ニンジャZX-14Rとニンジャ1000の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

ニンジャZX-14Rとニンジャ1000の違いを比較

 

カワサキ NINJA ZX-14Rの歴史

2012年に海外向けモデルが新登場。
ZZR1400のフルモデルチェンジにあわせて、北米向けのNINJA ZX-14もチェンジ。新たに「NINJA ZX-14R」として排気量を拡大。新たにトラクションコントロールとパワーモードを装備した。モデルコードはZX1400E。ABS搭載モデル(ZX1400F)は、東南アジア向けのZX-14Rに設定。
2013年に「NINJA ZX-14R」と「NINJA ZX-14R ABS」をカラーチェンジ。
2014年に「NINJA ZX-14R」と「NINJA ZX-14R ABS」の2014年モデルを発売。またオーリンズ製サスペンションを採用した特別モデル「Ninja ZX-14R ABS OHLINS Edition」も2014年モデルと2015年モデルに設定。
2015年に「NINJA ZX-14R ABS」と「Ninja ZX-14R Special Edition」と「Ninja ZX-14R ABS Special Edition」の2015年モデルを発売。
2016年に「NINJA ZX-14R ABS」をマイナーチェンジ。
ユーロ4の排出ガス規制をクリア。2016年モデルからABSが標準装備となった。またブレンボのブレーキやオーリンズ製のリアサスを採用したハイグレードモデル「Ninja ZX-14R ABS High Grade」がタイプ設定された。
2017年に「NINJA ZX-14R ABS」と「Ninja ZX-14R ABS High Grade」の2017年モデルを発売。
2018年に「NINJA ZX-14R」と「Ninja ZX-14R High Grade」の2018年モデルを発売。どちらも車種名表記から、「ABS」の文字が省略された。

 

 

カワサキ NINJA1000の歴史

2011年1月に新登場。Z1000(3代目)をベースに、ツアラーモデルとして誕生。海外市場専用モデルだったが日本国内でも「逆輸入」で販売。ABS搭載モデルも発売。
2012年1月にカラーチェンジ。
2013年1月にカラーチェンジ。
2014年1月フルモデルチェンジした2代目モデルを発売。
パワーモード選択が可能になり、トラクションコントロールも搭載。専用アクセサリーとしてパニアケース(GIVI製)が設定され、左右それぞれにフルフェイスヘルメットが収納できる。
2015年1月にカラーチェンジ。
2016年1月マイナーチェンジ
アシスト&スリッパークラッチを新搭載し、急激なシフトダウンやシフトミスによる過度のエンジンブレーキを抑え、リアタイヤを安定させた。ABS搭載モデルだけになる。
2017年3月15日に国内仕様の「Ninja1000 ABS」を発売。
型式は、2BL-ZXT00W。ETC車載器を標準装備、パニアケースなどの純正オプションを豊富に用意するなどした。海外仕様の2016年モデルからマイナーチェンジし、カウル形状の変更、LEDヘッドライトに変更。欧州向けモデルの基本構成も日本向けの2017年モデルと同様。車体色は、2色(キャンディライムグリーン×メタリックカーボングレー、メタリックスパークブラック×メタリックグラファイトグレー)。
2017年9月1日にカラーチェンジ。
ABSが標準装備となり、2018年モデルから車名表記からABSの表記を外した。車体色は、2色(メタリックスパークブラック×メタリックグラファイトグレー、メタリックマットフュージョンシルバー×メタリックフラットスパークブラック)。
2018年8月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(エメラルドブレイズドグリーン×メタリックマットグラファイトグレー、メタリックスパークブラック×メタリックマットカーボングレー)。

 

 

ここでは、
2013年発売のカワサキ ニンジャZX-14Rと
2013年1月発売のカワサキ ニンジャ1000
の違いを比較しました。

 

 

ニンジャZX-14Rとニンジャ1000のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

カワサキ ニンジャZX-14R

カワサキ ニンジャ1000

発売

2013年

2013年

全長

2170mm

2105mm

全幅

770mm

790mm

全高

1170mm

1170mm

ホイールベース

1480mm

1445mm

シート高

800mm

820mm

最低地上高

125mm

135mm

総重量

265kg

228kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

スイングアーム

スイングアーム

キャスター角

23°

24.5°

トレール(mm)

93

102

ブレーキ形式(前)

ダブルディスク

ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

120/70ZR17 M/C 58W

120/70ZR17 M/C 58W

タイヤサイズ(後)

190/50ZR17 M/C 73W

190/50ZR17 M/C 73W

エンジン種類

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒

総排気量

1441cc

1043cc

圧縮比

12.3

11.8

ボア

84mm

77mm

最高出力(kW/rpm)

147.2(200PS)/10000

101.5(138PS)/9600

最大トルク(N・m/rpm)

162.5(16.6kgf・m)/7500

110(11.2kgf・m)/7800

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

デジタル

クラッチ形式

湿式多板

湿式多板

変速機形式

6段リターン

6段リターン

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

ウエットサンプ

ウエットサンプ

燃料タンク容量

22.0L

19.0L

燃料消費率(km/L)

 

 

カラー/メーカー小売価格

¥1,566,000 メタリックミッドナイトサファイヤブルー ¥1,566,000 パールスターダストホワイト ¥1,588,000 メタリックスパークブラック/ゴールデンブレイズドグリーン(スペシャルエディション)

¥1,239,000 キャンディライムグリーン/メタリックスパークブラック ¥1,239,000 パールスターダストホワイト/メタリックスパークブラック

 

 

 

ニンジャZX-14Rとニンジャ1000の動画

 

ニンジャZX-14R

 

カワサキ ニンジャZX-14R バイク試乗ショートレビュー

 

カワサキ ZX-14R の紹介動画(前編)【モトブログ】

 

カワサキ ZX-14R の紹介動画(後編)【モトブログ】

 

ZX14R 最高速

 

 

ニンジャ1000

 

やさしいバイク解説:カワサキ Ninja 1000

 

KAWASAKI NINJA 1000 インプレ&雑談モトブログ

 

ninja1000 top speed meter278km GPS260

 

 

ニンジャZX-14Rとニンジャ1000の比較の口コミ

 

 

 

両方ともツアラー要素のあるカワサキのリッタースポーツだけど乗ると全然別のバイク。ニンジャ1000は、リーズナブルな万能バイク。一方、ZX-14Rは高級車みたいな感じ。

 

 

ニンジャ1000も悪くないがZX-14Rのハンドル周りの質感が違う。それからエンジンの周り方も違う。 ZX-14Rは、モーターって思うくらいスムーズでトルクフル。

 

2014年度上半期401cc〜車種別年間販売台数
第1位 MT-09/A(-Since2014-) 販売台数1646台
第2位 ボルト/R(-Since2013-) 販売台数1320台
第3位 スポーツスター1200(-Since2013-) 販売台数1179台
第4位 NC750X(-Since2014-) 販売台数1032台
第5位 CB1100 Type1/2(-Since2010-) 販売台数1012台
第6位 CB1300SF/SB/ST(-Since2008-) 販売台数790台
第7位 ニンジャZX-14R/ZZR1400ABS(-Since2012-) 販売台数754台
第8位 883シリーズ(-Since2013-) 販売台数731台
第9位 ZRX1200DAEG(-Since2009-) 販売台数668台
第10位 Ninja1000ABS(-Since2014-) 販売台数652台

 

 

ロンツーで使うから軽い車体の方が良かった。だからニンジャ1000にした。色々パーツ付けてたらZX-14Rと変わらない金額になった。

 

 

ニンジャ1000と14Rで悩んだが自分は、高速にそれほど乗らないし、腰痛持ちでワインディングを流すことが多かった。だからポジションがきつくなくてヒラヒラ感があってたまにツーリング行くことを考えたらニンジャ1000になった。

 

 

ZX-14Rのオームみたいな目玉が嫌だったからニンジャ1000にした。

 

 

ZX-14Rは重い過ぎて却下になった。

 

 

●車両重量と馬力
NinjaZX-14R 265kg 200ps
Ninja1000 228kg 138ps

 

 

レンタルで色々乗ったがニンジャ1000エンブレは、強すぎ。トップギアでもシフトアップしたくなる。アクセル戻しも気をつけないとおかま掘られる程。とにかく高速で疲れる。ニンジャ1000に乗るならZX-14Rの方がいい。

 

 

街乗りやちょい乗りならニンジャ1000。 高速道路をよく走るならZX-14R。峠は、乗る人による。

 

 

タンデムで峠の上りで飛ばさないでマッタリ低い回転で走ったらZX-14Rよりニンジャ1000の方がトルク感があって押し出される感じがした。低回転域のレスポンスもニンジャ1000の方が鋭かった。

 

 

ZX-14Rは、デカすぎて一般道では、取り回しが結構厳しい。ニンジャ1000なら下駄としてもそこそこ使える。

 

 

ウィンドスクリーンが動くのは10Rや14Rにない ニンジャ1000の特徴。公道で少し速く走れることより重要だと思う。

 

 

ZX-14Rは、重いのと純正パニアの設定が無いのが残念。ニンジャ1000の純正パニアはスタイルも崩れないし、付けてもカッコいい。

 

 

ニンジャ1000のメーター内で表示される情報をZX-14Rと同じにしてほしい。

 

 

ZX-14Rは、後出しジャンケンだから性能では全ての面でニンジャ1000より上。聞いた話によればZX-14Rは、シート下のスペースがほとんど無いのと荷掛けフックが無かったような気がする。

 

 

俺は、ZX-14Rからニンジャ1000に乗り換えた。ニンジャ1000の方が取り回しも含めて総合的にいい。300km/hとか求めてないから。

 

 

ニンジャ1000のタンデムシートは、SSより少しマシな程度。タンデムシートの快適さを求めるならZX-14Rにした方がいい。

 

 

細かいスペックの数字を気にする人は、ZX-14Rにした方が後悔しないよ。

 

 

普段ZX-14Rに乗ってるけどニンジャ1000に試乗させてもらったらリッター4気筒の割には、結構スリムだし、軽くてニンジャ1000もいいなって思った。

 

 

ニンジャ1000からZX-14Rへ乗換えたけどニンジャ1000は、かなりのローギアードだから加速感を結構感じるし中速までのキビキビ感は十分。 しかし、その弊害でZX-14Rと比較して常に回転高目でうるさく、エンブレもニンジャ1000の方が明らかに強く、ギアチェンジも忙しい。街中でもすぐ6速まで入ってしまう。 高速では、ZX-14Rの4速とニンジャ1000(13モデル)の6速の回転数が同じ感じ(14Rの4速4000回転=91km/h、ニンジャ1000の6速4000回転=93km/h )で常にうるさくて疲れる。

 

 

ハンドリングはZX-14Rの方が素直だね。

 

 

ZX-14Rとニンジャ1000で迷ったけパニアと単色好きが決め手で14年式ニンジャ1000を買った。

 

 

燃費と重いのと純正パニアケース以外はZX-14Rの圧勝。

 

 

ニンジャ1000には、ZX-14Rにあるヤバいオーラがない。

 

 

初心者は、Ninja1000の方がいいと思う。Ninja1000はめちゃくちゃ乗りやすいバイクだから。

 

 

ニンジャ1000は、良いバイクだけど面白みがない。ZX-14Rは、良いバイクにイカれた加速とブランドが加わる。

 

 

Ninja1000乗ってるけど、ZX-14Rは、重いし、前傾が少しキツイ。大型だけど、比較的気軽に乗れるのがNinja1000の良さ。

 

 

Ninja1000買って、凄く満足してるけど、エンジンや乗り味の上質感はZX-14Rの好きだった。

 

 

ニンジャ1000のすっきりステーは、いいね。あれをZX-14Rにつけて欲しい。

 

 

ZX-14Rと迷える人が羨ましいわ。ZX-14Rに跨ってみたけど自分は、背が低いから足着きも厳しいし、大きくて重いし無理だと思った。ニンジャ1000も足着きがきつかったがあんこ抜きしてもらったらなんとか乗れた。

 

 

ニンジャ1000の足つきは、ZX-14Rに比べて少しキツイけどZX-14Rよりは軽いから大丈夫。

 

 

いろんな雑誌のバイクの人気ランキングを見てるとZX-14Rは、ちょくちょく見かけるがニンジャ1000がランクインしたのは、まだ見たことがない。大型だったらカワサキの売れ筋は、ダグエかZX-14Rかな?

 

 

ニンジャ1000は、あえて振動が残るようにしてるらしい。それに比べてZX-14Rは静かだね。滑らかに加速して周りを後ろに置いてく。カワサキがこんな味付けをするとは、感心した。

 

 

ZX-14Rは、走り出せば快適なんだけど、車庫から引っ張り出すのが億劫になりそうでNINJA1000にした。

 

 

ニンジャ1000に試乗したらいいバイクだったけどZX-14Rとは雰囲気が全く違った。特にエンジンの回り方や震動がまるで違って、やはりZX-14Rは高級車と思った。

 

 

ZX-14Rは、他の何かに間違われないから所有感を満たしてくれる。

 

 

ニンジャ1000の音や振動は。昔のバイクらしさがある。ZX-14Rは、振動は少なくてスムーズに回るが、モーターが回ってるような感じ。どっちがいいかはそれぞれの好みの問題。

 

 

乗り比べてみたらニンジャ1000はツーリング用途でいくつか粗があるみたい。後ろの人は、凄くお尻が痛くなるらしい。

 

 

ZX-14RよりNinja1000の方が取り回しがいいに決まっている。ZX-14Rの横に置くとNinja1000がスマートに見える。でも存在感は、やはりZX-14R。

 

 

ZX-14Rは、でかい車体と速そうな見た目のせいで初めはビビるけど、乗ってみたら普通だよ。でも回したらNinja1000が比較にならないぐらいとんでもなく速い。

 

ニンジャZX-14Rとニンジャ1000の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら