MT-07のEBL-RM07Jと2BL-RM19Jの違いの比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

MT-07(2014年式EBL-RM07J)とMT-07(2018年式2BL-RM19J)の比較

 

ヤマハ MT-07の歴史

2014年8月20日に「MT-07」が新登場。型式は、EBL-RM07J
ABS標準装備の「MT-07A」も発売。車体色は、3色(マットグレーメタリック3、ブルーイッシュホワイトカクテル1、ビビッドレッドカクテル1)の設定。
2015年3月10日に「MT-07 ABS」をカラーチェンジして発売。
車体色は、新色の「マットシルバー1」の1色。「MT-07 ABS」はホイールとフレームをレースブルーとした。
2016年2月15日に「MT-07A」と「MT-07」をカラーチェンジして発売。
車体色は、「MT-07A」が新色2色(マットシルバー1、ディープレッドメタリックK)と継続色2色(ブルーイッシュホワイトカクテル1、マットグレーメタリック3)の全4色。「MT-07」が新色1色(ディープレッドメタリックK)と継続色2色(ブルーイッシュホワイトカクテル1、マットグレーメタリック3)の全3色。
2017年2月15日に「MT-07 ABS」、「MT-07」のカラーリングを変更し発売。
車体色は、全て新色で「MT-07 ABS」がブルーイッシュグレーソリッド4とディープパープリッシュブルーメタリックCの2色。「MT-07」がブルーイッシュホワイトパール1とマットダークグレーメタリック6の2色。
2018年4月10日に「MT-07 ABS」をマイナーチェンジし発売。型式は、2BL-RM19J
今回のマイナーチェンジの主な特徴は、バネ定数と減衰力のバランス調整を図って操作に対し、よりリニアに反応する前後サスペンションを装備。ポジションの自由度を高めて、長時間乗車時の疲労を低減する新設計シートの採用。吸排気の流れや塊感を強調し、より力強さを感じさせるスタイリングに変更。車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、マットグレーメタリック3、マットダークグレーメタリック6)の設定。
2019年3月1日に「MT-07 ABS」のカラーリングを変更し発売。
車体色は、新色のマットライトグレーメタリック4と継続色のディープパープリッシュブルーメタリックCとマットダークグレーメタリック6をあわせた全3色。

 

 

ここでは、
2014年8月20日発売のヤマハ MT-07(EBL-RM07J)と
2018年4月10日発売のヤマハ MT-07(2BL-RM19J)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

 

車種名

MT-07 ABS

MT-07 ABS

発売年月

2018年4月

2014年8月

型式

2BL-RM19J

EBL-RM07J

全長 (mm)

2085

2085

全幅 (mm)

745

745

全高 (mm)

1090

1090

軸間距離 (mm)

1400

1400

最低地上高 (mm)

140

140

シート高 (mm)

805

805

車両重量 (kg)

183

182

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

688

689

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

80

80

行程(ピストンストローク)(mm)

68.5

68.5

圧縮比(:1)

11.5

11.5

最高出力(kW)

54

54

最高出力(PS)

73

73.4

最高出力回転数(rpm)

9000

9000

最大トルク(N・m)

68

68

最大トルク(kgf・m)

6.9

6.9

最大トルク回転数(rpm)

6500

6500

燃料タンク容量 (L)

13

13

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

LMAR8A-9

LMAR8A-9

搭載バッテリー・型式

YTZ10S

YTZ10S

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3

3

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

1.925

1.925

2次減速比

2.687

2.687

変速比

1速 2.8460/2速 2.1250/3速 1.6310/4速 1.3000/5速 1.0900/6速 0.9640

1速 2.8460/2速 2.1250/3速 1.6310/4速 1.3000/5速 1.0900/6速 0.9640

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

16

16

スプロケット歯数・後

43

43

チェーンサイズ

525

525

標準チェーンリンク数

108

108

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

24°50

24°50

トレール量 (mm)

90

90

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

38.4

38.4

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

23.9

24.1

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

180/55ZR17

180/55ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

73

73

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

5.5

5.5

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

テールライトタイプ

LED

LED

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有

アンチロックブレーキ(ABS) 有

メーカー希望小売価格(税込み)

777,600円(税抜き 720,000円)

749,520円(税抜き 694,000円)

 

MT-07(2014年式EBL-RM07J)とMT-07(2018年式2BL-RM19J)の比較

 

●MT-07の2017モデルと2018モデルのデザインの違い
MT-07(2017年式EBL-RM07J)とMT-07(2018年式2BL-RM19J)の顔の違い
MT-07(2017年式EBL-RM07J)とMT-07(2018年式2BL-RM19J)のサイドの違い

 

●2018年4月10日のマイナーチェンジでの主な変更点
2018年4月10日のマイナーチェンジでの主な変更点

 

 

MT-07(2014年式EBL-RM07J)とMT-07(2018年式2BL-RM19J)の比較の口コミ

 

 

ヤマハのサイトを見ると「今回のマイナーチェンジは、ライダーの操作に対して優れたパフォーマンスを発揮する走行性能に磨きをかけて、よりMTシリーズらしいスタイリングへの進化を行った。」と書いてる。

 

 

新旧モデルの大きな違いは、前後サス、シート、スタイリングだね。

 

 

旧型のデザインは、タンクカバーのS字とか前から後ろに流れていく感じが好みだったけど、新型はMT-09やMT-10のようなマッチョでゴツゴツしたデザインだね。

 

 

新型は、ヘッドライトが不評だね。

 

 

2017年式「MT-07A(EBL-RM07J)」 760,320円 
2018年式「MT-07 ABS(2BL-RM19J)」 777,600円
新型になって17000円ぐらいアップしたね。

 

 

2018年モデルから待望の前後サスが変更されたね。2017年モデル乗ってる俺としては、前後サスの改善は羨ましい。

 

 

2018年式は、リアサスの伸び側調整機能が追加されてるね。

 

 

新型は、フロントフォークが内部だけを変更されて、リヤサスは、伸び側減衰力調整がついた新しいものに替わった。

 

 

新型のサスを旧型に付けてみたけど、シートにまたがって体重掛けた時の沈み込み具合が全然違う。わざと凸凹を通過してみたけど、サスを交換する前より突き上げ感がかなり減った。ちなみにフロントは、スプリングだけのみ新型に交換。元々プリロード調整できるキャップに交換済みだった。

 

 

新型MT-07のデザインは、が旧MT-09に似てるね。

 

 

新型のシートは着座面積が30%拡大して前側部分のフィット感が増してる。

 

 

2018年式は、ラジエターが黒っぽくていいね。

 

 

2014年式と2018年式だとフロントフォーク内部の品番全く違う。ダンパーロッドやスプリングも別物。

 

MT-07の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら