NINJA650とSV650Xの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

NINJA650とSV650Xの違いを比較

 

カワサキ Ninja650の歴史

2012年1月に「Ninja650」が海外で新登場。
欧州で「ER-6n」のフルカウル版が「ER-6f」。その北米仕様のネーミングが「Ninja650R」。2012年にフルモデルチェンジし、よりスポーティな外観となってエンジンやフレームなどのパッケージングが進化し、北米仕様の車名を「Ninja650」に変更。車体色は、2色(キャンディライムグリーン、メタリックスパークブラック)。
2013年1月に「Ninja650」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(キャンディライムグリーン、キャンディサンダーブルー、パールスターダストホワイト)。
2014年1月に「Ninja650」をカラーチェンジ。
車体色は、2色(キャンディバーントオレンジ×メタリックフラットスパークブラック、キャンディライムグリーン×メタリックフラットスパークブラック)。
2015年1月に「Ninja650」をカラーチェンジ。
車体色は、1色(メタリックスパークブラック×メタリックフラットスパークブラック)。
2016年1月に「Ninja650」をカラーチェンジ。
車体色は、1色(キャンディパーシモンレッド×メタリックスパークブラック)。
2017年5月15日に「Ninja650 ABS」をフルモデルチェンジして日本国内を発売。型式は、2BL-ER650H
日本国内で2017年の新型モデルが発売。これまでの海外向け「Ninja650」と同じく並列2気筒エンジンを搭載するがフレームなどは、異なる。多機能メーターにギアポジションも表示。ETC車載器キットを標準装備。タイで日本向けに生産。車体色は、1色(メタリックスパークブラック)。
Ninja650 2016年モデル(海外仕様)と2017年モデル(日本仕様)の違い
2017年5月15日に「Ninja 650 ABS KRT Edition」を発売。
「Ninja 650 ABS KRT Edition」は、KRTのカラーリングレプリカ。ワールドスーパーバイク選手権の「Ninja ZX-10RR」のイメージをモチーフにしたもの。スタンダードモデルからカラーとグラフィックを変更。車体色は、1色(ライムグリーン×エボニー)。
2017年8月1日に「Ninja650」をカラーチェンジ。

車体色は、2色(キャンディプラズマブルー×エボニー、メタリックスパークブラック)。この年から車名表記からABSの文字が消えたがABSは標準装備。
2017年10月1日に「Ninja 650 KRT Edition」を発売。
「Ninja 650 KRT Edition」もABSが標準装備となり、車名表記からABSの文字がなくなった。車体色は、1色(ライムグリーン×エボニー)。
2019年2月1日に「Ninja650」と「Ninja650 KRT EDITON」をカラーチェンジ。
車体色は、「Ninja650」が1色(メタリックスパークブラック)。「Ninja650 KRT EDITON」が1色(ライムグリーン×エボニー)。
2020年2月1日に「Ninja650」と「Ninja650 KRT EDITON」をマイナーチェンジ。
2019年10月に欧州仕様として発表された新型モデルを日本市場に導入。ニンジャZX-6Rに似たカウルデザインとなり、ヘッドライトをLED化、メーターパネルはネガポジ反転可能なTFTカラー液晶タイプを採用。タンデムシートの形状の見直し。ETC車載器がETC2.0に変更。「Ninja650」の車体色は、1色(パールブリザードホワイト)。「Ninja650 KRT EDITON」の車体色は、スーパーバイク世界選手権に参戦するカワサキレーシングチーム(KRT)カラーバージョン(ライムグリーン×エボニー)。
Ninja650の2020年2月1日のマイナーチェンジでの違いは、こちら。
2021年12月17日に「Ninja650」と「Ninja650 KRT EDITION」をマイナーチェンジ。型式は、8BL-ER650H
新しい排ガス規制の対応とカラーチェンジ。車体色は、「Ninja650」が「パールロボティックホワイト×メタリックカーボングレー」の1色。「Ninja 650 KRT EDITION」は継続の「ライムグリーン×エボニー」の1色。
Ninja650の「型式 2BL-ER650H」と「型式 8BL-ER650H」の違いの比較は、こちら。

 

 

スズキ SV650の歴史

2016年8月11日に新型「SV650 ABS」の日本国内仕様が新登場。型式は、2BL-VP55B
「SV650」は、650ccV型2気筒エンジンを搭載したスリムで軽量なロードスポーツバイク。エンジンはグラディウス650に搭載のものを欧州EURO4排出ガス規制(日本の平成28年規制と同等)対応のため改良。また極低回転域での補助を行う「ローRPMアシスト」を搭載。車体もグラディウスからの改良で大幅に軽量化。車体色は、3色(パールグレッシャーホワイト、パールミラレッド、マットブラックメタリックNo.2)の設定。
グラディウス650とSV650の違いを比較は、こちら。
2018年1月26日に「SV650 ABS」をマイナーチェンジ。
変更点は、カラーリングの変更、ハンドルレバー色を黒に変更、タイヤの銘柄をDUNLOP ROAD SMART IIIへ変更。車体色は、3色(トリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト、グラススパークルブラック、マットブラックメタリックNo.2)の設定。
SV650の2018年1月26日のマイナーチェンジ前後の違いの比較は、こちら。
2018年1月26日に「SV650X ABS」を発売。
「SV650X ABS」は、「SV650 ABS」をベースにしたカフェレーサーカスタムの日本向けモデル。先行した欧州向けモデルと基本的に同じだがカラーグラフィックが異なり、モデル名も「SV650X ABS」とされた。車体色は、1色(オールトグレーメタリックNo.3)の設定。
SV650とSV650Xの違いの比較は、こちら。
2019年1月23日に「SV650 ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(グラススパークルブラック/パールグレッシャーホワイト、オールトグレーメタリックNo.3、グラススパークルブラック)の設定。
2019年1月29日に「SV650X ABS」をマイナーチェンジ。
ブレーキキャリパーの変更(2ピストンから4ピストンへグレードアップ)、マフラーカバーの変更、シート色の変更(ブラック×グレーからブラウン×ブラック)。車体色は、1色(オールトグレーメタリックNo.3)の設定。
2020年3月18日に「SV650 ABS」と「SV650X ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、「SV650 ABS」が3色(ミスティックシルバーメタリック、マットブラックメタリックNo.2、グラススパークルブラック)の設定。「SV650X ABS」がグラススパークルブラックのみ。
2021年1月28日に「SV650 ABS」と「SV650X ABS」をカラーチェンジ。

車体色は、「SV650 ABS」が3色(グラススパークルブラック×ブリリアントホワイト、グラススパークルブラック、マットブラックメタリック No.2)。「SV650X ABS」が1色(グラススパークルブラック)。
2022年1月26日に「SV650 ABS」と「SV650X ABS」をマイナーチェンジ。型式は、8BL-VP55E
平成32年(令和2年)排出ガス規制に適合し、認定型式が「8BL-VP55E」に変更。規制適合に伴い、エンジンの出力やトルクが若干下がり、燃費数値も変わった。車体色は、「SV650 ABS」と「SV650X ABS」ともに2021年モデルのカラーを継続。「SV650X ABS」は、2022年1月28日発売。
SV650の「型式 2BL-VP55B」と「型式 8BL-VP55E」の違いの比較は、こちら。

 

 

ここでは、
2017年5月15日発売のカワサキ NINJA650 ABS(型式 2BL-ER650H)と
2018年1月26日発売のスズキ SV650X ABS(型式 2BL-VP55B)
の違いを比較しました。

 

 

NINJA650とSV650Xのスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

Ninja 650 ABS

SV650X ABS

モデルチェンジ区分

フルモデルチェンジ

新登場

型式

2BL-ER650H

2BL-VP55B

発売日

2017年5月15日

2018年1月26日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2055

2140

全幅 (mm)

740

730

全高 (mm)

1135

1090

ホイールベース (mm)

1410

1450

最低地上高(mm)

130

135

シート高 (mm)

790

790

車両重量 (kg)

193

197

最小回転半径(m)

2.8

3.3

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

32.1

37.5

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

24

26.6

原動機型式

ER650AE

P511

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

V型(L型)

シリンダバンク角(°)

-

90

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

649

645

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

83

81

行程(ピストンストローク)(mm)

60

62.6

圧縮比(:1)

10.8

11.2

最高出力(kW)

50

56

最高出力(PS)

68

76.1

最高出力回転数(rpm)

8000

8500

最大トルク(N・m)

65

64

最大トルク(kgf・m)

6.6

6.5

最大トルク回転数(rpm)

6500

8100

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

15

14

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

481.5

525

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9EIA-9

MR8E-9

点火プラグ必要本数・合計

2

4

搭載バッテリー・型式

YTZ10S

FT12A-BS

バッテリー容量

12V-8.6Ah

12V 36.0 kC(10 Ah)/10HR

エンジン潤滑方式

セミ・ドライサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.3

3

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.6

2.4

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.8

2.75

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

ドレンボルト呼び径(mm)

12

-

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

2.095

2.088

2次減速比

3.066

3.066

変速比

1速 2.437/2速 1.713/3速 1.332/4速 1.110/5速 0.964/6速 0.851

1速 2.460/2速 1.776/3速 1.379/4速 1.125/5速 0.961/6速 0.851

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

15

スプロケット歯数・後

46

46

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

114

112

フレーム型式

ダイヤモンド

スチール製トラスパイプフレーム

キャスター角

24°00

25°00

トレール量 (mm)

100

106

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

フロントフォーク径(φ)

41

41

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

160/60ZR17

160/60ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

69

69

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4.5

5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2.25

2.25

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.5

2.5

ヘッドライト定格(Hi)

55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H7

H4

テールライトタイプ

LED

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
スリッパークラッチ 有
ETC 有

アンチロックブレーキ(ABS) 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

807,840円(本体価格748,000円、消費税59,840円)
メタリックスパークブラック(BK1)

781,920円(税抜き本体価格 724,000円)
オールトグレーメタリックNo.3

販売計画台数(国内・年間)

-

500台

生産国

タイ

-

 

NINJA650とSV650Xの違いを比較

 

NINJA650とSV650Xの違いを比較

 

 

NINJA650とSV650Xで迷ってるなら
サーキットとかで遊びたい人は、SV650X、
ツーリングメインの人は、Ninja650かな。

 

 

俺は、NINJA650乗ってるけど、
おもしろいのはSV650X。
平均点が高いのはNINJA650。
SV650Xの前傾があわない人もいるから跨ってみた方がいい。

 

 

ワインディングとパワーは、Ninja650よりSV650Xの方が上。
快適性は、下がるけど。

 

 

俺は、Ninja650の方がいいと思う。フルカウルだし、液晶とアナログ組み合わせた凝ったメーターだし、ショートマフラーだし。

 

 

NINJA650とSV650XならNINJA650の方がポジ的にはツーリングで楽。
SV650Xは、NINJA650と比べるとケツ痛シート。

 

 

NINJA650やMT-07があるのにSV650を選ぶ人は、見た目が好きだったり、希少種になりつつあるVツインに乗りたい人だけ。

 

 

NINJA650は、どこでも見かけるからSV650Xにした。

 

 

NINJA650とSV650Xは、サーキットレベルじゃなければどちらも速さは大差ない。どちらもチープな足回りだから。

 

 

俺は、パラツインは走っててときめかない。取り回しも重心の高いSVよりNINJA650の方が楽。SVは並列に比べて、少し傾けたらガクって重さを感じる。乗ってる時はそれがパタンと寝る感覚になるけど。NINJA650のセパハンだけど高いハンドルより良いとは思えない。

 

 

SV650XとNINJA650で悩んでNINJA650にした。SV650Xは試乗したけど細かい部分がチープだったのとネオレトロとしてイジるには、フォグなどのカスタムでお金がかかりそうだった。俺が求めるロンツー主体の用途では、NINJA650のカウルと航続距離とETCや電源の(ほぼ)標準化でカスタムする場所がない。その浮いたお金でパニアとか旅装備を充実させたほうがイイと思った。

 

NINJA650とSV650Xの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら