シャドウ400とシャドウクラシック400の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

シャドウ400とシャドウクラシック400の違いを比較

 

ホンダ シャドウ400の歴史

1997年3月21日に「シャドウ400」が新登場。型式は、NC34
エンジンは、スティード400のものをベースとし、吸排気系の変更で出力を向上。さらにワイドレシオのギアを採用しギア1段1段の伸び感を演出。車体色は、3色(パールソノマグリーン×パールアイボリークリーム、マグナレッド×ブラック)。
1997年11月に「シャドウ400」をカラーチェンジ。
車体色は、2色(パールソノマグリーン×パールアイボリークリーム、パールキャニオンカッパー×ブラック)。
1998年10月29日に「シャドウ400」をカラーチェンジ。
車体色は、一新した3色(パールグレートブルー×パールアイボリークリーム、ブラックZ、マットビュレットシルバー)。
1999年4月20日に特別仕様の「シャドウ400 Special」を発売。
前後フェンダーやシート形状などを変更。車体色は、1色(インディーグレーメタリック)。1,000台限定で販売。
2001年1月30日に「シャドウ400」をマイナーチェンジ。型式は、BC-NC34
排出ガス規制に対応し、二次エア導入装置を装備。シャドウ750と共通のシートを採用。従来より20mm低いシート高となった。車体色は、2色(インディグレーメタリック×パールクリスタルホワイト、ブラック)。
シャドウ400の2001年1月30日のマイナーチェンジでの変更点
2003年4月22日に「シャドウ400」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(ブーンシルバーメタリック×アキレスブラックメタリック、パールコロナドブルー、ブラック)。
2004年2月20日に「シャドウ400」をマイナーチェンジ。
よりクラシカルな雰囲気を強調するステップボードを採用し、シフトチェンジペダルがシーソー式となった。車体色は、3色(インディグレーメタリック、パールクリスタルホワイト、ブラック)。
2004年12月10日に「シャドウ400」をカラーチェンジ。

タンク両サイドに「SPIRIT OF THE PHOENIX」の立体エンブレムが配された。車体色は、3色(デジタルシルバーメタリック、ブラック、パールクリスタルホワイト)。
2006年2月21日に「シャドウ400」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(グラファイトブラック、クラシカルホワイト、リーガルグリーンメタリック)。
2006年12月26日に「シャドウ400」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(シャスタホワイト、キャンディーワインベリーレッド、グラファイトブラック)。
2007年4月25日に「シャドウ400」をカラーチェンジ。
2007年4月20日〜6月10日までの期間限定受注で販売された専用カラーモデル。車体色は、1色(インディーグレーメタリック)。
2007年12月21日に「シャドウ400」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(パールコスミックブラック、パールサンビームホワイト、パールヘロンブルー)。
2008年1月22日に特別仕様の「シャドウ400 Special Edition」を発売。
ゴールドのグラフィックパターンを採用したスペシャルカラーモデル。2008年1月21日〜2月11日までの受注期間限定で販売。車体色は、1色(グラファイトブラック)。2008年11月にフルモデルチェンジされシャドウクラシック400へ名称を改めた。

 

 

ホンダ シャドウクラシック400の歴史

2008年11月7日に「シャドウクラシック400」が新登場。型式は、EBL-NC44
スティード由来のエンジンに、平成19年排出ガス規制に適合するためにフューエルインジェクションを装備。中低速の出力特性の向上と燃費性能が改善された。車体色は、4色(ボニーブルー×シャスタホワイト、パールサンビームホワイト×デジタルシルバーメタリック、グラファイトブラック×ヘビーグレーメタリック、デジタルシルバーメタリック)。
2016年をもって販売が終了し、日本国内仕様の生産終了が公表された。

 

 

 

ここでは、
2007年12月21日発売のホンダ シャドウ400(BC-NC34)と
2008年11月7日発売のホンダ シャドウクラシック400(EBL-NC44)
の違いを比較しました。

 

 

シャドウ400とシャドウクラシック400のスペック表の違いを比較

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

シャドウ400

シャドウクラシック400

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

新登場

型式

BC-NC34

EBL-NC44

発売日

2007年12月21日

2008年11月7日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2450

2510

全幅 (mm)

925

920

全高 (mm)

1085

1125

ホイールベース (mm)

1620

1640

最低地上高(mm)

130

130

シート高 (mm)

675

660

車両重量 (kg)

248

255

最小回転半径(m)

3.1

3.3

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

34

40

原動機型式

NC25E

NC44E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

V型(L型)

V型(L型)

シリンダバンク角(°)

52

52

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

398

398

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

3

3

内径(シリンダーボア)(mm)

64

64

行程(ピストンストローク)(mm)

62

62

圧縮比(:1)

10.3

10.3

最高出力(kW)

24

23

最高出力(PS)

33

31

最高出力回転数(rpm)

7500

7000

最大トルク(N・m)

34

33

最大トルク(kgf・m)

3.5

3.4

最大トルク回転数(rpm)

6000

3500

燃料供給方式

キャブレター

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

VDD0H

PGM-FI

燃料タンク容量 (L)

14

14

燃料タンク・リザーブ容量 (L)

3.6

-

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

476

560

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

DPR7EA-9

DPR7EA-9

点火プラグ必要本数・合計

4

4

搭載バッテリー・型式

YTZ10S

YTZ10S

バッテリー容量

12V-12Ah

12V-8.6Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.9

3.2

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2.2

2.5

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2.4

2.6

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

ドレンボルト呼び径(mm)

14

-

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

2.058

2.058

2次減速比

2.687

3.09

変速比

1速 3.165/2速 2.000/3速 1.500/4速 1.172/5速 1.041

1速 2.571/2速 1.631/3速 1.200/4速 0.959/5速 0.839

動力伝達方式

チェーン

シャフト

フレーム型式

-

ダブルクレードル

スプロケット歯数・前

16

-

スプロケット歯数・後

43

-

チェーンサイズ

520

-

標準チェーンリンク数

124

-

フレーム型式

ダブルクレードル

-

キャスター角

34°00

34°00

トレール量 (mm)

157

161

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

2

2

タイヤ(前)

120/90-17

120/90-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

64

64

タイヤ(前)速度記号

S

S

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

170/80-15

160/80-15

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

77

74

タイヤ(後)速度記号

S

S

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3

3

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

3.5

3.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2

2

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.5

2.5

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

テールライト定格(制動/尾灯)

-

21/5W

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

 

シャドウ400とシャドウクラシック400の違いを比較

 

シャドウ400とシャドウクラシック400の違いを比較

 

 

シャドウ クラシック<400>の特徴

 

  • シャドウ クラシック<400>のスタイリングは、ロー&ロングを徹底的に追求し、ティアドロップ形状のタンクやディープタイプのフェンダーを採用し、クラスを超えた風格のあるスタイリングを実現。
  •  

  • シャドウ クラシック<400>のエンジンは、新設計に52°のバンク角を持つ水冷4ストロークOHC・V型2気筒。鼓動感にあふれ、中低速域重視のエンジン特性。常用回転域で力強いトルクを発揮。電子制御燃料噴射装置のPGM-Fを採用し、60km/h定地走行テスト値の燃費が従来モデルのシャドウ400に比べて約17%アップ。高速域にも、O2センサーからのフィードバック制御により、従来モデルのシャドウ400に比べて低燃費になった。
  •  

  • シャドウ クラシック<400>になって、エンジンサウンドを心地良く響かせるデュアルマフラーを採用、またデュアルマフラーのそれぞれに触媒装置(キャタライザー)を内蔵。PGM-FIの採用とあいまって、平成19年国内二輪車排出ガス規制に適合。
  •  

  • シャドウ クラシック<400>になってシャフトドライブを採用。エンジンのパワーを静かに効率良く後輪に伝達。また日常のメンテナンス性も向上。
  •  

  • シャドウクラシック<400>は、車体全体の設計を見直し、ライディングポジションの自由度を高めるために、ハンドル形状とステップボードの位置を大きく変更し、シート形状もを変更することで、足つきが良い、低いシート高を実現。

 

 

 

 

●発売日
2007年12月21日

 

●通称名
シャドウ400

 

●型式
BC-NC34

 

●車体色
・パールコスミックブラック
・パールサンビームホワイト
・パールヘロンブルー

 

●販売計画台数(国内・年間)
シリーズ合計 2,000台

 

●メーカー希望小売価格
シャドウ<400>
724,500円(消費税抜き本体価格 690,000円)

 

●発売日
2008年11月7日

 

●通称名
シャドウクラシック400

 

●型式
EBL-NC44

 

●車体色
・デジタルシルバーメタリック
・ボニーブルー×シャスタホワイト
・パールサンビームホワイト×デジタルシルバーメタリック
・グラファイトブラック×ヘビーグレーメタリック

 

●販売計画台数(国内・年間)
シャドウ クラッシック<400>
2,000台

 

●メーカー希望小売価格
シャドウ クラシック<400>
787,500円(消費税抜き本体価格 750,000円)

 

シャドウ クラシック<400><ツートーンカラー>
819,000円(消費税抜き本体価格 780,000円)

 

 

●車両重量と最高出力と最大トルク
シャドウ400 248kg | 24kW/7500rpm | 34N・m/6000rpm
シャドウクラシック400 255kg | 23kW/7000rpm | 33N・m/3500rpm

 

 

●燃料供給方式
シャドウ400 キャブレター
シャドウクラシック400 フューエルインジェクション

 

 

●シート高
シャドウ400 675mm
シャドウクラシック400 660mm

 

 

●タンク容量
シャドウ400 14L
シャドウクラシック400 14L

 

●燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)
シャドウ400 34km/L
シャドウクラシック400 40km/L

 

●航続距離(60km/h走行時)
シャドウ400 14L × 34km/L =476km
シャドウクラシック400 14L × 40km/L =560km

 

 

新型のシャドウクラシック400の方が性能が良いけど、旧型のシャドウ400の方がカッコイイと思う。

 

 

あのディープ・フェンダーがカッコイイと思う人は、新型のシャドウクラシック400。ディープ・フェンダーは深すぎと思う人は、旧型のシャドウ400。

 

 

俺は、旧型のシャドウ400のマフラーがカッコイイ。

 

シャドウ400とシャドウクラシック400の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら