NINJA650とYZF-R7の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

NINJA650とYZF-R7の違いを比較

 

カワサキ Ninja650の歴史

2012年1月に「Ninja650」が海外で新登場。
欧州で「ER-6n」のフルカウル版が「ER-6f」。その北米仕様のネーミングが「Ninja650R」。2012年にフルモデルチェンジし、よりスポーティな外観となってエンジンやフレームなどのパッケージングが進化し、北米仕様の車名を「Ninja650」に変更。車体色は、2色(キャンディライムグリーン、メタリックスパークブラック)。
2013年1月に「Ninja650」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(キャンディライムグリーン、キャンディサンダーブルー、パールスターダストホワイト)。
2014年1月に「Ninja650」をカラーチェンジ。
車体色は、2色(キャンディバーントオレンジ×メタリックフラットスパークブラック、キャンディライムグリーン×メタリックフラットスパークブラック)。
2015年1月に「Ninja650」をカラーチェンジ。
車体色は、1色(メタリックスパークブラック×メタリックフラットスパークブラック)。
2016年1月に「Ninja650」をカラーチェンジ。
車体色は、1色(キャンディパーシモンレッド×メタリックスパークブラック)。
2017年5月15日に「Ninja650 ABS」をフルモデルチェンジして日本国内を発売。型式は、2BL-ER650H
日本国内で2017年の新型モデルが発売。これまでの海外向け「Ninja650」と同じく並列2気筒エンジンを搭載するがフレームなどは、異なる。多機能メーターにギアポジションも表示。ETC車載器キットを標準装備。タイで日本向けに生産。車体色は、1色(メタリックスパークブラック)。
Ninja650 2016年モデル(海外仕様)と2017年モデル(日本仕様)の違い
2017年5月15日に「Ninja 650 ABS KRT Edition」を発売。
「Ninja 650 ABS KRT Edition」は、KRTのカラーリングレプリカ。ワールドスーパーバイク選手権の「Ninja ZX-10RR」のイメージをモチーフにしたもの。スタンダードモデルからカラーとグラフィックを変更。車体色は、1色(ライムグリーン×エボニー)。
2017年8月1日に「Ninja650」をカラーチェンジ。

車体色は、2色(キャンディプラズマブルー×エボニー、メタリックスパークブラック)。この年から車名表記からABSの文字が消えたがABSは標準装備。
2017年10月1日に「Ninja 650 KRT Edition」を発売。
「Ninja 650 KRT Edition」もABSが標準装備となり、車名表記からABSの文字がなくなった。車体色は、1色(ライムグリーン×エボニー)。
2019年2月1日に「Ninja650」と「Ninja650 KRT EDITON」をカラーチェンジ。
車体色は、「Ninja650」が1色(メタリックスパークブラック)。「Ninja650 KRT EDITON」が1色(ライムグリーン×エボニー)。
2020年2月1日に「Ninja650」と「Ninja650 KRT EDITON」をマイナーチェンジ。
2019年10月に欧州仕様として発表された新型モデルを日本市場に導入。ニンジャZX-6Rに似たカウルデザインとなり、ヘッドライトをLED化、メーターパネルはネガポジ反転可能なTFTカラー液晶タイプを採用。タンデムシートの形状の見直し。ETC車載器がETC2.0に変更。「Ninja650」の車体色は、1色(パールブリザードホワイト)。「Ninja650 KRT EDITON」の車体色は、スーパーバイク世界選手権に参戦するカワサキレーシングチーム(KRT)カラーバージョン(ライムグリーン×エボニー)。
Ninja650の2020年2月1日のマイナーチェンジでの違いは、こちら。
2021年12月17日に「Ninja650」と「Ninja650 KRT EDITION」をマイナーチェンジ。型式は、8BL-ER650H
新しい排ガス規制の対応とカラーチェンジ。車体色は、「Ninja650」が「パールロボティックホワイト×メタリックカーボングレー」の1色。「Ninja 650 KRT EDITION」は継続の「ライムグリーン×エボニー」の1色。
Ninja650の「型式 2BL-ER650H」と「型式 8BL-ER650H」の違いの比較は、こちら。

 

 

ヤマハ YZF-R7の歴史

2022年2月14日に「YZF-R7 ABS」が新発売。型式は、8BL-RM39J
「YZF-R7」が2021年5月に欧州市場で発表され、2022年2月14日に日本市場で発売。クロスプレーンコンセプトに基づいた排気量688ccの並列2気筒270°クランクのエンジンは、MT-07やXSR700、テネレ700、トレーサー7(日本未発売)と同じ系統のもの。MT-07をベースにしたフルカウルスポーツで、フレームも同年モデルのMT-07と同じだがMT-07に無いアシストスリッパークラッチが装備され、倒立フォーク、フロントブレーキキャリパーにラジアルマウントが採用された。車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、ヤマハブラック)。
2022年3月14日に「YZF-R7 ABS WGP 60th Anniversary」を発売。
YZF-R7に設定されたヤマハによるWGP参戦60周年を記念した特別カラーリング・バリエーション。カラーリングモチーフは、1980年のYZR500(OW48)で、ケニー・ロバーツ選手がGP500クラスでチャンピオンを獲得したモデル。車体色は、1色(シルキーホワイト)。400台限定で発売。

 

 

 

ここでは、
2021年12月17日発売のカワサキ NINJA650(型式 8BL-ER650H)と
2022年2月14日発売のヤマハ YZF-R7 ABS(型式 8BL-RM39J)
の違いを比較しました。

 

 

NINJA650とYZF-R7のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

Ninja 650

YZF-R7

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

新登場

型式

8BL-ER650H

8BL-RM39J

発売日

2021年12月17日

2022年2月14日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2055

2070

全幅 (mm)

740

705

全高 (mm)

1145

1160

ホイールベース (mm)

1410

1395

最低地上高(mm)

130

135

シート高 (mm)

790

835

車両重量 (kg)

194

188

最小回転半径(m)

2.8

3.4

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

32.1

41.6

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

23

24.6

原動機型式

ER650AE

CP2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

649

688

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

83

80

行程(ピストンストローク)(mm)

60

68.6

圧縮比(:1)

10.8

11.5

最高出力(kW)

50

54

最高出力(PS)

68

73

最高出力回転数(rpm)

8000

8750

最大トルク(N・m)

63

67

最大トルク(kgf・m)

6.4

6.8

最大トルク回転数(rpm)

6700

6500

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

15

13

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

481.5

540.8

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9EIA-9

LMAR8A-9

点火プラグ必要本数・合計

2

2

搭載バッテリー・型式

YTZ10S

YTZ7S

バッテリー容量

12V-8.6Ah

12V-6.0Ah(10HR)

エンジン潤滑方式

セミ・ドライサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.3

3

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.6

2.3

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.8

2.6

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

-

ドレンボルト呼び径(mm)

12

-

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

2.095

1.925

2次減速比

3.066

2.625

変速比

1速 2.437/2速 1.713/3速 1.332/4速 1.110/5速 0.964/6速 0.851

1速 2.845/2速 2.125/3速 1.631/4速 1.299/5速 1.090/6速 0.963

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

16

スプロケット歯数・後

46

42

チェーンサイズ

520

525

標準チェーンリンク数

114

108

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

24°00

23°40

トレール量 (mm)

100

90

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

倒立フォーク

フロントフォーク径(φ)

41

41

フロントホイールトラベル(mm)

125

-

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

リアホイールトラベル(mm)

130

-

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

W

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

160/60ZR17

180/55ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

69

73

タイヤ(後)速度記号

(W)

W

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

-

ホイールリム幅(前)

3.5

-

ホイールリム形状(後)

MT

-

ホイールリム幅(後)

4.5

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2.25

2.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.5

2.9

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
スリッパークラッチ 有
ETC 有

アンチロックブレーキ(ABS) 有
スリッパークラッチ 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

913,000円(本体価格830,000円、消費税83,000円)
パールロボティックホワイト×メタリックカーボングレー

999,900円(本体価格 909,000円/消費税 90,900円)
ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)、
ヤマハブラック(ブラック)

販売計画台数(国内・年間)

-

1,100台

生産国

タイ

-

 

NINJA650とYZF-R7の違いを比較

 

NINJA650とYZF-R7の外観のサイドの違いを比較

 

NINJA650とYZF-R7の違いを比較

 

 

YZF-R7は、NINJA650 より6kg軽いし、5馬力高い。ポジション良いからスタイリングも良く見えるし、最近流行ってるツアラーにSS風カウルの違和感がない。

 

 

YZF-R7に期待してたけど、ハンドル位置が低くて長距離移動はきつそうだからNinja650にした。

 

 

YZF-R7のハンドルの低さやシートやステップだと、ツアラーのNinja650とは競合しない。

 

 

YZF-R7の単眼は好みが分かれそう。両眼LEDなら万人向けだけど差別化をはかったのかな。

 

 

俺は、デザインはYZF-R7よりはNinja650の方が好き。
YZF-R7は細すぎてかっこ悪い。

 

 

Ninja650は、YZF-R7と比べてポジションが圧倒的に楽。まったり乗る人にはオススメできる。

 

 

俺は、YZF-R7よりNinja650の方が見た目がカッコいいし、ポジション楽だし、値段安いし

 

 

YZF-R7だとノーマルでサーキット行けるし、峠ならトルクで引っ張れるから速いと思う。ツーリング用途ならNInja650だね。

 

 

Ninja650は、Ninjaファミリー顔のカウル付きツアラー。
YZF-R7は、ライトウェイトスポーツ。

 

 

YZF-R7は、ポジションを考えるとメインはサーキットだろうからNinja650は競合しないと思う。
YZF-R7は、メインがサーキットで、普段使いの気軽さもない。

 

「NINJA650」と「YZF-R7」の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら