グラストラッカーのキャブとFIの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

グラストラッカーのキャブとFIの違いを比較

 

スズキ グラストラッカーの歴史

2000年4月24日にスズキ グラストラッカーが新登場。型式は、BA-NJ47A
グラストラッカーは、オンロード走行をメインにしつつオフロード走行も意識したデュアルパーパスモデル。ロードモデルのボルティーから、エンジン、フレーム、フォーク、ホイール、キャブレターなどを流用。250ccクラスの車種の中では小柄で乾燥重量が123kgと軽く、シート高も745mmと足つきが良い。
2001年11月にスズキ グラストラッカーをマイナーチェンジして発売。
主な変更点は、キック始動が廃止されセル始動のみに変更。マフラーの簡素化した。ハンドルバランサを廃止。パッシングライトスイッチを廃止。ヘルメットホルダ形状を変更。ステアリングベアリングを変更。スイングアームピボット構造を変更。ブレーキレバー形状を変更。グリップエンドキャップを追加。グラストラッカービッグボーイとの住み分けのために本体価格を384,000円から339,000円へ値下げしてコストダウンした。
2002年11月にスズキ グラストラッカーの2003年モデルを発売。
2003年5月にスズキ グラストラッカーの2003年モデルを追加発売。
2004年4月にスズキ グラストラッカーをマイナーチェンジして発売。型式は、BA-NJ4BA
主な変更点は、ST250(2003年12月発売)用の軽量で放熱性の高い高速メッキシリンダーを採用した空冷4スト単気筒SOHC2バルブエンジンを搭載。これまでの4バルブによる高回転域での効率的な高出力は失ったが、2バルブ化により低回転寄りのセッティングに変わり低回転域でのトルクが向上。ローターを変更。マフラーをシンプル化。エキゾーストパイプを2本から1本へ変更。メインステップの形状を変更。バッテリーを開放型からメンテナンスフリータイプ(密閉型)に変更。タンデムステップが取り外し式に。車両重量が123kgから120kgに。
2008年9月22日にスズキ グラストラッカーをマイナーチェンジして発売。型式は、JBK-NJ4DA
主な変更点は、2007年自動車排出ガス規制の適合のため、燃料供給装置をキャブレター方式からインジェクション方式に変更。燃料供給装置は、「ST250 Etype」と共通のもの。エンジン出力は19psに下がり、実用トルクが若干上がり、始動性の向上・燃焼効率の改善・低排出ガス化を実現。マフラーを触媒レスマフラーから触媒付マフラーに変更。シートが厚くなった。燃料タンクが6Lから8.4Lとなった。ツールボックスの位置変更。燃料残量警告灯が装備された。車両重量表記が乾燥重量120kgから装備重量136kgへ改めた。
2013年8月にスズキ グラストラッカーをカラーチェンジして発売。
2014年6月にスズキ グラストラッカーの2014年モデルを発売。
主な変更点は、タンクのSエンブレムが変更。
2017年9月に平成28年自動車排出ガス規制によりグラストラッカーの生産終了を発表。

 

 

ここでは、上の黄色の部分
2004年4月発売のスズキ グラストラッカー(BA-NJ4BA)と
2008年9月22日発売のスズキ グラストラッカー(JBK-NJ4DA)
の違いを比較しました。

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

グラストラッカー

グラストラッカー

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

マイナーチェンジ

型式

BA-NJ4BA

JBK-NJ4DA

発売日

2004年4月

2008年9月22日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2000

2050

全幅 (mm)

900

900

全高 (mm)

1130

1130

ホイールベース (mm)

1325

1325

最低地上高(mm)

160

160

シート高 (mm)

745

750

車両重量 (kg)

133

136

最小回転半径(m)

2.4

2.4

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

54.5

48

原動機型式

J438

J438

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

249

249

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

2

2

内径(シリンダーボア)(mm)

72

72

行程(ピストンストローク)(mm)

61.2

61.2

圧縮比(:1)

9.2

9.2

最高出力(kW)

15

14

最高出力(PS)

20

19

最高出力回転数(rpm)

7500

7500

最大トルク(N・m)

21

21

最大トルク(kgf・m)

2.1

2.1

最大トルク回転数(rpm)

6000

5500

燃料供給方式

キャブレター

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

6

8.4

燃料タンク・リザーブ容量 (L)

1

-

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフスターター式

点火装置

C.D.I.式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

DR7EA

DR8EA

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTX7L-BS

YTX7L-BS

バッテリー容量

-

12V-6Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

-

1.9

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.3

1.4

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.4

1.5

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

3.238

3.238

2次減速比

2.733

2.733

変速比

1速 2.635/2速 1.687/3速 1.200/4速 0.952/5速 0.818

1速 2.635/2速 1.687/3速 1.200/4速 0.952/5速 0.818

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

15

スプロケット歯数・後

41

41

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

100

100

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

28°25

28°25

トレール量 (mm)

107

107

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

2

2

タイヤ(前)

3.00-18

3.00-18

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

47

47

タイヤ(前)速度記号

S

S

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

120/80-17

120/80-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

61

61

タイヤ(後)速度記号

S

S

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

1.85

1.85

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

2.5

2.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

-

1.75

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

-

2.25

ヘッドライト定格(Hi)

35W/35W

35W/35W

テールライト定格(制動/尾灯)

21/5W

21/5W

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーカー希望小売価格

355,950円

418,950円

 

グラストラッカーの「BA-NJ4BA」と「JBK-NJ4DA」の違いを比較

 

グラストラッカーの「BA-NJ4BA」と「JBK-NJ4DA」の違いを比較

 

 

2008年9月22日のマイナーチェンジでの「グラストラッカー」と「グラストラッカービッグボーイ」の共通の主な変更点
  • フューエルインジェクションシステムを採用し、低排出ガス化と始動性の向上。
  • 燃料タンクの形状を変更し、タンク容量が2L増えた。
  • シートのクッションの厚みを増し、乗車中の快適性が向上。
  • 燃料残量警告灯を装備。

 

「グラストラッカービッグボーイ」だけの主な変更点
  • 燃料タンクに、車名をモチーフにしたデザインと、車名ロゴの入ったチェッカーパターンのデザインを採用。
  • フロントフォークブーツを採用。
  • 車体色に新色のライトグリーンをはじめ、黒、白、全3色を設定。

 

 

マイナーチェンジでのスペックの変更点

 

●型式
BA-NJ4BA → JBK-NJ4DA

 

●発売日
2004年4月 → 2008年9月22日

 

●全長 (mm)
2000 → 2050

 

●シート高 (mm)
745 → 750

 

●車両重量 (kg)
133 → 136

 

●燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)
54.5 → 48

 

●最高出力(kW)
15 → 14

 

●最高出力(PS)
20 → 19

 

●最大トルク回転数(rpm)
6000 → 5500

 

●燃料供給方式
キャブレター → フューエルインジェクション

 

●燃料タンク容量 (L)
6 → 8.4

 

●エンジン始動方式
セルフ・キック 併用式 → セルフスターター式

 

●点火装置
C.D.I.式 → フルトランジスタ式

 

●点火プラグ標準搭載・型式
DR7EA → DR8EA

 

●エンジンオイル量(オイル交換時) (L)
1.3 → 1.4

 

●エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)
1.4 → 1.5

 

●メーカー希望小売価格
355,950円 → 418,950円 ※グラストラッカービッグボーイは、450,450円

 

 

新型はFI化されて、タンク容量が6Lから8Lに増えてるけど、定地燃費が54.5km/Lから48km/Lに下がってるね。あと馬力も1ps下がってる。

 

 

俺は、2007式のビッグボーイ乗ってるけど、街乗りで最低でも燃費33km/Lで遠出すれば38km/Lは確実だよ。

 

 

俺は、2007式のビッグボーイ乗ってるけど、街乗りで最低でも燃費33km/Lで遠出すれば38km/Lは確実だよ。

 

 

FIの新型買ったけど、燃費良いよ。田舎の道だけど、これまで4000km走って燃費38km/hぐらい。満タンで300kmは走る。

 

 

新型は、キックが無しになった。まあ、FIだから冬場も一発始動だから必要ないってことだろうね。バッテリー上がったらどうにもならないけど。

 

 

FIになってキャブの時より定価が63000円も高くなってる。

 

 

新型の値段が大きく上がった原因は、インジェクションとマフラー触媒のせいってバイク屋が言ってた。

 

 

新型は、燃料残量警告灯とか要らないからトリップメーター付けてほしかった。

 

 

旧型の良い点は、ビッグボーイに関して言えば、キックスタートが出来ることだね。

 

 

新型の快適シートは、長さが違うから旧型に付けるのは無理。

 

 

グラストラッカー向けのシートを製作してたオスカーが新型と旧型のシートを比較してたけど、ベースから違うから流用できないみたいなこと書いてた。

 

 

俺は、キャブの時の角ばった小型タンクがお気に入りだったのに新型は、なんか中途半端な見た目だな。

 

 

新型のタンク8Lと燃料残量警告灯はいいね。今、キャブに乗ってるけど、ガソリンがいつ無くなるか計算しながら乗ってる。見た目は、キャブの時の方が良かった気がする。あとキックが無くなったなら無印とBBの差は、あまりないね。

 

 

通勤で使ってるから新型のエンジン掛かりやすいのは羨ましいわ。

 

 

グラストラッカービッグボーイのチェッカーフラッグは、キャブの最終モデルが最高の出来だと思う。新型のパターンは、でかすぎる。フォークブーツは、まだ見慣れない感じがする。俺は、デザイン重視の街乗り派だからキャブのモデルの方が好き。

 

 

新型と旧型は、タンクの形状が違うから結構イメージ違うね。

 

 

新型は、FIだから特に冬場は始動が楽だろうね。でも俺は、キックスタートが好きだから旧型にした。

 

 

新型はタンク容量が2リットル増えたし、シートの乗り心地が良くなったからツーリングが快適になるね。

 

 

新型は、FIになってタンク容量が増えたし、ケツが痛くならないシートになったのはいいけど、デザインに関してはギャブの方がスリムで角度の付いたタンクと薄いシートがカッコよく見える。

 

グラストラッカーの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら