CBR400RとCBR250RRの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

CBR400RとCBR250RRの違いを比較

 

ホンダ CBR400Rの歴史

1986年7月15日にCBR400Rが新登場。型式は、NC23
フルカウルを装着するスーパースポーツモデル。車体色は、シャスタホワイト/ファイティングレッド。
1986年9月にカラーを追加。
車体色にシャスタホワイト/ミクロネシアンブルーメタリックを追加して2色の設定となった。
1987年4月にカラーチェンジ。
車体色は、ブラックのみ。
2013年4月23日にCBR400Rが新登場。型式は、EBL-NC47
「CBR400R」「CB400F」「400X」で新開発のエンジンと車体を共用。エンジンは、NC47E型水冷4ストローク4バルブDOHC直列2気筒を搭載。CBR400Rは、フルカウル仕様で少し低めのセパハンを採用。ABSをタイプも設定。車体色は、どちらも3色(グラファイトブラック、ヴィクトリーレッド、ロスホワイト)の設定。車体組立は、熊本製作所。
2016年2月26日に「CBR400R」と「CBR400R<ABS>」をマイナーチェンジ。型式は、2BL-NC47
CBRシリーズのフラッグシップモデル「CBR1000RR」のDNAを受け継ぐ、スピード感を強調した外観にリニューアル。被視認性に優れる新設計のLEDデュアルヘッドライトとテールランプを採用。前方にスラントさせたフロントカウルから跳ね上げたリアカウルまでエッジの効いたキャラクターラインにより個性的なフォルムに。車体色は、どちらも3色(グラファイトブラック、ヴィクトリーレッド、ロスホワイト)の設定。
CBR400Rの「EBL-NC47」と「2BL-NC47」の違いの比較は、こちら。
2017年4月7日に「CBR400R」と「CBR400R<ABS>」をカラーチェンジ。
車体色は、どちらも3色(グラファイトブラック、ヴィクトリーレッド、パールグレアホワイト)の設定。
2018年4月20日に「CBR400R」のマイナーチェンジ。
カラーチェンジされ、ABSが標準装備となった。車体色は、3色(グラファイトブラック、グランプリレッド、パールグレアホワイト)の設定。
2019年3月22日に「CBR400R」をマイナーチェンジ。型式は、2BL-NC56

外装を一新。セパレートハンドルの位置がトップブリッジ上から下側となり、ポジションがよりスポーティに。エンジンは、バルブのタイミングとリフト量などを最適化。新たにアシストスリッパークラッチを採用。急ブレーキでハザードランプを高速点滅させる「エマージェンシーストップシグナル」を装備。ウインカーがLEDとなり、メーターにギアポジション表示を追加。車体色は、3色(グランプリレッド、マットアクシスグレーメタリック、パールグレアホワイト)の設定。
CBR400Rの「2BL-NC47」と「2BL-NC56」の違いの比較は、こちら。
2020年7月31日に「CBR400R」をカラーチェンジ。
CBR1000RR-Rと共通の「CBR」ロゴデザインを採用。車体色は、3色(グランプリレッド、マットアクシスグレーメタリック、パールグレアホワイト)。

 

 

ホンダ CBR250RRの歴史

1990年3月19日CBR250RRが新登場。型式は、MC22
1989年発売のCBR250R(MC19型)からのフルモデルチェンジ車。車体色は、ホワイト/レッド、ブラック/シルバーの2色。
1990年6月にカラーチェンジ。
車体色は、ホワイト/ブルーの1色。
1991年1月にカラーチェンジ。
車体色は、ブラック/シルバーの1色。
1992年5月28日にカラーチェンジ。
車体色は、トリコロール、ブラックの2色。
1994年6月24日にマイナーチェンジ。
バルブタイミングや排気管の構造を変更し、中低速域での出力向上。最高出力が45ps/15,000rpmから40ps/14,500rpmに。最大トルクが2.5kg-m/12,000rpmから2.4kg-m/11,500rpmに変更。車体色は、トリコロールとメタリックレッドの2色。
2000年に生産終了。
2017年5月12日に「CBR250RR」と「CBR250RR ABS」が新登場。型式は、2BK-MC51
2016年12月にインドネシアをはじめタイなどの東南アジア諸国で販売開始。日本国内仕様(2BK-MC51)は、熊本製作所で製造。エンジンは、249tMC51E型水冷4ストローク4バルブDOHC2気筒で250tクラスで初のドライブ・バイ・ワイヤを採用。車体色は、3色(マットガンパウダーブラックメタリック、ソードシルバーメタリック、ヴィクトリーレッド)の設定。
CBR250RRの「MC22」と「MC51」の違いを比較は、こちら。
2018年4月20日にカラーチェンジして発売。
2018年4月からABS搭載モデルにだけ、新色のパールグレアホワイトを追加。従来色の3色とあわせて4色の設定。

2018年11月22日にカラーチェンジして発売。
車体色は、新色のグランプリレッドと従来色のマットガンパウダーブラックメタリック、パールグレアホワイトをあわせた3色の設定。パールグレアホワイトのアンダーカウルのカラーをグレーからブラックに変更。
2018年12月14日にカラーチェンジして発売。
レッドに躍動感のあるストライプを組み合わせることでレーシングイメージをより高めたグランプリレッド(ストライプ)を追加。従来色とあわせて4色の設定。
2020年9月18日にマイナーチェンジ。
新形状のピストン採用やマフラー内部構造の変更などで最高出力と最大トルクが向上。アシスト&スリッパークラッチを採用。純正オプションでクイックシフターを用意。ABSは、標準搭載となった。車体色は、4色(グランプリレッド(ストライプ)、マットガンパウダーブラックメタリック、パールグレアホワイト、グランプリレッド)。
CBR250RRの2020年9月18日のマイナーチェンジ前後の違いの比較は、こちら。

 

 

ここでは、
2016年2月26日発売のホンダ CBR400R(2BL-NC47)と
2017年5月12日発売のホンダ CBR250RR(2BK-MC51)
の違いを比較しました。

 

 

CBR400R(2BL-NC47)とCBR250RR(2BK-MC51)のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

CBR400R

CBR250RR

モデルチェンジ区分

フルモデルチェンジ

新登場

型式

2BL-NC47

2BK-MC51

発売日

2016年2月26日

2017年5月12日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2080

2065

全幅 (mm)

750

725

全高 (mm)

1145

1095

ホイールベース (mm)

1410

1390

最低地上高(mm)

140

145

シート高 (mm)

785

790

車両重量 (kg)

192

165

最小回転半径(m)

2.7

2.9

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

39.7

40.1

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

28.2

26.7

原動機型式

NC47E

MC51E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

399

249

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

67

62

行程(ピストンストローク)(mm)

56.6

41.3

圧縮比(:1)

11

11.5

最高出力(kW)

34

28

最高出力(PS)

46

38

最高出力回転数(rpm)

9500

12500

最大トルク(N・m)

37

23

最大トルク(kgf・m)

3.8

2.3

最大トルク回転数(rpm)

7500

11000

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

PGM-FI

PGM-FI

燃料タンク容量 (L)

16

14

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR8EA-9

SILMAR8C9

点火プラグ必要本数・合計

2

2

搭載バッテリー・型式

YTZ10S

YTZ7S

バッテリー容量

12V-8.6Ah10HR

12V-6.0Ah (10HR)

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.2

2.4

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2.5

1.9

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2.7

2.1

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

2.029

2.781

2次減速比

3

2.928

変速比

1速 3.285/2速 2.105/3速 1.600/4速 1.299/5速 1.149/6速 1.042

1速 3.272/2速 2.187/3速 1.726/4速 1.421/5速 1.222/6速 1.067

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

14

スプロケット歯数・後

45

41

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

114

112

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

25°30

24°30

トレール量 (mm)

102

92

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

倒立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

120/70ZR17

110/70R17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

54

タイヤ(前)速度記号

(W)

H

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

160/60ZR17

140/70R17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

69

66

タイヤ(後)速度記号

(W)

H

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

2.75

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4.5

4

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

-

2

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

-

2.25

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有
盗難防止装置 有

走行モード切り替え 有

メーカー小売価格/カラーバリエーション

699,840円 グラファイトブラック
ヴィクトリーレッド
732,240円 ロスホワイト

756,000円 マットガンパウダーブラックメタリック
ソードシルバーメタリック
777,600円 ヴィクトリーレッド

国内年間目標販売台数

シリーズ合計 1,400台

3,500台

 

CBR400R(2BL-NC47)とCBR250RR(2BK-MC51)の違いを比較
CBR400R(2BL-NC47)とCBR250RR(2BK-MC51)の外観のサイドの比較のGIF動画

 

CBR400RとCBR250RRの違いを比較

 

 

250で高級なCBR250RRにするか、400で普通のCBR400Rにするか。値段は、同じぐらい。

 

 

●車両重量と最高出力と最大トルク
CBR400R 192kg | 34kW/9500rpm | 37N・m/7500rpm
CBR250RR 165kg | 28kW/12500rpm | 23N・m/11000rpm

 

 

動力性能は、CBR400Rの方が全然上。

 

 

ロンツーによく行くならCBR400R。燃費が良いし、タンク容量も大きいし、ポジションが疲れにくい。峠によく行くなら軽くて小回り効くCBR250RR。

 

 

サーキットで行ったり、峠を攻める人には、CBR250RRの方がいいかもしれないけど、CBR250RRの性能面では、他の250より少し良くて、コントロールのしやすい程度。加速も巡航時の姿勢の楽さもCBR400Rの方が上。CBR400Rでネックなのは、車検があることぐらいかな。

 

 

●シート高
CBR400R 785mm
CBR250RR 790mm

 

 

●タンク容量
CBR400R 16L
CBR250RR 14L

 

●燃費WMTCモード値
CBR400R 28.2km/L
CBR250RR 26.7km/L

 

●航続距離
CBR400R 16L × 28.2km/L =451.2km
CBR250RR 14L × 26.7km/L =337km

 

 

どっちも試乗したけど、乗りやすいのは、CBR400R。

 

 

乗り出し価格は、似たようなもんだね。主な違いは、車検の有無と、高速での余裕だけ。

 

 

軽量の車体をエンジン回してガンガン走るならCBR250RR。せめて走ることが少なくて、普段乗りが多いならトルクが太くて乗りやすいCBR400R。もちろんどっちでも同じことができるけど、イメージとしては、そんな感じ。

 

 

CBR400Rのがポジションが楽だからツーリング向き。CBR400Rは、2019年モデルになって、少し前傾になったけど、気になる程じゃない。CBR250RRは、前傾がキツイからサーキット向きだけど、長距離は少しキツイと思った。CBR400Rは、CBR250RRより27kg重いけど、乗ると気にならない。俺は、レーシーな見た目で乗りやすいツーリングバイクが欲しかったからCBR400Rにした。

 

 

俺は、CBR400Rにした。CBR250RRで38psよりCBR400Rの46psの方が良いと思った。トルクもあって乗りやすいし、燃費も32km/Lぐらいで良い。

 

 

CBR400Rは、CBR250RRよりタイヤが太いのがいい。

 

 

CBR400Rは、大きくて重いから飛ばしてもスピード感がない。
CBR250RRの方が速く走れたとかわかりやすい。

 

 

渋滞してる時、すり抜けせず走ると、CBR250RRのComfortモードは、かなり良い機能だよ。

 

 

峠走るなら、小回りがきいて軽いCBR250RRの方が楽しい。長距離は、疲れるけどね。

 

 

CBR250RRとCBR400Rは、前傾姿勢が全く違うバイク。CBR250RRは、スポーツ系のポジションで、いつか大型が欲しくなった時に乗り換えてもいいし、セカンドとして持っておくこともできる。CBR400Rは、ツアラー系のポジションだから大型を買ったら乗らなくなるから売るしかない。

 

CB400SBとCBR400Rの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら