スカイウェイブ400タイプSとスカイウェイブ400SSの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

スカイウェイブ400タイプSとスカイウェイブ400SSの違いを比較

 

スズキ スカイウェイブ400タイプSの歴史

2003年8月8日に新登場。型式は、BC-CK43A
スカイウェイブ250に続いて、400にもスポーティにディテールを変えたメーカーカスタム「タイプS」を追加。「タイプS」は、スモークショートスクリーン、ショートステー角型ミラー、ブラックホイール、メッキパイプハンドル、ホワイトメーターパネル、スモークテールランプ、ハイマウントストップランプ、タイプSエンブレム、専用カラーを装備し、価格は通常モデルより2万円アップ。車体色は、パールネブラーブラック、パールグラスホワイトの2色。
2004年7月にマイナーチェンジ。
盗難抑止効果が高い「イモビライザー」を装備。「トランスポンダー式」のイモビライザーで、オリジナルのキー以外では始動できない仕組み。タイプSのシートをパイピングシートに変更。車体色は、新色のパールスズキディープブルーと従来色のパールネブラーブラック、パールグラスホワイトをあわせた3色。
2005年6月27日にカラーチェンジ。
車体色は、新色のキャンディグランブルーと従来色のパールネブラーブラック、パールグラスホワイトをあわせた3色。
2006年5月11日にフルモデルチェンジ。型式は、BC-CK44A
新エンジンの水冷4スト単気筒DOHC4バルブ・399ccを搭載。フレームも新型、リアサスにリンク式を採用し、フロントブレーキはダブルディスク式となる。キーレススタートシステムも搭載。車体色は、新色のパールビガーブルーと従来色のパールネブラーブラック、パールグラスホワイトをあわせた3色。
スカイウェイブ400の「CK43A」と「CK44A」の違いの比較は、こちら。
2007年7月にカラーチェンジ。
車体色は、ミスティックシルバーメタリック、パールネブラーブラック、パールミラージュホワイトをあわせた3色。
2009年4月20日にマイナーチェンジ。型式は、EBL-CK45A
アンチロックブレーキシステム(ABS)を標準装備して「スカイウェイブ400タイプS ABS」となる。平成19年排出ガス規制に適合。車体色は、アクアブルーメタリック、パールネブラーブラック、パールミラージュホワイトをあわせた3色。
スカイウェイブ400タイプSのCK44AとCK45Aの違いの比較は、こちら。
2011年1月18日にマイナーチェンジ。
最高出力、最大トルク等諸元の変更。エンジン回転計(レッドゾーン位置)の変更。エアクリーナー構造の変更。車体色は、新色サンダーグレーメタリックと従来色のパールネブラーブラック、パールミラージュホワイトをあわせた3色。

スカイウェイブ400タイプSの2011年1月18日のマイナーチェンジ前後の違いの比較は、こちら。
2012年3月30日にマイナーチェンジ。
ブレーキレバー部のゴムカバーを廃止。トランスポンダイモビライザーを変更。車載工具の内容を変更。
車体色は、従来色のグラススパークルブラック、パールミラージュホワイトの2色。
2014年10月29日にマイナーチェンジ。
ヘッドライト左上部の「ABS」デカールを廃止。フロントマスクのSエンブレムを変更。灰色のシートステッチを採用。ホイールピンストライプ色をレッドに変更。テールレンズ色をスモークからクリアに変更。ヘッドライトエクステンション色をスモークからブルーに変更。車体色は、のマットフィブロイングレーメタリックとパールブレーシングホワイトの2色。

 

 

スズキ スカイウェイブ400SSの歴史

2005年6月27日に「スカイウェイブ400SS」が新登場。型式は、BC-CK43A
ストリートカスタムバージョンの「タイプSS」をタイプ追加。スクリーンレスなエアロマスク、青色マルチリフレクターヘッドライト、ローダウンスムージングシート、クロームメッキハンドル、メッキサイドスタンド、メッキスイッチボックスなど、タイプS以上にカスタム色の濃い仕様。車体色は、3色(パールグラスホワイト、パールネブラーブラック、キャンディソノマレッド)。

 

 

ここでは、
2005年6月27日発売のスズキ スカイウェイブ400タイプS(型式 BC-CK43A)と
2005年6月27日発売のスズキ スカイウェイブ400SS(型式 BC-CK43A)
の違いを比較しました。

 

 

スカイウェイブ400タイプSとスカイウェイブ400SSのスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

スカイウェイブ400タイプS

スカイウェイブ400SS

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

新登場

型式

BC-CK43A

BC-CK43A

発売日

2005年6月

2005年6月27日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2260

2260

全幅 (mm)

760

820

全高 (mm)

1235

1160

ホイールベース (mm)

1590

1590

最低地上高(mm)

125

125

シート高 (mm)

695

695

乾燥重量 (kg)

181

182

車両重量 (kg)

-

201

最小回転半径(m)

2.7

2.7

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

36

36

原動機型式

K429

K429

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

385

385

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

83

83

行程(ピストンストローク)(mm)

71.2

71.2

圧縮比(:1)

10.2

10.2

最高出力(kW)

24

24

最高出力(PS)

32

32

最高出力回転数(rpm)

7500

7500

最大トルク(N・m)

32

32

最大トルク(kgf・m)

3.3

3.3

最大トルク回転数(rpm)

6000

6000

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

13

13

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

468

468

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR7E

CR7E

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

FT12A-BS

FT12A-BS

バッテリー容量

12V-10Ah

12V-10Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.3

2.3

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.9

1.9

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2

2

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

変速機・操作方式

自動変速

自動変速

フレーム型式

パイプアンダーボーン

パイプアンダーボーン

キャスター角

27°00

27°00

トレール量 (mm)

106

106

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

110/90-13

110/90-13

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

55

55

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

130/70-13

130/70-13

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

57

57

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3

3

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

3.5

3.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.75

1.75

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.25

2.25

ヘッドライト定格(Hi)

35W

35W

ヘッドライト定格(Lo)

35W

35W

テールライト定格(制動/尾灯)

21W/5W

21W/5W

メーカー希望小売価格

660,450円(消費税抜き本体価格 629,000円)

628,950円(消費税抜き本体価格 599,000円)

 

 

スカイウェイブ400タイプSとタイプSSの装備の違い

装備

スカイウェイブ400タイプS

スカイウェイブ400タイプSS

パーキングブレーキ

前後連動ブレーキ機構

アンチロックブレーキシステム(ABS)

×

×

フロントサスペンション調整 

×

×

リアサスペンション調整(5段階調整可)

ポジションランプ(フロントウインカー兼用)

ハザードランプ

ハイマウントストップランプ

オートキャンセルウインカー

×

×

タコメーター

燃料計 

水温計

時計(デジタル)

ツイントリップメーター(デジタル)

シート下トランク(55リットル、照明装備)

フロントトランク(10リットル)

フロアトランク

×

×

チケットボックス

ライダーバックレスト(5段階調整可)

×

タンデムバックレスト

×

盗難防止装置(シャッター付鍵穴&イモビライザー)

リアキャリア

アイドリングストップ機構

×

×

アクセサリー電源ソケット

大型ウィンドスクリーン

×

×

スモークショートスクリーン

×

エアロフロントカウル

×

ボディー同色フロントグリル

メッキパイプハンドル

ローダウンシート

×

 

スカイウェイブ400タイプSとスカイウェイブ400SSの違いを比較

 

スカイウェイブ400タイプSとスカイウェイブ400SSの違いを比較

 

 

2003年8月に「スカイウェイブ400タイプS」が発売された。位置づけは、スカイウェイブ400をベースにした「メーカーカスタマイズモデル」で2002年9月28日に初のフルモデルチェンジをした2代目のスカイウェイブ400(CK43A)をベースに、ショートスクリーン、バーハンドル、メッキ加工されたバックミラーを採用し、ウインカーレンズなどをスモーククリアとしたモデルだった。

 

その後、2005年6月に「スカイウェイブ400SS」が発売された。「スカイウェイブ400SS」は、「スカイウェイブ400タイプS」に対して、さらなるカスタム要素を加えたモデルで、スクリーンがなくなった代わりにボディ同色のエアロマスクが取り付けられ、ハンドルバーは、よりカスタム色の強いインチバーを採用し、シートもより低く長く見える形状のものに変更された。

 

 

「スカイウェイブ400SS」は、「スカイウェイブ400タイプS」をベースにスクリーンレスのフロントマスク、インチバーハンドル、スムージングシートが与えられたメーカーカスタム仕様。

 

 

「スカイウェイブ400SS」だけの特徴

 

  • 「スカイウェイブ400SS」は、若者を中心に人気が高い「ストリートカスタム」のイメージを採り入れたスクーター。車体前部の風防部分に、車体色と同色の「エアロマスク」を採用。
  •  

  • 運転者の背もたれ部分が一体式の新形状シートを採用。タンデム時の一体感を強めた。また同乗者用背もたれも小ぶりなサイズを採用し、車体が低く見える形状とした。
  •  

  • ハンドルにクロームメッキの「インチバーハンドル」を採用。1インチ径の太いパイプを採用し、ボリューム感を持たせた。
  •  

  • ハンドル周りでは、ブレーキマスターシリンダーにバフがけ処理を施し、卵型形状のミラー、ハンドル取り付け部のカバー、ハンドルスイッチ、ブレーキレバーの各部品にメッキを施して高級感をだした。ブレーキホースにスプリング形状のプロテクターを被せてカスタム感を強調した。
  •  

  • 国産251cc以上のスクーターとして初めて「盗難抑止アラーム」を標準装備。これは、ハンドルロックと同時にセットされる機構で、メーターパネル内に盗難抑止アラームの作動中を示すLEDインジケーターを装備し、盗難抑止効果をさらに高めた。
  •  

  • 黒色のメーターパネル盤に青色の文字が透過する仕様に。
  •  

  • クロームメッキを施したサイドスタンドを装備。
  •  

  • マフラーカバーとマフラーエンドキャップに、ブラッククローム調(黒色の強いクローム色)のメッキを採用。

 

 

2005年1月に「スカイウェイブ250SS」が発売され、2005年6月に「スカイウェイブ400SS」が発売された。「スカイウェイブ250SS」は、2014年モデルまで発売されたが、「スカイウェイブ400SS」は、2005年6月に発売されたモデルが最初で最後のモデルとなった。

 

 

スカイウェイブ400タイプSとスカイウェイブ400SSの買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら