セロー250とXR230の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

セロー250とXR230の違いを比較

 

ヤマハ セロー250の歴史

2005年4月1日に「セロー250」が新登場。型式は、BA-DG11J
車体色は、2色(パープリッシュホワイトソリッド1、ダークグレーメタリックE)の設定。
2005年4月1日に特別・限定仕様「SEROW 250 20th Anniversary Special」を発売。
前のモデルのセロー225の登場から20年を記念したアニバーサリーモデル。車体色は、ライトイエローイッシュグレーメタリック9(レッド/ホワイト)。
2006年3月30日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、新色2色(パープリッシュホワイトソリッド1、ヤマハブラック)の設定。
2006年3月30日に「セロー250S」を新たにタイプ追加。
「セロー250S」は、外装に塗装を施し、質感と高級感を醸し出す上級グレード版。車体色は、ブルーイッシュシルバー4の1色。
2007年2月に2006年モデルのカラーのまま2007年モデルの「セロー250」を発売。
2007年3月30日に「セロー250S」をカラーチェンジ。
車体色は、新色のイエローイッシュグレーメタリック9(バイオレット)の1色の設定。
2008年1月30日に「セロー250」と「セロー250S」をマイナーチェンジ。型式は、JBK-DG17J
F.I.を採用、吸気ポート形状変更などによって環境性能・トルク感を向上、フロントフォークアウターチューブの仕様変更によるトレール量の見直しを図る。また、全色に新グラフィックを採用。車体色は、セロー250がパープリッシュホワイトソリッド1(新グラフィック)、ヒートレッド(新色)の2色。 セロー250Sがライトイエローイッシュグレーメタリック9(新色)の1色。
セロー250のキャブとFIの違いを比較
2010年1月15日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、「パープリッシュホワイトソリッド1」をベースカラーとした「ホワイト/グリーン」と 「ホワイト/ブロンズ」の2色の設定。

2010年7月1日に特別・限定仕様「SEROW 250 25th Anniversary Special」を発売。
前のモデルのセロー225の登場から25年を記念したアニバーサリーモデル。車体色は、Realtree AP HD/Yamaha Black (Realtree/ブラック)。
2012年1月30日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、「パープリッシュホワイトソリッド1」をベースカラーとした「ホワイト/グリーン」と「ホワイト/レッド」の2色の設定。
2012年8月30日に「ツーリングセロー」を新たにタイプ追加。
セロー250に、専用アクセサリーをパッケージ装着した販売店特装車。主な専用装備として大型リアキャリア、エンジン下アルミガード、ハンドルグリップ部のブラッシュガード、フロントガードを備えたアドベンチャースクリーンの4点。
2014年1月21日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、新色のベージュとパープリッシュホワイトソリッド1の2色の設定。
2015年4月15日に特別・限定仕様「SEROW 250 30th Anniversary Special Edition」を発売。
前のモデルのセロー225の登場から30年を記念したアニバーサリーモデル。車体色は、新色のマットグレーメタリック3(マットグレー)の1色。
2016年2月5日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、新色のパープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/グリーン)とベージュ(ベージュ)の2色の設定。
2016年3月22日に「セロー250」をカラーの追加。
1ヶ月遅れて、新色のパープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/オレンジ)を追加。
2017年2月に「セロー250」をカラーチェンジ。
2018年8月31日に「セロー250」をマイナーチェンジ。型式は、2BK-DG31J

平成28年排出ガス規制をクリアして登場。規制の対象となった蒸発ガソリンの外気排出を低減するためのキャニスター(容器)を備えるなどの環境対策が施された。3kgほど車重がアップし、混合気の圧縮比が若干上がり、出力が向上、タンク容量は、少し減ったが燃費は大きく向上。外観上の違いは、リアフェンダーがロングタイプになり、テールランプがLED化された。車体色は、「パープリッシュホワイトソリッド1」をベースカラーとした「ホワイト/グリーン」「ホワイト/オレンジ」「ホワイト/ブルー」の3色の設定。
セロー250の旧型(JBK-DG17J)と新型(2BK-DG31J)の違い
2018年9月13日に「ツーリングセロー」をタイプ追加。
平成28年排出ガス規制をクリアしたセロー250にも「ツーリングセロー」がタイプ設定された。ツーリングセローは、大型のアドベンチャースクリーンや、ハンドルガード、積載性を向上させるアドベンチャーリアキャリア、アルミダンダーガードの4点を標準装備したアクセサリーパッケージ。

 

 

ホンダ XR230の歴史

2005年3月25日に新登場。型式は、 BA-MD36


XR230は、SL230・XL230を統合したフルモデルチェンジ車。車体色は、2色(エクストリームレッド、ブラック)の設定。
2006年12月22日にマイナーチェンジ。
フロントバイザーのデザインを変更。マルチリフレクターヘッドライトを採用。燃料タンク左右側面のタンクシュラウドを「CRFシリーズ」をイメージしたストライプに変更。車体色は、新色のロスホワイトと継続色のエクストリームレッドの2色。ロスホワイトの方は、前後のホイールにブラックのリムを採用。
2008年2月22日にマイナーチェンジ。型式は、 JBK-MD36
キャタライザー(触媒装置)をエキゾーストマニホールドとマフラーに内蔵し、排出ガス規制に適合。キャブレターのセッティングを変更。従来よりて燃費が3.0km/L向上し、より低中速域重視の出力特性となる。前・後のアルミ製リムをゴールドカラーに変更。車体色は、2色(エクストリームレッド、ロスホワイト)の設定。
2008年3月28日にXR230モタードが新登場。
XR230をベースに前・後輪に17インチのオンロードタイヤを装着し、ツートーンシートや燃料タンクのシュラウドに専用ストライプを施すなどした本格的なスーパーモタードのスタイリングにしたもの。車体色は、3色(プラズマイエロー、ブラック、ロスホワイト)の設定。
2008年12月19日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ロスホワイト、エクストリームレッド)の2色。前・後のホイールリムにシルバーカラーを採用。車体色ロスホワイトは、軽快なイメージのストライプをタンクシュラウドとリアサイドカバーに施す。エクストリームレッドは、「CRF450R」のカラーリングとストライプを踏襲し、側面と上面に鮮やかなレッドのシートとホワイトのリアフェンダーによって躍動感あふれるイメージに。ツートーンシートは、上面をシルバーに側面をブラックにした。
2009年1月13日にXR230モタードをカラーチェンジ。
車体色は、2色(ブラック、プラズマイエロー)。ブラックは、タンクシュラウドにブラックのストライプを配し、全身をブラックで統一。プラズマイエローは、イエローとブラックのツートーンシートに変更。燃料タンク、前・後フェンダー、リアサイドカバー、フロントバイザーをブラックに変更。前・後ホイールリムは、ゴールドカラー。
2012年に生産中止。後継のCRF250Lへフルモデルチェンジされた。

 

 

ここでは、まず最初に
2005年4月1日発売のヤマハ セロー250(BA-DG11J)と
2005年3月25日発売のホンダ XR230(BA-MD36)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

セロー250

XR230

モデルチェンジ区分

新登場

新登場

型式

BA-DG11J

BA-MD36

発売日

2005年4月1日

2005年3月25日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2100

2080

全幅 (mm)

805

825

全高 (mm)

1160

1115

ホイールベース (mm)

1360

1340

最低地上高(mm)

285

245

シート高 (mm)

830

805

乾燥重量 (kg)

115

111

車両重量 (kg)

126

120

最小回転半径(m)

1.9

1.9

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

45

40

原動機型式

G340E

MD33E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

249

223

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

2

-

内径(シリンダーボア)(mm)

74

65.5

行程(ピストンストローク)(mm)

58

66.2

圧縮比(:1)

9.5

9

最高出力(kW)

16

13

最高出力(PS)

21

18

最高出力回転数(rpm)

7500

7500

最大トルク(N・m)

21

19

最大トルク(kgf・m)

2.14

1.9

最大トルク回転数(rpm)

6500

6000

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料供給装置形式

MV33

VE3AE

燃料タンク容量 (L)

9.8

8.7

燃料タンク・リザーブ容量 (L)

1.9

-

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

DR7EA

DPR8EA-9

点火プラグ必要本数・合計

1

-

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

YTZ7S

バッテリー容量

12V-6.0Ah

-

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.4

1.2

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.2

1

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.3

-

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-30

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

-

1次減速比

3.083

3.09

2次減速比

3.2

3

変速比

1速 2.845/2速 1.812/3速 1.317/4速 1.034/5速 0.820

1速 3.082/2速 2.062/3速 1.450/4速 1.129/5速 0.959/6速 0.814

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

13

スプロケット歯数・後

-

39

チェーンサイズ

428

520

標準チェーンリンク数

128

100

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

26°20

26°50

トレール量 (mm)

100

103

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

-

タイヤ(前)

2.75-21

2.75-21

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

45

45

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

120/80-18

120/80-18

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

62

62

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

1.6

1.6

ホイールリム幅(後)

2.15

2.15

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.5

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

1.75

-

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

テールライト定格(制動/尾灯)

21/5W

-

メーカー小売価格

462,000円

420,000円

 

セロー250(BA-DG11J)とXR230(BA-MD36)の違いを比較

 

セロー250(BA-DG11J)とXR230(BA-MD36)の比較の口コミ

 

 

セロー250は、XR230と比較すると5速だし、重いし、高い。

 

 

セロー250は、XR230より最低地上高でアドバンテージがある。

 

 

セロー250の方がカッコイイ。でもXR230の壊れても気にならないラフさも魅力的。

 

 

XR230は、いまさらレーサーデザイン路線でどうするのって思ってたけど、実車見ると、プラパーツでゴテゴテてんこ盛りのセロー250より、すっきりした線で構成されててよかった。XR230のが街中でも普段着でも違和感なく乗れそうって思った。

 

 

林道・エンデューロがメインの人は、XR230
街乗り、ツーリングがメインの人は、セロー250

 

 

○街乗り・ツーリング
セロー250の方が排気量分の余力、進化したサスやシートで快適

 

○林道から深い山
XR230は、足つきが良く、扱いやすい。地上高の無さとパワーの乏しさが不満。
セロー250は、エンジンとサスの良さでフラットからアタック系まで恩恵がある。

 

○エンデューロに出るなら
XR230は、フラットなコースでグルグル系なら楽しめる。深い轍は鬼門になる。
セロー250は、パワーとジャンプに強くなった足は、サーキット系EDで強みに。

 

 

レッドバロンでXR230の黒とセロー250が並んでた。実車見たらXR230のが全然スッキリしてたしスリムでシンプルで良いデザインと思った。

 

 

 

次に
2008年1月30日発売のヤマハ セロー250(JBK-DG17J)と
2008年2月22日発売のホンダ XR230(JBK-MD36)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

セロー250

XR230

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

マイナーチェンジ

型式

JBK-DG17J

JBK-MD36

発売日

2008年1月30日

2008年2月22日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2100

2080

全幅 (mm)

805

825

全高 (mm)

1160

1110

ホイールベース (mm)

1360

1340

最低地上高(mm)

285

245

シート高 (mm)

830

805

乾燥重量 (kg)

119

-

車両重量 (kg)

130

122

最小回転半径(m)

1.9

2.1

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

40

43

原動機型式

G370E

MD33E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

249

223

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

2

-

内径(シリンダーボア)(mm)

74

65.5

行程(ピストンストローク)(mm)

58

66.2

圧縮比(:1)

9.5

9

最高出力(kW)

14

13

最高出力(PS)

18

18

最高出力回転数(rpm)

7500

7500

最大トルク(N・m)

19

18

最大トルク(kgf・m)

1.9

1.8

最大トルク回転数(rpm)

6500

5500

燃料供給方式

フューエルインジェクション

キャブレター

燃料供給装置形式

-

VE3AF

燃料タンク容量 (L)

9.6

8.7

燃料タンク・リザーブ容量 (L)

1.9

-

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

DR7EA

DPR8EA-9

点火プラグ必要本数・合計

1

-

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

YTZ7S

バッテリー容量

12V-6.0Ah

-

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.4

1.2

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.2

1

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.3

-

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-30

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

-

1次減速比

3.083

3.09

2次減速比

3.2

3

変速比

1速 2.845/2速 1.812/3速 1.817/4速 1.034/5速 0.820

1速 3.082/2速 2.062/3速 1.450/4速 1.129/5速 0.959/6速 0.814

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

13

スプロケット歯数・後

-

39

チェーンサイズ

428

520

標準チェーンリンク数

128

100

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

26°40

26°50

トレール量 (mm)

105

103

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

-

タイヤ(前)

2.75-21

2.75-21

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

45

45

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

120/80-18

120/80-18

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

62

62

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

1.6

1.6

ホイールリム幅(後)

2.15

2.15

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

1.5

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

1.75

-

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

テールライト定格(制動/尾灯)

21/5W

-

メーカー小売価格

493,500円

492,450円

 

セロー250(JBK-DG17J)とXR230(JBK-MD36)の違いを比較

 

セロー250(JBK-DG17J)とXR230(JBK-MD36)の比較の口コミ

 

 

XR230 車両重量 122kg
セロー250 車両重量 130kg

 

 

セロー225の感覚が好き人は、セロー250じゃなく、XR230に乗り換えればいいと思う。

 

 

セロー250は、ハンドルやメーター周りの配線がごちゃごちゃしてる。この部分は、XR230のシンプルさが羨ましい。

 

 

俺は、XR230にした。セロー250より小さくて取り回ししやすいし、安心のホンダだから。

 

 

XR230で高速走ると拷問だよ。仲間でツーリング行くとみんなに迷惑かける。

 

セロー250とXR230の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら