フュージョンのフォルツァの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

フュージョンのフォルツァの違いを比較

 

ホンダ フュージョンの歴史

1986年4月17日に「フュージョン」が新登場。型式は、MF02
リアシートの下の大型トランクルーム(フュージョン専用ヘルメット2個収納可能)。二輪車で初のカラード液晶デジタルメーター、12Lの燃料タンク、フェアリング(風防)、サイドバイザーを標準装備。制動時の車体の沈み込みを制御するトルク応答型アンチダイブ機構TLAD(トラッド)を組み込んだボトムリンク式フロントフォークを採用。車体色は、1色(ホワイト)。
1986年11月に「フュージョン」のカラーを追加。
車体色は、2色(ホワイト、ブラック)。
1990年10月18日に「フュージョン」をマイナーチェンジ。
新たに新デザインの軽量アルミキャストホイールを前後輪に装備し、チューブレスタイヤを装着するなどした。車体色は、2色(スパークリングシルバー・メタリック、コスモブラック・メタリック)。
1992年3月1日に「フュージョン」をカラーチェンジ。
車体色は、2色(ユーログレーメタリック、グラニットブルーメタリック)。リアトランク部の「FUSION」ロゴを筆記体のデザインにした。
1994年4月13日に「フュージョン」をカラーチェンジ。また「フュージョンSE」をタイプ追加。
フュージョンSEは、本格的な発光ダイオード式のハイマウント・ストップランプを内蔵したリア・スポイラーと、高級感溢れるレザー調のシート表皮、トランクルーム左右とトランクリッドに配したゴールド・カラーの立体エンブレム、ウインドスクリーン下部へのグラデーション処理を採用するなどした。車体色は、「フュージョン」が2色(ユーログレイメタリック、パールアトランティスブルー)。「フュージョンSE」が1色(ブラック/ダークキャンディレッド)。
1996年4月13日に「フュージョン」を継続販売。「フュージョンSE」は、カラーチェンジ。
「フュージョン」は、1994年モデルと同仕様・同カラーで継続販売された。「フュージョンSE」の車体色は、1色(パールシェルホワイト)。
2003年2月28日に「フュージョン」をマイナーチェンジ。また「フュージョン タイプX」をタイプ追加。型式は、BA-MF02
新車ラインナップから外れていたフュージョンが、「マイナーチェンジ」されて復活。エアインジェクションシステム(二次空気導入装置)を採用し、平成10年排出ガス規制に対応。駐車時に車体を動かすと音で異常を知らせるアラームと、ドライバーなどを使用した無理なロック解除ができない強化ロックなど、盗難抑止に効果的な機能を搭載。車体色は、1色(フォースシルバーメタリック)。「フュージョン タイプX」は、この「フュージョン」にメッキハンドル、ショートスクリーン、バックレストを採用。車体色は、3色(ピュアブラック、パールシーシェルホワイト、キャンディタヒチアンブルー)。さらにタイプXには7色のカラーオーダープランも設定。
フュージョンの「MF02」と「BA-MF02」の違いの比較は、こちら。
2004年3月10日に「フュージョン」と「フュージョン タイプX」を継続販売。また「フュージョン タイプXX」をタイプ追加。

「フュージョン」と「フュージョン タイプX」は、2003年モデルと同一で継続販売。「フュージョン」は、2004年モデルが最終モデルとなった。「フュージョン タイプXX」は、「フュージョン タイプX」からアンダーカウルのカラーリングを車体と同色のものに変更。鮮やかなラインの入ったフュージョン タイプXX専用シートを採用。「FUSION」ロゴにも専用カラーリングを採用。また前・後のホイールにはブラック塗装を施した。車体色は、4色(イタリアンレッド、パールモデラートベージュ、マットアクシスグレイメタリック、キャバレーパープルメタリック)。
2005年1月21日に「フュージョン タイプX」のカラーチェンジと「フュージョン SE」をタイプ追加。
「フュージョン タイプX」の車体色は、4色(ピュアブラック、ナッソーブルーメタリック、パールモデラートベージュ、イタリアンレッド)。「フュージョン SE」は、「フュージョン タイプX」をベースに、LEDハイマウントストップランプを装備したリアスポイラーと、専用シートを採用し、後方からの被視認性を高め、上質な乗り心地を実現。車体色は、4色(キャンディグローリーレッド、デルタブルーメタリック、ピュアブラック、パールシーシェルホワイト)。 また、「フュージョン SE」と「フュージョン タイプX」の両タイプで、新たにスモークタイプのショートスクリーンやブラックの前後ホイール、ボディ同色のアンダーカバーなどを採用。
フュージョン、フュージョンSE、タイプX、タイプXXの違いの比較は、こちら。
2006年3月31日に「フュージョン SE」と「フュージョン タイプX」をマイナーチェンジ。
新たにマルチリフレクターヘッドライトを採用し、夜間での視認性が向上。ハンドル形状の曲線をよりなだらかで幅広くし、パッセンジャーシートの前後幅を広げ、余裕ある乗車姿勢の走行が可能となった。また、リアトランク側面に新デザインの「Fusion」ロゴ、フロント・リアウインカーと「フュージョン SE」のハイマウントストップランプにクリアレンズを採用。ミラーの取り付け位置をハンドル部に変更。ハンドルパイプ取り付け構造を変更し、メンテナンス性を向上。車体色は、4色(キャンディーエクストリームオレンジ、ピュアブラック、パールシーシェルホワイト、パールモデラートベージュ)。
2006年9月29日に「フュージョン SE・20th アニバーサリー」を発売。
「フュージョン SE」に20周年記念モデル専用の車体色として、サイバーゴールド、パールコスミックブラック、パールサンビームホワイトの3色を設定。内装のインナーパネルとシートは、専用カラーのモカベージュに加えて、前・後ホイールにはゴールド塗装を施した。「20th Anniversary」の専用エンブレムをフロントカバー両サイドとグラブバー下のリアカバーに、また「HONDA」ロゴの立体エンブレムをウインドスクリーン下とリアトランクリッド部にそれぞれ配した。

 

 

ホンダ フォルツァの歴史

2000年3月18日に「フォルツァ」を新発売。型式は、BA-MF06
車体色は、3色(フォースシルバーメタリック、パールシーシェルホワイト、キャンディグローリーレッド)の設定。
2000年8月1日に「フォルツァ S」をタイプ追加し発売。
「フォルツァ S」は、アイドル・ストップシステムと前・後輪連動ABSを搭載。
2001年3月10日に「フォルツァ T/ST」をタイプ追加、3月30日に「フォルツァ」、「フォルツァS」にカラーオーダープランを設定して発売。
「フォルツァ T/ST」は、スタンダードタイプの「フォルツァ」とアイドル・ストップシステムやABSを採用した「フォルツァS」それぞれに、荷物の収納に便利なトップボックスを標準装備したもの。
2002年3月30日に「フォルツァ」、「フォルツァ S」、「フォルツァ T」、「フォルツァ ST」をマイナーチェンジして発売。
今回は、シート下のトランクを5.5L拡大、B4サイズのソフトアタッシュケースが収納可能、トランク内の照明ランプにON/OFFスイッチを装備。また、シートには高級感のあるディンプルシート地を採用、ガソリンキャップをキー付きに変更するなどした。
2002年5月31日に「フォルツァ」と「フォルツァ S」にスペシャルモデルの「フォルツァ スペシャル」と「フォルツァ S スペシャル」追加し限定発売。
2004年4月27日に「フォルツァ・X」、7月30日に「フォルツァ・Z」をフルモデルチェンジして発売。型式は、BA-MF08
今回は二名乗車時での快適性を実現したモデル。スタイリングは、左右に分割したテールランプを採用するなど、全体デザインを大幅に変更。Zタイプには250ccクラスでは世界初となるHonda S マチックを搭載。フルフェイス2個収納できる62L容量のシート下収納スペースを確保。ハンドル下には引出し式の大型コンソールボックスと、500mlペットボトルが収納可能なボックスも備える。
フォルツァXとフォルツァZの違いの比較は、こちら。
2005年3月19日に「フォルツァ Z」にABS搭載の「フォルツァ Z ABS」をタイプ追加し発売。
2005年7月12日に特別・限定仕様の「フォルツァ Z・スペシャル」を発売。
2006年3月27日に「フォルツァ Z」、2006年5月22日に「フォルツァ X」と「フォルツァ Z ABS」をマイナーチェンジして発売。
デザインは、カウルのデザインを一新、ヘッドライトが切れ長になるなどし、ホンダSマチックのマニュアルモードが、6速から7速へと変更。さらにマニュアルモードを自動変速させる「オートシフトモード」が加わった。よりスポーティーなスタイルと操る楽しさを充実させたモデルとなった。

2006年7月28日に特別・限定仕様の「フォルツァ Z・スペシャル」を発売。
2007年2月19日に「フォルツァ Z」「フォルツァ Z ABS」に「Sパッケージ」を追加して発売。
「Sパッケージ」は、各部のカラーリングの変更やクロームメッキ加工を施して高級感を演出しスタイリッシュなイメージにしたもの。
2007年12月25日に「フォルツァ Z」「フォルツァ Z ABS」をフルモデルチェンジして発売。型式は、JBK-MF10
新設計の4バルブ単気筒エンジンを搭載し、平成18年国内二輪車排出ガス規制に適合。フレームやサスペンションなどを新設計。デザインも、フロント部分のメーターバイザー取り付け位置および形状変更などボディー全体の形状を見直すことで空力特性を向上させ、流麗なフォルムと乗車時の快適性を両立するなどした。
2008年03月14日より「フォルツァ X」をタイプ追加すると同時にオーディオシステムを搭載した「オーディオパッケージ」を全タイプに適用して発売。 「フォルツァ X」は、電子制御機構を省くなどシンプルな機能と軽快なデザインで購入しやすい価格に設定。
2009年02月27日より「フォルツァ X」「フォルツァ Z」「フォルツァ Z ABS」ののカラーリングを変更して発売。
2010年1月28日より「フォルツァ Z」「フォルツァ Z ABS」をマイナーチェンジして発売。
2011年2月24日より「フォルツァ Z」シリーズのカラーリングを変更するともに「フォルツァ Z ABS」の仕様を一部変更し発売。
「フォルツァ Z ABS」は、フロントブレーキキャリパーのカラーをゴールドに変更し、外装部品のロアカウルとリアのアンダースカート部をグレーメタリックとしたツートーンカラーを採用した。
2012年2月3日に特別・限定仕様のフォルツァ Z・スペシャルエディションを発売。
2013年7月19日よりフォルツァsiが新登場。型式は、JBK-MF12
ABS仕様も同時に発売。
「フォルツァz」と 「フォルツァsi」の違いの比較は、こちら。
2018年7月20日にフォルツァをフルモデルチェンジして発売。型式は、2BK-MF13
モデル名は、「フォルツァ」。エンジンは、フォルツァSiから受け継ぎ、平成28年規制をクリアした。フロント15インチ、リア14インチのホイールでフォルツァSiからそれぞれ1インチアップ。電動スクリーンやスマートキー、フロントボックス内アクセサリー(電源)ソケットや後輪のスリップを抑制するセレクタブルトルクコントロール(オンオフ可能)も採用。

フォルツァsi(MF12)とフォルツァ(MF13)の違いの比較は、こちら。

 

 

ここでは、
2003年2月28日発売のホンダ フュージョン(BA-MF02)と
2004年4月27日発売のホンダ フォルツァX(BA-MF08)
の違いを比較しました。

 

 

フュージョン(BA-MF02)とフォルツァX(BA-MF08)のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

フュージョン

フォルツァX

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

新登場

型式

BA-MF02

BA-MF08

発売日

2003年2月28日

2004年4月27日

仕向け・仕様

国内向けモデル

フルモデルチェンジ

全長 (mm)

2265

2165

全幅 (mm)

745

760

全高 (mm)

1355

1180

ホイールベース (mm)

1625

1545

最低地上高(mm)

145

140

シート高 (mm)

665

710

乾燥重量 (kg)

-

171

車両重量 (kg)

169

185

最小回転半径(m)

2.9

2.7

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

40

41

原動機型式

MF01E

MF08E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

244

249

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

2

-

内径(シリンダーボア)(mm)

72

72.7

行程(ピストンストローク)(mm)

60

60

圧縮比(:1)

10

10

最高出力(kW)

14

16

最高出力(PS)

19

22

最高出力回転数(rpm)

7500

7500

最大トルク(N・m)

21

24

最大トルク(kgf・m)

2.1

2.4

最大トルク回転数(rpm)

5000

5500

燃料供給方式

キャブレター

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

VE30

PGM-FI

燃料タンク容量 (L)

12

12

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

480

492

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

C.D.I.式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

DPR6EA-9

DPR6EA-9

搭載バッテリー・型式

YTX12-BS

YTZ12S

バッテリー容量

12V-10Ah

12V-10Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1

1.3

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

0.8

1.1

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

-

2.611

2次減速比

-

2.642

フレーム型式

アンダーボーン

バックボーン

キャスター角

28°00

27.3

トレール量 (mm)

90

93

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

ボトムリンクフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

タイヤ(前)

110/100-12

110/90-13

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

67

55

タイヤ(前)速度記号

J

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

120/90-10

130/70-12

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

66

56

タイヤ(後)速度記号

J

L

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.5

2.75

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

3.5

3.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.75

1.75

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.25

2.25

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

テールライト定格(制動/尾灯)

-

21/5W ×2

スピードメーター表示形式

デジタル

アナログ

メーカー希望小売価格

523,950円

597,450円

 

フュージョン(BA-MF02)とフォルツァX(BA-MF08)の違いを比較

 

フュージョン(BA-MF02)とフォルツァX(BA-MF08)の違いを比較

 

 

友達がフォルツァ乗りで俺がフュージョンでシグナルグランプリを何回もしてるけど、フォルツァに全く勝てない。フュージョンは、まったり乗るものだから走り重視の人は、フォルツァ乗ればいい。

 

 

俺は、腰悪くてフュージョンにした。フォルツァと迷ったけど、フュージョンはシートの低さとトランクが気に入った。

 

 

俺は、どっちも試乗したけど、最後は日常での使い方の割合でフュージョンにした。俺は、タンデムすることが多いし、通勤メインで使うからフュージョンのポジションの方が楽だった。

 

 

フュージョンは、1986年につくられた車両だから設計が古い。収納も走行性能もフォルツァにかなわない。見た目が好きなやつだけフュージョンにすればいい。

 

 

フォルツァは、MF06の時は、メットインが38.5Lしかなかったけど、2004年4月27日に発売されたMF08から62Lになってフルフェイス2個入るようになった。よく野球部とかが使うエナメルバックが余裕で入る。フュージョンだとフルフェイスだけでなくシールドつきのジェットヘルも入れるのは難しいかもって感じだし、エナメルバックも無理やり突っ込まないと厳しい。

 

 

フュージョンは、整備がしやすいよ。メットインのスクーターは、プラグ交換するだけでも、順番どおりにカバーを外していかなきゃいけなくて凄く面倒だけど、フュージョンは、シート前のボルト一本外すだけで、シートが外れてエンジンルームが丸見えだから凄く楽。

 

フォルツァのフュージョンの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら