スカイウェイブ650とLXの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

スカイウェイブ650とスカイウェイブ650LXの違いを比較

 

スズキ スカイウェイブ650の歴史

2002年6月に「スカイウェイブ650」が新登場。型式は、BC-CP51A
638ccDOHC直列2気筒を搭載。トランスミッションには二輪車初となる電子制御CVTのSECVTを搭載し、ドライブモードとパワーモード、5速MTモード(後に6速化)との切り換えが可能。ハンドル下部の収納スペースにはDC電源ソケットを備えた。車体色は、2色(パールグラスホワイト、バリアブルシルバーメタリック)。
2003年3月に特別・限定仕様の「スカイウェイブ650 50周年記念車」
スズキが二輪事業に進出して50周年のアニバーサリーモデル。クリアコート塗装の高級感のあるソリッドクリアブラックを車体色に採用し、クロムメッキのマフラーカバー、ライトスモークのスクリーンなどを採用。通常モデルより9万円高で200台限定発売。
2003年8月に「スカイウェイブ650」をマイナーチェンジ。
シート形状を少し細めに変更し、足つき性を向上。フロントフォークなど、足回りをチューニングして走行安定性を高めた。車体色は、2色(ソニックシルバーメタリック、パールネブラーブラック)。
2004年11月に「スカイウェイブ650 リミテッド」を追加。
グリップヒーターを標準装備した「冬季仕様モデル」。ブラックとグレーのツートーンカラーを採用。
2005年2月に「スカイウェイブ650」をマイナーチェンジ。
CVTのマニュアルモードを6速設定に変更。あらかじめ登録された鍵以外では始動できない、鍵と車体が通信して照合するイモビライザーを装備。マニュアルモードにオーバードライブを追加し、6段変速化、メーターパネルに外気温計、平均燃費を確認できる燃費計を追加。価格は1万円アップ。車体色は、2色(パールグラスホワイト、ソニックシルバーメタリック)。
2006年1月に「スカイウェイブ650」をカラーチェンジ。
車体色は、角度によってグレーから黒へと色合いを変えるファントムブラックメタリックとオールトグレーメタリックを採用。
2007年1月に「スカイウェイブ650」をカラーチェンジ。
車体色は、オールドグレーメタリック。
2007年12月に「スカイウェイブ650」をカラーチェンジ。
スタンダードのスカイウェイブ650は、このモデルまでとなった。

 

 

スズキ スカイウェイブ650LXの歴史

2004年1月26日にスカイウェイブ650LXが新登場。型式は、BC-CP51A
スカイウェイブ650の上級モデルとしてABS(アンチロックブレーキシステム)を標準装備。サイドミラーは格納式に変更。タンデムライダーの背もたれになるシーシーバーを追加装備。サイレンサーカバーなどにクロムメッキパーツを採用。車体色は、ソニックシルバーメタリックの1色。
2005年4月23日にマイナーチェンジ。
電動可動式のスクリーンを採用。車体色は、ソニックシルバーメタリックの1色。
2006年1月30日にカラーチェンジ。
車体色は、オールトグレーメタリックの1色。
2007年1月20日にカラーチェンジ。
車体色は、パールグラスホワイトとオールトグレーメタリックの2色。
2007年12月にカラーチェンジ。
車体色は、パールネブラーブラックとオールトグレーメタリックの2色。
2008年11月28日にマイナーチェンジ。型式は、EBL-CP52A
この年からモデルがスカイウェイブ650LXに一本化。シートヒーターとグリップヒーターを標準装備。ヘッドライト内のリフレクターが淡いブルーとなる。車体色は、パールミラージュホワイト、オールトグレーメタリック、パールネブラーブラックの3色。
2011年6月6日にマイナーチェンジ。
大型液晶を中央に配した新デザインのメーターパネルへ変更。フロントフェンダー左右の「ABS」ステッカー貼付位置を左ヘッドライト上へ変更。車体色は、パールミラージュホワイト、オールトグレーメタリックの2色。
2012年5月17日にカラーチェンジ。
車体色は、パールムーンストーングレーとパールミラージュホワイトの2色。

2013年1月29日にマイナーチェンジ。
エンジンとCVT制御の改良によって環境性能と燃費性能が向上。車体色は、マットフィブロイングレーメタリック、パールブレーシングホワイト、グラススパークルブラックの3色。
2013年10月15日にマイナーチェンジ。
スクリーン下端のSマークが新しいタイプに変更。車体色は、マットフィブロイングレーメタリック、パールブレーシングホワイト、グラススパークルブラックの3色。
2014年8月にカラーチェンジ。
ブラックのマットカラーを採用。車体色は、マットブラックメタリックNo.2の1色。
2015年8月にカラーチェンジ。
フロントフォークのアウターケースをブラックに変更。車体色は、マットブラックメタリックNo.2、マットフィブロイングレーメタリック、パールブレーシングホワイトの3色。

 

 

ここでは、
2003年8月21日発売のスズキ スカイウェイブ650(BC-CP51A)と
2004年1月26日発売のスズキ スカイウェイブ650LX(BC-CP51A)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

スカイウェイブ650

スカイウェイブ650 LX

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

タイプ追加

型式

BC-CP51A

BC-CP51A

発売日

2003年8月21日

2004年1月26日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2260

2260

全幅 (mm)

810

810

全高 (mm)

1435

1435

ホイールベース (mm)

1595

1595

最低地上高(mm)

130

130

乾燥重量 (kg)

238

244

車両重量 (kg)

270

276

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

27

27

原動機型式

P506

P506

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

638

638

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

75.5

75.5

行程(ピストンストローク)(mm)

71.3

71.3

圧縮比(:1)

11.2

11.2

最高出力(kW)

37

37

最高出力(PS)

50

50

最高出力回転数(rpm)

7000

7000

最大トルク(N・m)

60

60

最大トルク(kgf・m)

6.1

6.1

最大トルク回転数(rpm)

5000

5000

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

15

15

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

405

405

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR7E

CR7E

点火プラグ必要本数・合計

2

2

搭載バッテリー・型式

FTX14-BS

FTX14-BS

バッテリー容量

12V-43.2kC(12Ah)/10HR

12V-43.2kC(12Ah)/10HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.4

3.4

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2.6

2.6

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2.9

2.9

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板・遠心

湿式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

1.333

1.333

フレーム型式

パイプアンダボーン

パイプアンダボーン

キャスター角

26°10

26°10

トレール量 (mm)

102

106

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

タイヤ(前)

120/70R15

120/70R15

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

56

56

タイヤ(前)速度記号

H

H

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

160/60R14

160/60R14

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

65

65

タイヤ(後)速度記号

H

H

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4.5

4.5

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

テールライト定格(制動/尾灯)

21/5W ×2

21/5W ×2

メーター表示

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

パーキングブレーキ 有
走行モード切り替え 有
DCソケット 有
ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有

アンチロックブレーキ(ABS) 有
シーシーバー 有
電動格納式ミラー 有
パーキングブレーキ 有
走行モード切り替え 有
DCソケット 有
ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

859,000円 ソニックシルバーメタリック、パールネブラーブラック

959,000円 ソニックシルバーメタリック

 

スカイウェイブ650とスカイウェイブ650LXの違いを比較

 

スカイウェイブ650とスカイウェイブ650LXの違いを比較

 

 

スカイウェイブ650LXの特長

 

  • 「スカイウェイブ650LX」は、「スカイウェイブ650」に様々な装備を追加した上級モデル。
  •  

  • ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)を装備。急制動時にタイヤがロックされることを抑止し、車体を安定させて安全性が向上。
  •  

  • タンデム乗車時に便利なシーシーバーを装備。
  •  

  • 電動格納式ミラーを採用。ハンドルのスイッチでミラーの開閉操作が可能。
  •  

  • サイレンサーのカバーやエンドキャップ、ハンドル両端のバランサーなどを高級感のあるクロームメッキ処理とした。
  •  

  • スカイウェイブ650LXの方がメーカー小売希望価格が10万円高い。

 

 

2004年1月26日から上級グレードの「LX」がラインナップに追加され、下記の装備が追加された。

  • 電動格納ミラー
  • 大型バックレスト
  • ABSを装備
  • サイレンサーカバー
  • エンドキャップ
  • 各所にメッキ加飾を施す

 

 

その後、
2005年4月23日に発売された「LX」のみに
スクーターとして初の電動可動式のスクリーンを採用された。
このスクリーンは、右側ハンドルスイッチの操作で風防のスクリーンの高さを上下95mmの範囲で無段階に調節できる。

 

 

その後、
2008年11月28日に発売されたモデルから
ラインナップが整理され、「LX」だけに統一された。

 

 

スカイウェイブ650LXの電動格納ミラーは、走ってる最中にボタン1つですぐ閉めれるよ。すり抜け時とかよくやってる。かなり便利だよ。

 

 

スカイウェイブ650LXの電動格納ミラーは、意外と手元の防風に役立つ。

 

 

スカイウェイブ650LXを通勤で使ってるけど、電動ミラーのおかげで、結構すり抜けできる。

 

 

俺は、スカイウェイブ650買って後付けで電動ミラー付けて5万円くらいしたけど、いろんな場面で便利。

 

 

2010年4月にスカイウェイブ650の中古の契約してきた。LXの方ではないけどオプションで電動ミラーとグリップヒーター付いた6速モデル。

 

 

俺は、電動ミラーは要らない。バイク屋でもし倒したらここが壊れるから高くつきますよって言われた。

 

スカイウェイブ650とスカイウェイブ650LXの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら