スカイウェイブ250タイプSとエプシロン250の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

スカイウェイブ250タイプSとエプシロン250の違いを比較

 

スズキ スカイウェイブ250タイプSの歴史

2001年11月に新登場。型式は、BA-CJ42A
「スカイウェイブ250タイプS」は、ショートスクリーンやパイプハンドルの採用でカスタムテイストを高めたモデル。水冷4サイクル単気筒エンジンを搭載。大容量トランクを確保し、シート裏側に照明を装備。スピードメーターを中央に燃料計・水温計・デジタル時計などを配したホワイトパネルを採用。車体色は、2色(サターンブラックメタリック、パールグラスホワイト)。
2002年12月にフルモデルチェンジ。型式は、BA-CJ43A
フューエルインジェクション採用。ヘッドライトがデュアル化。シガソケ搭載。車体色は、2色(サターンブラックメタリック、パールグラスホワイト)。
2003年3月に新色を追加。
車体色は、3色(バーニングカッパーメタリック、サターンブラックメタリック、パールグラスホワイト)。
2003年5月に新色を追加。
車体色は、4色(ソニックシルバーメタリック、バーニングカッパーメタリック、サターンブラックメタリック、パールグラスホワイト)。
2004年7月にマイナーチェンジ。
盗難抑止効果が高い「イモビライザー」を標準で装備。イモビライザーは、「トランスポンダー式」で、オリジナルのキー以外で不正に始動しようとしても、エンジン点火回路が作動しない。シートにパイピング処理を施しカスタム感を強調。車体色は、4色(パールネブラーブラック、パールグラスホワイト、パールクリスタルレッド、キャンディグランブルー)。
2005年6月にカラーチェンジ。
車体色は、3色(パールネブラーブラック、キャンディグランブルー、パールグラスホワイト)。
2006年4月にフルモデルチェンジ。型式は、BA-CJ44A
新型の水冷4サイクルDOHC4バルブ単気筒エンジンの採用でよりパワフルになった。キーレスシステムを採用。メットイン容量が拡大。車体色は、3色(パールネブラーブラック、パールクリスタルレッド、パールビガーブルー、パールグラスホワイト)。
2007年11月にマイナーチェンジ。型式は、JBK-CJ46A
車体色は、3色(ミスティックシルバーメタリック、パールネブラーブラック、パールミラージュホワイト)。

2008年10月にカラーチェンジ。
車体色は、3色(パールネブラーブラック、アクアブルーメタリック、パールミラージュホワイト)。
2011年1月にカラーチェンジ。
車体色は、3色(グラススパークルブラック、サンダーグレーメタリック、パールミラージュホワイト)。

 

 

カワサキ エプシロン250の歴史

2002年3月に「エプシロン250」が新登場。型式は、BA-CJ42B
スズキ・スカイウェイブ250のOEM。ショートスモークスクリーンやバーハンドル、ハイマウントストップランプを内蔵したグラブバー一体式リヤスポイラーなど、スカイウェイブ250タイプSを、カワサキブランドで発売。スカイウェイブ250からの変更点としては、エンブレムなどの他に、専用カラーとハンドルなどの一部パーツを変更。車体色は、キャンディグランブルー×メタリックソニックシルバーのみ。
2003年9月にフルモデルチェンジ。型式は、BA-CJ43B
スカイウェイブ250タイプSがモデルチェンジされ、エプシロン250もモデルチェンジ。インジェクションを装備し、排出ガス規制に適合。車体色は、パールブレイジングオレンジのみ。
2004年5月にカラーチェンジ。
車体色は、2色(シャンパンミストシルバー、パールブレイジングオレンジ)。
2004年9月にマイナーチェンジ。
イモビライザーを追加。車体色は、2色(シャンパンミストシルバー、エボニー)。
2005年8月にカラーチェンジ。
車体色は、2色(メタリックフラットアイアンブラック、メタリックグラニットグレー)。これが最終モデル。

 

 

ここでは、まず最初に
2001年11月発売のスズキ スカイウェイブ250タイプS(BA-CJ42A)と
2002年3月発売のカワサキ エプシロン250(BA-CJ42B)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

スカイウェイブ250タイプS

エプシロン250

モデルチェンジ区分

新登場

新登場

型式

BA-CJ42A

BA-CJ42B

発売日

2001年11月

2002年3月

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2260

2260

全幅 (mm)

765

765

全高 (mm)

1115

1115

ホイールベース (mm)

1590

1590

最低地上高(mm)

120

120

シート高 (mm)

-

695

乾燥重量 (kg)

161

161

車両重量 (kg)

185

185

最小回転半径(m)

-

2.8

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

39

39

原動機型式

J429

J429

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

249

249

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

73

73

行程(ピストンストローク)(mm)

59.6

59.6

圧縮比(:1)

10.7

10.7

最高出力(kW)

17

17

最高出力(PS)

23

23

最高出力回転数(rpm)

7000

7000

最大トルク(N・m)

25

25

最大トルク(kgf・m)

2.5

2.5

最大トルク回転数(rpm)

6000

6000

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料供給装置形式

-

KEIHIN CVK30

燃料タンク容量 (L)

13

13

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

507

507

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR7EK

CR8E

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTX9-BS

YTX9-BS

バッテリー容量

-

12V-8Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.3

2.3

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.9

1.9

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2

2

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

変速機・操作方式

自動変速

自動変速

1次減速比

-

1

2次減速比

-

2.75

フレーム型式

アンダーボーン

パイプアンダーボーン

キャスター角

27°00

27°00

トレール量 (mm)

106

106

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

-

正立フォーク

フロントフォーク径(φ)

-

41

フロントホイールトラベル(mm)

-

100

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

ショックアブソーバ本数(後)

-

1

リアホイールトラベル(mm)

-

100

タイヤ(前)

110/90-13

110/90-13

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

55

55

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

130/70-13

130/70-13

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

57

57

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3

3

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

3.5

3.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

-

1.75

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

-

2.25

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

テールライト定格(制動/尾灯)

21W/5W

12V 21/5W

 

2002年モデルのスカイウェイブ250タイプSとエプシロン250の違いを比較

 

 

 

 

 

 

 

次に
2003年5月発売のスズキ スカイウェイブ250タイプS(BA-CJ43A)と
2003年9月発売のカワサキ エプシロン250(BA-CJ43B)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

スカイウェイブ250タイプS

エプシロン250

モデルチェンジ区分

カラー追加

フルモデルチェンジ

型式

BA-CJ43A

BA-CJ43B

発売日

2003年5月

2003年9月

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2260

2260

全幅 (mm)

760

760

全高 (mm)

1235

1235

ホイールベース (mm)

1590

1590

最低地上高(mm)

120

120

シート高 (mm)

-

695

乾燥重量 (kg)

165

166

車両重量 (kg)

189

-

最小回転半径(m)

-

2.8

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

41

41

原動機型式

J436

J436

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

249

249

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

73

73

行程(ピストンストローク)(mm)

59.6

59.6

圧縮比(:1)

10.7

10.7

最高出力(kW)

17

17

最高出力(PS)

23

23

最高出力回転数(rpm)

7500

7500

最大トルク(N・m)

25

25

最大トルク(kgf・m)

2.5

2.5

最大トルク回転数(rpm)

6500

6500

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

13

13

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

533

533

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR7EK

CR7EK

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

FT12A-BS

FT12A-BS

バッテリー容量

12V-10Ah

12V-10Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.3

2.3

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.9

1.9

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2

2

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

変速機・操作方式

自動変速

自動変速

1次減速比

-

1

2次減速比

-

2.75

フレーム型式

アンダーボーン

パイプアンダーボーン

キャスター角

27°00

27°00

トレール量 (mm)

106

106

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

-

正立フォーク

フロントフォーク径(φ)

-

41

フロントホイールトラベル(mm)

-

100

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

ショックアブソーバ本数(後)

-

1

リアホイールトラベル(mm)

-

100

タイヤ(前)

110/90-13

110/90-13

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

55

55

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

130/70-13

130/70-13

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

57

57

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3

3

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

3.5

3.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

-

1.75

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

-

2.25

ヘッドライト定格(Hi)

35W

35W

ヘッドライト定格(Lo)

35W

35W

テールライト定格(制動/尾灯)

21/5W ×2

12V 21/5W

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

 

2003年モデルのスカイウェイブ250タイプSとエプシロン250の違いを比較

 

エプシロン250とスカイウェイブ250タイプSの違いを比較

 

 

第一世代と第二世代モデルのスカイウェイブ250タイプSは、川崎重工業にOEM供給され、エプシロン250として販売された。その後、カワサキとスズキのOEM提携解消が発表され、2007年に相互OEM車種の販売が終了したのにあわせて、エプシロンはラインアップから消えた。

 

 

スズキの「スカイウェイブ250タイプS」をOEMによってカワサキが販売したビッグスクーターが「カワサキ エプシロン250」。エプシロン250が発売された2002年は、ビッグスクーターブームの真っ只中で、スクーターを生産してなかったカワサキは、ラインナップにビッグスクーターを加えたかった。それは、あらかじめカスタム済みの「タイプS」を選んだことからも想像できる。カワサキの「エプシロン250」は、2002〜2006年モデルまで発売されたけど、ベースの「スカイウェイブ250タイプS」が2002年12月にフルモデルチェンジにされたから2003年9月にエプシロン250もフルモデルチェンジされた。外観も一新され、フューエルインジェクションになった。

 

エプシロン250とスカイウェイブ250の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら