本仕様は、ホンダアクセスのアラームシステムや、ココセコムに対応できるようになった。

 

 

2007年10月時点でCBR929RRとCBR954RRの相場は、変わらないね。CBR954RRの釣り目に引く人が多そう。

 

 

2007年12月に近所のドリーム店にCBR929RRとCBR954RRが一台ずつあってどちらも走行距離が9000kmで程度は同等だった。価格は、CBR929RRが70万円、CBR954RRがアクラ付きで90万円。

 

 

CBR929RRとCBR954RRのタンデムシート下の容量は、おそらくCBR929RRの方が広いと思う。2Lと1.5Lのペットボトルが1本づつ入る。

 

 

タンデムシートの下は、CBR929RRの方が広いよ。シルエットジャパンのシングルシートカバーをつければ高さが稼げて2Lと1.5Lのペットボトルの他にもさらに500mlのペットボトルが3本入る。

 

 

CBR929RRとCBR954RRを跨がって足つきを比較したけど、CBR954RRの方が大分足つき良く感じたけど、単なる個体差かな?俺の身長は、160cm。

 

 

CBR954RRは、エンジン内部をさらに軽量化したから強度不足だよ。CBR929RRの方が少し丈夫。ちなみにパワーも同じじゃない計測すればわかる。

 

 

CBR929RRとCBR954RRの馬力にあまり差が無いのは、
CBR954RRは、2001年からの排ガス・騒音規制
定常走行排気:74db→72db
近接排気:99db→94db
加速騒音:75db→73db
の対策を行っているから。

 

 

CBR929RRとCBR954RRの違いは、
CBR954RRの方が軽い
CBR954RRは国内モデルがクソ。
CBR954RRの方がタマが豊富で中古パーツの数は雲泥の差。
CBR954RRの方がミッションのトラブルをよく聞く。
CBR954RRの方が小物入れが小さい。それでもSS最高クラスだけど。

 

 

CBR929RRのマフラー(サイレンサーのみ)の傷多くて交換したいけど、CBR954RRの純正マフラーってCBR929RRにつくのかな?ヤフオクで新車はずしのCBR954RRのマフラーが出品されてて、チタンで軽いしいいかなって思った。

 

 

CBR929RRとCBR954RRは、サイレンサーとパイプの固定方法が違う。CBR929RRは、サイレンサーにメスねじが切ってあって、パイプとはボルト止め。CBR954RRは、サイレンサーからオスねじが出ていて、パイプとはナット止め。だからCBR954RR用をCBR929RRに付ける場合、ナット3個の用意がいる。

 

 

まあ基本的にCBR929RRとCBR954RRのマフラーは、共用はできるけど、純正だとCBR929RRとCBR954RRでマウント(要はタンデムステップのところにあるボルト穴)の位置が微妙に違うからうまくいかないよ。社外サイレンサーみたいにバンドで吊すなら問題はないけど。ちなみに俺がこれを知ったのは、CBR929RR用として買ったタンデムステップがCBR954RRであることが現物あわせで判明したから。

 

 

CBR954RRの方がカッコイイし、国内販売がある分、CBR954RRの方がパーツの面で有利かも。

 

 

俺はCBR929RRの野暮ったさが好き。

 

 

CBR1000RRならエンジンやフレームの進化に驚くけど、CBR929RRとCBR954RRだとエンジンもフレームも同じ、サスも足回りも同じだから、違いを探す方が難しい。

 

CBR929RRとCBR954RRの買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら