CB400スーパーボルドールとNC750Xの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

CB400スーパーボルドールとNC750Xの違いを比較


 

ホンダ CB400スーパーボルドールの歴史

2005年3月に新登場。型式は、BC-NC39
2006年4月にマイナーチェンジ。
イグニションコイルを大型化、より安定した火花を供給し、特に低回転域での扱いやすさを向上。前後のウインカーレンズには、質感の高いスモーククリアレンズを採用。


2007年12月にマイナーチェンジ。型式がBC-NC39からEBL-NC42に変更。
電子制御燃料噴射システムを採用。環境性能の向上のみならず、走行条件に応じ最適な燃料を供給しつつ優れたスロットルレスポンスと軽快な加速を可能として、より滑らかな乗り味を実現し、始動性の向上にも寄与。エンジンの外観デザインを一新。エキゾーストパイプとマフラーにはステンレス材を採用して質感を高めた。
2008年12月にカラーチェンジ。
2010年2月18日にカラーチェンジ。
2010年4月15日に限定カラーを400台限定で発売。
2011年2月4日にカラーチェンジ。
2012年1月13日にカラーチェンジ。
2012年11月9日にスペシャルエディションを受注期間限定・最大700台で発売。
2014年3月20日にマイナーチェンジ。
開発コンセプトは、「CB相伝・継承の外観進化“一人でも二人でももっと遠くへ快適に”」。スタイリングは、新デザインのサイドカバー、リアカウルなどを採用。新しくLEDのヘッドライトを採用した新形状のフロントカウルを装着。車体は、シートレールを変更し、新しく純正アクセサリーに設定したリアキャリアとトップボックスの装着に対応。新デザインの10本スポークのアルミダイキャストホイールを採用。
2016年3月18日にカラー追加。
2016年4月18日にスペシャルエディションを受注期間限定で発売。
2017年10月20日にマイナーチェンジ。型式は、2BL-NC42
平成28年国内排出ガス規制に対応し、高回転域での出力向上が図られた、その他前後サスの熟成、BOL D’ORシリーズでは全車にABSを装備するなどの変更。
2018年6月15日にカラーチェンジ。
2018年11月26日にマイナーチェンジ。

ABSが標準装備され、スポーツグリップヒーターやETC2.0車載器が標準装備となった。

 

 

ホンダ NC750Xの歴史

2014年1月24日に新登場。型式は、EBL-RC72
「NC750X」、「NC750X TypeLD」、「NC750X<ABS>」、「NC750X TypeLD<ABS>」、「NC750X DCT<ABS>」、「NC750X TypeLD DCT<ABS>」を発売。今回のモデルは、「NC700X」の排気量アップを図りつつ、燃費の向上を実現し、装備の充実も図った。車体色は、全タイプに新色の3色(マットパールグレアホワイト、パールスペンサーブルー、ソードシルバーメタリック)の設定。
NC750XとタイプLDの違いの比較は、こちら。
NC750XとNC750X DCTの違いの比較は、こちら。
2014年4月21日に「E Package」タイプを設定し発売。
NC750XのE Packageは、Type LD、DCT搭載車にタイプ設定した。ETC車載器やスポーツグリップヒーター、DCTチェンジぺダルを装備。車体色は、3色(マットパールグレアホワイト、ソードシルバーメタリック、パールスペンサーブルー)の設定。
2016年1月26日にフルモデルチェンジ。型式は、2BL-RC90
NC750Xはスタイリングを一新。LEDヘッドライト、LEDテールランプを採用し、導光タイプのポジションランプをヘッドライト輪郭に縁取った。ラゲッジボックスの容量を拡大した。フロントサスペンションに「デュアルベンディングバルブ」を採用。リアクッションにはプリロード調整機構を追加。DCT搭載モデルは、Sモードに3種類のレベルを設定できる機能を追加。心地のよいパルス感を向上させる異形断面マフラーや防風効果をさらに高めた大型ウインドスクリーンを採用。車体色は、4色(キャンディーアルカディアンレッド、グリントウェーブブルーメタリック、パールグレアホワイト、マットバリスティックブラックメタリック)の設定。
NC750Xの「EBL-RC72」と「EBL-RC90」の違いを比較
2017年2月17日にカラーチェンジ。
新色のキャンディープロミネンスレッドを各タイプに追加。従来色の3色(マットバリスティックブラックメタリック、パールグレアホワイト、グリントウェーブブルーメタリック)とあわせて全4色の設定。
2018年4月20日にマイナーチェンジ。
これまでNC750X Dual Clutch Transmission<ABS>のみの設定だった、グリップヒーターとETC車載器を標準装備したE Packageタイプを、新たにマニュアルトランスミッションタイプのNC750X<ABS>にも設定。またNC750X<ABS>E PackageとNC750X Dual Clutch Transmission<ABS>E Packageに、2段階のトルクコントロールとトルクコントロールを必要としないOFF状態の選択が可能なHonda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)を採用。シート高は、全タイプ800mmの設定とした。車体色は、3色(キャンディークロモスフィアレッド(新色)、マットガンパウダーブラックメタリック(新色)、パールグレアホワイト)の設定。
2018年11月22日にマイナーチェンジ。
「NC750X」の全タイプにABSとグリップヒーターとHondaセレクタブル トルク コントロール(HSTC)を標準装備。「NC750X」全タイプにETC2.0車載器を標準装備。車体色は、3色(マットバリスティックブラックメタリック(新色)、キャンディークロモスフィアレッド、パールグレアホワイト)の設定。

 

 

ここでは、
2014年3月20日発売のホンダ CB400 スーパーボルドール ABS(型式 EBL-NC42)と
2014年1月24日発売のホンダ NC750X ABS(型式 EBL-RC72)
の違いを比較しました。

 

 

CB400スーパーボルドールとNC750Xのスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

CB400 スーパーボルドール ABS

NC750X ABS

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

新登場

型式

EBL-NC42

EBL-RC72

発売日

2014年3月20日

2014年1月24日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2080

2210

全幅 (mm)

725

840

全高 (mm)

1160

1285

ホイールベース (mm)

1410

1540

最低地上高(mm)

130

165

シート高 (mm)

755

830

車両重量 (kg)

203

219

最小回転半径(m)

2.6

3

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

31

40

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

-

29

原動機型式

NC42E

RC70E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

399

745

カム・バルブ駆動方式

DOHC

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

55

77

行程(ピストンストローク)(mm)

42

80

圧縮比(:1)

11.3

10.7

最高出力(kW)

39

40

最高出力(PS)

53

54

最高出力回転数(rpm)

10500

6250

最大トルク(N・m)

38

68

最大トルク(kgf・m)

3.9

6.9

最大トルク回転数(rpm)

9500

4750

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

PGM-FI

-

燃料タンク容量 (L)

18

14

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

558

560

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR8EH-9

IFR6G-11K

点火プラグ必要本数・合計

4

2

搭載バッテリー・型式

YTZ10S

YTZ14S

バッテリー容量

12V-8.6Ah 10HR

12V-11.2Ah 10HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.8

3.7

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

3

3.1

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

3.2

3.7

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

2.171

1.731

2次減速比

2.933

2.529

変速比

1速 3.306/2速 2.293/3速 1.750/4速 1.421/5速 1.240/6速 1.129

1速 2.812/2速 1.894/3速 1.453/4速 1.200/5速 1.032/6速 0.837

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

17

スプロケット歯数・後

44

43

チェーンサイズ

525

520

標準チェーンリンク数

108

114

フレーム型式

ダブルクレードル

ダイヤモンド

キャスター角

25°5

27°00

トレール量 (mm)

90

110

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

2

1

タイヤ(前)

120/60ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

55

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

160/60ZR17

160/60ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

69

69

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

5

4.5

ヘッドライト定格(Hi)

-

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

H4

テールライトタイプ

LED

-

スピードメーター表示形式

アナログ

デジタル

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ツイントリップ 有
ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
可変バルブ機構 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

884,100円(税抜き 842,000円)グラファイトブラック、アトモスフィアブルーメタリック、キャンディープロミネンスレッド
915,600円
(税抜き 872,000円)パールサンビームホワイト

750,750円(税抜き 715,000円)マットパールグレアホワイト、パールスペンサーブルー、ソードシルバーメタリック

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計2,700台

2,500台

 

CB400スーパーボルドールとNC750Xの違いを比較
CB400スーパーボルドールとNC750Xの外観のサイドの違いを比較

 

CB400スーパーボルドールとNC750Xの違いを比較

 

 

●車両重量と最高出力と最大トルク
CB400SB 203kg | 39kW/10500rpm | 38N・m/9500rpm
NC750X ABS 219kg | 40kW/6250rpm | 68N・m/4750rpm

 

 

●シート高
CB400SB 755mm
NC750X ABS 830mm

 

 

●タンク容量
CB400SB 18L
NC750X ABS 14L

 

●燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)
CB400SB 31km/L
NC750X ABS 40km/L

 

●航続距離(60km/h走行時)
CB400SB 18L × 31km/L =558km
NC750X ABS 14L × 40km/L =560km

 

 

メーカー希望小売価格(消費税込み)

 

2014年3月20日発売
●CB400スーパーボルドール
グラファイトブラック834,750円
アトモスフィアブルーメタリック 834,750円
キャンディープロミネンスレッド834,750円
パールサンビームホワイト866,250円

 

●CB400スーパーボルドール ABS
グラファイトブラック884,100円
アトモスフィアブルーメタリック884,100円
キャンディープロミネンスレッド884,100円
パールサンビームホワイト915,600円

 

 

2014年1月24日発売
●NC750X、NC750X TypeLD 701,400円
NC750X<ABS>、NC750X TypeLD<ABS> 750,750円
NC750X デュアル・クラッチ・トランスミッション<ABS> 814,800円
NC750X TypeLD デュアル・クラッチ・トランスミッション<ABS> 814,800円

 

 

CB400スーパーボルドールからNC750Xに乗り換えるか迷ってるけど、NC750XのエンジンはCB400スーパーボルドールの半分も回らないのが引っかかる。

 

 

NC750Xの上が回らないのは、回さなくても走るってことだからね。

 

 

NC750Xは、燃費が良いからよくツーリング行く人とっては、いいかもしれないね。

 

 

CB400スーパーボルドールからNC750Xに乗り換えた。初めての大型でまだ540kmしか走ってないけど感想。まず、かなりハイギアード。2速が思ったより粘らない。20km/hでぎりぎり使える感じで、15km/h以下になるとノッキングする。回転数では2速20km/hで1500rpmを切るくらいだったと思う。十分粘ってるエンジンだけど、ただ速度的な意味で2速15km/hぐらいでもノッキング起こさず再加速できたら良かったのに。まあ、2気筒だからこんなもんかもしれないけど。エンジン音は、本当に静かだけど、ドコドコ加速していく鼓動は気に入ってる。不満は、2速がもう少し下で粘って欲しい。小回りの左折や微妙な渋滞の時にギアを落としたくない。おそらく慣れの範囲だけど。DCTの人には、関係ないね。

 

 

4気筒の下の粘りと比べたら2気筒は、負ける。でもNC750Xは、同クラスやさらに排気量の大きい2気筒と比べたら低回転は扱いやすい方だよ。

 

 

ロングツーリング好きならNC750Xの方がおすすめ。NC750Xの方がトルクがあるし、低回転型だから疲れないし、重量もそこそこあるから高速向き。

 

 

足つきさえ問題ないならNC750X DCTの方が圧倒的にツアラー向き。バイクをツアラーとして、足として使いたければパニアケース×3とかにして。ダートでも元気に走れるから優秀なバイク。でも、自分はNC750Xの安物っぽいとこが好きじゃない。フロントフォークにフォークガードが無いし。

 

 

4気筒と2気筒のエンジンのコストを考えたらNC750Xは、外装でかなりコストを削ってると思うけど、NC750Xは日本国内よりも海外の需要の方が遥かに大きいので、その量産効果で価格が安くなってるのも大きいと思う。

 

 

教習所で大型免許取りに行った時NC750だったけど、以前の普通教習で乗ったCB400よりもNC750の方が軽くて走りやすい気がした。

 

 

急制動の体験で教習車仕様のCB400SFに乗ったけど、やっぱりNC750よりは軽かったよ。トルクあってNC750の方がエンストしないから加速や低速走行は楽だけど。

 

 

NC750は低速トルクある分、教習所のような狭い場所では、特に扱いやすく感じるよ。

 

 

NC750の方がエンストはしやすい。CB400みたいな極低速までは粘らない。

 

 

俺はCB400スーパーボルドール乗ってて、NC750Xは別にどうでもいいけどDCT設定があるのは普通に羨ましい。

 

CB400スーパーボルドールとNC750Xの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら