フェイズとフォルツァzの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

フェイズ(JBK-MF11)とフォルツァz(JBK-MF10)の違いを比較

 

ホンダ フェイズの歴史

2009年7月10日より「フェイズ」を新発売。型式は、JBK-MF11
2009年11月26日より「フェイズ TYPE-S」をタイプ追加。
「フェイズ TYPE-S」は、オートマチックシステム電子制御7速「Honda Sマチック Evo」を新たに搭載。カラーリングにTYPE-S専用ボディカラーのコルチナホワイトを採用。ツートーンシートやゴールド塗装のフロントブレーキキャリパー、グレー塗装の前・後ホイールなどの専用装備を施し、よりスポーティー感を高めた。
2011年2月24日より「フェイズ」シリーズの仕様を一部変更と「フェイズ TYPE-S」のカラーリングを変更し発売。
「フェイズ」シリーズの外装部品のロアカウルとサイドカバーのカラーをボディと同色とし、ホイールとマフラープロテクターのカラーをグレーメタリックへ変更。また「フェイズ ABS」は、フロントブレーキキャリパーのカラーを新たにゴールドとした。さらに「フェイズ TYPE-S」は、ヴィクトリーレッドとグラファイトブラックの2色を新たに設定。
2012年2月3日より「フェイズ」シリーズのカラーバリエーションを変更し発売。
2015年に全てのモデルが生産終了。

 

 

フォルツァz(JBK-MF10)の歴史

2007年12月25日に「フォルツァ Z」「フォルツァ Z ABS」をフルモデルチェンジして発売。型式は、JBK-MF10
新設計の4バルブ単気筒エンジンを搭載し、平成18年国内二輪車排出ガス規制に適合。フレームやサスペンションなどを新設計。デザインも、フロント部分のメーターバイザー取り付け位置および形状変更などボディー全体の形状を見直すことで空力特性を向上させ、流麗なフォルムと乗車時の快適性を両立するなどした。
2008年03月14日より「フォルツァ X」をタイプ追加すると同時にオーディオシステムを搭載した「オーディオパッケージ」を全タイプに適用して発売。 「フォルツァ X」は、電子制御機構を省くなどシンプルな機能と軽快なデザインで購入しやすい価格に設定。
2009年02月27日より「フォルツァ X」「フォルツァ Z」「フォルツァ Z ABS」ののカラーリングを変更して発売。
2010年1月28日より「フォルツァ Z」「フォルツァ Z ABS」をマイナーチェンジして発売。
2011年2月24日より「フォルツァ Z」シリーズのカラーリングを変更するともに「フォルツァ Z ABS」の仕様を一部変更し発売。
「フォルツァ Z ABS」は、フロントブレーキキャリパーのカラーをゴールドに変更し、外装部品のロアカウルとリアのアンダースカート部をグレーメタリックとしたツートーンカラーを採用した。
2012年2月3日に特別・限定仕様のフォルツァ Z・スペシャルエディションを発売。
2013年7月19日よりフォルツァsiが新登場。型式は、JBK-MF12
ABS仕様も同時に発売。

 

 

ここでは、

 

2012年2月3日発売のフェイズ(JBK-MF11)と
2011年2月24日発売のフォルツァz(JBK-MF10)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

ホンダ フェイズ

ホンダ フォルツァZ

発売

2012年2月3日

2011年2月24日

型式

JBK-MF11

JBK-MF10

全長

2180mm

2185mm

全幅

750mm

750mm

全高

1150mm

1175mm

ホイールベース

1540mm

1545mm

シート高

755mm

710mm

最低地上高

130mm

135mm

総重量

180kg

201kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

26°30′

27°

トレール(mm)

89

92

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

110/90-13 M/C 55P

110/90-13 M/C 55P

タイヤサイズ(後)

140/70-13 M/C 61P

140/70-13 M/C 61P

エンジン種類

水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒

水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒

総排気量

248cc

248cc

圧縮比

10.2

10.2

ボア

68mm

68mm

最高出力(kW/rpm)

17(23PS)/7500

16(22PS)/7500

最大トルク(N・m/rpm)

23(2.3kgf・m)/6000

22(2.2kgf・m)/6000

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

トランジスタ

クラッチ形式

自動乾式多板シュー

乾式多板シュー

変速機形式

Vベルト自動無段変速

無段変速

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

12.0L

12.0L

燃料消費率(km/L)

41(60km/h)

43(60km/h)

カラー/メーカー小売価格

¥577,500 ヴィクトリーレッド ¥577,500 パールサンビームホワイト

¥693,000 グラファイトブラック ¥693,000 グリントウェーブブルーメタリック ¥693,000 パールサンビームホワイト

 


 

フェイズ(JBK-MF11)とフォルツァz(JBK-MF10)の比較の口コミ

 

 

フォルツァZは、フェイズより20kgも重い。

 

 

カッコ良さとレアさと価格以外はフォルツァZが勝ってると思う。

 

 

フォルツァにはSマチックEvoが搭載されているからフェイズで少し物足りなかった中速域でもグングンとストレスなく加速するからWRの調整など必要ない。しかしフォルツァは、重いので軽快さは感じられなかった。フェイズタイプSなら軽い車重でSマチックが搭載されているからそれが一番おすすめ。

 

 

フェイズは、フォルツァより20キロぐらい軽いし、特にフェイズtypeSだったら250ネイキッドもびっくりする追い越し加速でフォルツァなんか軽く置き去りにできるぞ。

 

 

バイク屋でMF10とMF11が並んでたけど圧倒的にMF11のがイケてるな。 MF11は、なぜ人気が無いのだろう?見た目いいのになぁ。 FASEタイプSが買いたかったけどMF10の方が安かったから妥協した。

 

 

フェイズのほうがかなり安いよ。フォルツァZのメーカー価格が712,800円。フェイズのメーカー価格が594,000円。同じ年式だったらフォルツァの方が高いよ。タイプSと比較してもね。

 

 

フェイズオーナーだけどフォルツァやマジェスティみたいに人気無いから盗難やイタズラされる可能性が低い。乗ってる人も少ないから信号待ちで同じバイクに囲まれることも無し、たまにフェイズとすれ違うと嬉しい。

 

 

フォルツァみたいな典型的なビッグスクーターのスタイルはバカスク乗りのイメージが強いから多くの機能が付いていても嫌だった。だからフェイズにした。

 

 

フォルツァは、便利なスマートキーがあるので盗難されにくいですし、使い勝手も良いです。メット下スペースの収納容量もフォルツァが63L でフェイズが50Lなので13Lも違います。

 

 

フォルツァとフェイズは共通のパーツが多い。メーカーとしては、廉価版ではないと言うだろうけど本音は、違うだろうね。2009年にフェイズを発売してから4年後に同じコンセプトでフェイズより約4万円安いフォルツァsiを発売したということは、フェイズに見切りつけたってこと。フェイズ乗りの自分としては、さみしいけどね。

 

 

フェイズも最初の年は販売台数が10位以内に入ってたけどフォルツァの廉価版扱いされたことで先が見えたね。フェイズは、後部を軽量化して車体全体をスリム化したり、後重心だったのを若干前方にして、シート高を上げてスポーツ性を上げるなど開発には、力をいれてるようだけど元が完全なクルーザーのフォルツァだったから限界があったね。

 

 

タンデムするならフォルツァだね。メットが2個入るし、タンデムでの快適性を実現したモデルだからね。

 

 

フェイズタイプSを選ぶ人たちは、200kgオーバー、尻デカ、ダサイスクーターが嫌で選んでる。爆音マフラーにして、音楽掛けて寝そべって乗るのがいいならフォルツァにすればいい。

 

 

フォルツァは、豪華装備で長距離のツーリングで快適に移動するのに向いてます。でも取り回しに関しては、フェイズより車重が21kgも重いのでズッシリと重く感じました。

 

 

信号発進でフェイズタイプSでフォルツァを置き去りにするのが楽しい。

 

 

フェイズは、フォルツァと同じエンジンだけどマフラーの形状が違うし、フォルツァよりも1馬力多い。規制の限界まで頑張ってるところが気に入って買った。

 

 

フェイズは、パワー感と車両重量の絶妙なポイントを押さえている感じがする。でもフォルツァみたいにパーキングブレーキとメインキーの差し替え無しでシートオープンできる出来るようにしてほしかった。

 

 

フェイズはビクスクの中では、コンパクトでスポーツ走行したい人向けだね。ローロングがいい人はマグザムジェンマ。収納重視はフォルツァかスカイウェイブがマジェスティ。 ってとこかな?

 

 

フォルツァとフェイズを比べてみるとフェイズの方が1馬力多くてちょっとだけホイールベースが短くて、ちょっとだけキャスター角が立ってる。だからフェイズの方が少しだけスポーツ向け。

 

 

フェイズはSモードが付いてない。MTモードも付いてない。パーキングブレーキが付いてない。パッシングスイッチが付いてない。ツーリングするには、箱が必要。フォルツァと比較して全長が5mmしか違わないのにコンパクトとうたっている。

 

 

フェイズは、フォルツァZに比べてコンパクトと聞いてたからすり抜けもできるかな?とイメージしていたけど全幅が750mmでフォルツァZとまったく同じだったからかなり期待外れだった。

 

 

同じ条件だったらフォルツァよりフェイズの方が速い。でもSマチック使うとフォルツァZの方が速い。

 

 

フォルツァやフェイズtypeSのマニュアルモードなんて欲しいと思わない。こういうのは、最初だけ好奇心で使ってみるけど結局殆どの人が使わなくなるもの。フェイズのノーマルで十分。

 

 

フェイスの1灯に惹かれたけどフォルツアに試乗してみたら2灯の方が明るくて見やすかった。

 

 

2013年8月時点で近所のバイク屋でフェイズとフォルツァSiが同じぐらいの値段。フェイズType-SとフォルツァZも同じぐらいの値段で売ってる。

 

 

フォルツァZ買ったけどスマートキーが思ってたよりかなり便利だし、シート下のトランクがデカイから買い物楽だし大助かり。ライトが2つでで良く見えるし、パーキングブレーキもついてて最高だよ。フェイズは、全部無いからね。

 

 

フォルツァのスマートキーは便利だけどバッテリーあがりが心配。でもフェイズは、キーシャッターにノブくらい付けてほしいし、せめてメインキーでメットインを開けられるようにして欲しいと思う。

 

 

確かにフェイズの鍵は、どうにかしてほしいな。フェイズの積載量が少ないのは、箱つければどうにでもなるが鍵は、どうすることもできない。

 

 

フェイズは、ヒラヒラに興味ある人が買うんだよ。フェイズに箱付ける気なら最初からフォルツァ買ったほうがいい。

 

 

フォルツァZは、重いし重心が低いから高速で安定する。フェイズは、軽くて出足や再加速がしやすい。あと姿勢が高いので車体を寝かすのが楽。

 

 

身長が高い人や足が長い人だとフェイズの居住性には違和感があると思う、シートが前後に狭く足下もBSの割に小さ過ぎる。

 

 

フェイズは、いろんな面で独特だからフェイズのコンセプトやスタイルに惚れた人だけ買えばいい。フォルツァと悩むぐらいなら、フォルツァ買ったほうが後悔しない。

 

 

フェイズの最高速、加速、バンク角含めた旋回能力は、フォルツァZより間違いなく上。フェイズの車体の横幅は細くて、フォルツァZより車重が中心に集まってるから車重の差以上に軽く感じるよ。

 

 

高速道路では、車重が21kg重いフォルツァの方が安定するから乗り心地は、フォルツァの方が上だと思う。でも動力性能は、フェイズの方が上だと思う。フェイズは、フォルツァと同じ減速比でレッドゾーンが+1000rpm上がってるし、車重が軽く、馬力も1PS多い。ちなみにフォルツァZ(MF10)のレッドゾーンは、9000rpm。

 

 

2009年8月号のオートバイに0?100m加速の数字と最高速が書いてあった。フェイズは、フォルツァZのAモードやSモードより加速が遅い。でもDモードよりは速かった。フェイズの最高速は130km/h弱だった。

 

 

フォルツァとフェイズに試乗してきた。でもどっちも数分ぐらいしかのれなかった。フェイズは、重心が高いせいかスラロームで倒し込むのが若干不安な感じがした。フォルツァは、安定感があって安心。サスは、フェイズのがダイレクト感あった。ブレーキは、どっちもしっかり効く。

 

 

フェイズ買うなら箱があった方がいい。フォルツァは、シート下トランクがでかいから箱はなくても困らない。

 

 

フォルツァは、気に入ってるけど重いのだけが不満。俺には、20kg軽いフェイズは、魅力的だわ。

 

 

30分ぐらい試乗させてもらった。乗り心地や安定感は、フォルツァの方が断然良い。フェイズのシートは、固くてケツを移動するのに手間がかかる。直線やコーナーでは、重い分フォルツァの方が安定感がある。走行性能では、フェイズの方が若干速いと思った。でもフォルツァは、普通のDモードでの比較だけど。SモードやAモードなら変わってくるかもしれない。フォルツァは、Sマチックがあるからコーナーとか様々な状況で走りを変えられるのがいいね。車体サイズは、どちらも同じぐらいだけど、フォルツァのが足つきが良かった。フェイズは何か高いね。まあ、身長によると思うけど。あとフェイズは、軽い分、駐車場での取り回しは楽だね。

 

 

フェイズは、外装以外フォルツァとほとんど同じだよ。エンジンもタイヤもフレームも。

 

 

装備(スマートキーやSマチック)・積載量・安定性でフォルツァにした。

 

 

Sマチックやスマートキーは、必要と思わない人は、フェイズだね。俺は、フォルツァにして5年ぐらい乗ってるけど、Sマチックは最初使ってただけで今は全然使っていない。でもスマートキーは、めちゃめちゃ便利だから代車でスマートキー無しのスクーター乗った時、凄くめんどくさかった。

 

 

フォルツァは、重くて取り回しがキツイから普段の使い方を考えたら結構大変だよ。逆にフェイズは、見た目やカタログスペック以上に使いやすかった。

 

 

フェイズの実車見てきた。感想としては、これならフォルツァでいいじゃんって思った。

 

 

車重150kg程度の250ccで高速道路走ったら結構怖いよ。ましてや二人乗りなんてさらに怖い。だから高速使ってタンデムでツーリングするならフォルツァ程度の車重は、あったほうが安心。

 

 

リクエストに応えてフォルツァより軽くて安いフェイズを出したのに大コケしたな。まあ、コンセプトよりデザインでコケた感があるが。

 

フェイズとフォルツァzの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら