GSR250FとCBR250Rの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

GSR250FとCBR250Rの違いを比較

 

スズキ GSR250Fの歴史

 

2014年9月に新登場。型式は、JBK-GJ55D

 

 

ホンダ CBR250R(MC41)の歴史

 

2011年3月に新登場。型式は、JBK-MC41
2012年11月にマイナーチェンジ。足つき性に配慮し、シート両サイドの形状をスリム化。
2014年4月にマイナーチェンジ。二眼タイプのヘッドライトを採用。フロントカウル、ミドルカウル、テールカウル、サイドカバーのデザインを一新。燃料タンクとスクリーンの形状を変更。エンジンは、低中速域のトルクをキープしたまま最高出力をアップ。
2016年1月にカラーチェンジ。

 

 

ここでは、
2014年9月発売のスズキ GSR250F(JBK-EX250K)と
2016年1月発売のホンダ CBR250R(JBK-MC41)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

スズキ GSR250F

ホンダ CBR250R

発売

2014年9月

2016年1月

型式

JBK-GJ55D

JBK-MC41

全長

2145mm

2035mm

全幅

790mm

720mm

全高

1255mm

1120mm

ホイールベース

1430mm

1380mm

シート高

780mm

780mm

最低地上高

165mm

145mm

総重量

189kg

161kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

スイングアーム

スイングアーム

キャスター角

26°

25°30′

トレール(mm)

105

98

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

110/80-17 M/C 57H

110/70-17 M/C 54S

タイヤサイズ(後)

140/70-17 M/C 66H

140/70-17 M/C 66S

エンジン種類

水冷4ストロークSOHC2バルブ並列2気筒

水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒

総排気量

248cc

249cc

圧縮比

11.5

10.7

ボア

54mm

76mm

最高出力(kW/rpm)

18(24PS)/8500

21(29PS)/9000

最大トルク(N・m/rpm)

22(2.2kgf・m)6500

23(2.3kgf・m)/7500

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

湿式多板

湿式多板

変速機形式

6段リターン

6段リターン

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

ウエットサンプ

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

13.0L

13.0L

燃料消費率(km/L)

40(60km/h)・29.2(WMTCモード)

50.1(60km/h)・32.1(WMTCモード)

カラー/メーカー小売価格

¥514,080 トリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト
¥514,080 パールネブラーブラック

¥515,160 ロスホワイト
¥498,960 ミレニアムレッド
¥498,960 ブラック

 

GSR250FとCBR250Rの違いを比較

 

GSR250FとCBR250Rの比較の口コミ

 

 

簡単に違いを言えばCBRは、単気筒で軽い。GSRは、二気筒で重い。

 

 

現行250のSSの中で高速で回して楽しいのは、R25。100km巡航で楽なのがGSR250F。CBR250R(MC41)は、狭い世界の中では回したら楽しいけど高速には向いていない。他のバイクと比べるとつまらないバイクだから実際売れてない。

 

 

おもいっきりツアラーにふったGSRも地味だけどCBR250R(MC41)より売れてる。

 

 

2015年度126〜250cc車種別年間販売台数
1. YAMAHA YZF-R25  7680台
2. YAMAHA マジェスティS  5346台
3. HONDA PCX150  2508台
4. KAWASAKI Ninja250  3503台
5. YAMAHA セロー  2960台
6. SUZUKI GSR250/S/F  2536台
7. HONDA CRF250L/M    1496台
8. KAWASAKI Ninja250SL  1494台
9. HONDA CBR250R  1459台
10. HONDA フォルツァSi  1427台

 

 

GSRを買ったけど今まで250単気筒ばかり乗ってきたから初めは重いと思ったけどすぐに慣れた。むしろこの重厚なボディのヒップラインが気に入ってる。サービスエリアで駐車したGSRを斜め後ろから見ると近くに停めてあった大型バイクにも引けをとらないボリュームで満足感を得られた。横にCBR250RやNINJA250が並ぶと華奢で原付っぽく見えてくる。

 

 

ツーリングがメインならGSR250SかGSR250F。雑誌やネットのインプレによれば馬力は少ないけど、低中速のトルクと安定感、風防性に優れていてポジションも楽と書いてる人が多い。

 

 

自分は、体が大きいからGSR250がサイズ的にピッタリ。CBR250Rは、無理だった。

 

 

GSRの出だしは、CBR250Rと同等だね。回転の伸びは比べるまでもなくCBR250R。

 

 

見た目だとCBR250Rの方が大差をつけて勝ってる。GSR250SとGSR250Fはチューリップみたいなカウルは、ダサい。でも実用車としてはダントツでGSRの方が良い。

 

 

燃費気を気にする人は、単気筒(CBR250R)にすればいい。単気筒の方が燃費が良いに決まってる。

 

 

GSRがCBRよりも優れてると思う部分は、外観のボリュームによる存在感にどっしりとした乗り心地と快適なシート。それから30km/h走行でも6速で走行可能でオートマ感覚。CBRは、シートが固くてすぐお尻が痛くなるし、ノッキングしやすいから頻繁なギアチェンジが必要だから余計な神経を使うから面倒くさい。ゆったりしたツーリングをよくするならGSRがおすすめ。スポーツ走行で攻めたい人には、CBRがおすすめ。

 

 

GSRは、低速走行に強いから初心者でもめったにエンストすることがない。ただし、重いから取り回しは、苦労するし、出足は、遅い。でも一度走り出せば重い分、安定するし、250の中では風には強い方。あとは、純正メットホルダーが使いにくいと評判のCBR以上に使いにくい。街乗りでの燃費は若干CBRの方が良い。でも高速走行したらCBRは、急に燃費が悪くなると店員が言ってた。

 

 

GSRを敢えて悪く言ったらデカくて重くて遅い。中国製でチープでダサい。そしてスズキ。良く言えばワンクラス上の車格で安定性があってマッタリ走れる。盗難の心配も少ないし安い。

 

 

CBRとGSRを乗り比べてみると体感ではっきり違いが分かるぐらいCBRの方が速い。

 

 

前CBR250Rに乗ってたけどGSRにしたらCBR250Rほど神経質にならなくていいのが良いね。

 

 

GSRは馬力が低いし重いからCBR250Rより加速が遅いし、それが思った以上にストレスになる。なんか必死にならないとスピードが出ない感じ。CBR250Rは、100km/hが6000回転と低回転で出るから静かで滑らか。GSRの良い所は、安い価格で250MTに乗れることぐらい。でも価格が安い分、基本性能は、どうしても低くなる。

 

 

GSRは、110km/h位なら問題ないけどそれ以上出すとエンジンが必死に頑張ってる感じになる。CBRなら130km/h位までは余裕。ちなみにNINJAは、140km/h位、R25は、150km/h位まで余裕。

 

 

CBR250Rは、「下からフラットに伸びるトルク」とはお世辞にも言えないな。ストップアンドゴーが多い街乗りだと多少雑なギア選択でもよいGSRの方が全然乗りやすいわ。

 

 

低速トルクとかその辺の扱いが不安な人は、GSRやVTRにすればいい。高回転の力が欲しい人は、R25やNINJAにすればいい。CBR250R(MC41)は、その中間にあるオールラウンダー。

 

 

低回転時のトルクの感覚の差は、乗り手の体重でも大きく変わる。体重50kgと90kgの人だと40kgも違うし、160kgと200kgの車体を同じエンジンで動かせば、かなり違うフィーリングになる。自分は、デブだから低回転時のパワー不足は結構痛感する方。だから体重が重い人は、低速トルク重視セッティングなGSRの方がおすすめ。あとトルク不足を感じる時は、発進の時より巡航時に回転数が下がった時や高速道路の上り坂。上り坂は5000回転以下、平地でも6速で3500回転を下回ったらどれだけ捻っても加速しない。

 

 

旋回重視ならCBR250R。
ゆっくりツーリングならGSR250

 

 

最初、CBR250RとGSR250で迷ってたけどGSRが中国製と知ってCBR250Rにした。

 

 

レンタルでGSRに乗ったけどカタログスペックが低い割には、低中速トルクがあるツインエンジンは使いやすかったし、重いボディが高速走行での安定感に繋がってた。山道はつまらなかったけどツーリングを楽しむことだけ考えたら安いし、初めてのバイクの人には、おすすめできる。CBR250R(MC41)は、シングルで高回転仕様なんで高回転を多用する場所ではツインより遅く、低速中心のコースではモタより遅い。CBR250R(MC41)は、中速燃費走行するのに適したバイク。

 

 

 

俺が250で乗りたいと思ったのがGSR250F。他のライバル車と比べて価格差が4〜5万で決して安く無いし、CBR250Rの方が安いけど、GSR250Fの魅力が実用域にトルクを振られたエンジンと車格。

 

 

俺は、250の中で選ぶならGSR250Fにする。CBR250Rは、楽しいけど長距離は疲れるし、Ninja250は若干スパルタンだし、VTRは、カウルが無い。

 

 

2016年8月の新車の最安値の相場
GSR250S 35万円
CBR250R 36万円
GSR250F 37万円
YZF-R25 43万円
Ninja250 44万円

 

GSR250FとCBR250Rの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら