YZF-R25とCBR250RRの違いの比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

YZF-R25とCBR250RRの違いの比較

 

ヤマハ YZF-R25歴史

2014年12月15日に「YZF-R25」が新登場。型式は、JBK-RG10J
車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、ブラックメタリックX、ビビッドレッドカクテル1)の設定。
2015年4月20日に「YZF-R25ABS」を追加発売。
車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、ブラックメタリックX、ビビッドレッドカクテル1)の設定。
2015年7月20日に特別・限定仕様。「YZF-R25 Movistar Yamaha MotoGP Edition」を400台限定発売。
車体色は、ディープパープリッシュブルーメタリックCの1色。
2016年2月1日に「YZF-R25」「YZF-R25ABS」共にカラーチェンジして発売。
2016年7月20日に特別・限定仕様。「YZF-R25 Movistar Yamaha MotoGP Edition」を400台限定発売。
車体色は、ディープパープリッシュブルーメタリックCの1色。
2017年3月15日に「YZF-R25」「YZF-R25ABS」共にカラーチェンジして発売。
どちらも新色3色(マットブラック2、ホワイトメタリック6、ディープパープリッシュブルーメタリックC)の設定。
2017年10月13日に「YZF-R25」Movistar Yamaha MotoGP Editionを発売。
MotoGPマシン“YZR-M1”のカラーイメージを再現した限定モデルでYZF-R25は、国内400台の限定販売。車体色は、ディープパープリッシュブルーメタリックCの1色。
2018年1月20日に「YZF-R25」「YZF-R25ABS」のカラーチェンジして発売。2018年モデルから型式が変更。型式は、2BL-RH13J
車体色は、新色3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、ブラックメタリックX、ホワイトメタリック6)の設定。
2019年3月28日に「YZF-R25」「YZF-R25ABS」共にマイナーチェンジして発売。

LEDヘッドランプが組み合わされた新型のフロントカウルとスクリーン、乗りやすさとサーキットでの扱いやすさを両立させた新デザインのタンク周り、倒立式フロントサスの採用で快適でスポーティな走りにフィットするよう変更されたライディングポジション、メーター周りは視認性が高いフル液晶メーターを採用。車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、マットブラック2、マットディープレッドメタリック)の設定。

 

 

ホンダ CBR250RR(MC51)の歴史

2017年5月12日に「CBR250RR」と「CBR250RR ABS」が新登場。型式は、2BK-MC51
車体色は、3色(マットガンパウダーブラックメタリック、ソードシルバーメタリック、ヴィクトリーレッド)の設定。
2018年4月20日にカラーチェンジして発売。
2018年4月からABS搭載モデルにだけ、新色のパールグレアホワイトを追加。従来色の3色とあわせて4色の設定。
2018年11月22日にカラーチェンジして発売。
車体色は、新色のグランプリレッドと従来色のマットガンパウダーブラックメタリック、パールグレアホワイトをあわせた3色の設定。パールグレアホワイトのアンダーカウルのカラーをグレーからブラックに変更。
2018年12月14日にカラーチェンジして発売。
レッドに躍動感のあるストライプを組み合わせることでレーシングイメージをより高めたグランプリレッド(ストライプ)を追加。従来色とあわせて4色の設定。

 

 

ここでは、
2018年1月20日発売のヤマハ YZF-R25(2BL-RH13J)と
2017年5月12日発売のホンダ CBR250RR(2BK-MC51)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

YZF-R25

CBR250RR

発売年月

2018年1月

2017年5月

全長 (mm)

2090

2065

全幅 (mm)

720

725

全高 (mm)

1135

1095

軸間距離 (mm)

1380

1390

最低地上高 (mm)

160

145

シート高 (mm)

780

790

車両重量 (kg)

167

165

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

249

249

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

60

62

行程(ピストンストローク)(mm)

44.1

41.3

圧縮比(:1)

11.6

11.5

最高出力(kW)

26

28

最高出力(PS)

35

38

最高出力回転数(rpm)

12000

12500

最大トルク(N・m)

23

23

最大トルク(kgf・m)

2.3

2.3

最大トルク回転数(rpm)

10000

11000

燃料タンク容量 (L)

14

14

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9E

SILMAR8C9

点火プラグ必要本数・合計

2

2

搭載バッテリー・型式

GTZ8V

YTZ7S

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.4

2.4

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

3.043

2.781

2次減速比

3.071

2.928

変速比

1速 2.6660/2速 1.8820/3速 1.4540/4速 1.2000/5速 1.0370/6速 0.9200

1速 3.2720/2速 2.1870/3速 1.7270/4速 1.4210/5速 1.2220/6速 1.0680

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

14

スプロケット歯数・後

43

41

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

112

112

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

25°00

24°30

トレール量 (mm)

95

92

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

37.7

40.1

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

27.2

26.7

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

110/70-17

110/70R17

タイヤ(前)構造名

バイアス

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

54

54

タイヤ(前)速度記号

S

H

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

140/70-17

140/70R17

タイヤ(後)構造名

バイアス

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

66

66

タイヤ(後)速度記号

S

H

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.75

2.75

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4

4

ヘッドライトタイプ(Hi)

H7

LED

テールライトタイプ

LED

LED

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

-

走行モード切り替え 有

メーカー希望小売価格(税込み)

567,000円(消費税抜き 525,000円)

マットガンパウダーブラックメタリック、ソードシルバーメタリック)756,000円(税抜き 700,000円)
ヴィクトリーレッド 777,600円(税抜き 720,000円)

 

YZF-R25とCBR250RRの違いの比較

 

左がYZF-R25  右がCBR250RR
YZF-R25とCBR250RRの装備の違いの比較

 

YZF-R25とCBR250RRの比較の口コミ

 

 

YZF-R25ABSにオプションつけて諸費用込みで70万円とかになるならもう少しがんばってCBR250RR買うのもありだな。車検代がかかるけどYZF-R3にするのもありだし。

 

 

性能やスタイリンが近いCBR250RRとYZF-R25だけど、20万円ぐらいの値段は、でかいな。俺ならYZF-R25を買って20万円分、カスタムする方が楽しめる。

 

 

YZF-R25ABSを買ってフロントスプリング、リアサス交換、ラジアルタイヤ、フルエキ、バクステ、ブレンボでCBR250RR ABSと似たような価格かな。

 

 

YZF-R25は、乗りやすくて安いから乗ってるのは、初心者やガキが多い。新型CBR250RRは違いが分かる大人が乗ればいい。

 

 

YZF-R25の生産は、インドネシアの工場。
CBR250RRは、日本国内仕様のみ熊本工場での組み付け。

 

 

CBR250RRは、YZF-R25と比べて値段高いし、姿勢がキツい。俺には、自慢するためのバイクに見える。250は、乗りやすくてカッコよくて安いのが前提でその限られた中でスペックを上げるのがいいんだよ。YZF-R25は、絶妙なバランスで現行250でこれよりコスパがいいバイクはない。

 

 

YZF-R25は、CBR250RR(MC51)よりポジションが楽だから毎日の足としては、YZF-R25の方が使いやすいよ。

 

 

モトチャンプ読んだけど、YZF-R25とCBR250RRの加速の差は、たいしてないね。

 

 

迷ってるなら高い方を買え。その方が後悔しない。

 

 

新型CBR250RRは、凄い興味あるけどレンタルでいいかなって思う。YZF-R25よりポジションがキツいし、俺は、ツーリングメインだから買うならYZF-R25だな。

 

 

CBR250RRのめぼしいポイントは
3つのエンジンモード設定、LEDヘッドライト、
倒立サス、アルミ製ガルアーム、ニッシン製のブレーキキャリパーってとこか

 

 

同じバイク店で2019年5月に自賠責5年付けた2019年モデルの乗り出し価格が
「CBR250RR ABS」が794,980円。
「YZF-R25 ABS」が618,980円。
175000円ぐらいの差。
メーカー希望小売価格は、
「CBR250RR ABS」が839,160円。
「YZF-R25 ABS」が642,600円

 

YZF-R25とCBR250RRの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら