トリッカーの平成28年排出ガス規制適合前後の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

トリッカーの「JBK-DG16J」と「2BK-DG32J」の違いを比較

 

ヤマハ トリッカーの歴史

2004年3月30日にヤマハ トリッカーが新登場。型式は、BA-DG10J
車体色は、3色(シルバー3、マットブラック2、ダークパープリッシュブルーメタリック2)の設定。
2005年4月1日にヤマハ トリッカーを発売。
2005年モデルのトリッカーの車体色は、従来モデルと同じマットブラック2とシルバー3の全2色の設定。
2005年4月1日にヤマハ トリッカーSをタイプ追加。
トリッカーSの車体色は、マットブラック2の1色の設定。
トリッカーSには、オレンジ色のピンストライプ入り専用ホイールやメタリック塗装のタンクカバーを採用。
2006年3月30日にヤマハ トリッカーとトリッカーSをカラーチェンジ。
車体色は、トリッカーが新色の2色(シルバー3、ブラックメタリックJ)の設定。トリッカーSが新色の1色(ビビッドオレンジメタリック2)の設定。
2008年1月30日にヤマハ トリッカーとトリッカーSをマイナーチェンジ。型式は、JBK-DG16J
F.I.を採用、吸気ポート形状の変更などで環境性能・トルク感向上。タンク容量が1.2Lアップし7.2Lに。シート形状を変更し、快適性が向上。フロントサスのセッティングを変更し、操縦安定性の最適化。車体色は、トリッカーが新色のマットブルーメタリック3と継続色のビビッドオレンジメタリック2の2色の設定。トリッカーSが新色のマットブラック2の1色の設定。
トリッカー キャブとFIの違いを比較
2010年1月15日にヤマハ トリッカーをカラーチェンジ。
車体色は、新色のマットブラック2と継続色のビビッドオレンジメタリック2の全2色の設定。
2014年1月21日にヤマハ トリッカーをカラーチェンジ。
車体色は、新色の2色(ディープオレンジメタリック7、マットブラック2)の設定。

2018年9月20日にヤマハ トリッカーをフルモデルチェンジ。型式は、2BK-DG32J
平成28年排出ガス規制に適合。環境性能を高めるのにO2フィードバック制御を行うフューエルインジェクションとキャニスターを装備。エンジン出力が少し向上、タンク容量が少し減る。車体色は、2色(ディープオレンジメタリック7、マットブラック2)の設定。

 

 

ここでは、上の黄色の部分
2014年1月21日発売のヤマハ トリッカー(JBK-DG16J)と
2018年9月20日発売のヤマハ トリッカー(2BK-DG32J)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

tricker XG250

tricker XG250

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

フルモデルチェンジ

型式

JBK-DG16J

2BK-DG32J

発売日

2014年1月21日

2018年9月20日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1980

1980

全幅 (mm)

800

800

全高 (mm)

1145

1145

ホイールベース (mm)

1330

1330

最低地上高(mm)

280

280

シート高 (mm)

810

810

車両重量 (kg)

125

127

最小回転半径(m)

1.9

1.9

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

39

45.2

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

-

38.7

原動機型式

G370E

G3J9E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

249

249

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

2

2

内径(シリンダーボア)(mm)

74

74

行程(ピストンストローク)(mm)

58

58

圧縮比(:1)

9.5

9.7

最高出力(kW)

14

14

最高出力(PS)

18

20

最高出力回転数(rpm)

7500

7500

最大トルク(N・m)

19

20

最大トルク(kgf・m)

1.9

2

最大トルク回転数(rpm)

6500

6000

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

7.2

7

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

DR7EA

-

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

YTZ7S

バッテリー容量

12V-6.0Ah

12V-6.0Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.4

1.4

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.2

1.2

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.3

1.3

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

3.083

3.083

2次減速比

3

3

変速比

1速 2.845/2速 1.812/3速 1.317/4速 1.034/5速 0.820

1速 2.845/2速 1.812/3速 1.317/4速 1.034/5速 0.820

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

15

スプロケット歯数・後

45

45

チェーンサイズ

428

428

標準チェーンリンク数

124

124

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

25°10

25°10

トレール量 (mm)

92

92

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

80/100-19

80/100-19

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

49

49

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

120/90-16

120/90-16

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

63

63

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

1.85

1.85

ホイールリム幅(後)

2.15

2.15

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.5

1.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

1.75

1.75

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

テールライト定格(制動/尾灯)

21W/5W ×1

21W/5W ×1

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーカー小売価格

415,800円

467,640円

 

トリッカーの「JBK-DG16J」と「2BK-DG32J」の違いを比較

 

トリッカーの「JBK-DG16J」と「2BK-DG32J」の違いを比較の詳細

 

トリッカーの「JBK-DG16J」と「2BK-DG32J」の違いを比較

 

 

2018年9月20日のマイナーチェンジでの変更点は、
平成28年排出ガス規制に適合するために、
優れた環境性能と燃費性を実現する02フィードバック制御のFIになったのと、
蒸発ガソリンの外気への排出を低減するキャニスターがついた。
それで型式が「JBK-DG16J」から「2BK-DG32J」になった。

 

スペック表の違い

 

●発売日
2014年1月21日 → 2018年9月20日

 

●型式
JBK-DG16J → 2BK-DG32J

 

●車両重量
125kg → 127kg

 

●燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)
39km/L → 45.2km/L

 

●原動機型式
G370E → G3J9E

 

●圧縮比
9.5:1 → 9.7:1

 

●最高出力
18PS → 20PS

 

●最大トルク
19N・m → 20N・m

 

●最大トルク
1.9kgf・m → 2kgf・m

 

●最大トルク回転数
6500rpm → 6000rpm

 

●燃料タンク容量
7.2L → 7L

 

●メーカー小売価格
415,800円 → 467,640円

 

 

タンク容量が0.2L減ったのは、タンク内に装備しているやつの体積が変わったからだと思う。まあ、燃費が39.0→45.2km/L(60km/h、2名乗車時)と1割ちょい良くなったからいいけど。

 

 

最高出力(kW)を見ると新型と旧型のどちらも同じ14kWになってるのに、最高出力(PS)だと旧型が18psで新型が20psになってる。これは、現在では最高出力をkWで計測してて、ヤマハはそれを従来のpsに換算した数値をスペックに併記してる。その時にkWもpsも小数点以下は四捨五入して掲載してるけど、旧型は切り上げられて14kWになったのに対して、新型は切り捨てられて14kWになってる。そして四捨五入前のkWをpsに換算したら、旧型は切り捨てられて18psになって、新型は切り上げられて20psになった。ちなみにトリッカーの小数点以下の数値は公表されてないけど、セロー250だと下記のような数字を書いてる人がいた。
14kW(18PS)…13.500kW (18.355PS)〜13.607kW (18.499PS)
14kW(20PS)…14.342kW (19.500PS)〜14.499kW (19.731PS)

 

 

キャニスターは、邪魔くさいけど、義務だからしょうがないね。その代わりにAIが無くなった。

 

 

キャニスターは、壊れそうな位置に付いてるけど大丈夫かな。

 

 

キャニスターが微妙な位置にあるからオフ車としてはどうかなって思う。

 

 

キャニスターは、「外してください」って言ってるような位置と設置だから
つまりそういう事だろ。

 

 

排ガス規制に対応しただけで4万円値上げは、痛いね。まあ、排ガス規制の対応にコストかかるのは、わかるけど消費者側にメリットない。せめて、カラーリング変更したり、灯火類をLEDにするぐらいの進化が欲しかった。

 

 

スペックの燃費と馬力は上がってるけど、計測方法が変わっただけでしょ。

 

 

圧縮比が変更されてるから実馬力も実燃費も少し変わってるよ。まあ、体感出来るようなものじゃないかもしれないけど、排ガス規制で馬力が落ちると思ってたから朗報だと思う。

 

 

馬力の数字が若干上がっても、エンジンや排気量が変更しない限り体感出来るほどの違いはないから、気にする必要はない。

 

トリッカーの買取相場をチェック

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら