GB350とZ400の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

GB350とZ400の違いを比較

 

ホンダ GB350の歴史

2021年4月22日に「GB350」が新登場。型式は、2BL-NC59
GB350は、2020年9月にインド市場で発表された「ハイネスCB350」がベースのロードスポーツモデル。排気量348ccの空冷単気筒OHCエンジンをセミダブルクレードルフレームに搭載。5速マニュアルミッション、前後ディスクブレーキ、HondaセレクタブルトルクコントロールとABSを装備。ヘッドライト、テールライト、ウインカーはLEDを採用。車体色は、3色(マットジーンズブルーメタリック、キャンディークロモスフィアレッド、マットパールモリオンブラック)の設定。
2021年7月15日に「GB350S」をタイプ追加。
GB350Sは、2021年4月22日に発売されたCB350がベースで、そのスポーツ仕様。CB350との違いは、リアタイヤのワイド化(幅130mm→150mm)と小径化(18インチ→17インチ)、ラジアルタイヤを採用。マフラーが跳ね上げられたレイアウトとなり、前後フェンダーがショートタイプになった(フォークブーツも採用)。
GB350とGB350Sの違いの比較は、こちら。

 

 

カワサキ Z400の歴史

2019年2月15日に「Z400」が新登場。型式は、2BL-EX400G
車体色は、2色(キャンディライムグリーン×メタリックスパークブラック、パールスターダストホワイト×メタリックスパークブラック)の設定。
2019年11月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(メタリックマットグラファイトグレー×メタリックスパークブラック、キャンディスチールファーニスオレンジ×メタリックスパークブラック)の設定。
2020年11月6日に「Z400」をカラーチェンジ。
車体色は、2色(キャンディライムグリーン×メタリックフラットスパークブラック、メタリックフラットスパークブラック×メタリックスパークブラック)の設定。
2021年9月24日に「Z400」をカラーチェンジ。
車体色は、2色(パールロボティックホワイト×メタリックマットグラフェンスチールグレー、キャンディライムグリーン×メタリックスパークブラック)の設定。

 

 

ここでは、
2021年4月22日発売のホンダ GB350(型式 2BL-NC59)と
2021年9月24日発売のカワサキ Z400(型式 2BL-EX400G)
の違いを比較しました。

 

 

GB350とZ400のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

GB350

Z400

モデルチェンジ区分

新登場

カラーチェンジ

型式

2BL-NC59

2BL-EX400G

発売日

2021年4月22日

2021年9月24日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2180

1990

全幅 (mm)

800

800

全高 (mm)

1105

1055

ホイールベース (mm)

1440

1370

最低地上高(mm)

166

145

シート高 (mm)

800

785

車両重量 (kg)

180

166

最小回転半径(m)

2.3

2.6

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

49.5

32

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

41

24.8

原動機型式

NC59E

EX400GE

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

2

シリンダ配列

単気筒

並列(直列)

冷却方式

空冷

水冷

排気量 (cc)

348

398

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

DOHC

気筒あたりバルブ数

2

4

内径(シリンダーボア)(mm)

70

70

行程(ピストンストローク)(mm)

90.5

51.8

圧縮比(:1)

9.5

11.5

最高出力(kW)

15

35

最高出力(PS)

20

48

最高出力回転数(rpm)

5500

10000

最大トルク(N・m)

29

38

最大トルク(kgf・m)

3

3.9

最大トルク回転数(rpm)

3000

8000

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

PGM-FI

-

燃料タンク容量 (L)

15

14

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

742.5

448

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

-

LMAR9G

点火プラグ必要本数・合計

1

2

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

FTX9-BS

バッテリー容量

12V-6Ah(10HR)

12V-8Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.5

2.4

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2

1.6

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2

2

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-40

ドレンボルト呼び径(mm)

-

12

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

2.095

2.218

2次減速比

2.5

2.928

変速比

1速 3.071/2速 1.947/3速 1.406/4速 1.100/5速 0.899

1速 2.927/2速 2.055/3速 1.618/4速 1.332/5速 1.152/6速 1.036

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

14

スプロケット歯数・後

35

41

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

104

106

フレーム型式

セミダブルクレードルフレーム

トレリス

キャスター角

27°05

24.5°

トレール量 (mm)

120

92

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

フロントフォーク径(φ)

41

-

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

2

1

タイヤ(前)

100/90-19

110/70ZR17

タイヤ(前)構造名

バイアス

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

57

54

タイヤ(前)速度記号

H

H

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

130/70-18

150/60ZR17

タイヤ(後)構造名

バイアス

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

63

66

タイヤ(後)速度記号

H

H

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

-

MT

ホイールリム幅(前)

-

3

ホイールリム形状(後)

-

MT

ホイールリム幅(後)

-

4

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2

2

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.25

2.25

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライト定格(制動/尾灯)

LED

LED

スピードメーター表示形式

アナログ

デジタル

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
トラクションコントロール 有
スリッパークラッチ 有

アンチロックブレーキ(ABS) 有
スリッパークラッチ 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

550,000円(消費税抜き本体価格 500,000円)
マットジーンズブルーメタリック、
キャンディークロモスフィアレッド、
マットパールモリオンブラック

682,000円(本体価格620,000円、消費税62,000円)
キャンディライムグリーン×メタリックスパークブラック(GN1)、
パールロボティックホワイト×メタリックマットグラフェンスチールグレー(WT1)

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計4,500台(GB350とGB350Sの合計)

-

生産国

日本

タイ

 

GB350とZ400の違いを比較

 

GB350とZ400の違いを比較

 

 

Z400からGB350に乗り換えたよ!遅い!

 

 

Z400の方が軽くてコンパクトで速いからいいよ。

 

 

Z400の方がパワーあるけど、見た目は、GB350の方が断然カッコイイ。
Z400のネイキッドでもなくSSでもない中途半端な見た目は、好きじゃない。

 

 

まったり走るならGB350の方がいい。
Z400は、シートが薄いし疲れるよ。

 

 

走りを楽しむならZ400。回して楽しいし、低回転も安定してるからまったり走るのもいい。
GB350は、雰囲気を楽しむバイク。のんびり走るにはいいけど、高速では、パワー不足を感じる。

 

 

GB350の見た目が好きだけど、足つきが悪いし、排気音があまり好きじゃなかった。Z400の方が足つきは良かったけど、バーハンドルのせいか前傾が気になった。

 

 

前傾がキツいと思うなら腰を痛めるからやめといた方がいいよ。

 

GB350とZ400の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら