セロー250とCRF250Lの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

セロー250とCRF250Lの違いを比較

 

ヤマハ セロー250の歴史

2005年4月1日に「セロー250」が新登場。型式は、BA-DG11J
車体色は、2色(パープリッシュホワイトソリッド1、ダークグレーメタリックE)の設定。
2005年4月1日に特別・限定仕様「SEROW 250 20th Anniversary Special」を発売。
前のモデルのセロー225の登場から20年を記念したアニバーサリーモデル。車体色は、ライトイエローイッシュグレーメタリック9(レッド/ホワイト)。
2006年3月30日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、新色2色(パープリッシュホワイトソリッド1、ヤマハブラック)の設定。
2006年3月30日に「セロー250S」を新たにタイプ追加。
「セロー250S」は、外装に塗装を施し、質感と高級感を醸し出す上級グレード版。車体色は、ブルーイッシュシルバー4の1色。
2007年2月に2006年モデルのカラーのまま2007年モデルの「セロー250」を発売。
2007年3月30日に「セロー250S」をカラーチェンジ。
車体色は、新色のイエローイッシュグレーメタリック9(バイオレット)の1色の設定。
2008年1月30日に「セロー250」と「セロー250S」をマイナーチェンジ。型式は、JBK-DG17J
F.I.を採用、吸気ポート形状変更などによって環境性能・トルク感を向上、フロントフォークアウターチューブの仕様変更によるトレール量の見直しを図る。また、全色に新グラフィックを採用。車体色は、セロー250がパープリッシュホワイトソリッド1(新グラフィック)、ヒートレッド(新色)の2色。 セロー250Sがライトイエローイッシュグレーメタリック9(新色)の1色。
セロー250のキャブとFIの違いを比較
2010年1月15日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、「パープリッシュホワイトソリッド1」をベースカラーとした「ホワイト/グリーン」と 「ホワイト/ブロンズ」の2色の設定。

2010年7月1日に特別・限定仕様「SEROW 250 25th Anniversary Special」を発売。
前のモデルのセロー225の登場から25年を記念したアニバーサリーモデル。車体色は、Realtree AP HD/Yamaha Black (Realtree/ブラック)。
2012年1月30日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、「パープリッシュホワイトソリッド1」をベースカラーとした「ホワイト/グリーン」と「ホワイト/レッド」の2色の設定。
2012年8月30日に「ツーリングセロー」を新たにタイプ追加。
セロー250に、専用アクセサリーをパッケージ装着した販売店特装車。主な専用装備として大型リアキャリア、エンジン下アルミガード、ハンドルグリップ部のブラッシュガード、フロントガードを備えたアドベンチャースクリーンの4点。
2014年1月21日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、新色のベージュとパープリッシュホワイトソリッド1の2色の設定。
2015年4月15日に特別・限定仕様「SEROW 250 30th Anniversary Special Edition」を発売。
前のモデルのセロー225の登場から30年を記念したアニバーサリーモデル。車体色は、新色のマットグレーメタリック3(マットグレー)の1色。
2016年2月5日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、新色のパープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/グリーン)とベージュ(ベージュ)の2色の設定。
2016年3月22日に「セロー250」をカラーの追加。
1ヶ月遅れて、新色のパープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/オレンジ)を追加。
2017年2月に「セロー250」をカラーチェンジ。
2018年8月31日に「セロー250」をマイナーチェンジ。型式は、2BK-DG31J

平成28年排出ガス規制をクリアして登場。規制の対象となった蒸発ガソリンの外気排出を低減するためのキャニスター(容器)を備えるなどの環境対策が施された。3kgほど車重がアップし、混合気の圧縮比が若干上がり、出力が向上、タンク容量は、少し減ったが燃費は大きく向上。外観上の違いは、リアフェンダーがロングタイプになり、テールランプがLED化された。車体色は、「パープリッシュホワイトソリッド1」をベースカラーとした「ホワイト/グリーン」「ホワイト/オレンジ」「ホワイト/ブルー」の3色の設定。
セロー250の旧型(JBK-DG17J)と新型(2BK-DG31J)の違い
2018年9月13日に「ツーリングセロー」をタイプ追加。
平成28年排出ガス規制をクリアしたセロー250にも「ツーリングセロー」がタイプ設定された。ツーリングセローは、大型のアドベンチャースクリーンや、ハンドルガード、積載性を向上させるアドベンチャーリアキャリア、アルミダンダーガードの4点を標準装備したアクセサリーパッケージ。

 

 

ホンダ CRF250Lの歴史

2012年5月14日に「CRF250L」が新登場。型式は、JBK-MD38
2012年12月20日に特別仕様の「CRF250L Special Edition」を発売。
2015年2月13日にカラーチェンジ。
2017年2月20日にマイナーチェンジ。型式は、2BK-MD44
スロットルボディーの口径を大径化、コネクティングチューブを100mm延長、エキゾーストパイプの管径を拡大させ、高回転域の出力向上と力強い低速トルクの両立を実現。マフラー内部を3室構造から2室構造に変更、歯切れの良いパルス感を演出し小型軽量化も図られた。スピードメーターには、タコメーターや時計や燃料計や各警告灯などの情報を表示するフルデジタルメーターを採用。
2017年2月20日に「CRF250L Type LD」をタイプ追加。
「CRF250L Type LD」は、2017年モデルのCRF250Lをベースに前後のサスペンションを変更し、シート高を45mm下げ、足つき性を向上させたローダウン仕様。
2019年2月15日にカラーチェンジ。
CRF250Lは、「CRF450R」のイメージを踏襲し、ホイールリムのカラーをブラックに変更。フロントフォークをブロンズとし、トップブリッジ、ボトムブリッジ、ハンドルホルダーをブラック、ヘッドライトカウルを主体色と同色とした。車体色は、2色(エクストリームレッド、ブラック)の設定。


 

 

ここでは、まず最初に
2012年1月30日発売のヤマハ セロー250(JBK-DG17J)と
2012年5月14日発売のホンダ CRF250L(JBK-MD38)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

セロー250

CRF250L

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

新登場

発売日

2012年1月30日

2012年5月14日

型式

JBK-DG17J

JBK-MD38

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2100

2195

全幅 (mm)

805

815

全高 (mm)

1160

1195

軸間距離 (mm)

1360

1445

最低地上高 (mm)

285

255

シート高 (mm)

830

875

車両重量 (kg)

130

144

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

水冷

排気量 (cc)

249

249

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

2

4

内径(シリンダーボア)(mm)

74

76

行程(ピストンストローク)(mm)

58

55

圧縮比(:1)

9.5

10.7

最高出力(kW)

14

17

最高出力(PS)

18

23

最高出力回転数(rpm)

7500

8500

最大トルク(N・m)

19

22

最大トルク(kgf・m)

1.9

2.2

最大トルク回転数(rpm)

6500

7000

燃料タンク容量 (L)

9.6

7.7

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

DR7EA

SIMR8A9

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

YTX7L-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.4

1.8

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.2

1.4

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.3

1.5

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-30

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

3.083

2.807

2次減速比

3.2

2.857

変速比

1速 2.8460/2速 1.8120/3速 1.8180/4速 1.0350/5速 0.8210

1速 3.3330/2速 2.1170/3速 1.5710/4速 1.3040/5速 1.1150/6速 0.9620

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

14

スプロケット歯数・後

-

40

チェーンサイズ

428

520

標準チェーンリンク数

128

106

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

26°40

27°35

トレール量 (mm)

105

113

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

40

44.3

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

2.75-21

3.00-21

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

45

51

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

120/80-18

120/80-18

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

62

62

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

1.6

1.6

ホイールリム幅(後)

2.15

2.15

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

-

メーター表示

時計 有
ツイントリップ 有

燃料計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有

ハザードランプ 有

メーカー小売価格

493,500円

449,400円

 

セロー250(JBK-DG17J)とCRF250L(JBK-MD38)の比較

 

 

セロー250(JBK-DG17J)とCRF250L(JBK-MD38)の比較の口コミ

 

 

 

 

 

 

次に
2018年8月31日発売のヤマハ セロー250(2BK-DG31J)と
2017年2月20日発売のホンダ CRF250L(2BK-MD44)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

セロー250

CRF250L

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

マイナーチェンジ

発売日

2018年8月31日

2017年2月20日

型式

2BK-DG31J

2BK-MD44

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2100

2195

全幅 (mm)

805

815

全高 (mm)

1160

1195

軸間距離 (mm)

1360

1445

最低地上高 (mm)

285

255

シート高 (mm)

830

875

車両重量 (kg)

133

144

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

水冷

排気量 (cc)

249

249

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

2

4

内径(シリンダーボア)(mm)

74

76

行程(ピストンストローク)(mm)

58

55

圧縮比(:1)

9.7

10.7

最高出力(kW)

14

18

最高出力(PS)

20

24

最高出力回転数(rpm)

7500

8500

最大トルク(N・m)

20

23

最大トルク(kgf・m)

2.1

2.3

最大トルク回転数(rpm)

6000

6750

燃料タンク容量 (L)

9.3

7.8

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

-

SIMR8A9

点火プラグ必要本数・合計

-

1

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

YTX7L-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.4

1.8

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.2

1.4

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.3

1.5

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-30

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

3.083

2.807

2次減速比

3.2

2.857

変速比

1速 2.8460/2速 1.8120/3速 1.3180/4速 1.0350/5速 0.8210

1速 3.3330/2速 2.1170/3速 1.5710/4速 1.3040/5速 1.1030/6速 0.9670

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

14

スプロケット歯数・後

48

40

チェーンサイズ

428

520

標準チェーンリンク数

128

106

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

26°40

27°35

トレール量 (mm)

105

113

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

48.4

44.3

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

38.7

33.1

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

2.75-21

3.00-21

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

45

51

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

120/80-18

120/80-18

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

62

62

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

1.6

1.6

ホイールリム幅(後)

2.15

2.15

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

-

テールライトタイプ

LED

-

メーター表示

時計 有
ツイントリップ 有

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有

ハザードランプ 有

メーカー小売価格

564,840円

497,880円

 

セロー250(2BK-DG31J)とCRF250L(2BK-MD44)の比較

 

セロー250(2BK-DG31J)とCRF250L(2BK-MD44)の比較の口コミ

 

 

セロー250のが低速が得意で車体が小さい。だから足を着きながら攻略するレベルのオフロード走行は、CRF250Lよりセロー250の方が使いやすい。CRF250Lは、もっとオンロード寄りで高速走る時は、セロー250より使いやすい。足つき性は、両足つま先立ちでも乗ってたら慣れるから問題ない。片足の爪先なら安心感や楽さはセロー250の方がある。でもCRF250Lにはシート高を下げたモデルがあるから問題ない。1台で何でもしたい人には、CRF250Lをおすすめする。

 

 

俺は、セローよりCRF250Lのが見た目が気に入ってる。車重は重いけど、24馬力あるしスピードも出るからCRF250Lにしようと思ってるけど、最小回転半径が2.3mなのがひっかかる。ちなみにセローは、1.9m。それから幅が1車線弱しかない舗装林道を走るのに40pの差は大きいかどうかも気になる。

 

 

セロー250だと高速辛いよ。

 

 

林道に行くつもりならセロー250した方がいい。特に素人は。でも腕があるならCRF250Lでもいいけど。素人が林道ガンガン攻めるとか夢の話でそんなことしたら大怪我するよ。

 

 

CRF250Lで林道行くと倒した時に初めて想像以上に重いって気づくんだよ。

 

 

身長170cmでCRF250Lは、両足つま先立ちだけど、膝に少し余裕ある。セロー250は、足つき良いけど、両足大の字になる。

 

 

まだ林道に行った事ない人は、セロー250にしといた方がいい。オンロードのバイク経験があっても乗り方の考え方が違うから関係ない。

 

 

セロー250とCRF250Lは、全然違うよ。オフロードメインならセロー250。オンロードメインならCRF250L。街乗りだけならデザインで決めて問題なし。足つきに関しては、つま先が着けば十分。

 

 

俺は、日帰りの400kmツーリングするからセロー250よりCRF250L乗るつもり。林道走ったことないけど怪我したら仕事が困るから倒木を越えたり、ガレ場アタックは、しないからCRF250Lで楽しめるでしょ。

 

 

CRF250Lにスクリーン付けるとダサいよ。セロー250はそこまでとは思わないけど。

 

 

CRF250Lは、シート高を45mm低くしたType LDがあるからモッサーのデザインが好きだが足つきが悪く乗れない人にもおすすめできる。セロー250も足つき性は良いけど、デザインの方向性が違うし。

 

 

セローは、林道はいいけどオンロードの性能が低過ぎ。実際9割は、オンロード走ってるからオンロードの性能が高いCRF250Lにした。

 

 

CRF250Lは、軽トラが走れるレベルの林道をトコトコ探索するのが楽しいバイク。オフロード走るぜ!って感じではない。ガレガレの道を進んで行ったり、タイヤ痕を残してかっ飛ばして行くような走りをしたいならセローを買うべき。

 

セロー250とCRF250Lの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら