CBR250RRの「型式2BK-MC51」と「型式8BK-MC51」の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

CBR250RRの「型式2BK-MC51」と「型式8BK-MC51」の違いを比較

 

ホンダ CBR250RRの歴史

1990年3月19日CBR250RRが新登場。型式は、MC22
「CBR250RR」は、1989年発売の4ストレーサーレプリカのCBR250R(MC19型)のフルモデルチェンジ車。250ccスーパースポーツモデルとして、当時の最新のメカニズムが投入された。エンジンは、新設計の水冷4ストロークDOHC4気筒を搭載。最高出力を15,000rpm時に発生。フレームは、新設計のアルミ製LCG(LOW CENTER OF GRAVITY、低重心の意)ツインチューブ・フレームを採用。足廻りは、軽量・高剛性のフロントフォーク、新形状のアルミ・リアフォーク(ガルアーム)、幅広の前後ラジアルタイヤ、軽量の六本スポーク・アルミホイール、軽量のインパクト成型のアルミサイレンサーなどを組み合わせて装備。ブレーキは、フローティング式油圧ダブルディスクを採用。車両重量は、157kg。車体色は、ホワイト/レッド、ブラック/シルバーの2色。
1990年6月にカラーチェンジ。
車体色は、ホワイト/ブルーの1色。
1991年1月にカラーチェンジ。
車体色は、ブラック/シルバーの1色。
1992年5月28日にカラーチェンジ。
車体色は、トリコロール、ブラックの2色。
1994年6月24日にマイナーチェンジ。
バルブタイミングや排気管の構造を変更し、中低速域での出力向上。最高出力が45ps/15,000rpmから40ps/14,500rpmに。最大トルクが2.5kg-m/12,000rpmから2.4kg-m/11,500rpmに変更。車体色は、トリコロールとメタリックレッドの2色。
CBR250RRの1994年6月24日のマイナーチェンジ前後の違いの比較は、こちら。
2000年に生産終了。
2017年5月12日に「CBR250RR」と「CBR250RR ABS」が新登場。型式は、2BK-MC51
2016年12月にインドネシアをはじめタイなどの東南アジア諸国で販売開始。日本国内仕様(2BK-MC51)は、熊本製作所で製造。エンジンは、249tMC51E型水冷4ストローク4バルブDOHC2気筒で250tクラスで初のドライブ・バイ・ワイヤを採用。車体色は、3色(マットガンパウダーブラックメタリック、ソードシルバーメタリック、ヴィクトリーレッド)の設定。
CBR250RRの「MC22」と「MC51」の違いを比較は、こちら。
2018年4月20日にカラーチェンジして発売。

2018年4月からABS搭載モデルにだけ、新色のパールグレアホワイトを追加。従来色の3色とあわせて4色の設定。
2018年11月22日にカラーチェンジして発売。
車体色は、新色のグランプリレッドと従来色のマットガンパウダーブラックメタリック、パールグレアホワイトをあわせた3色の設定。パールグレアホワイトのアンダーカウルのカラーをグレーからブラックに変更。
2018年12月14日にカラーチェンジして発売。
レッドに躍動感のあるストライプを組み合わせることでレーシングイメージをより高めたグランプリレッド(ストライプ)を追加。従来色とあわせて4色の設定。
2020年9月18日にマイナーチェンジ。
新形状のピストン採用やマフラー内部構造の変更などで最高出力と最大トルクが向上。アシスト&スリッパークラッチを採用。純正オプションでクイックシフターを用意。ABSは、標準搭載となった。車体色は、4色(グランプリレッド(ストライプ)、マットガンパウダーブラックメタリック、パールグレアホワイト、グランプリレッド)。
CBR250RRの2020年9月18日のマイナーチェンジ前後の違いの比較は、こちら。
2022年1月20日にカラーチェンジして発売。
車体色は、4色(グランプリレッド(ストライプ)、グラファイトブラック、マットガンパウダーブラックメタリック、パールグレアホワイト)。
2023年2月20日にマイナーチェンジ。型式は、8BK-MC51
平成32年(令和2年)排ガス規制に適合し、型式が「8BK-MC51」に変更。外観はキープコンセプトながら、フロントからサイドにかけてレイヤー構造となり、よりエッジを利かせたスタイリングに変更。並列2気筒エンジンは、細部の見直し最高出力が1PSアップ。フロントの倒立フォークにはショーワ製のSFF-BP倒立フロントフォークを採用。Hondaセレクタブルトルクコントロール、ハザードランプ、エマージェンシーストップシグナルが標準装備になった。車体色は、3色(グランプリレッド、マットバリスティックブラックメタリック、パールグレアホワイト)。

 

 

ここでは、上の黄色の部分
2022年1月20日発売のホンダ CBR250RR(型式 2BK-MC51)と
2023年2月20日発売のホンダ CBR250RR(型式 8BK-MC51)
の違いを比較しました。

 

 

CBR250RRの「型式2BK-MC51」と「型式8BK-MC51」のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

CBR250RR

CBR250RR

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

マイナーチェンジ

型式

2BK-MC51

8BK-MC51

発売日

2022年1月20日

2023年2月20日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2065

2065

全幅 (mm)

725

725

全高 (mm)

1095

1110

ホイールベース (mm)

1390

1390

最低地上高(mm)

145

148

シート高 (mm)

790

790

車両重量 (kg)

168

168

最小回転半径(m)

2.9

2.9

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

40.1

40.1

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

27.1

27.4

原動機型式

MC51E

MC51E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

249

249

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

62

62

行程(ピストンストローク)(mm)

41.3

41.3

圧縮比(:1)

12.1

12.5

最高出力(kW)

30

31

最高出力(PS)

41

42

最高出力回転数(rpm)

13000

13500

最大トルク(N・m)

25

25

最大トルク(kgf・m)

2.5

2.5

最大トルク回転数(rpm)

11000

10750

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

PGM-FI

PGM-FI

燃料タンク容量 (L)

14

14

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

561.4

561.4

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

SILMAR8C9

-

点火プラグ必要本数・合計

2

-

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

-

バッテリー容量

12V-6.0Ah (10HR)

-

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.4

-

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.9

-

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2.1

-

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

-

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

2.781

2.781

2次減速比

2.928

3

変速比

1速 3.180/2速 2.187/3速 1.726/4速 1.421/5速 1.222/6速 1.067

1速 3.272/2速 2.285/3速 1.771/4速 1.427/5速 1.207/6速 1.041

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

-

スプロケット歯数・後

41

-

チェーンサイズ

520

-

標準チェーンリンク数

112

-

フレーム型式

鋼管トラス構造フレーム

鋼管トラス構造フレーム

キャスター角

24°30

24°30

トレール量 (mm)

92

92

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

倒立フォーク

倒立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

110/70R17

110/70R17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

54

54

タイヤ(前)速度記号

H

H

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

140/70R17

140/70R17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

66

66

タイヤ(後)速度記号

H

H

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.75

2.75

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4

4

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2

2

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.25

2.25

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有
走行モード切り替え 有
スリッパークラッチ 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
走行モード切り替え 有
トラクションコントロール 有
スリッパークラッチ 有
緊急制動表示灯 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

854,700円(消費税抜き本体価格 777,000円)グランプリレッド(ストライプ)
821,700円(消費税抜き本体価格 747,000円)グラファイトブラック、マットガンパウダーブラックメタリック、パールグレアホワイト

907,500円(消費税抜き本体価格 825,000円)グランプリレッド
869,000円(消費税抜き本体価格 790,000円)マットバリスティックブラックメタリック、パールグレアホワイト)

販売計画台数(国内・年間)

3,500台

4,500台

生産国

日本

日本

 

CBR250RRの「型式2BK-MC51」と「型式8BK-MC51」の違いを比較

 

CBR250RRの「型式2BK-MC51」と「型式8BK-MC51」の違いを比較

 

 

CBR250RRの2023年2月20日のマイナーチェンジの主な変更点

 

  • 平成32年(令和2年)排出ガス規制に適合し、型式が「2BK-MC51」から「8BK-MC51」に変更。
  •  

  • 並列2気筒エンジンは、排ガス規制をクリアしつつ、ピストンリング、シリンダーヘッド、カムシャフト、吸気ポートなどエンジンの細部を見直しで最高出力がこれまでより1PSアップした。
  •  

  • 外観はキープコンセプトながら、フロントからサイドにかけてレイヤー構造を採用し、よりエッジの利いたシャープなスタイリングに変更。
  •  

  • 足まわりは、フロントフォークに倒立式のショーワ(日立Astemo株式会社)製SFF-BP(セパレート・ファンクション・フロントフォーク・ビッグピストン)を新たに採用。優れた路面追従性による上質な乗り心地に貢献。
  •  

  • 電装は、スリップしやすい路面での安心感に寄与するHondaセレクタブルトルクコントロールを装備。
  •  

  • 新設定のハザードランプには、急制動時に高速点滅することでいち早く後続車に伝えるエマージェンシーストップシグナルを採用。
  •  

  • カラーリングは、スポーティーでレーシングイメージを印象づける「グランプリレッド」、シャープなスタイリングを強調し力強い印象の「マットバリスティックブラックメタリック」、上質感と洗練された印象のある「パールグレアホワイト」の全3色を設定。
  •  

 

 

CBR250RRの「型式2BK-MC51」と「型式8BK-MC51」のスペック表の違う部分

●タイプグレード名
CBR250RR → CBR250RR

 

●モデルチェンジ区分
カラーチェンジ → マイナーチェンジ

 

●型式
2BK-MC51 → 8BK-MC51

 

●発売日
2022年1月20日 → 2023年2月20日

 

●全高 (mm)
1095 → 1110

 

●最低地上高(mm)
145 → 148

 

●燃料消費率 WMTCモード値(km/L)
27.1 → 27.4

 

●圧縮比(:1)
12.1 → 12.5

 

●最高出力(kW)
30 → 31

 

●最高出力(PS)
41 → 42

 

●最高出力回転数(rpm)
13000 → 13500

 

●最大トルク回転数(rpm)
11000 → 10750

 

●2次減速比
2.928 → 3

 

●変速比
1速 3.180 → 3.272
2速 2.187 → 2.285
3速 1.726 → 1.771
4速 1.421 → 1.427
5速 1.222 → 1.207
6速 1.067 → 1.041

 

●車両装備
ハザードランプ 無し、緊急制動表示灯 無し、トラクションコントロール 無し

ハザードランプ 有、緊急制動表示灯 有、トラクションコントロール 有

 

●メーカー希望小売価格/カラーバリエーション
854,700円(消費税抜き本体価格 777,000円)グランプリレッド(ストライプ)
821,700円(消費税抜き本体価格 747,000円)グラファイトブラック、マットガンパウダーブラックメタリック、パールグレアホワイト

907,500円(消費税抜き本体価格 825,000円)グランプリレッド
869,000円(消費税抜き本体価格 790,000円)マットバリスティックブラックメタリック、パールグレアホワイト)

 

●販売計画台数(国内・年間)
3,500台 → 4,500台

 

CBR250RRの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら